おっぱいがエロ過ぎる友達の母親のフェラチオ

この体験談は約 6 分で読めます。

それは忘れもしない中3の夏休み。
俺は家族と一緒に福島のスパリゾートハワイアンに来ていた。
当時の俺は性欲に満ち満ちていて、女の子のビキニ姿を見る度に勃起していた。

東京の中学に通っていたから、まさかこんな所で中学の友達に会うとは思っていなかった。

その時、俺はウォータースライダーの列に並んで順番待ちをしてたんだけど、何気なく後ろを見ると同じクラスのT(男)が並んでいた。
俺はそこでも勃起してて、トランクスパンツのポケットに手を突っ込んでチンコを押さえてた。
こんな状態でTに会うのは恥ずかしいから、バレないようにじっと前を見ながら固まってたのね。
幸いTは俺のことに気付いてないようで、バレずに俺の順番が来た。

ウォータースライダーを無事に滑り終わって、家族のいる所に戻ったら、なんと俺の母ちゃんとTの母ちゃんが一緒に居てなにやら和やかに話してるの。
ヤベッと思って一旦隠れようとしたら、俺の母ちゃんにバレちゃって・・・。

「あきひろ(俺)!おいで!!」

ここで逃げてもどうしようもないかと思って、素直に行ったんだ。

Tの母ちゃんはかなり若くて肌が綺麗。
この時ビキニみたいなヘソが出てる水着を着ていたんだけど、スタイルも良くて胸も大きい、エロい。

「こんな偶然もあるのね~」なんて母ちゃん達が話している脇で、俺はポカリを飲みながらTの母ちゃんのおっぱいに釘付けになっていた。

そんなこんなでやがてTが帰ってきて、両家族揃って昼飯を食べることになった。
俺は(もういいから!)と内心思ってたんだけど、反抗するのもおかしいし、やむなく従った。
Tも俺も家族と一緒にいるのを見られたのが気まずいってこともあってあんまり喋らない。

2×2の四人掛けのテーブルが2つ並んでいて、俺が座った所の斜め前にTの母ちゃんが座った。
俺は焼きおにぎりを無言で食いながら、気付かれない程度にTの母ちゃんのおっぱいをチラ見してた。
しばらく経って、俺の母ちゃんと弟とTは一緒にウォータースライダーに遊びに行った。
俺の父ちゃんとTの父ちゃんは温泉入りに行った。
そして焼きとうもろこしを食べ続けている俺と、Tの母ちゃんの2人が残った。

「・・・」

Tの母ちゃんは無言でどっか向いてる。
俺は焼きとうもろこしを食いながらおっぱいを見つめている。
少しして、T母が話し掛けてきた。

T母「ふふ、おいしい?」

俺「え、あ、あ・・はい」

T母「わたしも買ってこようかなあ・・・」

そんなことを言ってT母はずっと俺のことを見つめている。
俺は返事に困って、とりあえず無言で下を向いて焼きとうもろこしを食い続けた。

T母「今日は何時ごろまでいるの?」

俺「夜までだと思う」

T母「そっかー」

・・・みたいに話を振ってくるんだけど、顔を上げるとT母のおっぱいを見つめてしまう。
俺はおっぱいを見たいという本能と、見続けたらマズいという理性の葛藤に苦しんでいた。

T母は笑顔で話し掛けてくるんだけど、T母の顔を見る度におっぱいにも目が行ってしまう。
T母の言ってることも全く上の空で頭に入らない。
そしてチンコは既にギンギンである。

そんなこんなで話が一段落したところで、T母が「みんなの所に行く前におトイレ行かない?」って言って立ち上がった。

(この状態で立ち上がるのはマズい・・・)

T母「どうしたのー?」

俺は慌ててパンツのポケットに手を突っ込み、チンコを押さえて立ち上がった!

(ばれてない、ばれてない・・・)

そう祈りながら、トイレに向かって歩くT母の後ろをついて行く俺。
俺の母ちゃんと違ってT母の身体はくびれがあってスタイルが良い。
そのくせ、おっぱいがデカい!エロい!!!

そんなことを考えていたから俺のチンコはギンギン。
我慢汁もかなり出ていただろうが、プールの水のせいに出来るのは幸いなことだ。

ちょっと歩いてトイレに着いたんだけど・・・。

T母「ちょっと取ってきたいものがあるんだけど、付き合ってくれない??」

俺はチンコを片手で押さえつつ無言で頷く。
T母がニコっとした。

(ポケットに両手入れていた方がよかったかな・・・)

そんなことを思い、両手をポケットに入れてT母の後ろをついて行く俺。
ロッカールームへと向かっていた。

ロッカールームとプールの間の通路は割と薄暗くなっている。
多くの人が食事したり休んでいる時間だったせいか通路は人通りが少ない。

T母はロッカールームの手前にある女子トイレに入った。
ロッカールームは男子用と女子用に分かれているから、女子用ロッカールームの側には女子トイレしか無い。

(ここで待つのかよ・・・)と思っていたら・・・。

T母「来て来てー!」

俺は純粋に、何があったんだろう?と思って、両手でチンコを押さえて女子トイレの入り口から中を覗いた。

T母「おいでおいで」

T母が中に入ってくるように手招きする。

俺「いや・・・」

俺は一応マジメで通ってたので、渋っていたら・・・。

T母「いいからいいから・・・!」って、こそこそ声で言ってくる。

俺「どうしたんですか・・・?」

恐る恐る女子トイレの中に入ったら、T母がそのまま俺の腕を掴んで個室に引き込んでくる!

