単純で浅はかで淫乱だった母 其の二

この体験談は約 41 分で読めます。

母がいかに父を忘れて、佐藤の意のままになっていったかを、少し長くなりますがお話いたします。

始めは、昭和40年の頃ですからもう41年くらい前になります。
父「義男」39歳。
母「幸子」33歳。
私「順次」10歳(小4)。
佐藤さんは「寛治」と言い、当時、たぶん52~5歳の頃だったと思います。

我が家は代々農家でした。
お祖父さんの頃に片手間に雑貨屋を始めましたが、近所に百貨店などが出来てからは、ほとんど売れなくなりました。
ですが、父と母の人柄のせいか用も無いのに店に訪れる人は多く昼真っから酒盛りが始まるような近所の暇人の寄り合い所のようになっていました。

数件貸家があったので食べるにはそこそこ困りませんでしたが、「そろそろ店をたたんで勤めにでも出ようか?」と両親が話し合っていたときに、近所に住んでいて飲み友達の佐藤さんが「それならよっちゃん、ワシん所の仕事を手伝ってくれんか?」と言ってきました。

佐藤さんは「佐藤組」と言う30人程の人足を使う土建屋で大手の土木会社の下請けをしており、当時はブームになりかけていたスキー場のリフトを設置管理する仕事を専門にしておりました。
当然仕事は、これからスキー場を建設しようと言う地方の山の中ですし、雪の無い4月から雪の降り出す11月頃までの突貫3Kの出稼ぎ仕事(今で言う単身赴任)。
当時は、東海道新幹線も出来たばかりで(まだ『ひかり』も走ってない時代)出かけたら最後まで帰ってこられないどころかこれから開発しようとする山の中ですから電話も無いような所での仕事です。

そんな訳で父は渋っていましたが、佐藤は毎日のように家に通って来ては、両親を口説いておりました。
しかし、その裏にある佐藤の狙いなどその時の両親には思いもよらないことなのでした。
とうとう父も根負けして、期間は4月から10月一杯で、8月のお盆には一時帰郷出来る事という条件で出稼ぎに行くことになりました。

父は3月の終わりに富山の山奥へ出稼ぎに行きました。
その後、父と母は月に一度くらいのペースで手紙のやり取りをして近況や相談事などを連絡しあっていました。
佐藤の家は我が家の近所に在りましたが、「佐藤組」の事務所は、少し離れた「T市」の駅前にあり、佐藤は月の初めの1~2週間ほどは事務所を中心に仕事をしたり営業に回ったりして残りの月の半分を現場で過ごすということを毎月しておりました。

当時は銀行振り込みなど無い時代でしたので、佐藤が月初めに現場から戻ったついでに父の給料を母に手渡すことになっていました。
5月の初めの夜に佐藤は家を訪れ、母に初めての父の給料を手渡しました。
その際に母はお酒と手料理でもてなしましたが、この辺は田舎のためにそのこと自体は別に珍しいことではなくて、むしろ当たり前のことで誰かが家に訪ねてくればお酒と肴でもてなすのはいつものことでした。
佐藤もいつものように楽しそうに父の近況などを話して帰ってゆきました。

そして次の6月の初めに佐藤がいよいよ本性を現したのでした。
前の日に佐藤より電話があり「明日の午前中に行く」とのことでしたので、母は子供達を学校に送り出してからいつものように酒と肴の用意をして佐藤の来るのを待っていたのでした。

梅雨の前にも関わらず暑い日が何日か続いたときで、その日も朝から真夏のような暑い日でした。
10時過ぎに家に来た佐藤は背広を手に持ち、いつものネクタイを外して全身汗まみれだったそうです。
給料を母に手渡して居間に訪された佐藤は、母に「汗をかいて気持ちが悪いから、行水させて欲しい」と言い、その場で着ている物を脱ぎ当時ではまだ珍しいブリーフ一つになると勝手知ったる家とばかりに風呂場に行きました。

当時、この辺りの田舎でブリーフを穿いている人は、よほどのおしゃれな人で普通は白い綿の四角いパンツ・・・今で言うトランクスか、ふんどしを愛好している人もまだかなりいた時代です。
まだ扇風機があればいい方で、夏に行水で涼を取るのは当たり前でしたし、我が家ではお風呂も薪からやっと石油で沸かすようになったばかりでシャワーなど子供の私など見たことも無かった頃です。

母は佐藤の脱ぎ散らかした服をハンガーに掛けて、タオルと父の浴衣を持って風呂場に行き、佐藤に声を掛け脱衣籠に浴衣を起きましたが、そのとき佐藤の脱いだブリーフが目に留まり思わず手に取り股間の辺りの匂いを嗅いでしまうのでした。
そこには男の汗の匂いとはっきりと判る男根と精の匂いがして、頭がしびれ身体の芯が熱くなる感じがし女唇が濡れてきたそうです。
母は33歳になったばかりで、なおかつ2ヶ月も父と離れて暮らしていたので知らず知らずに身体が疼いていたのでした。
その上突然、佐藤の汗に匂う逞しい男の裸体を目の当たりにして、今まで父親程の年上の佐藤に対して感じたことの無かった『男』を、この時はじめて意識したのでした。

行水をしてさっぱりした顔の佐藤は床の間を背にして胡坐をかいて座りましたが、父より一回り大きな体に父の浴衣は小さく、前が肌蹴ていきます。
母が驚いたのは、佐藤がブリーフを穿いていなかったことでした。
ビールをうまそうに飲みながら、いつものように口の上手い佐藤は明るく楽しそうに話をしていましたが、身体が動く度に浴衣の前が肌蹴ていき、とうとう股間の男根が丸見えになるのでした。

(私に言わせれば、このことは最初から佐藤が計算しつくしたことで、わざと母に見せながら母の反応を窺っていたのでしょう)

佐藤の男根は半立ちの状態でしたが、赤黒くえらを張って血管を浮き上がらせたそれは父の男根より一回り以上もたくましく今までに見たことも無い立派な物だったと言います。
始めはチラリチラリと見え隠れする男根を、ドキドキしながら盗み見ていた母でしたが丸見えになったときはさすがに顔が赤くなって喉がからからになり頭の中がボッとなり何も考えられなくなりました。

佐藤はその時を待っていたのでしょう、いきなり母の右手を掴むと自分の方に引き寄せ男根を握らせたのでした。
突然手を引かれた母は、佐藤の方に倒れこみそうになり、慌ててそこにあるものを掴んだら佐藤の男根だったのでした。

母が「ハッ」と思ったときには、佐藤に肩を抱かれ身動きできない状態で唇を吸われ、佐藤の舌が母の唇の中に入り込もうとしています。
母は思わず顔を振り「だめよ、だめ!やめてください!」と拒もうとしましたが、佐藤がガッシリと身体を抱え込んでいるため動くことが出来ません。

「サッチャンいいじゃあないか、わしは前からサッチャンのことが好きでたまらなかったんだ」

そう言うと佐藤は、右手で母のプリーツスカートを捲り上げパンティーの上から女唇をさすり上げるのでした。
すでに母の女唇は濡れていてパンティーに染み出しており、それを佐藤に知られるのが恥ずかしい母は、手で払いのけようとしますが男の力には敵いません。

「ほほーほら、もうこんなにオマンチョが濡れているじゃあないか?え?サッチャンもしたかったんだろ?」
「いや、いや!お父さんにしかられます!もう止めてください」
「なーに、黙っていりゃあわかりゃーしないよ。・・・それによっちゃんだって、あっちでいい女と毎日うまい事やってんだから」

後で解かることですが、佐藤は母を口説き落とすために父が浮気をしていると嘘を言ったのでした。
そしてこの後、佐藤は母に会う度に父が浮気しているとささやき続けるのでした。

「えっ?本当ですか?」

しかし母にとってその言葉は衝撃的でした。
父に限って浮気をするとは考えても居なかった母です。
一瞬気が緩んだ隙に佐藤は母の唇にキスをすると、手をパンティーの中に入れ、直に母の潤った女唇の中に指を入れるのでした。

「な、な、だから一回だけ、一回だけでいいから、なっ、ないしょで、な、分からないから」

そう言って佐藤は母の女唇を愛撫しながら、クリトリスを擦るのです。
久しぶりの快感に母は思わず「あんっ」と仰け反るのでした。

その時まで久しぶりに見た男の男根に女唇を濡らしていた母でしたが、さすがに佐藤とセックス(当時は、まだセックスという言葉は一般的に使われていなかったようで、性行為のことは「性交」とかこのあたりの田舎では、単純に「おまんこする」とか「一発やろう」と言っていたそうです)するとは夢にも思っていなかったそうですが、「夫が浮気している」と言う佐藤の言葉で母の心の貞操が、崩れてしまうのでした。

その時になって母は、無意識に握っていた男根が、一段と硬く太くそして熱く脈打ちだすのを感じたのでした。

『お父さんも楽しんでいるのだし一回だけなら・・・ないしょなら・・・』

・・・という思いが頭の中をよぎると同時に、佐藤の愛撫によって付けられた体の中を焦がす淫炎は、もう消すことが出来なくなっているのでした。
そうして何も考えられなくなった母は、自分から舌を佐藤の口の中に差し入れるのでした。
佐藤の愛撫が激しさを増してゆきます。

母はあまりの気持ちよさに思わず「あっ、あー」と仰け反り右手の男根を上下に擦るのでした。

「ほほーサッチャン、後から後からお汁が溢れ出てくるよーいいかー久しぶりかあー?」
「あっ・・あっ・・だめ、だめよ」

そう口では言ったものの身体は熱く佐藤の愛撫に反応してゆきます。
佐藤の指が「クチュクチュ」と卑猥な音を出す頃には、とうとう母はノースリーブのブラウスの前ボタンを自ら外して、ノーブラの豊満な乳房をさらけ出して佐藤の唇の前に持ってゆくのでした。

「ねー・・ねえー・・・一回だけよ、ねーやくそくよー・・あん・・いっかいだけよーー・・ああん・・・」

佐藤が母の敏感に勃起した乳首を舌で転がすように吸い上げる頃には、久しぶりの快感にもう何も考えられなくなっており、パンティーをいつ脱がされたのかも判りません。
気が付いたときには、畳の上に寝かされ佐藤が上から身体を抱きすくめてその太く凶暴な男根を、母の女唇にメリメリと入れようとしている所でした。

