家電店はナンパの穴場

この体験談は約 8 分で読めます。

家電店で働く派遣ヘルパーをやっていました。

通常だと毎週同じ店に派遣されてそこで働くものなんでしょうが、私の場合、売り上げの悪い店(毎回違う)に派遣されて、そこでのメーカー成績を伸ばして帰ってくるみたいな立場でしたので、その時は愛知県の片田舎にある某家電店に派遣されていました。

実は、結構家電店の派遣はナンパできます。
他のヘルパーとかもそうですが、お客さんが特に熱い。
向こうは店員だと思ってるから、声を掛けても全く疑わずに話を聞いてくれます。

その店は田舎という事もあり、日曜日だというのにかなり暇でした。
当時はプリンタを販売していたのですが、売り場にはほぼ人がゼロで、私はどうやって終了時間まで暇を潰すかひたすら考えていました。

すると、すぐ近くのパソコンコーナーに一人の女子大生風の子が見えたのです。

私は「いらっしゃいませ」と声を出しつつ顔をチェック。

悪くないです。

アイフルのCMに出てる女の子(名前知りません)に似た感じで、すらっと細身でした。
身長は160cmぐらいでしょうか。
胸はぺたんこではないという感じで80cmぐらいかな、と判断しました。
マジ実話なので前振り長くてすみません。

(ラッキー!いい暇潰しの相手発見)と、喜び勇んで彼女のもとへ。

早速声をかけ、色々と聞いてみました。
聞けば彼女は、この春に九州から出てきたばかりで、就職したばかりの19歳とのこと。
社会人だしそろそろ必要かなと思ってパソコンを見に来たと言っていました。
もちろんこちらはそんなもの売る為のトークなんてする気ナシ。

「今彼氏とかいないの?」

「向こうにはいたけど・・・わかんない」

「家はこの近く?」

「車で10分ぐらいかな」

「じゃあさ、俺の仕事終わったらお茶しに行こうよ」

「う~ん・・・いいよ」

「やった!!名前は?何ちゃん?」

・・・みたいなノリで会話は続きました。

小一時間ほど話したでしょうか。
携帯番号を交換するところを社員に見られ、ちょっと店内で話し続けるのが辛くなってきました。
いつもだとここで一旦バラし、その後合流というパターンなのですが、その日は寝不足でだるだる。
マジで仕事する気が起きない状態でした。

「今から休憩時間だからさ、お茶しに行かない?時間ある?」

「うーん・・・ほんとはいっぺん家に帰って洗濯物干さないとダメなんだけど」

「大丈夫だって!じゃあ仕事終わったら俺手伝うから!」

「それはいいけど、ちょっとならいいよ」

「オッケーじゃあ早速行こうか。他の店員に見られるとまずいから、先に外出て待っててくれる?」

「わかった」

こんな感じで話は進み、私は制服を手早く脱いでロッカーに投げ込み、スーツに着替えると外に出ました。

彼女の車に乗りました。
中にはほどよく女の体臭が漂い、普段使っているだろう会社の制服やハンカチなどが散乱していました。
彼女はパンツ姿だったので残念ながら足は見えませんでしたが、ほっそりとした足が座った拍子にパンパンになり、私の欲望を刺激します。
香水はつけておらず、シャンプーのようないい香りが彼女の髪からしてきました。
密閉空間に入った事でさらにこの後のことを強く想像できて、とても興奮しました。

「どこにお茶しに行こっか?俺この辺の事全然知らないから、教えてよ」

「私もわかんないんだよねぇ~」

「じゃあとりあえず適当に走ろっか」

「あっ、あそこに喫茶店あるよ」

「じゃあそこで決まり!」

ここからが本題ですので、もう少しだけお付き合いくださいませ。

私と彼女は喫茶店に入り、他愛ない話に花を咲かせました。
その間、タッチに至るまでの私のフィニッシュブロー。

「俺、手めっちゃでかいんだよね~。バスケットボール片手でつかめるよ~、◯◯って手ちっちゃくて可愛いよね」

・・・で、手をさりげなくタッチしたり、ダイエット話から、「いや、全然痩せてるじゃん」と言って腕をぷにぷにしたりとスキンシップも欠かしません。

彼女はタンクトップだったので、手を握ったり腕を触る時などにもチラチラと胸チラや脇からの胸チラが見えまくり。
正直勃ちました。

30分ぐらい話したでしょうか。
さすがに初対面からわずか1時間半なので話題も尽きてきて、店を出ることになりました。

彼女の車に再度乗り込み、「キミと喋ってると超楽しいんだけど」等と心にもないトークで場を盛り上げます。

正直私はかなりせっかちで、女と二人きりになるとすぐに襲いたくなるという悪癖があります。

スレンダーな彼女の体や顔を横から眺めながら話を続けていると、急にムラムラとしてきました。

(チューしてぇ!)

