大学時代に彼に仕込まれた露出癖がエスカレート中・後編

この体験談は約 6 分で読めます。

ここのところ、海外にいる彼が休暇をとってしばらく帰国していたもので何も出来ませんでした。
彼に抱かれているときに思う事は、“外で辱められている”ことばかりで、自分がどうしていいのか分からなくなりました。
正直に彼に自分の性癖を話すべきか・・・、でも言えないのですよね。

2月の中旬から彼が来て、私は昼は職場に行き、帰ると彼が出迎えてくれる日々を過ごしました。
それはそれで幸せなんですけれども・・・。
3月◯日に彼を空港まで送り、今までの鬱憤を晴らすのではないのですが、久しぶりにしてしまいました。

自分の家から車で30分ぐらい走らせたところにある大きな森林公園に行きました。
そこは住宅街の真中に入り口があるもので、さすがに全裸で車を降りることは出来ずに、服を着たまま紙袋を持って車から降りました。
お決まりのバイブレーターと縄を待っていきます。

住宅街の公園の脇に車を停め、車から降り、紙袋片手にその公園の階段を上がっていきました。
上がりきったところで、着てきた服を全部脱ぎました。
(すごく寒いです)
自分で体に縄を掛け、バイブレーターを乳首とあそこにテープで固定して、スイッチを入れ、後ろに手をまわして縄の間に強引に入れました。

そこから歩いて3分ぐらい行くと高速道路の街灯に照らされます。
さらに少し歩くと、防音壁も無いところに出て行くのですが、いくら車が通り過ぎるだけだといってもすごく勇気がいりました。
初めて人に見られる所に自分から行く訳ですから・・・。
(今までに誰かに見られてたかもしれないですが、自分から人目につくところに自ら行くのは、初めてなもので・・・)
思い切って歩いていきました。

「私は露出狂の変態、人に見られるだけで感じる女なんだから」と、声に出しながら歩いて行きました。

あそこからは、膝の辺りまで垂れているのが分かりました。

防音壁を越し、その先にある道路を越す歩道橋のところの網の柵に胸を突き出したまま、1分も無かったと思いますが、声を出しながらイッてしまいました・・・。
そこに座り込んで、下を通り過ぎる車を見ながら放心状態のまま、3回ぐらいイッてしまいました。

よろけながら服のある所まで戻り、縄を解いて、紙袋の中の服を着ようと思ったのですが、・・・着ずに、袋を持って階段を下りてしまいました。
後悔しております。

階段を下りた少し離れたベンチにカップルが・・・。
気づいた時には遅かったです。
全裸を見られてしまいました。
車まで走って行き、急いでそのまま車を走らせました。
予定外でした。

でも感じていたんですね・・・。
シートがすごく湿っているのに気づいて、恥ずかしかったです。
自分の裸を知らない人に見られてしまい、その興奮と自己嫌悪に悩まされる日々が続いております。

このところ会社が忙しいのと、寒さ、あと自分の気持ちの上でなかなか出来ませんでした。
今朝起きると、雨が降っているので、会社を休むことにしました。
普段有給もほとんど使わずにまじめに行っているので、8時過ぎに適当に理由をつけて休んでしまいました。
(ちょっと罪悪感・・・)

午前中、カモフラージュの為に病院に行って薬を貰って、11時頃車で家を出ました。
初めての昼間の露出です。
すごくドキドキしていました。
今でも体が震えています。

(どんな事をしようか?)

考えて色々な小物等を揃えました。
服は簡単に脱げる普段着のスカートにトレーナー、下着は一切つけません。
ビニール袋とタオル等を持ち出発しました。
途中のスーパーで、ポケットレインコート(半透明のもの)を買い、(ここまで来たら思いっきり露出しよう)と思い、荷造り用のロープとはさみ、それと薬局でイチジク浣腸を買って行きました。
場所は以前露出した森林公園です。

そこは公園に入り口(高速道路の下を通る所)があり、そこに服を脱ぎ置いてけば大丈夫だと思い、前々から考えていました。
雨ですし、人も居ないと思います。

さて、12時前に公園に着き、バイブレーター、袋、コート、紐、はさみ、テープ、イチジク等々、忘れ物が無いように準備して、傘をさして車から降りました。
3分ぐらい階段を上がり、その先の高速道路の下に行きました。
昼間に外で服を脱ぐだけでも勇気がいりますね(夜もですが・・・)。
体が震えて・・・なかなか脱げません。
思い切って脱ぎました。
吹き込んでくる雨が体に心地よく、少しフェンスに寄りかかりながら乳首とかを触っていました。