俺「ちょっと・・・!?え・・・?」

思いもよらない事態に俺は少しパニックになった。
俺の力の方が強いんだけど、状況が状況なだけにT母を押し退けられず、両手でチンコを押さえた状態のまま個室に引き込まれてしまった。

T母「しー」

T母は無言の笑顔で俺を見つめる。
俺は怖くて震えていたかもしれない。

T母「誰にも言わないから大丈夫、いい?」

今考えると俺は全く無実なのに、何故か罪悪感を感じてT母の言うことに従った、無言で。
相変わらず両手でチンコを押さえたままだ。
T母はしゃがんで俺を見上げる。

そして「大丈夫、大丈夫」と言いながら、俺の手をパンツから優しく引き上げる。

俺の手はフリーになり、チンコは解放され、すぐテントを形成した。

T母「手、肩にのせて」

そう言われて俺は素直に両手をT母の肩にのせる。
T母は俺のテントを眺め、そして俺の方を見て微笑む。

T母「すぐ終わるからね」

T母は俺のパンツをずり下げてギンギンの俺のチンコを両手で包み、揉み始めた。

T母「カタいね・・・」

俺「あ・・・はい」

T母「ふふ♪」

T母は笑って数十秒くらい俺のチンコを揉んだ後に、そのまま口に入れた。
さっきまで水着を着ていて、俺の母ちゃんとも話していて、一緒に飯を食べていたT母が俺のチンコを咥えてる。
俺は上からT母がチンコを咥えている様子とT母のデカいおっぱいをただ眺めていた。

トイレは誰も居ない、T母が俺のチンコを咥えてなんかちゅぽちゅぽしてる。
俺はその時点では興奮と言うより何が起こっているのか分からないような状態だった。
そのまま1分くらい経った頃だろうか、T母の動きが止まった。
小さい子どもと、その母親が女子トイレに入ってきたようだ。
俺はかなり焦ったが、T母は一旦チンコを口から出して俺の方を見て微笑んだ。

T母「しー」(の、ジェスチャー)

俺は無言で頷く。

子どもと母親が出ていった後、T母はまたチンコを咥え始めた。
なぜかその時から俺も興奮してきてT母のおっぱいをツンツンした。
T母は俺のチンコを咥えたまま「いいよ」。

俺は調子に乗ってさらにツンツンした。
俺はT母の上に覆い被さるように腰から上を前に倒して、T母のデカいおっぱいを揉みしだく。
T母もエスカレートしてじゅぼじゅぼ音を立てながら俺のチンコを口の中で舐め回す。
そんな姿勢で誰も女子トイレに入ってこなかった数分間、これを続けた。

俺は我慢できなくなって「ヤバい・・・」って言うと、T母は「中で・・・」って咥えながら言ってくる。

俺はT母の口の中に溜まりに溜まった分を放出した。
T母は目を瞑って精子を放出中の俺のチンコを咥えたまま固まった。

その直後、俺は同時にもの凄い尿意と腰痛に襲われた。
俺は少し苦しそうなT母から無理矢理チンコを抜き取り、「ちょっとちょっと・・・」とT母を押し退け、便器に座って小便した。
俺が小便している間、T母は口から俺の精子を自分の手のひらに垂らして、「見て・・・」と小さな声で俺に言ってくる。
とりあえず「はぁ・・・」と答えた俺は腰が痛くて、しばらく便器から立ち上がれなかった。
俺はこの日、通算3度目の射精だったので相当疲れていたのもある。

T母は手のひらに垂らした俺の精子を便器に流した。

T母「ばいばーい」

俺はただそれを眺めていた。

T母「やっちゃったね・・・」

俺は冷静になっていた。

T母「じゃ、行きましょうか」

俺「うん」

T母は水着を直して個室のドアを開けた。

T母「今の隙に」

俺「うん」

T母と俺は小走りでプールに戻り、流れるプールで身体を洗い流してから家族と合流した。

ちなみにその後、Tの家族は夜のショーを見ずに東京に帰った。
俺の家族は終業時間の最後まで残ってショーも全部見たが、俺はこんな訳で疲れてずっと寝てしまってショーを見られなかった、残念。

T母とはそれ以来で、何の関わりもなかった。

俺と俺の家族はその後、全員で福島に引っ越したので、もう会う機会もないだろう。