「あっ、いっ・・いたいー・・だめっ・・・だめよっ・・・太すぎて入らないわっ・・あっ・・いたいー・・・こわれちゃうー・・きゃーっ・・・あうん・・ふー・・あんあんあーー・・いいーー」

佐藤の太い鎌首の部分が入ったとたんに今までの痛みが嘘のように消え代わりに今までに味わったことのない内臓をかき回されるような快感が、全身を包み込むのでした。

「あん、あん、いい、いい、ああー・・ああ・・・もうっ・・もうだめ!だめー!いくっ・・んあん、あ、あ、あー」

久しぶりのセックスの為ばかりではなく、初めて味わう佐藤の太い男根の刺激に母は「あっ」と言う間に一度目の絶頂を迎えました。
しかし、そんな母をお構いなしになおも佐藤は母の女唇を貫き続けます。
オルガスムスの余韻に浸る間も与えられず、佐藤に責めさいなまれるうちに母の女唇は、またアクメの階段を上り始めるのでした。

父とのセックスでは、一回にせいぜい一度か二度しか行くことは無くて父もそのくらいで射精しセックスを終わらせる、と言うのが両親のセックスの形で別段それが当たり前と思っていた母にとって佐藤のセックスはその男根のすばらしさ以上の驚異のものでした。
母を何度も何度もアクメの絶頂に追いやっても一向に射精する気配が無く、次々と母に色々な体位を取らせてただひたすらその凶暴な男根を女唇に打ちつけ母の行くのを楽しんでいるようでした。

母も一時、行くことが苦痛に思われた時もありましたが、それを乗り越えた時に今まで経験したことの無い最高の快楽の世界に足を踏み込んだ気がしたのでした。
母の肉体は、行っても行っても行き続けて、果てしの無いアクメの連続を味わっていたのです。
母が上になった時も気持ちではもうこれ以上は無理で終わりにしたいと思っていても、母の女唇は益々佐藤の男根を貪りたがり、勝手に腰が激しく前後左右に動き、もう自分の意思では止められなくなっていたのです。

あまりの気持ちよさに時間も空間も何もかもがなくなり、いつしか母は夢の中にいました。
母は、その時生まれて初めて快楽のあまり気を失ったのでした。

どれくらい時間が経ったのでしょうか。
気怠い気持ちよさの中で目覚めたとき、一瞬今は朝かと思い「はっ」として母が目を開くとそこは見慣れた居間でした。
そして自分が素っ裸で畳の上に寝ていることが判ったときに「ああ、さっきまで佐藤さんと素敵な『おまんこ』していたんだわ」と、甘い気持ちになるのでした。
起き上がろうとしても腰に力が入らず、首だけ回してあたりを見回しますが、すでに佐藤の姿は見当たらずハンガーに吊るしてあった服も無くなっておりました。

佐藤は、気を失った母をそのままにして自分だけ満足するとさっさと帰ったのでした。
その事からも佐藤の薄情さが窺われるのに、単純で浅はかな母は、その後もまったく佐藤の本性を見抜くことが出来ないのでした。

柱時計を見るとすでに三時を回っており「いけない、子供たちが帰ってくるわ」と、慌てて起き上がる母の股間に「どろっ」と何かが流れ落ちるのでした。
見ると母の女唇から白い液が流れ出しております。

「いやあーー!」

頭の中が真っ白になった母は、慌てて立ち上がると風呂場に駆け込み股間を激しく洗うのでした。
一目見て佐藤の精子だという事がわかります。
佐藤はひどい事に中出しをしていたのです。

「・・・ひどい!スキンを付けてくれなかったんだわ!・・・出来ちゃったらどうしよう・・・」

(当時はまだこの辺りの田舎では「コンドーム」とは言わずに「衛生サック」あるいは「スキン」と言ったそうです)

母は洗濯機に水を張るためのホースを蛇口に付けてその先端を女唇に当てて中まで洗うのでした。
水の冷たさが身体の中にしみてゆきます。
それと同時に言いようの無い後悔と恐怖が起こるのでした。

「・・・赤ちゃんが出来たらどうしよう?・・・お父さんに知られたらどうしよう?・・・」

『離婚』という言葉が頭の中をよぎるのでした。

「・・・何て馬鹿なことをしてしまったのだろう・・・」

それからの母は、毎日毎日そのことだけを考えていました。

「7、8、9月には妊娠がはっきりするわ。10月にはお父さんが帰ってくるからその前におろさなくちゃ」
「ああ、でもお盆には、お父さんが帰ってくるし、ばれないかしら?」

母が一人で悩んでいるときも佐藤は、あれから電話一本寄こさないのでした。
でも幸いなことにそれから一週間を少し過ぎた頃生理が始まり母はようやく安心して日々を送れるのでした。

「もうあんな怖いことはたくさんだわ。それに一回きりって約束だから、佐藤さんもないしょにしてくれるわ」

・・・と、はじめのうちは心に誓う母でしたが、根が開けっぴろげで物事を深く考えたり悩んだりしない性質なので、「喉元過ぎれば・・・」の例えのように、夜の一人寝の寂しさに手がつい女唇を触りだすと、頭に浮かぶのは佐藤のたくましい男根とあの日のめくるめくセックスのことなのでした。
そんな母を見透かしたようにその月の終わりに佐藤から電話があるのでした。

子供心に『母と佐藤が浮気していると気付いていた』と前にも言いましたが、その沢山有る理由の一つがこの電話なのです。
佐藤は日頃父や私たちの前で母を呼ぶときは「サッチャン、サッチャン」と愛称で呼んでいました。
ですが、ある時から昼や夜に電話を寄こした時など私が出ると急に取り繕ったように澄ました声を出して「あー、おくさん、いますか?」と言うのです。
本人は明らかに『佐藤』だと判らないように言っているつもりなのでしょうが、佐藤は福島県か茨城県辺りの出身らしく訛っているので、いくら標準語をしゃべろうとしてもイントネーションの違いと、独特の鼻にかかっただみ声で佐藤だという事は明白でした。
まだ小、中学生だった私には、浮気だの性交だのと言葉では知っていても自分の両親にはなかなか結びつきませんでしたが、その電話に出た母の態度はいつもの明るさが無く、妙に言葉少なに小声になり私たちに聞かれたくなさそうで、なんとなく秘密めいていて『変だな?』と子供心にも思っていました。

その後、自分が大人になっていろいろ解ってきたときに『そういえばあれはおかしかった。これは変だった。ああ、あのときに母は浮気したんだ』と納得することがたくさんあったのです。

佐藤からの電話は「この間はすまんかったな。お詫びに昼飯でもご馳走するから月初めにT駅の前まで来てくれないか?そのときに給料も渡したい」と言うものでした。
母は一応「この前スキンを付けてくれなかったでしょう?もう心配しちゃったんだからひどい人ね。・・・もうご馳走だけじゃあすみませんからね。・・・それとこの間のことは、絶対ないしょにしてくださいね。お父さんに知られたら離婚させられちゃうんだから」と言ったのです。

母の中では約束通りもう二度と佐藤とセックスすることは無くて、あの時のことは過ぎ去った二人だけの甘い秘密にしようという思いがあったのでした。
しかし、佐藤はそんな事で済ます気はさらさら無かったのでした。

T駅には佐藤組の事務所があり佐藤にとっては都合のよい場所なのでしょう。
午前11時という約束の時間よりかなり前に母が駅前に行った時にはすでに佐藤が待っていました。
T駅の北口は都市再開発が進み有名なデパートが立ち並んでおります。
その中の老舗のMデパートのバッグ売り場に母を連れて行った佐藤は、プレゼントするからと母に好きなバッグを選ばせました。
母は幾つかの合皮とビニール製のバッグを持っており、よそ行き用として一つだけ皮製のバッグを持っていましたがだいぶ古くなっていました。

「何でも好きなものを買ってやる」と言う佐藤の言葉に、
「ちょっと高級な皮製のバッグが欲しいんだけれど」と遠慮がちにねだったところ、
「サッチャンにはこっちが似合うんじゃあないか?」と鰐皮で出来た茶色のハンドバッグを指差すのでした。

当時、鰐皮のハンドバッグと言えば今で言う高級ブランド品のバッグのようなもので、女性の(まして母のような田舎出の女には)憧れの的だったのです。
もう、そのことで母は有頂天になってしまったのです。
憧れのバッグを胸に母は夢の中にいるような気持ちになり、佐藤の後をついて行きT駅の南口にある高級レストランに連れて行かれました。
当時、南口は再開発が遅れていて飲食店などがひしめき合っていました。

レストランと言えばデパートに在る展望レストランくらいしか知らない母にとって、本格的な雰囲気のあるレストランで食事をするなど生まれて初めての経験で、それこそ今で言うセレブな奥様になったような錯覚を覚えるのでした。

このことは、全て佐藤が女を落とす為の常套手段だったのでしょう。
佐藤はどうすれば相手の女が、自分から佐藤の腕の中に抱かれに来るか全て知り尽くしていて、知らず知らずに母の心を虜にしていったのでしょう。

後に父が仲間の人足達から聞いた話によると、佐藤は自分の所で働く出稼ぎ人の奥さんで気に入った人を見つけると、自分の愛人にしたくなる性格らしいのです。
実際に佐藤の毒牙に掛かった人妻は、十人ではきかずに離婚の修羅場を迎えた人妻も片手ではきかなかったという噂でした。
しかし佐藤は、そうしてせっかく愛人(妾)にしてもすぐに飽きて棄ててしまうと言う酷い男だったのです。

後で私が思ったのは、佐藤と言う男は『人妻』つまりは他人の女房を寝取ることが生甲斐の様な男だったのではないか?・・・と思えるのです。
ですから、相手が離婚して自分のものになったとたんにもう興味を失い、次の獲物を狙うのだと思えるのです。
そんな佐藤にとって親友の妻である母は、とてもすばらしい獲物だったのでしょう。