そうこうしているうちにエッチモードに入ってしまいました。
コートを下に敷き、寝そべって浣腸をしようとしたら、股を開かないとうまく出来ないのですね。
すごく恥ずかしい姿です。
右手で浣腸を持ち、左手と右手を膝の後に掛けて、どうにかお尻の穴を探し、3個しました。
しばらくそのまま収まるのを待ち、(誰か人が来たら・・・)と思いながらもオナニーして感じておりました。

自分でロープを体に巻き(なんて縛り方だか知りませんが)、胸が突き出し、首から引き上げお腹の所までロープを巻きました。
コンドームに、今回持って来たスーパーボール(以前お祭りで取ったもの)をバイブレーターと一緒に入れ、あそこに一つ、クリトリスに一つビニールテープで止めて、今回初めて、お尻の穴に、漏らさないようにと化粧便を入れました。
案外簡単に入るのでちょっとびっくりしましたが、入れた時の違和感と、あそこに入っているバイブレーターが皮一枚で擦れ合うので何とも言えない感じです。

(なんかはまりそう・・・)

どんどん変態になってきます。
自分に正直にいると思った事をどんどんしてしまいます。

最後にまたにロープを通し、手を前でどうにか結び、コートを掛けて前のボタンを上の方だけ3つして、手を足を通して後にまわしました。
準備完了です。
歩くたびに前が割れておへそから下は丸見えです。
掛けてるコートは透明だし、その下は全裸をロープで縛って外にいるのです。

その格好のままどこまで出来るかわかりませんが、震える足で、その先の階段を上がっていくことに決めました。
後ろのロープの所にあるバイブレーターのスイッチを少しだけ入れて歩き出しました。
50段ぐらい階段を上がると道路のすぐ脇を上がっていきます。
そこからは丸見えです。
たぶん後ろからだと裸だとはわからないと思うのですが、自分では、すべて曝け出しているみたいで、振り返ることすら出来ません。
あそこから、どんどん滴り落ちてくるのがわかります。
頭の中は、真っ白です。

どうにか山道に入り、すでに体は雨で濡れていますが、体から蒸気が立っています。
乳首を触りたくてしかたありません。
20分ぐらいでしょうか、前に使った高速道路の上を通る陸橋のところに出ました。
何しろ広いので幾重にも道が広がり、様々なところに行けるので、迷わないようにするだけで精一杯でした。

ここに出ると隠れるところも隠すことも出来ません。
車からもたぶんわかると思います。
来るときに見た限りでは、この程度の雨では丸見えでしたので・・・。

陸橋の所まで来て、ここでいこうと思い、2つのバイブレーターのスイッチを最強にしました。
すぐにもイケそうです。
どうにか手を前にまわしてコートのボタンをすべて外し、乳首を荒々しく摘みながら陸橋を渡り始めました。
視界はほとんど目を瞑っているので、たまに足元しか見えません。
もう声は出っ放しです。

3分の2ぐらい来たところで限界です。
そのまましゃがみ込み、すごく深く、すごく感じてイッてしまいました。
そのまま今度は寝そべり、雨に打たれながら、手の紐を解き、何度も何度もオナニーしてしまいました。
3回目ぐらいだと思います。

お腹が痛くなり、我慢できなくなってきたので、陸橋の中央に行き、震えながら体に巻いたロープを一本一本外していくのですが、大勢の人に囲まれながら、逆らえずに服を自分の手で脱いでいるみたいでした。
すごく恥ずかしく、でも感じて・・・。

全部取ると四つん這いになり、コートをお尻のところまで捲り、しばらくはスイッチも止めて我慢しておりました。
我慢の限界が来て、でも出ないのです。
腹痛に耐えながら力を入れると化粧瓶が出てきます。
出た瞬間に、お尻の穴から噴出すように、すごく恥ずかしい音を出しながら出るのです。
お尻から出る気持ちよさと恥ずかしさが入り乱れ、すごい快感です。

大勢の人の前でこんな事が出来る。
してしまう自分がいるのですね。

しばらくして拭くものが無いことに気づき、葉っぱで拭いてしまいました。
なんか惨めな自分に感じています。

道路の下でコートを取り、持ってきたタオルで髪の毛から体すべてを綺麗に拭いて、服を着ようと思ったのですが、(ここまでしたら・・・)と思い、袋入れた袋から車のカギだけ出し、袋を手に持ち、傘をさして、またやってしまいました。
今回はバイブレーターは入れたままです。
足はガクガクです。

恐る恐る階段を下りてはしゃがみ込み、体を袋と傘で隠しながら下りていきました。
一番下まで下りたのですが、さすがに雨、誰も居ませんし来る様子もありません。
思いっきり震える足で、車まで小走りに行き、どうにか大丈夫みたいでした。
急いでトレーナーを着て車を出しました。
途中で服を調え、無事帰宅できました。