修学旅行中に告白して・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

修学旅行から帰ってきた三日後。

授業が午前中だけだったので彼女の家に遊びに行くことになりました。
ちょうど家族が留守ということなので、チャンス。

(あの夜の続きを・・・!)

そんなことばかり考えていました。
そんなこんなで彼女宅に到着。

T「いらっしゃい。部屋汚いから恥ずかしいなぁ」

そのままTの部屋に通された。
女の子の部屋に入るなんて初めてだから緊張しました。
ぬいぐるみが沢山。
まさに女の子の王道。

(いい匂いだぁ・・・)

T「はいっ!このケーキおいしいんだよ」

正直ケーキなんて味わってる余裕なんてなかった。
どう彼女を味わうかで頭は一杯。
でも、適当においしいとか言ってました。

その後しばらく雑談していました。

僕「でも、なんかよかったな。Tと付き合えて」

T「ほんと?私も付き合うとは思ってなかった。なんかN君怖かったし・・・」

僕「怖いって・・・(汗)なんもしてないじゃん」

T「そうだけど・・・たぶん、男の子自体苦手だったからねぇ。こうして私の部屋に男の子がいるのも未だに信じられないな」

僕「俺も・・・。Tと一緒の学校でよかった・・・」

T「私も・・・」

そのままキス・・・。
今度は最初からディープキス。
お互い慣れたのでしょうか、かなりスムーズでした。

T「ん・・・ん・・・」

頃合いを見計らい右手をTの胸に持っていきました。
やっぱり柔らかい。
Tの息遣いも多少荒くなっていきます。

T「ん・・・ふぅ・・・んっ・・・ん・・・」

一旦キスをやめ、ブラウスを脱がせた。
白と水色のチェック模様の可愛いブラだった。
背後にまわり回り確実にホックを外す。

(よし、今度はちゃんと外せたぞ・・・)

修学旅行では薄暗がりの中で見た胸が、今は白日の下に晒されている。
あの時以上に綺麗だ・・・。
思ったよりもでかく、形もいい。
乳輪は小さめ、色は綺麗なピンクだった。
いきなり乳首を責めてみる。

T「やんっ・・・んっ・・・」

Tの体が小刻みに震えていた。
口をグッと結びじっと耐えているようだった。
頬も赤味がかっている。
乳首も確実に反応をしていて、ビンビンに硬くなっていた。

お次は口に含んでみる。

T「ああぁあぁぁっ!やめっ・・・おねがい・・・ああぁっ」

ザラッとした感触。
舌で転がすたびTの反応が強まっていく。
ピチャピチャとやらしい音が部屋を支配していった。

T「ん・・・ん・・・くすぐったいよぉ・・・」

僕は胸を撫でていた指先をなぞるように、ゆっくり太ももに下ろしていった。
それと同時に顔も下げていき、おヘソを舐めてみる。

T「きゃっ!」

僕「ご、ごめん」

T「ううん、ちょっとびっくりしちゃった」

どうやらあまり効果がないみたいだったので次へ進みます。
右手を太ももの辺りに這わせていると、どうやら気持ちいいらしく、体を左右によじらせていた。
ここでAVで見ていた同時攻め。
乳首とアソコ同時に責めてみよう!
右胸を口で、パンツ越しに右手で撫でてみる。
すみません、ありきたりで・・・。

(濡れてる・・・)

