巨乳で小悪魔な女子大生との夢のような一夜・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

10年くらい前の話になりますが・・・。

自分は45歳で、結婚して10年、子供も1人います。
妻は2歳年上で、家庭はまあ円満でした。
当時、自分は大学で講師をしていました。
写真や映像に関するゼミをやっており、ゼミの学生は3、4年生合わせて20人弱でした。

その中に、上村めぐみという女の子がいました。
その子は、ゼミの中でも積極的で明るい子でした。
身長が高く色白な美人で、色々な意味でゼミの中心的な存在でした。
何よりも自分が気になってしまったのは、上村さんのスタイルでした。
長身でスラッとしているが、胸だけはものすごいボリューム・・・顔は幼く可愛らしい感じで、アンバランスな外見に魅了されていました。

自分の妻は、外見こそ並ですが、胸はAカップで・・・。
巨乳好きな自分にはそこだけが不満であると同時に、長年巨乳に憧れ、巨乳の女性を見るたびに目で追ってしまうような感じでした。
そのため、ゼミに上村さんが入った当初からずっと気になっていました。

上村さんが4年生の時の6月に、学校との企画で海外研修があり、参加者は自分と、学生は上村さんを含む3人(男2女1)でした。
行き先はギリシャで、遺跡を巡りました。
研修と行っても、ほぼ観光旅行でした。

ところが到着してすぐ、宿泊先のホテルで手違いがあり、部屋が二部屋しか取れていないとのこと。
英語が喋れるのは私だけだったので、1人でホテルの方に話をしたが、部屋が空いていないとのこと・・・。
日本の旅行会社とは連絡が取れず、仲介のギリシャの旅行会社の日本語が通じるスタッフとやりとりして、近くで別なホテルを探してくれることになったのですが、料金がまた発生するとか何とかで少し揉めていました。

するとそんな姿を見兼ねたのか・・・。

上村「もう部屋はいいんじゃないですか?・・・私は大丈夫ですけど・・・」

結局、私と上村さんが同じ部屋になりました。
到着は夜だったため、その日は部屋に入り、シャワーを浴びて、2人とも早くに寝ました。
先に自分がシャワーを浴びて部屋に戻ると、上村さんはスーツケースを広げて、着替え等を整理しているようでした。
シャワー後に着替えるのであろう薄い緑色の新しい下着をベッド上に起き、その場で着ていたTシャツを脱ぎ、キャミソールとショートパンツ一枚になりました。
ものすごい谷間が目に飛び込んできます・・・。
一瞬目が合い、自分の目が谷間に行ってたのを気付かれたっぽい感じですが、一気に勃起しました・・・。

上村さんがシャワーを浴びてる時、スーツケースは開きっ放しになっていたので、いけないとは思いつつ、下着を物色してしまいました。
ドキドキしながら大きな白いブラのタグを確認すると・・・『G65』と書いてあり、ますます興奮してしまいました。
しかし到着したその日の夜は、何もなく、お互いすぐに寝てしまいました。

次の日は午前中から遺跡や博物館などを周りました。
遺跡や町並みなど、生徒はカメラで、自分はビデオカメラとカメラを両方使って写真や映像に収めていきました。
夕飯を早めに済ませ、ホテルに戻り、ミーティングルームのような場所を借りて、その日撮った写真やビデオについてディスカッションをしました。
夜8時には終えて、部屋に戻りました。

部屋に戻り、上村さんにシャワーを浴びるか尋ねると、「お先にどうぞ」とのことだったので私が先に入り、その後に上村さんが入りました。

まだ時間も早かったので、どちらからともなく、部屋でワインを飲むことにしました。
正直、上村さんのシャンプーの香りと、胸のボリュームがいつも以上に気になっており、少しでもいい雰囲気になればいいなという下心もかなりありました。
お菓子をお摘みに、ワインを1本空け、2本目を飲んでいた頃、私の家族の話、妻の話、上村さんの彼氏の話になりました。
お互い不満などを話したりして、お酒の力も手伝ってか・・・もしくは、私が上村さんの体を見てばっかりいたせいなのか、だんだんと夜の生活の話になりました。

エッチの時は、SとかMとか、上村さんはSなのに、彼氏もSだからちょっと不満があるとか・・・。
普段可愛らしくて明るい上村さんが、そんなことを話すのかという驚きとドキドキ感と、体にピタッとした白いTシャツの魅力的な大きな胸のふくらみと、ハッキリと色やレースまで透けた青色のブラに、完全に勃起しながら話を続けました。