私の欲望が一点に集中されます。
今までこんなせっかちに迫って何度失敗した事か。
私は懲りない男でした。

話が途切れた瞬間を狙って、さりげなく彼女の肩に手を回し、唇を奪いました。

意外にも抵抗されず、数分間フレンチキスを続けます。
体はこわばっていますが、覆いかぶさっている私の体をどけようという意思が感じられません。

(いける!)

そう判断した私は、思い切って舌を入れてみました。
すると、彼女の方から口を開いて、舌を絡めてくるではありませんか。
しばらくそのまま濃厚なディープキスを続け、タイミングを計りながら私は彼女の太ももに手を置きました。
まだ抵抗はありません。

私は助手席に座っていたので、右手を彼女の方へ。
右手の器用さには自信があるので、キスして目を閉じたままそろそろと腰のベルト辺りへ。
その際一瞬股間にも触れましたが、それでも特に身じろぎ一つしない彼女。

お腹を通り、私の右手は胸へ。
思ったとおり小さくはないですが手にすっぽりと収まるサイズのおっぱいが、少し硬めのブラに守られていました。

キスをして相手の視界を塞ぎながらの行動なので右手の自由が利きづらく、もどかしい動きになっています。
しばらくもぞもぞと胸を弄っていましたが、私の視界の端に喫茶店から出てくる数人の客の姿が。
駐車場の中でもかなり入り口に近い場所だった為、めちゃくちゃ人が通る場所だったのです。

通行人が彼女の車の目の前を通った為、さすがにこのまま続けるのはまずいと判断、一旦体を離しました。
見られたって事で引くかな?と思ったのですが、なんと特に気にしていない様子。

それどころか、「恥ずかしいね」とはにかんですらいます。

もう私の頭には仕事の休憩時間だとか、しかも半ブッチ気味にあり得ない長時間サボっているだとかはどうでもよくなっていました。
通行人がいなくなると、私は再び彼女に襲い掛かりました。

いきなり舌を入れると、唾液が口の周りにつくのもお構いなしで激しく吸い上げます。
彼女もその気になってきたようで、私の体に手を回し、より引き寄せてきます。
私はまだるっこしい右手の動きに失望し、多少強引ですが、タンクトップの胸元から直接手を入れ、生で胸を触りました。
乳首はもうビンビンになっていて、私が手を突っ込んだ瞬間強めに乳首に触れると、彼女の口から「んっ・・・」という吐息が漏れました。

もうスイッチが入ってしまっている私は、周りからなぞるなどと面倒くさい事は一切せず、乳首のみを弄り続けます。
指先で転がしたり、柔らかく摘んだり、人差し指で上から押しつぶすようにしてみたり・・・。
彼女はその度に声にならない息を吐き、目を強く瞑って耐えていました。

15分ほどそうしていたでしょうか。
また喫茶店から人が4人ほど出てきて、私もはたと我に返りました。

キスぐらいならいいでしょうが、胸に手を入れて揉んでいるところを見られるのは本格的にやばい!

そう感じた私は、彼女に場所を変えることを提案しました。
とは言っても、その辺りの地理には本当に疎いので何もいい案が浮かばず、二人で思案することに。
結局、あまり長時間店を離れるとばれた時に危険で、仕事をクビになる事を恐れた私が“近いから”と“人目につかなさそうだから”という理由で、すぐ奥の駐車場に移動する事に決定。

奥の駐車場には数台車が止まっていたのですが、一番奥の角っこに移動しました。

エンジンを切ると、早速再開。
彼女も実は通行人が気になっていたのか、先ほどまでよりもさらに情熱的に絡んできてくれました。

今度は私も全開です。

キスする前にいきなり背中に手を入れると、ダッシュでブラのホックを外しました。
その後助手席に右ひざをつく形で運転席にいる彼女に覆いかぶさると、タンクトップの下から手を突っ込み、両手で胸を愛撫しました。
彼女はもうかなり感じてしまっています。

以前ここまで持ち込んで、股間に手をやった瞬間帰ってしまった女もいたので、今度は慎重に相手の出方を見ながら右手をそろりと股間へ・・・。

ズボンのベルトに手をかける。
無抵抗。

ズボンのチャックをおろす。
無抵抗。

ズボンのウェスト部分を止めているボタンを外す。
片手ではムリなので一旦胸の愛撫をやめ両手で。
これも無抵抗でした。

もちろん彼女の気がそがれないように定期的にディープキスで目を閉じさせるのも忘れません。
ズボンを半脱ぎにさせると、まずは特攻隊長である右手を滑り込ませました。
その時、口ではキスを、左手では彼女の右の乳首を愛撫しています。
正直かなりつらい体勢でしたが、興奮状態なのであまり気になりませんでした。

