スーパー銭湯の中国マッサージで元カノにイカされた

この体験談は約 4 分で読めます。

俺のよく行くスーパー銭湯で元カノの瞳が働いてた。
ちなみに松嶋菜々子似。

「あれ?みっちゃん何やってんの?」

「そりゃ俺のセリフだ、瞳こそ何やってんだよ?」

「あたしは仕事。マッサージ師の資格取ったの。やってく?今日は空いてるし、割り引きしてあげるよ」

「じゃあ風呂から出たら行くよ」

俺たちは後腐れのない別れ方をしたので、久々の再会でも普通に話せた。
俺は風呂に30分ほど浸かり、一服した後に浴衣を着てマッサージ室に入った。
そこは6畳ほどの個室になっていて、女のマッサージ師が2人。
まだ見習いみたいで若かった。
練習がてら来ているのだろう。

(2人とも20歳か21歳くらいか?)

そんなことを思いながら瞳を探したが見当たらない。
俺の他に客はいないみたいだ。
俺がキョロキョロしていると美乳の女が俺に寄ってきた。
女の格好はチャイニーズ風だった。
短めな丈がそそる。

「こんにちは、それじゃあうつ伏せになってください。中国式は初めてですか?痛かったら言ってくださいね」

俺は言われた通りにうつ伏せになった。
女は俺のふくらはぎ辺りに腰を軽く下ろし、俺の腰を揉み始めた。

「んっ」

結構力が強い・・・背中、肩と順番に揉んでくる。
女はその体勢から俺の腕を揉むために背中に上半身をつけてきた。
ときどき胸が当たり、息遣いが聞こえる。

「んっ、はあ、どうですかっ、気持ちいいですか?んっんっ」

「あっ、はい」

俺は別の部分も気持ちよくなっていた。
終わると今度は仰向けになってくれと言われた。
俺は半立ち状態になっていたので、ちょっとやべーと思ったが、戸惑っていると余計に恥ずかしいので、意を決して仰向けになり目を閉じた。
目が合ったら恥ずかしいから、絶対に目は開けないと誓った。

今度は女は足首の近くに座った。
お尻が軽く乗ってる状態、お尻の柔らかさが気持ちいい。
仰向けになった俺の上半身を手のひらで揉んできて、乳首の周りを円を描くようにそっと擦ったり揉んだり・・・徐々に下半身に手が移動してくる。
やばいと思った。
俺は脚の付け根が弱い。
女の手が太ももを揉む。

「んっ」

つい俺は声が出てしまった。
恥ずかしくなり、腕で目を隠した。
女のその手が徐々に足の付け根に来た。

「はあはあ・・・」

くすぐったいような気持ちいいような・・・頭がボーっとしてきた。
この時点で完全勃起!
すげえ恥ずかしい。
女が気づいていないわけがない。
女は俺の息子に触れないように息子の周りを揉んだ。
それがまた焦らしのようで・・・気持ちよすぎる。
他に客がいないのがせめてもの救いだ。

「んんー」

我慢していても、時折声を漏らしてしまう。
その時・・・女の手が息子に軽く触れた。

「あっ、んー」

俺は女のような声を漏らしてしまった。
女は一瞬だけ手の動きが止まったが、構わずに息子の周りを擦っている。

「ああー、やばい」

ついに俺は声をはっきり出して目を開けた。
するとそこにいたのは・・・瞳だった。

「あれ?」

「へへー(笑)」

周りを見渡すと誰もいない。

「お前・・・何やってんの?」

「何ってマッサージだよ、ほら」

そう言うと瞳は息子を細い指で握って擦ってきた。

「んー、やばいやばい」

「えー、感じてるのー?」

瞳はわざとらしく聞いてきた。

「お前・・・」

「ほらー」

瞳はさらに激しく擦ってきた。

「だめだ、もう我慢できない」

俺は上半身を起こし、瞳の肩を引き寄せてキスをした、激しく。

「んっんっ」

「あー、気持ちいい」

「んっ、駄目だよ、こんなとこで」

「お前が火をつけたんだろ」

「だーめっ」

そう言って瞳は俺をまた寝かせた。

「久しぶりだね、キスするの」

「はは」

「イッていいからね」

そう言うと瞳は俺の肌蹴た浴衣を捲り、パンツの隙間から息子を出して咥えた。

「おおおー、はあはあ」

「どう?」

「すげえ、すげえ気持ちいい」

「でしょー」

「こんなとこでしてくれるなんてっ、はあ、うおっ、んーーー、だめだ、イクっ、イクっ」

「んっんーーーいいよ、イッてー」

瞳は息子から口を離し、業務用のローションを息子につけた。

「うわっ」

ひんやりした感触が息子を襲う。

「いいでしょう?これ」

「ああ、すごい」

瞳は激しく息子を擦った。

「あっ、あっ、イクっ、うっうっ、あーーー」

どぴゅっ!

「はあはあ」

「どうでした?うちのマッサージは?」

「すごかったです・・・」

瞳は笑いながら立ち上がった。

「もういいよー、出ておいでー」

「えっ?」

瞳が声をかけると、最初にいた女2人がカーテンの奥から出てきた。

「どうだった?」

「すごかったです」

「え、何これ?」

状況が理解できない俺。

「彼女たちにね、あなたのことを昔の彼氏だって言ったら、『イクところが見たい』って言いだしたの。だからね、サービス」

「・・・ったく」

俺は股間を隠しながら言った。

「じゃあ、彼女たちに抜いてもらいたかったな」

俺がそう言うと・・・。

「え、いいんですか?w」

美乳の女が言った。
相当エッチに興味あるみたいだ。

「もちろんだよ。今日はあれだから、今度来たときにしてくれるかな」

「はーい」

彼女は嬉しそうに答えた。

「まったく・・・スケベなんだから」

瞳はちょっと寂しそうに俺の股間を引っ叩いた。

タイトルとURLをコピーしました