私は逆に、お互いMだから不満だし、しばらくセックスレスだし・・・。
あわよくばという期待を込めて、何よりも妻の胸が小さいという不満を思い切って話しました。

すると上村さんは、「私、胸ありますよ~」と、いたずらっぽく自分の胸を両手でグッと持ち上げました。

私は、「目に毒だよ・・・」と、凝視したい気持ちよりも恥ずかしさが先に立ち、目を逸らしました。

上村「奥さん、胸どのくらいあるんですか?」

私「Aカップ・・・上村さんは?」

上村「私はGありますよ」

昨日タグで確認したとはいえ、こんなに可愛い、歳の離れた女子大生に、こんな状況で言われ、心臓はバクバクでした。

私「すごいね・・・いいな・・・憧れるよ」

上村「目・・・泳いでますよ(笑)」

ズバリ指摘され、更にどぎまぎしてしまいました。

上村「憧れるって、見たり触ったりしたいってことですか?」

私「それはもちろんそうだけど・・・」

もうなんて返せばいいのか分かりません。

上村「私、胸のことでそういう経験多いし、男の人の気持ちわかりますよ・・・」

上村さんは笑顔で更に続けて・・・。

上村「内緒で・・・憧れ、実現します?」

私は「本当に?」としか言えず、動けませんでした。

しかし上村さんは平気な顔で・・・。

上村「見ます?触ります?・・・っていうか私なんかじゃ意味ないかな」

私は、正直に前から上村さんのことが気になってたと言い、思い切って椅子から立ち上がり、ベッドの端に座っている上村さんの横に座りました。
すでにむちゃくちゃ勃起していたので、立ち上がった時に、ジャージのもっこりを見られ、「先生ちょっと~(笑)」と言われました。

横並びに座ると、上村さんは体をこっちへ向けて、胸にかかった髪を後ろに流し、少し胸を突き出しました・・・。
今までで一番近い距離で、上村さんのTシャツ越しのGカップを見ました。
シャンプーの香りと、巨乳を前に興奮は最高潮です。
お互い言葉もなく、斜めに向かい合う私はゆっくりと両手で、下からたわわな胸を持ち上げました。
今までに味わったことのない感触が、両手から頭に走りました。
Tシャツ越しのブラの感触と、Gカップのボリュームと弾力はものすごかったです。
夢のような瞬間です。

ゆっくりと両手で持ち上げ、持ち上げた頂点で軽く揉み・・・そっとおろして形を確かめるように両手で胸全体を撫で回し、またゆっくりと持ち上げ、また持ち上げたところで、今度はしっかりと揉みました。
持ち上げ、もみもみ、おろして撫で回し、再び持ち上げ・・・繰り返しました。
慎重かつ大胆に、遠慮なく欲求を満たしていきました。

Tシャツの上から心行くまで揉み続けたあと、更に欲求を満たすため、「顔、埋めてもいい?」と聞くと、上村さんはおもむろに立ち上がり、ベッドの端に座っている私の前に立ちました。

すると信じられないことに、上村さんは自ら両手でゆっくりとTシャツを胸の上まで捲りあげました。
ぷるんと青いレースのブラに包まれた、Gカップの巨乳が露わになりました。
Tシャツは胸の上に引っ掛かってまくれたままです。
おっぱいに見惚れて言葉を失っていると、上村さんはそのままさらに近付き、私の顔を豊かな谷間にむぎゅーっと挟み込みました。
上村さんは、私の首に手を掛け、軽く抱き付くような格好です。
もう緊張やドキドキよりも、興奮とスケベ心と、欲求を満たす気持ちでいっぱいでした。
当然のことながら、私は豊満な胸に顔を埋めたまま、首を左右にゆっくり動かし、おでこ・ほっぺた・鼻・口・・・顔面で最高のGカップを堪能し、さらに両手で胸を揉みながら、顔を自分で、パフパフと挟みました。

45歳のおじさんが、22歳のGカップ女子大生の胸を思う存分味わうという不思議な光景です。
しばらく両手と顔面を使って存分におっぱいを味わっていると、上村さんは私に跨がってきて、抱き合うような形になりました。
私の勃起したモノが上村さんに当たり、下半身に一気に快感が走りました。
もうはち切れんばかりに勃起し、上村さんが少し動くだけで強烈な快感が襲ってきます。
ただとにかく私は、夢のGカップに夢中でした。
しかし勃起を意識している上村さんは、腰をゆっくり動かし、明らかに刺激してきます。
完全に何かが切れた私は、揉んでいた両手でブラのカップを下に捲り、生のGカップを露わにしました。

上村さんは「あっ・・・」と声を出しましたが、嫌がる素振りはありませんでした。

再び両手でグッと胸を揉み・・・乳首を舐め回しました。
上村さんは何も言いませんが、構わず揉み揉みし、舐め回しました。
上村さんを感じさせるよりも、完全に自分の欲求を満たすだけでした。

しばらくすると、上村さんは私から離れ、床に跪き、私のジャージに手をかけました。
私は腰を浮かし、ジャージを下ろしました。
立派にテントを張ったトランクスが露わになりました。
経験は少ないですが、大きさには自信がありました。

上村「先生・・・すごい・・・えー・・・溜まってるんですか?」

私「もう全然してないし・・・上村さん、胸すごいし・・・」

上村さんはトランクスの上から、女性にしては長身のせいか大きめな手で、勃起したものをぎゅっと握り、ぎゅっぎゅっと上下に擦りました。
あまりの快感に、情けないくらいに、「あっ・・・あーん、あっ」と声を出してしまい、「ごめん・・・」と言うと、上村さんは笑顔で首を振りました。

上村「先生・・・すごい大きいですね・・・」

小さな声でそう言うと、トランクスに手をかけて下ろしました。
20センチくらいに勃起し、そそり立ったものが露わになり、上村さんは再び手をのばし、私の巨根を握りました。

上村「大きい・・・」

上村さんが握った竿から手を離し、サイズを確かめるように、手のひらで竿を下から上へつつーっと擦り、再びしっかり握ると絶妙な強さで手コキをはじめました。

<続く>