風俗デビューしたての現役音大生に中出し!

この体験談は約 4 分で読めます。

3年前のお話。
その頃の私は東京に月1度で出張をすることが多く、そこで出会ったお気に入りの子。
彼女の名前は、みほ(仮名)。
地方出身で東京の音大に通う大学1年生。
学費のために夏からデリヘルデビューの新人嬢。

『現役音大生、業界未経験』のプロフィールに惹かれて指名した。

ルックスは地味な素人なんだけど、開花しつつあるMな性格が気に入ったのと素直な性格もあって、出張のたびにプレイが進化する勤勉さがある。
どんどん上手くなる彼女のテクニックと、押しに弱い性格もあり、指名数回で生ハメを楽しむ仲になった。

ただ、前回呼んだ時にまずいことが・・・。
私の攻めで何度も絶頂する彼女の姿に興奮して、我慢できずに後ろからしてるときに無許可で中出しをしてしまったのだ。
慌てて謝罪したものの、気まずい雰囲気のまま別かれて1ヶ月。

本日、東京出張へ。
この1ヶ月、彼女との記憶が頭から離れない。
20代前半の現役音大1年生にバックで膣奥に中出し。
罪の意識と、綺麗なものを汚した愉悦。
謝罪したとはいえ、無許可の中出しだったので出入り禁止にされているかもしない。
ダメ元で店に電話した。

店員「気になる女の子はいますか?」

俺「みほちゃん、空いてますか?」

店員「お時間を調べますのでお待ちください」

待ち受け音が流れる。
いつもよりも長く感じる。
心の中でブラック入りしたのかと半ば諦めた頃だった。

店員「お待たせしました。19時からの案内になります。お客様、この子は本指名でよろしいですか?」

この店は本指名だとバックがいいらしい。
みほから聞いた豆知識だ。

俺「はい。それでお願いします」

(取れちゃった・・・)

本指名だし、間違いなくみほが来る。
会える期待と罪の意識から来る不安。

(言い訳、どうしよう・・・)

部屋の呼び鈴が鳴り、ドアを開けるとみほがいた。

みほ「お邪魔しまーす。加藤さん、また呼んでくれてありがとう。今日も出張?」

俺「うん。いつもの出張だよ」

気まずい反応を心配していたが、いつものみほとの会話。
彼女は前回のことについては触れてこない。

みほに誘導されるままシャワーを浴び、先にベッドへ。
すぐにタオルに身を包んだみほが横に添い寝してきた。
身長は150センチくらい、胸はCカップ。
舐めやすい小ぶりの乳首で、若く魅力的な体。
お尻の丸みがぷりっとしていて、特にバックからの眺めが気に入っている。
キスだけで十分に濡れるアソコは、少しの愛撫で何度も達してしまう。
そんな子だ。

キスをしながら薄いタオルを剥ぎ取る。
乳首を愛撫すると吐息が混じる。

俺「みほちゃん、気持ちいい?」

みほ「うん。気持ちいいよ」

右手でみほのアソコに触れると、もう十分に濡れている。
プレイ開始数分で痙攣しながら達してしまう彼女。
その姿を見て興奮が高まる。
愛撫を続けながら彼女の股を大きく開き、正常位から俺のアソコを擦りつける。
挿入前のいつもの信号を彼女へ送る。
みほからの抵抗はない。
前回のことが頭を一瞬よぎるが、そのまま深く挿入した。

みほ「ああ、加藤さん、ゆっくり入れて」

ゆっくりとピストン運動を開始する。
生挿入の快感を堪能していると2度目に達する彼女。
彼女の達する姿は興奮を高め、私を狂わせ始める。

みほ「加藤さん。前に中に出ちゃったでしょ?あれが初めてだったんだよ」

俺「ごめんね。そうだったんだ。大丈夫だった?」

みほ「うん。大丈夫だったみたい」

彼女との素直な会話。
今まで彼女から挿入をお願いされたことはない。
今考えると、俺を安心させようという彼女の気遣が生んだ会話なのかもしれない。

心配そうな顔をしながらも、彼女の「初めて」という言葉でスイッチが入った。
彼女の言葉を覆い隠すようにキスをしながら激しいピストン運動に変化する。
最高潮に興奮が高まり、生挿入が許された開放感もあって、もう中に出すことしか考えられなくなっていた。
バックを提案すると素直に従う彼女。
後ろからすることで、これから起こる罪悪感を打ち消そうとする。
彼女のお尻を両手で掴み、ピストン運動を始める。
お尻との衝突でパンパンと一定の周期で音がすると、程なく3度目に達する彼女。
もう俺も限界だった。
間髪入れず、最後のピストン運動を始める。

俺「みほちゃん、もうイキそうだ。いいかな?」

激しいピストン運動に喘ぎながら頷く彼女。
限界を突破しそうになる。
いつもならここで抜いてお尻の上に出すところだが、スイッチの入った俺はみほの膣奥へ思い切り出しした。
前回とは違い、すべてを膣奥へ流し込むような中出し。
丸いお尻からゆっくりと離れると、白い液体が彼女のアソコから流れてきた。
よく見ると痙攣している彼女、中出しと同時に彼女も達したようだった。
しばらくすると冷静になり、罪悪感に駆られる。

みほ「え?中に出しちゃったの?」

俺「ごめん」

みほ「・・・ダメだよ」

シャワーの方へ駆け出す彼女。
彼女のいた場所には白い液のシミが広がっていた。

あれから出張の回数も減り、罪の意識から彼女を指名することもなくなった。
もう3年前の話なので、今では彼女も大学4年生。
最近、ふとお店の在籍表を見ると『みほ』の名前を見つけたので、今も彼女は頑張っているようだ。

タイトルとURLをコピーしました