手を滑り込ませると、彼女の薄いピンク色のパンツがしっとりと湿っているのがわかりました。
パンツ越しにざらりと感じる陰毛のゾーンを抜けて、せっかちの私はすぐに女性器に到達。
水泳をした後体を拭いたタオルのような、丁度良い湿り具合でした。
堪えきれず、多少強引に手を戻して生で触りました。

それまでイチャイチャが始まってから30分以上、ずっと愛撫し続けたせいでしょうか。
彼女のそこはめちゃくちゃ熱く、どろどろとも言えるほど濡れていました。
そのぬるぬるをすくって、クリトリスを触ります。
まずは皮の上から、慣れてきたら皮を剥いて直に。

その間も、彼女はずっと目を閉じ、「・・・ぁ、ん。くぅっ」と小さく恥ずかしそうに喘いでいます。

私は頃合いを見計らって、彼女のそこに指を入れました。
若いだけに結構よく締まり、定期的にキュウキュウと締め付けてきます。
指を二本にしてみました。
それでも、十分に湿った彼女は楽に受け入れます。

私はどっちかというとされるよりする方が好きなのですが、さすがにもうギンギンを通り過ぎて痛いぐらいにパンパンになってしまっていました。
そこでそれまでされるがままになっていた彼女の手をとり、自分の股間へ。
最初は手を置いているだけだったのですが、だんだんとさすり始め、硬く盛り上がっているおちんちんを手で掴んだり、そのままズボンの上からしごいたりしてきました。

本当は入れたくてしょうがないのですが、残念なことに彼女の車はかなり小さいので後部座席に二人は入れないし、スモークもないので外から丸見えです。
考えた末に私はズボンを少しだけ下ろし、彼女の耳元に囁きました。

「手でしてよ」

彼女は何も言わず、じっと見つめた後私のものに手を這わせ、ゆっくりとしごき始めました。
もちろんその間も私が彼女の性器に指を入れたままなので、時折「あっ」等と声をあげ、中断する事もありました。
それでもそのまますぐにおちんちんを握りなおし、しごき始めます。

私はその時、出会って2時間も経っていない女の子が、私の性器を握って女性器をとろとろにしているかと思うと、興奮して今にも出してしまいそうでした。

(やってくれるかな?)と思いつつ、彼女に「おちんちん舐めてくれん?」と催促してみました。

彼女は一瞬躊躇しましたが・・・。

「うん、いいよ・・・」

今度は私を助手席に座らせ、自分が運転席にひざをつく格好で助手席側に身を乗り出し、咥えてくれました。

まずは溢れまくっている先走り汁を舌で掬い取り、「・・・ふふ」と微笑んだ後、付け根から先までゆったりと舐め上げ、亀頭を優しく口に含みました。
歯を立てないように注意しながらゆっくりと頭を上下させ、喉の奥まで出会ったばかりの男のペニスを愛おしそうに飲み込んでいます。

彼女にフェラチオをさせている間、私は手持ち無沙汰だったので、膝をついているためプリッと出っ張った彼女のお尻に着目しました。
背中側からパンツに手を入れ、先程とは逆の方向から指を挿入。
今度はいきなり二本です。

しばらくそのままの姿勢でお互い愛撫し合いました。
途中彼女はイキそうになっていたのですが、私は指テクが上手くないのでイかせられませんでした。
その代わり、ビッチョビチョにふやけた指でアナルを刺激してやると、彼女はしゃぶったまま、「むぐ・・・」と唸り声をあげていました。

初対面でアナラーだとバレるのはちょっと恥ずかしかったので挿入はしませんでしたが、慣れさせれば挿入も容易な良い肛門でした。

そうこうするうち、彼女が亀頭部分だけを高速でピストンしながら手で幹の部分をしごいてきたので、私の性感も高まってきました。

「んっ・・・そろそろ出そう・・・口の中に出していい?」

「んー・・・もごぅ・・・いいよ?」

鼻にかかった、甘い声で咥えたまま彼女が答えました。

それを聞いて一気に私の絶頂感は加速し、亀頭を咥えた彼女の口の中に大量の精液を放出しました。
彼女は射精後も口で亀頭を含み続け、最後の一滴までちゅうちゅうと吸ってくれました。
頼めばそのまま飲んでくれそうでしたが、私はそこで中途半端な優しさを発揮してしまいティッシュで拭ってしまいました。

その後は一回出してしまったので私の気力が続かず、また仕事中だという事もありそのまま店に戻りました。
手を洗わず戻ったので、仕事中も暇があればそのカピカピ具合を楽しんでました。

仕事が終わった後にも会って遊ぶ約束もしたのですが、当時の彼女に呼び出された為、その日はそのまま帰りました。

その後、何度か電話したのですが、仕事が変わったとか、違う寮に住み始めたという話を聞いて、それ以降は連絡をとらなくなりました。

今でも乗らないセックスの途中とかに、いい“おかず”として思い出してます。