息子が所属するサッカークラブのコーチ達と

この体験談は約 3 分で読めます。

私は43歳既婚者です。
こともあろうに、息子が所属するサッカークラブのコーチ二人と関係を持ってしまいました。
お相手は、コーチといっても息子の同級生のお父さん方で・・・。

きっかけは親睦会でした。
お酒の力もあり、私から一人のコーチの方を挑発してしまいました。
周りの皆様に気付かれないように手を握り、徐々に手を移動させ、気付いたら股間をジャージの上から擦っておりました。

夫は総合病院の医師で、生活が不規則なこともあり、下の子供が生まれてから3年以上もセックスレスです。
たまに私から求めても、「疲れてるから・・・」との理由から夫は背中を向けて寝てしまいます。
悶々として寝付けぬ私は、隣で寝息を立てる夫に気付かれぬように、パンティの上から敏感な部分を擦り、声を押し殺しながら虚しく一人で果てておりました。

そんな事が理由になるわけもないのですが、お相手の一人の方は元サッカー選手という事もあり、胸板も厚く日焼けした肌も一段と男らしさを引き立てており、サッカークラブの母親達の間でも大人気です。
そんな方と隣り合わせになれたのも何かの縁と、自分の都合の良いように捉え、本能の赴くままに自分を抑えられず行動してしまっておりました。

やがてその方が私の耳元で、「二人でこの場を出てしまうと周りの皆に怪しまれるから、別々に店を出よう」という事になり、先にコーチがお店を出られ、30分くらいしてから私もお店を出て、待ち合わせた◯◯公園のトイレ前に向かいました。
到着するとコーチは待っていて下さって、その場で抱き締められ、長い長いとろけるようなキスをされ、全身の力が抜けてしまうほどでした。

そのまま足元もおぼつかないまま、身障者用のトイレに導かれ、そこに入るなりジーパンとパンティを同時に脱がされ、後ろ向きにさせられ、前戯もないまま彼のモノが入ってきました。
私は先程の長い長いとろけるようなキスで、前戯などはいらないほど恥ずかしいくらいに濡れてしまっており、なんの抵抗もなくヌルっと入ってしまいました。
私は久しぶりの快楽に、彼が入ってきただけで恥ずかしながら達してしまいました。
意識が朦朧とし、その後も数分のうちに2回ほど達してしまいました。

気付かないうちに私は全裸にされていました。
そこに急にドアが開き、もう一人のコーチ方が入って来ました。

「もう我慢出来ねーよ、俺にも早くやらせろよ!」と。

・・・そうです、二人は打ち合わせをしていたのです。
私は戸惑うばかりで、言葉にならないまま快楽に負けてしまい、二人に身を委ねてました。
上の口は喉の奥まで突かれ、下は内臓を突き上げるほど奥まで突かれ、意識までが遠退いていきました。
もう何回達したかは判らないほど・・・、彼らも2回以上は射精したかと思います。

そのうち、後ろに痛みが走りました。
そうです、夫にも、以前お付き合いした方々にも許した事のない部分に入れられてしまったのです。
私の液がローション代わりになり、なんの抵抗もなくヌルっと入って来ました。
その方は、「すげー締まるよー!」などと言い、痛さを堪えている私のことなどお構い無しに突いてきました。
その方はさらに笑いながら、「ウンコ漏らしてやがるよー!」などと、私は顔から火が出るくらい恥ずかしく、『止めて』と言いたいのですが、口は相変わらず喉の奥まで突かれおり、声が出せずに突かれまくられました。
しかし、徐々に快楽が込み上げてきて、恥ずかしくも後ろで達してしまったのです。

その方は、「奥さん相当淫乱だなー、ケツの穴でもイッちまって」と半笑いで言ってました。
私はそんな言葉を聞き、また達してしまったのです。

もう立っていられず、床のタイルの上に崩れ落ちました。
床は漏らしてしまった尿で濡れており、便も多少あり臭いもキツかったのですが、深夜から朝方まで突かれまくられました。
意識も朦朧としてる中、携帯で写真やムービーも撮られたみたいです。

それからは週に二回程度呼び出されております。
いけない事と知りながら体の疼きには勝てず、呼び出される事に喜びを感じ、出掛けてしまいます。