そんな噂話を聞いても、父にしてみればまさか昔から住んでいる地元の、それも二十年来の友人の妻に手を出すとは思ってもいなかったのでした。
そんな女を落とすことに長けている佐藤にとって、良く言えば世間知らずで人を疑うことを知らない初心な母、悪く言えば物事をあまり深く考えない開けっぴろげで浅はかな母を垂らし込むことなど、赤子の手を捻るより簡単なことだったのです。

佐藤の思惑通りにビールの酔いも心地よく、夢の続きを見ているような気分になっている母は、買ってもらったバッグを胸に大事そうに抱えて何の疑いもせずに佐藤の後を付いてゆき、裏通りのモーテル街の中の一軒へ入ってしまうのでした。

(当時は、一般的に「モーテル」という言葉は無く「連れ込み旅館」と言い看板に“温泉マーク”が付いていて、別名「逆さクラゲ」と言った)

離れ屋にお風呂もトイレも付いていて、当時の連れ込み旅館としては上等な部類だったそうです。
蛇口を捻れば湯船にお湯が出て、シャワーまで付いているタイル張りの明るい浴室に、母は益々セレブな気分になり喜びはしゃぐのでした。
床の間付の前室には小さいテーブルとテレビまであり、半分開いた襖の向こうには赤い上掛け布団を半分捲った床が延べてあり、白い枕が二つ並んでいて、これからここで行なわれる淫らで淫乱な行為が想い起こされ母は顔が赤くなるのを隠せませんでした。

初めてモーテルに入った母は見るもの全てが珍しく、また淫靡な感じがして興奮しておりました。
もう二度と佐藤と過ちを犯さないと今朝まで硬く誓っていたのに、今では佐藤のたくましい腕に抱かれて「あの素敵なオチンチンでオマンコを貫かれあの忘れられない『おまんこ』を一刻も早くしたい」と思うのでした。

佐藤に促されるようにお風呂に入り、夫以外の男とお互いの身体を洗いあい自然にくちづけを交わし、湯船の中で後ろから抱かれ愛撫されると・・・もうそれだけで母は一度目のアクメを迎えるのでした。

お風呂から出ると佐藤はビールを片手にして素っ裸のままテーブルに座り、素っ裸の母を股の間に座らせて「サッチャン、尺八をしてくれないか?」といきり立つ男根を母の目の前に突き出すのでした。
母は恥ずかしかったけれども前から一度佐藤の太くたくましい男根を口で味わいたいと思っていたので目を瞑り素直に口に含みました。
佐藤の男根は思っていた以上に大きくて、小さな母の口では亀頭部を含むだけで一杯になるのでした。

「おおーいいぞサッチャンうまいぞああーきもちいいーもう少し舌を筋に這わせてくれんか?おおそうじゃ好い気持ちだ。サッチャンしゃぶるのうまいなー最高だなー」

佐藤は母を誉めまくりました。
誉めながら段々に自分好みの女に仕上げてゆくのが佐藤のやり口なのでしょう。
傍から聞いていれば佐藤の思惑などすぐに判りますが、佐藤の意のままになりつつある母にはその時はわからなかったのでしょう。
母は佐藤に誉められる度に嬉しさが込み上げてきて、もっともっと佐藤に喜んでもらおうと思ったそうです。
佐藤に誉められるまま竿を舐め、袋を含み、喉の奥に咥え込んで一生懸命顔を前後させ、佐藤の喜ぶことを積極的に行なうのでした。
それから後も佐藤は事ある毎に母に尺八を始め、色々なことを教え自分好みの女に調教してゆくのでした。

「さあー、そろそろ嵌めてやろうかな。サッチャン、ワシの太いチンポが欲しいじゃろ?」

母も早く佐藤の男根を女唇に入れたかったけれどもその前に言っておくことがありました。

「ねー佐藤さん、今日はスキンつけてくださいね、お願いよ、赤ちゃん出来たら困るから」

母は前回、佐藤に中出しされた事に懲りていました。

「ああーそうじゃったな、でもなワシは、あのサックって奴が嫌いでな、やっぱり生で嵌めないとやった気がしないでな。だから今日から、サッチャンこれを付けてくれ」

そう言って佐藤は、自分のかばんの中から箱を取り出して母に渡すのでした。
その箱の中身は『ペッサリー』と言う女性用の避妊具なのでした。

ペッサリーとは、ゴムで出来ていて大きい輪ゴムの太目の輪に薄いゴムがはってありまるでゴムで出来た「フリスビー」か「ベレー帽」の様で、それを女性の膣の中に細長く織り込んで指で入れて子宮口の周りを帽子の様に覆い、精子が子宮の中に入らないようにする言わば女性用のコンドームです。
母も知ってはいましたが実際に手に取るのは初めてでした。
手の平に丁度乗るような大きさのペッサリーを掴むと、絵を見て説明書を読みながら立った状態で片足をテーブルに持ち上げ、股を開き自らの手で女唇の中に入れるのでした。

ゼリーを付けたため比較的簡単に入りましたが、たとえゼリーが無くても「スルリ」と入るほど母の女唇は淫汁で溢れておりました。
それより何より佐藤という夫以外の男の前で自ら股を開き『おまんこ』を楽しむための器具を女唇の中に埋め込むと言う行為自体が卑猥で恥ずかしく、それゆえ益々お腹の底から快感が湧き上がってくるのが感じられたと言います。

佐藤は自分勝手な男ですから自分では避妊するのが面倒だし、生で嵌め精子を中出ししたいが為に常に相手の女に「自分で避妊しろ」とペッサリーを渡すのが常だったのでしょう。

ペッサリーは避妊を自分勝手な男任せにせずに女性が確実に避妊をコントロール出来るという点で優れた避妊法ですし、慣れれば簡単に装着でき、なおかつ水洗いすれば何回も使え(2~3年は繰り返し使える)経済的ですし「ピル」の様に副作用の心配も要らない。
こんなに女性にとっていい事ずくめの避妊法が、なぜ欧米の女性のように(欧米ではコンドームよりもポピュラーな避妊法らしい)日本では流行らないのか?と言うと、ペッサリーを装着する場所が『子宮頸口』と言って膣内の子宮口の周りをぐるっと取り囲む溝にペッサリーのゴムの外枠をはめ込む構造だからで、この子宮頸口はその大きさに個人差があり、自分の子宮頸口の大きさを知るには専門家(産婦人科の医師あるいは助産婦など)に測ってもらい、自分に一番合った大きさのペッサリーを選ばなければならないからです。

・・・にも関わらず、佐藤はそんなことは一切せずに「まあこんなものだろう」くらいの気持ちで、母にいい加減な大きさのペッサリーを渡したのです。

このことは後で、私が母に指摘したところ「へえー?そうだったの?」と言い、全然考えてもいなかったようです。
まぁ、妊娠しなかったところを見ると偶然大きさがあったのか、さもなければ何人もの女性に「ペッサリー」を付けさせた経験から一度自らの男根で味わった膣の中の構造など佐藤には手に取るように分かったのでしょうか?
いずれにしても浅はかな母はそんなことを一切考えず、これさえ付ければ妊娠の心配をせずに佐藤と思いっきり淫らで素敵なおまんこが楽しめると喜んで付けていたのでした。

しかし、母が喜んで付けていたこのペッサリーこそが、その後、母の浮気の決定的証拠として父に突き付けられようとは、佐藤の太い男根でおまんこすることしか頭に無いこの時の母には思いもよらない事だったのです。
子供心に『母が浮気をしていると気付いていた』理由が幾つかあると言いましたが、この『ペッサリー』もその一つでした。
当時私は小学校の四年生でしたが、家の近所に『おさむちゃん』と言う二つ上の男の子がいて毎日一緒に遊んでおりました。
彼の父親は若い頃みんなから『チンピラ』と呼ばれ、『やくざ』にはなりきれない与太者として肩で風を切っているような人でした。
その奥さんで、おさむちゃんの母親の左の二の腕には『◯◯命』と刺青があるような・・・子供心にもすごい夫婦で、世間体など何処吹く風とばかりに昼真からセックスをしているような夫婦でした。
おさむちゃんはそんな両親の息子でしたので、今から思えば小学校六年生でしたが、性に対しての興味と知識は相当なもので、私を含めて近所の子供たちの今で言う性教育の先生でした。
私も彼から色々な性知識を学びましたが、まだ小学生の四、五年生では身体のほうがついて行けず、『センズリ』を教わっても、おさむちゃんの様にオチンチンの先から白い液など出ず、ただただ耳学問で終わっておりました。
ですが、その時に見聞きした事が後で重大なことだと解るのでした。

そんな彼がある夏の日、私の家に遊びに来て台所の冷蔵庫の上に置いてあったペッサリーを見つけて、「これはおまんこするときに、女がオマンコの中に入れる女のサックだ」と言って、箱の絵を見せながら教えてくれました。

(今から思うとあまり深く物事を考えない母が、入浴の時にペッサリーを外し、洗ってから浴室を出たところにある冷蔵庫の上に置いて、いつも乾かして陰干しをする事にしていたのでしょう)

箱の絵は、女性が片足を台の上に上げ、股を開きオマンコに自ら挿入している図と、女性器の断面図が描いてあり指でペッサリーを子宮口に被せる様子が描かれてありました。
四年生の私には、セックスのことはよく解りませんでしたが「おまんこの中はこうなっているんだ」と、妙に興奮したのを夏の暑さと一緒に覚えておりました。
五年生の夏にも冷蔵庫の上に乾かしているペッサリーを何度か見ましたが、その時はすでに箱は無く、ペッサリー自体もなんとなくあめ色に艶が無く、くすんで使い古されたようになっていたのを覚えております。

私が高校生になった頃、ある雑誌でペッサリーの記事を読み『そう言えば家でも前によく見たな』と思い出し、『ああ、あの時母はセックスをしていたんだ』と納得するのでした。

「あれは『おさむちゃん』に教わったんだから、小四か五の時だったな?」

(おさむちゃんは私が小学校六年生の時、台風の次の日に面白がって近所の川へ泳ぎに行って、溺れて亡くなっていました)

私はその後で重大なことに気が付いたのでした。
私が、小学校四年と五年の時には、父は出稼ぎに行っており、あの夏の暑い日に家には居なかったのでした。
母は一体誰とセックスするためにペッサリーを着けていたのかと・・・。

