初めて目にした嫁のバイブオナニー

この体験談は約 4 分で読めます。

うちの嫁の話(昨晩)です。
嫁は小柄(148cm)で童顔ないわゆるロリ系なんですが、結婚3年目で夜の生活がマンネリ化していました。

嫁は「電気はつけない」「ベッド以外でやらない」「正常位以外でやらない」と注文が多く、お互いにイク事はイクのですが、個人的には不完全燃焼でした。

そこへ私の一ヶ月長期出張が入りました。
当初は嫁の浮気が心配だったのですが、浮気が心配だったのは嫁も同じだったらしく、テレビ電話付きの携帯を買わされ、毎晩テレビ電話攻勢に晒されました。
出張中、一日だけ本社に戻る日があり、嫁には内緒で会社帰りにこっそり家(社宅)に戻り、嫁の帰宅を待ちました。

しばらくして嫁(私と同じ会社)が帰宅。
驚かそうと押し入れの中に隠れていました。
嫁は買い物袋をドカッとテーブルに乗せるとソファに深々と体を沈めました。
隙間から覗いていた私がそろそろ出ようかと思った瞬間、嫁がカーテンを締め始めました。

そして寝室の方に行きガサガサという音がしたと思ったら、なんとバイブ持参で戻ってきたのです!

嫁はそそくさと下半身丸出しになると、最初は手でクリトリス辺りを弄りはじめました。

「ハッ、ハッ」と短く声が漏れてきます。

(あの嫁が電気付けっ放しでオナニーなんて・・・)

最初は信じられませんでした。

嫁はしばらくクリを弄った後、今度はバイブをおもむろにマンコに突き立てました。
しかもグボグボと物凄い早さで出し入れしています。

出し入れしながら、「ヒロちゃん、ヒロちゃん」と俺の名前を呼んでいる嫁の姿に、私はギンギンに勃起しました。

次に嫁はソファーの上でバックスタイルになると、後ろからガンガン突いています。

(あー、出ていきたいなー)

そう思った矢先、妻が、「ヒロちゃん、今日ゴム付けてないでしょ?」と言い出しました。

一瞬、呆気に取られた私は、またもやしばらく様子を見守ることにしました。

「だめだよぉ、赤ちゃん出来ちゃうよぉ」
「あっ、中に出すのはやめてぇ」

(なんだこりゃ?!)

いつもはマグロで喘ぎ声もロクに上げない嫁がしゃべりまくってます。

「あっ、ダメ、ほんとに、あっ、あっ、出しちゃだめぇーっ」

嫁はひくひくと体を震わせながら、今度は・・・。

「あっ、欲しい、ヒロちゃんの、赤ちゃん、あっ、イク、イクぅ!」

大きくビクーンと体を仰け反らせて嫁はイッたようです。
バイブをマンコから抜くと、ティッシュで掃除しながらハァーッと大きいため息をつきました。

なんつーか・・・居た堪れない気持ちになった私は、嫁が風呂に入っている隙に出張先に帰りました。

そして昨日、出張から帰宅した私は「お帰りなさい」と出迎えた嫁を居間に連れて行き、カーテンを閉めると「浮気してないかチェックしてやる」と言って襲い掛かりました。

「浮気なんかしてない!」と言う嫁に、「確かめるから尻を出せ!」と荒っぽく迫りました。

いつもと違う態度に嫁は戸惑いながらも必死に抵抗。
私はスカートとショーツを無理矢理はぎ取るとソファに嫁を押しやりました。

「やだ・・・やめてよ・・・」

ちょっと泣きそうな嫁の声に良心の呵責が起きましたがそのまま続行。
私は嫁のマンコを手で弄り、クリトリスに吸い付きました。

「あっ、汚いから!だめ!」

嫁は逃げようとしますが、強引に押さえ込みます。

そして指をずぶっと挿入して、「・・・なんだ?ちょっと変だな・・・」と言いました。

嫁のアソコはすでにグジュグジュになっていて、私の指は汁まみれです。
しばらく指を嫁の体内でグルグル掻き回し・・・。

「少し、違う感じがするな・・・本当に浮気したのか?!」

問い詰めると、「うっ」と言葉に詰まり、「ち、違う・・・ヒロちゃんだけだよ」と答えました。

「じゃあ、入れて確かめてやる」

そう言うと嫁を四つん這いにしてギンギンになった私のモノを嫁に突っ込みました。

「!!!」

嫁は言葉もなく、ただ私に体を任せています。
もう中はヌルヌルすぎて刺激がちょっと少ないと感じる程でしたが、嫁の目は虚ろで、だらしなく口を半開きにして、快感に身を委ねている感じでした。
バックの体勢から嫁の上着とブラを脱がせ、私も素裸になり嫁の上にのしかかします。

「本当に浮気してない・・・何してもいいから信じて」と言う嫁に、「わかってるよ、疑って悪かった」と謝ると、「あたしも正直疑ってたけど、大丈夫だってわかった」と一応和解して、今度は正常位になりました。

正常位に移ってほどなく「あっ、ダメかも・・・イッちゃう、あたしイッちゃう」と言って、最後は私の腕の中でビクーンと跳ねました。

嫁はしばらく余韻に浸ってから「今日は久しぶりだし、凄かった」と言ってから、「ヒロちゃんもちゃんとイッてね?」と言うので、「じゃ飲んでくれる?」と言うと、「えーっ・・・いいよ」となんと今まで絶対NOだったザーメン飲みをあっさりOK。

これまでは・・・。

「飲んで」
「やだ」

「じゃ、中に出しちゃうよ」
「うん、いいよ」

・・・という流れで中に出すのが普通だったのですが、ここで私は究極の選択に晒されました。
口に出して飲んでもらうか、中に出すか?

(やばい、これはやばい!迷う!)と思いつつもフィニッシュの時が迫っていました。

そうだ!私は閃きました!

(半分中に出して半分飲んでもらえばいいんだ!)

「よし、イクぞ・・・口開けて・・・」

嫁は目を閉じて口を開きました。
私の玉の方から何かが上がってきます。

「イクぞ!」

私がドンと嫁の奥深くに腰を突き入れた瞬間、先端からビュッとザーメン出るのがわかりました。
そして素早く引き抜き、口にもって行こうとした瞬間、(あ、やべっ!)、制御不能のモノから嫁の顔に向かってザーメンが飛び散りました。

「きゃあ?!」

嫁は目を瞑ったまま動けません。

こうなりゃ自棄だ!
私は嫁の顔にザーメンをぶちまけ続け、さらにサオを嫁の口に押し込みました。

(うわ・・・絶対やばいこれ、終わった俺)

そう思いつつ嫁の口内で最後の放出を終えてサオを抜こうかと思った時、なんと嫁がレロレロと残り汁を舐め取って掃除しているではありませんか!
嫁は残り汁を舐め尽くすと「えーっ・・・何これぇ?」と顔に付着したザーメンを触っています。

「んーもうっ!」

嫁はプーッとしながらも「気持ち良かった?」と機嫌は悪くない様子。
何ていうかとりあえず、助かったみたいです。

その後、絡まりながらグダグダしていると・・・。

「赤ちゃん欲しいなぁ」と嫁。

結果、昨晩は深夜に再戦して今度は完全中出しを敢行。
疲れはてて本日は二人して休みました。

絶対に会社で「出張帰りでやりまくったんだろ」って言われてそう・・・。

まぁその通りなんですが。