少し気をよくし、意地悪してみたくなった。

僕「気持ちいい・・・?」

T「・・・」

僕「ねぇ?どう?言わないと嫌いになっちゃうよ?」

T「・・・だめ、嫌いになっちゃだめ・・・」

僕「じゃあちゃんと言わないと。どうなの?」

T「気持ち・・・いい・・・」

言葉責め。
初めてどうしなのにマニアックすぎるよ。
自分の真性Sっ気が発覚。
まだまだ止まらない。

僕「どこが気持ちいいの?ちゃんと言ってごらん」

T「・・・や・・・恥ずかしくて言えないよォ・・・」

僕「そんなこと言ってたらもうやってあげないよ、それでもいいの?」

T「ん~・・・あそこ・・・」

僕「あそこじゃわかんないよ、ちゃんと具体的に言ってください」

今思うと本当アホだな・・・。
しかし彼女も満更でもないようで。
言葉責めが始まると、とてつもない勢いで濡れていた。

T「やあ・・・。おま・・・ん・・・」

萌えた・・・。

もうアソコはぐしょぐしょ。
病的に濡れてた。
僕がテクニックあるわけじゃなく、あっちが濡れやすかった。

パンツの上から手を入れてみる。
あの沖縄の夜以上の濡れ具合。

T「あ・・・あ・・・あ・・・あ・・・あ」

次第に声も大きくなっていく。
自分の家だからかな?大胆だった。
クリトリスを重点的に苛め抜いた。
中指と人差し指で挟んだり、中指で擦ったり。
やれるだけの事はやった。

T「だめ・・・だめ・・・ん・・・んぁっ・・・ふぅ・・・ん・・・っ!」

もう十分だ。
挿入だ!パンツを脱がせて自分も全裸になりゴム装着!いざ、出陣!

T「待って」

僕「えっ・・・今日もダメ?」

T「違うの・・・。あの・・・ちゃんとベッドでしたいなって・・・だから・・・」

僕「わかった」

T「あのね、お願いがあるんだけど、いい?」

僕「なに?」

T「ベッドまでお姫様抱っこで運んで欲しいの・・・だめ?」

可愛い・・・もう可愛い過ぎた。

上目遣いにそんなこと言われたらなんでも言うこと聞くから。
リクエスト通り、お姫様抱っこでベッドに運ぶ。

T「すごーい!夢みた~い」

無邪気にはしゃいでいる。
Tを仰向けに寝かせ正常位の体位へ。

僕「痛かったちゃんと言ってね、ストップするから」

T「うん・・・優しくしてね・・・?」

自分のナニをTのアソコにあてがう。
すぐに穴を見つけゆっくり入れてみる。

T「んっ・・・」

僕「ごっ、ごめんっ!」

T「ううん、大丈夫。気持ちいいよ・・・」

気を使ってくれているなんて・・・。
何もできない自分の無力さに、彼女の優しさに涙が出そうになった。
ゆっくり、ゆっくり入れていく。
うなじを舐めたりキスをしたり。
気が紛れそうな事をできるだけしてあげた。
そして15分くらいした頃だろうか、ようやく最後まで入りきった。
しばらくそのままにしておく・・・。

T「ありがとう。もう動いても平気だよ・・・」

その言葉を信じ、少しずつ腰を動かしてみる。

T「んっんっんっんっんっんっんっ・・・」

腰を動かすたびに呼吸が荒くなっていた。

T「あんっんっ・・・ふっん・・・ひゃぁ・・・」

もう痛みも取れたのだろうか、次第に気持ちいいほうが強くなったのか反応が大きくなっていく。
しかし、強く締まるアソコにそう長くは耐えられない。
騙し騙し突いて何とか時間を稼ぐ。

T「やっ・・・やぁっ・・・だめぇっ・・・きもちいいよぉ・・・」

厳しい、非常に厳しい。

T「・・・んっんっんっんっんっんっ・・・だっいっぃっすっっきっだっよ・・・」

その言葉が引き金となり、腰の速度は最高速まで上がっていく・・・。

T「あっっっあっっんっ~~~~~っ・・・!」

僕「出るっ・・・!」

ナニを抜くとシーツに赤い染みができていた。
それを見て、セックスをしたという実感が湧いてきたのを今でも覚えている。

僕「やっぱ痛かった?ごめんな・・・」

T「ううん!気持ちよかったよ・・・」

嘘だ。僕に心配かけないよう気を使ってくれていた。

(Tを好きになって本当に良かったな・・・)

強くそう思った。

それからというもの、僕らは1週間にダース単位でコンドームを消費するという勢いで体を重ねていった。
お互いエッチ大好きだったみたいで。

そんな彼女とも、もう◯年・・・来年の春に結婚予定です。