今日も母は、佐藤の太く凶暴な男根からすばらしい肉体の快楽を思う存分味わわされるのでした。
前回は自宅で、それも母にとっては思いもよらない突然のセックスだったので、自分から楽しむというよりは『佐藤に無理やり犯された』という感じでした。
ですが、今回は最初からセックスを楽しむための部屋で自らも楽しもうという気持ちで佐藤に抱かれる母だったので、最初から恥ずかしいくらいに大声をあげ乱れるのでした。

「かわいいなあー幸子はほんとに可愛いなー食べてしまいたいよ。ああーいいオマンチョだなー気持ちいいぞー」

佐藤は小柄な母を抱きしめながらその太い男根で母の女唇の中を楽しむようにゆっくりと出し入れするのでした。
母は佐藤の逞しい身体に両腕でしっかりとしがみつき、膣の中を無理やり一杯に押し広げては快感をかき出すように出入りする父のとは比べ物にならない佐藤の男根から湧き上がる震えるような快感に、自らの腰を激しく動かしあえぐのでした。

「あん、気持ちいいわーこんなの始めてよーー!さ、佐藤さんのオチンチン素敵だわーあん、あん、もう、あたし、もうだめになりそうよーー」

佐藤はそんな母を焦らすように一段と挿入をゆっくりし母の唇を舐めるようにキスをするのでした。

「可愛いなー幸子は、ワシは幸せ者だーな、こんないいオマンチョに嵌められるなんてもうワシは幸子を放さないぞー、幸子、ワシのチンポはいいだろ?え?どうだ?義男のチンポよりいいじゃろ?」

佐藤はそれまで母を「サッチャン」、父を「よっちゃん」と呼んでいたのに、母がすでに自分の女になった事を確信したのか、母を「幸子」父を「義男」と呼び捨てにするようになったのです。

「ああーーいいーー佐藤さんのオチンチンのほうがすてきーーあん、もうあたしだめになるわーお父さんのよりいいーー!ああん、あたし、佐藤さんのオチンチンのとりこになりそうよー・・ねえ、ねえ、もっといっぱい突いて、もうあたしを行かせてーー!」

母は自分から股を大きく開いて腰を突き出しより深く佐藤のペニスを味わうのでした。

「そうかー行きたいかーじゃあ、思いっきりワシのチンポで狂わせてやるぞ」

そう言うと佐藤は、激しく腰を出し入れし膣の奥まで突きまくるのでした。

「ああん、ああいい、いいー奥まで当たるわーきもちいいーーきもちいいのーーもう、もう、いくーー」

母が行きそうになると佐藤は腰を引いて男根を抜いてしまうのでした。

「あん、いじわるしないでーねえお願いよ、いかせてよーー」

母は、腰をせり上げます。

「いきたいかあ?幸子行きたかったらワシのことをこれから『旦那様』と呼ぶんだ。そうして『幸子は旦那様の女です』って言え」
「あん、だんなさまー幸子は旦那様の女ですーーいかせてー行かせてくださいー」

それを聞いてから佐藤は再び男根をゆっくりと母の女唇に入れるのでした。
そしてゆっくりと出し入れしだすと・・・。

「幸子これからは、ワシの息子をチンポと言え。そいで幸子のここは、オマンチョと言うんだ。解ったな!」
「あん、わ、解りました・・だんなさまーあん、あん、いいーーねえーねえ、もっと・・もっと突いて奥までついてー」
「何を、何処へだ・・ほら、ちゃんと言わないとまた抜いちまうぞ」
「あん、意地悪しないで、オチン・・旦那様のチンポで、あたしのオ、オマンチョ、ついてーー!」
「ようーしワシのチンポで幸子を狂わしてやる、ほら、どうだ!どうだ!」
「ああん・・・いいーーいく、いく、いくーー」

こうして母はこの日二度目のアクメを迎えるのでした。

佐藤は、父と母が長年かけて築いてきたセックスで母に染み付いた癖を、佐藤の男根と言葉による「飴と鞭」で、少しずつ自分好みの女にするために変えさせてゆくのでした。
佐藤は、こうして段々と母の身体や言葉の使い方を自分好みの女に調教してゆくのですが、母には自分が佐藤好みに調教されている意識は無いのでした。

「可愛いなー幸子は、ほんとにかわいいなーーワシは幸せ者だぞ、幸子これから毎日ワシが抱いてやるぞ、うれしいか?」

次に騎乗位になった母を下から突き上げながら、佐藤が母の乳房を愛撫します。

「えっ・・毎日?」
「そうだ。な、明日もまた今日と同じ時間に来るんだぞ、うれしいか?」
「あん、うれしいー、明日も旦那様に抱いてもらえるなんて、あたし、しあわせだわー」

この時のことを母は、父の居ない寂しさを、思いがけずに佐藤が埋めてくれているだけで、別に浮気をしているのではなく、事ある毎に佐藤が耳元でささやく『父の浮気』の話を疑いもせず信じ込み、「お父さんも他の女の人と楽しんでいるのだから、おあいこだわ」と思っていたそうです。
そうして父が帰ってくれば佐藤と二人で口をつぐんで、知らない顔を決め込んで、また父と普通の夫婦生活に戻れると単純に思っているのでした。

しかし、今日もまた際限の無いアクメの連続を味わわされ失神する母は、佐藤の思惑通りに『もう佐藤無しでは生きて行けない』と思うようになるのに、そう長い時間は掛からないのです。
そして『明日』から、佐藤の母に対する本当の『調教』が始まるのでした。

母と近親相姦の関係になってからすぐに私の自宅で昼間から淫らなセックスを楽しんでいた時「母さんは、親父や佐藤と『SMプレイ』をしていたんだろう?」と母に聞いたことがあります。

「えっ・・・そんな事していないわよ」

母は否定しましたが、明らかに動揺しておりました。

私は、この目で母が父と『SMプレイ』をしているところも、佐藤としているところも見ておりましたが、その時は言わずに「母さん達の部屋で俺も『奇譚クラブ』をよく見ていたんだよ」と言うと、母は顔を赤らめ諦めたように私の胸に顔を埋めて「もう・・ジュンは何でも知っているのね悪い子ねー」と言いながら少しずつ話してくれるのでした。
『奇譚クラブ』とは戦後『カストリ誌』『エロ、グロ、ナンセンス』のブームを経て昭和20年後半から30年代にかけ市民権を得て、現在の様に隆盛を誇った当時の『SM』雑誌で、同様の『裏窓』と人気を二分する『SM月刊誌』の先駆けだったのです。

次の日も母は、昨日と同じ時間にいそいそと出かけて行きました。
母は出かける前に風呂場で股を丹念に洗いその女唇の中にペッサリーを埋め込みました。
その事で興奮している母の女唇は、さっき綺麗に洗ったにも関わらず、すぐに変えたばかりの白いパンティーにいやらしい染みを作ってしまうのでした。

佐藤は昨日と同じように、また母を別のデパートへ連れて行き、今日は身体にピッタリとした半袖の白いワンピースを買い与えるのでした。
このように佐藤は、母に会う度に毎回毎回ハイヒールだったり、スカートだったり、シルクのブラウスだったりと、母の喜ぶ物を惜しげもなく買い与えました。
一見母の欲しそうな物を買い与えているようでしたが、その実ハイヒールはとても踵の高いものでしたし、スカートはタイトでスリットの入ったセクシーな物・・・というように母の身に着けるもの全てを佐藤の好みの物で着飾らせるのが狙いだったようです。

しかし、そんな事とは夢にも思わない母は、佐藤の思惑通りに益々信頼しきって行くのでした。
母の中では、このとき自分の欲しい物を何でも買ってもらえて、豪華なレストランで食事をさせてもらって、その上夢のような素敵な『おまんこ』までしてもらえて、この世の楽園にいるような気分を毎日味わっているのでした。

今日の連れ込み旅館は、洋風で前室には椅子とテーブルがあり次の間は、ダブルベッドがあるのでした。
ベッドに寝たことなど一度もない母は、もうそれだけで舞い上がってしまいます。
その上、ベッドの横の壁にはカーテンが引いてあり、それをめくると鏡がベッドの幅一面に埋め込まれていて(当時では最先端だったようです)二人の淫らな行為が映し出される仕掛けになっているのでした。

抱きしめられ貪る様にキスをし佐藤の太い指がパンティーの中に入れられたときには、母の淫汁は、パンティーの股部分全体を濡らしておりました。

「ほほー幸子はもうこんなに濡らして、昨日あんだけ行ったのにまだ行きたりないらしいな。そんなにワシに抱かれたかったか?ワシのチンポが忘れられなくなったか?」
「いや、おっしゃらないでーねえ、汚れているからお風呂に入ってからにしましょうよ」
「汚いもんか。幸子のオマンチョは、とっても綺麗だぞ。どうれワシが舐めてやるから椅子に掛けてみ」
「あん、許して、だめよ!だめ!」

佐藤は母のパンティーを引き下げようとしましたが、あまりの恥ずかしさに母はパンティーを掴み必死で抵抗しました。
それでも引き下げようとするのでついにはその場に座り込んで両手でスカートを押さえ恨めしそうに佐藤を見詰めるのでした。

そんな母を佐藤はうれしそうに見詰めると「ほほー幸子は本当に可愛いなあーじゃがそんなにワシの言う事が聞けなんだったら少しお仕置きしなけりゃな」と言って佐藤は自分の鞄を開けて中から白いロープの束を出しそれを解き二本一まとめに持つと母の後ろに回りこみました。

「幸子は『SM』をしたことがあるか?」
「SM?・・・した事ありません」

あまりの恥ずかしさに母は顔を上げられませんでした。

「ほっほーそうか初めてか?そいじゃあこれから幸子を縛ってうんと恥ずかしい事をしてやろうな。きっと幸子も『SM』が好きになるぞ」

そう言って佐藤は母の両手を後ろに組ませると、手馴れた手つきですばやく縛り、そのまま胸の上下に回して後ろで留めると、今度は一本ずつ脇の下から入れて胸を縛った上下四本の縄を両方の脇の下で一纏めに絞り上げました。
白いブラウス越しに母の豊満な胸が前に搾り出され乳首が立っているのさえはっきりと解ります。

(当時、母もそうでしたが田舎では、ブラジャーをしない人がまだかなりいました)

縛り終えた佐藤は母を横抱きにすると、縛られた母の身体を舐めるように見つめると満足そうに

「思った通り幸子は縛るといっそう綺麗になるなあー」

そう言うとブラウスの上からはちきれそうになった乳房を鷲掴みに揉みだしました。

「あん、やさしく・・・やさしくして・・・」

思わず母の口から吐息が漏れ女唇から溢れる淫汁はすでに股まで濡らしておりす。

母は『SM』をしたことが無いと佐藤に言いましたが、実は、結婚当初より父とセックスの前戯として『SMプレイ』を行なっておりました。
父は、母と結婚する前より『奇譚クラブ』と言うSM月刊誌を愛読しており、当然母もその本を愛読するようになりました。
元々好き者の母は、いっぺんでその淫靡な世界の虜になりセックスの度にお互いを縛り、縛られアブノーマルなセックスを繰り広げていたのでした。

しかし父との『SMプレイ』は軽い縛りをするくらいのソフトなものでしたし、父の中には『サド』と『マゾ』の両方の性根があり、時折母に『サドの女王様』になって父をいじめる事を求めるのでした。

「夫婦とはこういうものなのね」という思いが母にはあって別に気にもせずに淫靡な『SMセックス』の世界を夫婦で楽しんでおりました。
しかし母は『奇譚クラブ』を愛読するうちに、自分の心の中にある『マゾ』の血をはっきり意識するようになってきて・・・。

「もう少し激しく虐められたい」
「この本のグラビア写真のようにサドの男の人からいやらしく辱められたい」
「厳しく縛られ、めちゃくちゃに犯されたい」
・・・と、日頃より思っていたのでした。

それが図らずも佐藤というサディストに出逢ってしまったのです。
佐藤は父とは違い、日頃の優しさの裏には、女を傷つけ苛め抜いて泣きながら許しを請う『マゾ奴隷』を犯し、汚す事で興奮する正真正銘の『サディスト』だったのでした。
そうして母の中に『マゾの血』を見抜いた佐藤は、母を自分好みの『マゾ奴隷』に調教すべくその本性をあらわにしてゆくのでした。

「ふふふ・・幸子は縛られているからもうワシから逃げられないぞ。ふふふ・・これから幸子をワシ好みの『マゾ奴隷』として調教してやろうな」

そう言うと佐藤は、母の後ろに回り母を抱くように抱えると両手でブラウスの胸のボタンで留めた合せ目を掴むと一気に左右に引きちぎるのでした。

ブチブチッ・・・とボタンが飛び、下からシミーズに包まれた乳房が覗きます。

「あっ・・ああー!ひどいことしないで!」

母は余りの事に佐藤を見つめます。
佐藤はそんな母のことなどお構いなしに嬉しそうに笑うと、ブラウスを母の肩から無理やり外すのでした。
縛られているので全部脱がすわけにはいきません。
そして次に、シミーズの肩紐も肩から外すと下にズリ下げ、乳房を丸出しにするのでした。

母は自分の縛られた胸を見るのでした。
無残に引き千切られたブラウスの間から上下を縄で縛られて、それによって搾り出されたように突き出た乳房がピンク色に染まって息づいています。
その途端に母の子宮がジン・・・と痺れたようになり、はっきりと淫汁が女唇より溢れ出すのがわかりました。
佐藤はそのあらわになった乳房を、わざと乱暴に鷲掴みにして揉みだし、すでに痛いほど勃起している乳首を、潰すようにつまみ引っ張っては弾くのでした。

「いたっいたいいーーあん、佐藤さん・・いたい・・・やめてーーらんぼうは・・・いたあーーい、あん・・あん・・」

すると佐藤は両方の乳首を摘まむと左右に引っ張るように広げて

「幸子!ワシのことは『旦那様』と呼べと言ったろう。それに奴隷の分際で『やめて』とは何だ!『お許し下さい』だろうが!」

佐藤は日頃の優しさからは想像も出来ない強い口調で母に罵声を浴びせるのでした。

「あん、おゆるしくださーいっ、だ、だんなさまあーーあん」

母は佐藤から乳房を乱暴に扱われているうちに乳房に痛みを感じてはいましたが、その痛みの中に身体の芯が痺れるような快感が湧き上がってくるのを感じているのでした。
その上、佐藤に罵声を浴びせられる事によって自分が佐藤の『マゾ奴隷』として身も心も奪い取られて征服されてゆくせつなくも甘い被虐感に酔って行くのでした。

「よーし、じゃあ舐めてやるか」

そう言うと佐藤は母を横抱きにして乳房を咥え込むように口に含むと舌で乳首を転がすように激しく舐めるのでした。

「あっああーーいい、はっはっあーーだんなさまーーあんあんいいーーきもちいいーー」

痛いくらいに刺激された乳首を佐藤の舌で愛撫されると、今度は今まで味わったことのない強い快感が乳房に広がり、思わず母は胸を突き出すように仰け反るのでした。

「ほほー幸子の悶える姿は色っぽいぞ。やっぱりワシの思った通り、幸子には『マゾ』の素質があるぞ。かわいいなー、もっともっとワシが『マゾ』の喜びを教えてやるぞ!」

もう母は何も考えられずに佐藤の言いなりでした。
立たされスカートを脱がされパンティーさえも自分から喜んで脱がされるのでした。
そして椅子に浅く腰掛けさせられると、佐藤は別の縄を取り出し母の両足を左右一杯に開き肘掛けに『M字』形に縛り付けるのです。
母は佐藤の目の前に自分の恥ずかしい姿を隠すことも出来ずに全てさらけ出すのでした。

(母は私に「あの時くらい恥ずかしかったことは無かったわ」とウットリとした目で言いました)

今までも父や佐藤に女唇を見られた事はありましたが、それはセックスの途中での事で必然的な事でした。
それが身動き出来ないように縛られた上で股を一杯に開かされ恥ずかしくても自分ではどうする事も出来ずに女のもっとも隠したい所を、夫以外の佐藤に視姦されるのです。
母の女唇は一目見て男根を物欲しそうにぱっくりと口を広げ、その上自分の卑猥な姿を佐藤に見られることに興奮している証として淫汁を溢れさせているのです。
母がいくら否定しても母の中にある『マゾ』の被虐感が『サド』の責めを期待し、求めている証が一目瞭然に佐藤に伝わるのでした。

佐藤は、着ている服を脱ぎブリーフ一枚になりながら母の女唇を見つめます。

「ふふふ、幸子、なんだこのオマンチョは?え?こんなにグチョグチョにして恥ずかしく無いのかあ?」

佐藤は母の陰毛の上までずり上がったシミーズをさらにたくし上げて下腹部全体が見られるようにしました。

「あーだっだんなさまー。み、見ないでくださいーー。恥ずかしい、はずかしいわーーー」

母は目を瞑って横を向きましたが、母の女唇は別の生き物のように収縮を繰り返し、淫汁を吐き出します。

「そんなことを言ったって幸子のオマンチョはワシのチンポが欲しくて口をパクパク開けているじゃあないか?どうれ、ワシが舐めてやろう」

そう言うと佐藤は母の女唇にむしゃぶり付くのでした。

「ああーん、いいっ、あ、あ、いいーーあんっあん、あ、あ、ああーー」

母は、女唇から全身を貫くように湧き上がる快感に頭の中が真っ白になるのでした。
次に佐藤は中指と薬指二本を女唇の中に入れてかき出す様に愛撫し舌で激しくクリトリスを弾きます。

「ああーん、いいいーーあっあっああっ、もう、もうだめ!いくーー」

先ほどからの刺激で母はすぐに絶頂を迎えますが、母が行く寸前で佐藤は愛撫をやめ、それどころか指でクリトリスをひねり潰すのでした。

「あん、いたーいいーあ、あ、いたあーいー」

快感の絶頂からいきなり地獄の責め苦を味わわされて母は縛られた身体で身悶えます。
その母の姿を楽しむかのように今度は優しくクリトリスを愛撫する佐藤でした。

「あ、あ、あん、いいーねえ、だんなさまーやさしく、やさしくしてーーあん、いいーー」

こうして佐藤は『責めと愛撫』『罵声と甘言』によって母を、自分好みの『マゾ奴隷』に調教して行くのでした。

「さあーて幸子、そろそろワシの臭いチンポの匂いを嗅がしてやろうな」

そう言うと佐藤は、椅子に縛られたままの母を跨ぐようにしてブリーフを突き破らんばかりに勃起した男根を母の顔に押し付けるのでした。

「どうだ?幸子、ワシのチンポの匂いは、くさいじゃろう?昨日な、幸子に嵌めてからワシのチンポは一度も洗っていないんだぞ、だからとっても臭いじゃろ?幸子、ワシのチンポの匂いをよーく覚えるんだ!解かったな!」

佐藤は、母の髪の毛をつかむと母の顔をブリーフ越しに男根に押し付けるのでした。
母は堪らずに佐藤の臭い男根の匂いを、思いっきり嗅ぐのでした。
それは、すえた様な生臭くいか臭い刺激のあるとても臭い匂いでしたが、それを嗅がされた母は、頭の中が痺れて全身の力が抜けていき子宮が熱く熱を持って来てそれと同時に女唇から淫汁が益々あふれ出すのを感じるのでした。

(母は「臭かったけど、嫌な匂いじゃあなかったわ。何か『男の匂い』って感じで思わず自分から深呼吸しちゃったわ。『旦那様の匂いだ』って『私だけのために洗わずにいて下さったんだわ』ってとてもマゾヒティックに興奮したのよ。それからはいつも佐藤さんと逢う時は、まず始めに汚れた彼の臭いチンポを『尺八』をさせられたのよ。そうすると母さんの中で『マゾ』の血が騒ぎだして『ああーもういじめてーー』って気持ちになっちゃうのよ」と回想しておりました)

その後佐藤は、ブリーフを脱ぎ捨てると再び母の顔に跨がり、

「さあ、幸子、ワシの臭いチンポを舐めて綺麗にするんだ!」

・・・と、いきり立つ男根を母の口の中に捻じ込むのでした。
母は夢中で佐藤の男根をしゃぶり、舐め回し、咥え込むのです。

「ふふふ、いいぞ幸子・・・幸子はワシの奴隷だ。奴隷はな、チンポをオマンチョに嵌めて欲しかったらまず始めにワシのチンポを口で綺麗にするんだぞ。解かったな!幸子の口はワシのチンポを掃除して、気持ちよくさせる為だけの道具だぞ。解かったら返事をしろ!」

そう言って佐藤は母の髪の毛をつかむと気持ちよさそうに男根をしゃぶっていた母の顔を、乱暴に引き剥がすと上を向かせるのでした。

「あっ、は、はい旦那様。解かりましたあー幸子の口は旦那様のチンポをきれいにして気持ち良くなって頂く為の道具ですー!」

母は佐藤から乱暴に扱われ罵られ好きなように使われることに身体の芯から湧き上がる『マゾ』の喜びを感じていたのでした。
それは、今まで感じたことのないそして夢にまで見た『サディスト』から与えられる快楽なのでした。

「ふふふ、幸子はほんとにかわいいなーどれ、ご褒美に嵌めてやろうなー」

佐藤は椅子に股を開いて縛り付けられたままの母の女唇を、その血管の浮き出た男根で思う存分犯すのでした。

「ああーーだんなさまあーーいいーーいいーーあーあーきもちいいーー」

母は今日もまた数え切れないアクメを味わうのでした。

その後、昨日のように裸にされてベッドの上でお尻を高く上げ、後ろから貫かれて居る時も今日の母の両手は、背中で括られ体中を縄で縛られているのです。
しかもその縛りは、母の身体に痕が残らないように気遣う父の優しい縛めとは異なり、母の身体のことなど一切考えないでただ佐藤が自分の加虐心を満足させるための厳しい縛りなのです。
そしてそれこそが、母が日頃より渇望していた本当の『サディストの男』による身も心も震える『SMプレイ』なのでした。

そして、その二人の淫らな姿を映し出しているベッド脇の壁に埋め込まれている鏡を、佐藤は母の髪の毛をつかみ無理に見させるのでした。
母は恥ずかしさのあまり泣いて佐藤に許しを請いますが、しかし母の心の中では、「ああん、こうして欲しかったのよーあん、もっと乱暴にしてーーああん、縛られてする『おまんこ』ってなんて素敵なんでしょう?」と、益々『マゾ』の喜びに身を震わせているのでした。
そして今日もまた母は気を失うまで佐藤に弄ばれるのでした。

この年の7月は、佐藤が一気に母を自分の『マゾ奴隷』に仕上げるつもりだったのでしょう。
毎日のように母を呼び出しては『鞭打ち』『ろうそく責め』『浣腸』『張形責め』と、一通りのSMプレイを母に教え込んだのでした。
母も毎日毎日、夢にまで見た素敵なSMプレイを体験し、益々『マゾ』の喜びを知るのでした。

佐藤は東京にいた約二週間のうち、実に9日間に渡って母を呼び出し『SMプレイ』漬けにして、母が佐藤の『女』であることを、その身と心に焼き付かせようとしたのでしょう。
1ヶ月の間に9日間佐藤とセックスをしたのは、後にも先にもこの月だけだったようです。

その日に身も心もとろけるようなプレイをした母は、帰り際に旅荘よりある物を持ち帰りました。
浅はかで物事をあまり深く考えない母は、その物を父が一目見れば母が浮気しているという確かな証になることにまったく考えが及ばずに、ただ「綺麗だから」「勿体ないから」と、その後も佐藤と旅荘に行く度にその物をいそいそと持ち帰り、寝室のたんすの引き出しにしまい込むのでした。
その物とは『枕紙』と呼ばれるセックスの後始末用の『ちり紙』(ティッシュペーパー)なのでした。

当時『ポップアップティッシュ』『ボックスティッシュ』『ポケットティッシュ』などと言う物は無く、全て『ちり紙』と言って四角いティッシュを百枚、二百枚と紙のテープで一纏めにした物が、どの家庭でも置いてあり、それを二枚、三枚と取って鼻をかんだり、トイレにおいて『落とし紙』として使ったりと(トイレットペーパーも一部のホテルなど洋式便所の在る所でしか使われていませんでした)、5~10枚位を四つ折りにしてポケットに入れ、今で言うポケットティッシュのように持ち歩いたりしておりました。
当然、旅荘にも『ボックスティッシュ』など在りませんから、その代わりに『桜紙』と呼ばれるピンクやブルーや黄色といった淡い色の付いた良い香りのする柔らかでちょっと高級な『チリ紙』を10~20枚で二つ折りにして長方形のビニール袋に入れて、セックスの後始末用として枕元に置いて在るのが一般的でした。

母にとって、そんな高級で綺麗で良い香りのする『枕紙』をセックスの後始末に使うのが勿体なくって、後始末にはトイレの『ちり紙』を使い『枕紙』は後で何かに使おうと思って持ち帰るのでした。
『枕紙』はビニールの袋に入っているために、ちょうど今の『ポケットティッシュ』のような物でした。
今の『ポケットティッシュ』が広告媒体として使われているように、当時の『枕紙』にも当然のようにビニールの袋の上にその旅荘の名前、電話番号が入っているのは当たり前で、中には男女の絡んだ絵が描いてあったり『二人の愛のひと時を・・・愛路荘』などとキャッチコピーまで入っているものもありました。

そんな佐藤との浮気の証を、浅はかな母はせっせと自宅に運び、父とのセックスのときに使うコンドームの入れてある寝室のたんすの小引き出しに溜め込んでいたのでした。

私の家が祖父の代まで農家だった事はお話しましたが、母屋の西隣に納屋があり、当時一階は物置と車庫になっていますが、以前は養蚕を行なっていたため納屋は中二階になっておりました。
その中二階を両親が結婚した時に改築して、洗面所とトイレなどを作って両親の寝室にしたのでした。
母屋のお勝手口から階段で直接行き来できるようになっており、中二階なので天井は低いが(真ん中の一番高いところで、2メートル弱、両端の低いところで150センチくらいでした)、押入れに六畳間が二間続きで南と北側には1m程の廊下があります。
真ん中の廊下との境に左右二本の柱があり、前には襖で仕切って在りましたが、今は取り外してあるために全体では17、8畳位ありそうで意外と広くて静かでした。
一番奥は、壁一面が押し入れになっています。
奥の6畳は夫婦の布団を敷くスペースで左右の板の間に箪笥が並べられています。
箪笥は母の嫁入り箪笥だったようで三つ揃えだったのを、天井が低いためそのままでは置けず、上下をばらして組み合わせを変えて四組の箪笥並びにしておりました。
手前の6畳には、母の姿見や化粧の三面鏡、予備の座卓などが置いてあり北側の板の間には、洗面台と増設したトイレが付いています。
むき出しの梁や柱があり、多少大声を出しても大丈夫(東は母屋、北は山、西は神社の森、南は庭)で、夫婦の『セックス』や『SMプレイ』にはうってつけだったのでしょう。
その為だったのでしょうか、後に母屋を新築しても両親はそこを寝室としておりました。

近所のおさむちゃんが私の性教育の先生だったことは前にお話しましたが、おさむちゃんは今から思うと私の両親が家に居ない時を見計らって、私に両親の寝室に遊びに行こうと誘ったものでした。
それは私と遊ぶのが目的ではなくて、私の両親の寝室の淫靡な隠し事を探るのと同時に、押入れの奥の箱に入っていた『奇譚クラブ』を読むのが目的だったようです。
その家捜しの中で箪笥の小引き出しの中にある『枕紙』も見つけていましたが、さすがのおさむちゃんもそれがどういう物かは、解からなかったようでした。
ただ、女の人の裸の絵や男女の絡みの絵が付いている物がなんとなく淫靡な気がして『二人の愛のひと時を・・・愛路荘』などと、声を出して私に教えてくれるのでした。

そんなおさむちゃんの影響で、その後、私も両親の部屋の探索や『奇譚クラブ』を読みながら『オナニー』をすることを覚えたのでした。
『枕紙』については、だいぶ経ってからとうとう小引き出し一つでは、入りきれなくなって隣の小引き出しにまで入れてあったのを覚えております。

次の日の朝、母は子供たちを学校に送り出してから洗濯をしておりました。
洗濯をしながら昨日の佐藤との『SMプレイ』を思い出しているのです。
昨日の逢瀬で今月(7月)佐藤と会えるのは最後だと帰り際に言われておりました。
さすがに佐藤も母とばかりセックスをしているわけにもいかず、今日一日得意先を回って明日の朝一番の電車で富山の現場に向かうことになっていたのです。

昨日、母は佐藤と『強姦プレイ』をしたのでした。
お風呂から上がった母に佐藤は、パンティーとストッキング(当時はまだパンティーストッキングはなくて普通のストッキングにガーターと言うゴムのバンドで太ももでとめるもの)と、シミーズを着るように言い何故かハイヒールまで履くことを求めました。

そして「幸子、今からワシは『強姦魔』になって、お前を襲うから必死になって抵抗しろ」と言って部屋の中で母を追いかけ回すのでした。
始めは、鬼ごっこのようで「キャーキャー」言いながら逃げ回っていた母でしたが、素っ裸の上太くはちきれそうに勃起させた男根を上下に振りながら、いやらしい目付きで追いかけ母を捕まえては、乱暴に引き倒しシミーズを引きちぎり、本気で抵抗する母に馬乗りになり頬に平手打ちを食らわせては、また母をわざと逃がし追いかけては引き倒す。
そんな佐藤に母は、本当に『強姦魔』に襲われている気持ちになってくるのでした。

ついには泣きながら許しを請い、畳に這いつくばって逃げる母の足を取り引きずり回した挙句に背中に馬乗りになると、母の両手を乱暴に後ろ手にねじ上げ高手小手に縛り上げます。
乳房もきつく縛ると泣き叫ぶ母の口の中に自分の穿いていたブリーフをねじ込み綱で猿轡をすると嫌がる母のパンティーも脱がして上から覆いかぶさるように母を抱き締めるのです。

「ふふふ、おくさん、ワシは前から奥さんを犯したかったんだ。さあ、旦那のいない間にワシのチンポを嵌めてやろう・・・それ!どうだ!・・」

そういって佐藤は、母の片足を持ち上げてその太い男根で激しく犯すのでした。
その時の母は、本当の『強姦魔』に襲われた気持ちになっていて、怖ろしくて悲しくて切ない気持ちが溢れて泣き叫んでおりましたが、いったん佐藤の男根で女唇を貫かれると今度は、今までに味わった事の無いような快感に歓喜の涙と叫びを上げるのでした。
自分の性欲だけを満足させるために女を犯す野獣のような『強姦魔』に凌辱され男の汚い射精の欲望を満足させるためだけに女唇を使われる人妻。
そう思う事で母の中にある被虐感がより一層快感を助長させるのでした。

母の口には、汚れた佐藤のブリーフが詰め込まれ、片方だけ持ち上げられた足には、伝線したストッキングが絡み佐藤に突かれるたびにハイヒールがゆれています。
母は快楽のあまり薄れ行く意識の中で佐藤によって目覚めさせられた『マゾ』の喜びを骨の髄まで味わっているのでした。

一旦プレイが終わると佐藤は付き物が落ちたように優しくなるのでした。
これも佐藤の手なのでしょう。
泣きじゃくる母を抱きしめ舐めるように愛撫し甘言をささやくのです。
そして破けたシミーズやストッキングの代わりに、シルクで出来た下着類一式を母にプレゼントするのです。
佐藤は、この前の初めて母を縛ったときにブラウスを破きましたが、その時もすでに替えのワンピースを母に買い与えていたように、今日は『強姦プレイ』をするつもりであらかじめ破く下着の替えを用意していたのでした。

このように佐藤は、全て計算し尽くした上で母を抱いているのですから、浅はかな母など自分の意思で行動しているようでも実は佐藤の思惑通りに踊らされているのでした。
貰った下着は、レースで飾られた白いブラジャーにパンティー、シースルーのキャミソールにガーターベルト、ストッキングと、まるでアメリカ映画の女優が身に着けているようなものでした。
パンティーも今で言うスキャンティーのようなセクシーなものですし、シミーズしか着たことの無い母にとってキャミソールやガーターベルトなど、自分が女優になったような錯覚さえ覚えるのでした。

それも全て佐藤が、佐藤好みに母を着飾らせたかった為なのでしょう。
しかし、そんな事とは夢のも思わない母が、喜んだのは言うまでもありません。

「ひどい人・・・」

母は洗濯機に水を張りながら昨日のプレイを思い出して、また女唇を濡らすのでした。

「もう・・来月はお父さんが帰ってくるのにどうするのよ・・・『旦那様』は、お父さんが帰ってくるお盆の前にも私を抱くのかしら?・・・きっともっとひどい事されるんだわ・・・ああ、忘れられなくなりそうで怖いわー・・」

その時までの母は、佐藤との逢瀬は父のいない寂しさを、佐藤に埋めてもらっているだけなので、父がお盆に一時帰郷してその時に父とセックスをすれば、もう父が帰ってくる10月までは、佐藤に抱かれなくても父を待っていられる自信がありました。
ただ、思いがけずに『マゾ』の喜びを佐藤に目覚めさせられましたが、それも「お父さんを上手く誘って佐藤の代わりをしてもらえばいいんだ」と単純に思っていたのでした。
「昨日の逢瀬で今月は最後」と言う佐藤の言葉に、8月にもしも佐藤に誘われても「お父さんに悪いから断ろう」と心に誓うのでした。

しかし、そんな単純な母の思惑など老練な佐藤の前では通じる訳はないのでした。

ガラガラ・・・と、玄関が開いた様な気がして(当時、田舎では誰も家に鍵を掛ける習慣はありませんでした)、浴室からお勝手に出てみた母は、そこに男が立っているのを見て「キャッ!」と悲鳴を上げました。
しかし、よく見るとそれは佐藤でした。

「あーびっくりした。『旦那様』如何なさったんです?今日はお仕事だったのでは?」

母が着ていた割烹着(エプロンではない)で濡れた手を拭きながらお勝手に入ると、「ああ、仕事に行こうとしたんだがその前に・・・幸子と『一発』したくなってな」と言うと、いきなりズボンとブリーフを一緒に脱いだのです。
そこにはもう青筋を立てて勃起した佐藤の男根が天を向いているのでした。

「まあっ!・・恥ずかしいわ、こんな朝っぱらから嫌ですわ・・・」

さすがに恥ずかしい母は赤くなって下を向きます。

「幸子!忘れたか!お前はワシの『奴隷』なんだぞ。ワシが一発したくなったら何時でも幸子を呼び出してお前の身体で楽しむんだ・・・それを今日はわざわざ出向いて来てやったんだぞ。ありがたく思え!」

そう佐藤に恫喝されると、母は全身が『カッ』と熱くなりくたくたと佐藤の前に跪くのでした。

「ああ、おゆるしください『旦那様』。私は『旦那様』の『女奴隷』です。私の身体は『旦那様』のチンポをお慰みするための道具です。どうか『旦那様の女奴隷』に素敵なチンポを尺八させてくださあーい!」

そう言うと母は、佐藤の男根を片手で握ると舌を這わしてしゃぶり上げるのでした。

この数日間の間に母は、佐藤から『女奴隷』としての振る舞いや言葉使いを知らず知らずに調教されているのでした。
それがはからずもサディスティックに声を荒げられて恫喝されると、自然に『マゾ奴隷』の躾が出てしまうのです。

そして、その事によって母の女唇は、熱い蜜を止め処も無く溢れさせるのでした。
それはこの7月に佐藤から調教された『マゾ奴隷』の躾が知らず知らずに母の身に付いている証拠なのですが、当の母はまったくその事に気付いてはいないのでした。

「ようし、もういいぞ・・さあ、今度はそこに手をついてこっちに尻を向けろ!」

しばらく母の口で尺八を楽しんだ佐藤は、母を立たせると流し台に手をつかせて尻を突き出させました。
そして一気に母のスカートを捲り上げるとネルのズロースに包まれた母の尻を露出させるのでした。

「なんだこれは!幸子、ワシの女で居たかったらズロースなんか穿くな!ワシに嵌めてもらいたかったら、ワシがその気になるようなパンティーを穿け!」

そう言うと佐藤は、ズロースを乱暴に引き下げ、母の尻を丸出しにして二度、三度と尻を平手打ちにするのでした。

「あっあっいたっいたいっあん、おゆるしください『旦那様ー』今日は『旦那様』に抱いていただけるなんて思わなかったんですー。ああーいたーいいこれからは、いつ『旦那様』に抱いていただいても、ご満足していただけるようにしますからーどうぞおゆるしくださーい」
「そうだぞ、幸子、もうズロースなんか捨てちまえ。幸子には、色っぽいパンティーが似合うんだぞ」
「はあい、幸子はもうズロースは二度と穿きません。ですから『旦那様ー』幸子の身体を思う存分使ってくださあーい。あたしのオマンチョで楽しんでくださあーい」
「よーし、いい子だ、じゃあマンチョに嵌めてやるぞ!それ!どうだ!」

佐藤は母の尻をつかむと、もうすでに『ヌルヌル』になった女唇の中に『ズブリ』と男根を嵌め、激しく腰を打ち付けピストンをするのでした。

「あーあん・・いいーーきもちいいーですーー!あん、あん、あっあーー」

今日の佐藤のセックスは、いつものように女唇の中の母が感じるポイントをねっとりと突くものではなく、男根の先から根元までを一気に『ズブズブ』と激しく突くものでした。

「幸子、今日は時間が無いからワシはすぐに行くぞ!」と佐藤は母のことなどお構いなしに自分だけいい気持ちになり射精しようと言うのでした。

それは本当に母の体を自分の性欲処理の為だけに使おうとする佐藤の魂胆が現れた瞬間なのでした。
母は荒々しく奥を突かれるたびに内臓が口から飛び出しそうな感覚がしたと言います。
しかし、そうやって性欲処理の道具として使われている事が解かるほどに母の『マゾ性』が疼くのでした。

「おおー幸子ーーいいぞーワシはもういくぞーー」

佐藤の腰使いが激しくなった時に母はある重大なことを思い出しました。

「あっまって!『旦那様』ペッサリーをペッサリーを着けさせてえー」

今日は佐藤に抱かれるつもりが無かった母は、当然ペッサリーを着けてはいません。

「面倒だからこのまま出させろ!」
「あっいやっだめーだめですー」と腰を振って母は逃げようとします。

「よし、じゃあ中出しは勘弁してやるが、その代わり幸子の口に出すからワシの精子を飲め!」

母は父の精子でさえ飲んだことはありませんでした。

「あっそんな事出来ません。ゆるして」
「じゃあ、やっぱりこのまま出すぞー!ほれ、ほれ!」

逃げようとする母の腰を捕まえて佐藤はより深く男根を打ち込みます。

「あっだめっだめー中はだめーー。お口に、お口に出してくださーい」

母はとうとう口の中に射精することを認めざるを得ませんでした。

「ようし行くぞーいくぞーー」

佐藤は腰を5~6回打ちつけると、母の女唇から男根を抜き取り、母の髪をつかんで自分に向かせてその口にはちきれそうな男根をねじ込みました。
そうして母の喉の奥に熱い精子を何度も放出するのでした。

母は私に、その時のことを思い出すように言いました。

「その時は夢中で飲んだわよ。男の人のって出したばかりは、味も匂いもそんなにしないのよ。ただ『どろっ』としていて喉の奥にいつまでもまとわり付く感じがするのがちょっと『いや』かな?」
「でもそれからはよく飲まされたわー特に外に出されてしばらく置いたのって栗の花臭くって味も卵の黄身の生臭い味がしていやだったわ。・・・でも母さん『マゾ』だから、無理やり舐めさせられるとジン・・・となっちゃうのよねー」と言いながら、いつもの様にヴァギナからあふれ出る私の精子を指先ですくい、うっとりと舐めるのでした。

「おおー幸子はやっぱり可愛いなーどうだワシの精子の味わーうん?幸子はまた一つワシの女になったな。お前はワシの一番大事な女だ」

佐藤は放心状態の母を抱きしめると甘言をささやくのでした。

「幸子、お前と離れると思うとワシは辛いぞ。ん?幸子もそうじゃろ?ん?」
「はい、『旦那様』あたしもさみしいーー」

精子を飲んだことで佐藤の『マゾ奴隷』だという気持ちが、溢れてくる母でした。
そしてさっきまでは、父のために佐藤の誘いを断ろうと思っていたのに、浅はかで物事に流されやすい母はそんなことは忘れ、今では本当に佐藤と離れたくない気持ちになって悲しくなってくるのでした。

「おおー、いい事があるぞ。ワシはこれから一生懸命回って、昼間で仕事を終わらせるから夜なら幸子と会えるぞ。そうだ、明日東京駅8時の電車だからそれまで一緒に居ような。都内で二人で一泊するんだ。うん、そうだ、今夜は一晩中幸子を可愛がってやるぞ・・・ワシのチンポを忘れなくさせてやるからな・・・」
「えー本当ですか?うれしいー『旦那様』と東京でお泊り出来るなんて・・ああーどうしましょ・・・あーパーマ屋さんにもいかなくちゃ・・・」

東京で一泊出来る。
佐藤に今夜も抱いてもらえる。
そう思うだけで、母はまた有頂天になるのでした。

「よし、幸子、小遣いをやろう。これでパーマ屋に行って綺麗になってきなさい」

そう言って佐藤は、母に五千円を渡すのでした。

その時母はビックリしたそうです。当時の五千円は今の2~3万円くらいの価値があり(田舎者の母の実感としてはもっと高額だったようです)、ちょっとしたお小遣いで貰える額ではありません。
しかしその後も佐藤は、母に三千、五千円と惜しげもなく小遣いを渡すのでした。
佐藤は母に対して(母だけではなくて、落とそうと思った女には全てだったようです)、惜しげも無くお金を使いました。
そうして母の心を惹きつけようとしていたんだと思います。
それに『妾』を囲う思いをすれば安かったのかも知れません。

その日、母は美容室で髪にパーマをかけて家で着物に着替えて3時には家を出ました。

当時、このあたりの田舎では、都内に行くことを『東京』に行くと言い東京に行くという事は、とても晴れがましい事で、精一杯のおしゃれをして出かけたそうです。
そして佐藤と待ち合わせをしていた『有楽町』へは当時3時間近くかかりました。

佐藤と寄り添い、銀ブラをしてから高級レストランで食事をし、佐藤の腕に掴まるように寄り添いながら夢心地で歩いていると、辺りは暗くなりいつの間にか母達は、公園の中を歩いていました。
薄暗い公園の中は、アベック達がすれ違い、親子ほどの年の離れた佐藤ともまるで恋人同士のようで母も益々甘い気持ちになるのでした。
そんな時、佐藤はベンチや水飲み場があるちょっとした広場の外れの茂みの中に母を連れ込みました。
佐藤は持っていたボストンバッグを置くと母を引き寄せて抱きしめながらキスをするのです。
母はもうとろけそうになり佐藤の首に腕を回すと舌を絡ませる激しいキスを繰り返すのでした。

しばらくしてから佐藤は、ボストンバッグの中からゴムで出来たある物を取り出すと、母をその場に残して広場の水飲み場へ向かうのでした。
帰ってきた佐藤の手に持っている物を見て佐藤がこれから行おうとしている事が解った母は、顔から火が出るような恥ずかしさを覚えてその場から逃げ出したくなるのでした。

「さあ、幸子、後ろを向いて尻を捲れ」

佐藤の手には『イルリガトール浣腸器』がぶら下がっていたのです。
『イルリガトール浣腸器』は、ちょうどゴムで出来た水枕を一回り小さくした様な物で、上から水を入れて水枕のように水を貯め下に付いたゴム管の先のノズルをお尻の穴に挿入して浣腸をするものです。
母は産婦人科で、これで浣腸されたことがあり、知っていたのでした。
ただ、産婦人科で使っていた『イルリガトール浣腸器』は水を入れる部分がガラスの筒製で出来ており、佐藤のものとはタイプが違っていました。

佐藤の『イルリガトール浣腸器』は水を入れる部分がゴムの袋で出来ていて、持ち運びが楽な様になっており、外国製だと自慢していたらしいです。

しかし、その時の母には一目で『浣腸器』だと解かったということです。
何故ならすでに母は、今月のプレイで二度佐藤から浣腸プレイをされており、医者ではない男からされるその行為の恥ずかしさを、身をもって知っておりました。
ですが佐藤は、この前の浣腸プレイでは『イルリガトール浣腸器』ではなく、『エネマシリンジ浣腸器』を使っておりました。
『エネマシリンジ』はゴムのホースの中間にゴムで出来た丸い玉のようなポンプが付いていて、そこを握ることによって水を吸い上げて腸の中に送り込む仕組みのなっている物です。
母は素っ裸にされた上で高手小手に縛られ、『エネマシリンジ』で強制的に腸の中にお湯を入れられて、便意の苦しみに耐えながら佐藤の男根を尺八させられて、涙ながらに佐藤に排便の許しを請うのでした。

やっと許されて便器に跨がっても佐藤は便所の戸を閉めようともせずに、いやらしく母の尻の穴を見つめるのです。
母は両手を後ろ手で縛られているので恥ずかしい所を隠すことも出来ずに、ただただ顔を背け「みないでーー」と叫びながら初めて他人の前でした排便に、味わった事の無い恥心と開放感が湧き上がり、『マゾ』の喜びに大声で泣きそして酔いしれるのでした。
そして母は、佐藤から教えられたその他の『SMプレイ』と同じように『浣腸プレイ』も好きになったのです。

しかしその時は、部屋の中で佐藤と言う一人の男から身動き出来ないように縛られ無理やり浣腸をされたのです。
なのに今は、夜とは言いながら外の公園ですし、茂みの中とはいえアベックが通り過ぎる小道の脇で着物の裾をまくって尻を露出させなければならないのです。
そんな恥ずかしい事は今の母にはとても出来ません。

「早くしろ!言う事が聞けないんならこの場で裸にひん剥いて、縛り付けて道に放り出すぞ!」

そう佐藤に恫喝されると母の中の『マゾ』の血が疼きおずおずと着物の裾を捲りあげ帯に挟むのでした。
そして、襦袢、腰巻と捲りあげて、ついには、素っ裸の下半身を露出させるのでした。
佐藤にお尻を向けると、上半身を倒すように言われ、着物が落ちないように胸に抱え込みながら中腰でお尻を突き出すのでした。
佐藤は『イルリガトール浣腸器』から伸びるゴム管の先のノズルを掴むと、それをすでに期待で濡れそぼった母の女唇にあてがい、淫汁を塗りつけて一気にアヌスに差し込みました。
そうしてゴム管の留め金を外すと、水の入った本体を高々と上げて母の腸の中に水道の水を送り込むのでした。
母の意志に関係なく冷たい水が腸の中に入ってきて、帯の為いつもより早く便意が起こり、お腹が痛くなります。

「ああー『旦那様ー』もうだめです。おゆるしくださーい・・うう・・・」

佐藤は、ノズルを抜くと残りの水を捨てて浣腸器をボストンバッグに仕舞うと、手に持ち歩き出すのでした。
母はその場で排便させてもらえるものと思っていたので、慌てて身繕いをして後を追うのでした。
しかし、しばらくすると便意が襲って来て母を苦しめます。

「だ、旦那様、もう、おゆるしください・・・漏れてしまいます。ううん、ん、ご不浄へ行かせてください・・・お願いいたします」

佐藤は、ようやく母を道外れの茂みの中に連れ込んでそこで排便するように促しました。
母はもう躊躇するまもなく着物の裾を捲くるが早いかビューーとアヌスから水を噴き出すのでした。

「あん・・あー・・はあー」

お腹の苦しみがスゥーと消えていきますが、その後でまた腸がしびれるような痛みが襲ってきます。
ブスッ・・プッビビー・・・と、今度はガスと便が激しく排出される音が響きました。
あまりの音の大きさに母は慌ててあたりを見回しますが、その目の前に佐藤はズボンのチャックを開けて男根を突き出すのでした。
母はもう当然のようにそれを口に含みながら、ブリッ・・ブリッ・・ブブー・・・と、すっかり緩くなった便を排泄するのでした。
野外の公園で着物の裾を捲りあげて白いお尻を露出させ、排便をしながら男の男根を尺八する母は、自らの淫乱な行為に『マゾ』の喜びに打ち震えるのでした。

その後も、母は自らの手で着物の裾を左右に捲りあげて、恥ずかしい股間の陰毛を露出させたまま道を歩かされたり、外灯の下のベンチでオナニーをさせられたりと、佐藤から『恥心プレイ』をたっぷりと堪能させられるのでした。
興奮した二人は、旅館に入ると堰を切ったようにお互いを求め合い、激しい『SMプレイ』を繰り広げるのでした。

翌朝、佐藤の裸の厚い胸に抱かれながら、これも裸で目覚めた母は、佐藤がかけがえの無い夫のような錯覚を覚えるのでした。
東京駅で新幹線に乗る佐藤を見送った時には、寂しさが込み上げてきて、父を見送った時にも見せなかった涙さえ流すのでした。
佐藤は別れ際に今日も三千円の小遣いを母に渡し「これで旨い物でも食べて帰りなさい」と優しい言葉かけるのでした。

その日、新宿に出た母は、子供達のお土産に服を買うと自分も化粧品やら小物を買い、デパートの下着売り場ではブラジャーとパンティーを何枚か買うのでした。
それは佐藤が「これからはズロースを穿くな」と言う言いつけに無意識のうちに従っていたのです。

いつもの買い物では、真っ先に父の物を買う母でしたが、さすがに今日は父の物は買いませんでした。
佐藤から貰った小遣いという事で多少は気が引けたのでしょうが、もうこの時点で佐藤の術中にドップリと嵌まってしまった母は、心の中に父の存在そのものが薄くなっていったのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました