メル友のJKと一度きりの浮気エッチ

この体験談は約 4 分で読めます。

俺:K、当時27歳。
アキ:当時17歳、女子高生。

俺は彼女がいるのにも関わらず、メル友の女子高生と会って、一度だけだがセックスをしてしまった。
その女子高生はアキと言い、背が低く目が大きく、まるで小学生みたいだった。
確か身長は145センチくらいだったか。

その子と待ち合わせて食事をした。
アキも同級生の彼がいるらしいが、突然、「Kさんとエッチしたいな~」と言ってきた。
俺もアキとエッチが出来たらいいなとは思ってたが・・・。

俺「え?でもアキちゃん・・・彼がいるんでしょ?」

アキ「いいじゃん、一度だけセックスしよ」

インター近くのラブホに入り、しばらく雑談してその後一緒にお風呂に入った。
お風呂では俺の前にアキを座らせ、後ろからおっぱいを揉んだり乳首を摘んだりした。

俺「アキちゃんのおっぱい可愛いね。乳首、硬くなってるよ」

アキのおっぱいはBかCカップくらいで揉みやすかった。

アキ「ありがと。Kさんのも大きいね」

アキは俺の勃起したチンコを握り締めた。

俺「舐めてみる?」

アキ「うん。舐めてみたい。彼のより大きいし」

そう言ってアキはチンコをしゃぶりだした。

俺「アキちゃん上手いね。そうやって彼のもしゃぶってるの?」

アキ「うん。Kさんも彼女さんにしゃぶってもらうんでしょう?どっちが上手い?」

高校生なのにアキは舌使いも上手く、玉袋まで隈なく舐めてくれた。

俺「アキちゃんのほうが上手いよ。アキちゃんのアソコ、舐めたいな?」

アキ「いいよ」

俺はアキのマンコを間近に見つめた。
毛は薄くワレメが見えて、まるで小学生のマンコみたいだった。

アキ「あんまり見つめないで、ハズいから」

俺はアキのマンコを舐めた。
時折舌を膣に入れて舐めたり、クリを舐めたりした。

俺「アキちゃんのアソコ美味いよ。なんかヌルヌルしてる・・・」

アキ「Kさんが気持ちよくさせるから・・・」

アキは俺のチンコを、俺はアキのマンコを69で舐めあった。

アキ「Kさん・・・そろそろ・・・欲しい」

俺「何が?」

アキ「Kさんのおちんちん・・・アキのアソコに入れて」

俺「お風呂から上がってからベッドでエッチしよう」

そしてベッドへ。

アキ「Kさ~ん。早くぅ」

アキがベッドに仰向けになり股を広げる、マンコが丸見えだ。

俺「アキちゃんにゴム付けて欲しいな」

アキ「生で入れて、大丈夫な日だから」

俺「本当にいいの?生で入れるよ」

アキ「うん」

俺はアキのマンコに生で挿入し、正常位でセックスを開始した。

(女子高生のマンコは久しぶりだ~)

アキ「Kさん、気持ちいいよ」

しばらくしたら射精しそうになり・・・。

俺「アキちゃん、出る」

アキ「うん・・・出して」

射精寸前にマンコから抜き、アキのおっぱいに射精した。

アキ「もう、なんで中で出さないのぉ?」

ちょっと怒ったように言いながら、アキはおっぱいの精子を指で掬って舐めた。

アキ「Kさんの精子、濃い。でも中に欲しかったな」

俺「万が一できちゃったらヤバいじゃん?お互い彼氏、彼女がいるわけだし」

アキ「ならもう一度やろ!今度はアキの顔にかけて」

俺「その前に、アキちゃんの制服姿が見てみたいな」

アキ「え~?いいけどぉ」

アキは制服に着替えた。
制服の下はノーブラ、スカートの下はノーパンでブルマを穿かせた。

俺「アキちゃんの制服姿可愛いね。なんか先生と教え子みたい」

アキ「なら学校ごっこしよ!私が生徒で、Kさんが私が好きな先生」

俺「いいね!」

先生と生徒の恋愛ごっこがスタート。

俺「アキ。今この成績だと留年だぞ。また赤点だし」

アキ「先生のことが好きなんです。先生のことを考えると勉強に身が入らないの~」

俺「本当に?俺もアキが好きだよ。よし俺が勉強を教えてあげる」

アキ「ありがとう。でも先生、なんで裸なの?」

俺「個人指導をするからだよ」

アキがチンコを握ってきた。

アキ「先生~おちんちんが大きくなってる」

俺はアキのスカートの中に手を入れた。

俺「アキもいやらしいね。ブルマの下はノーパンだし、もう濡れてるよ」

アキ「先生のエッチ~」

俺は制服の上から胸を揉んだ。

俺「アキはノーブラなんだね」

アキ「うん。先生のおちんちんが舐めたい」

アキのフェラで勃起した俺は再び正常位でアキを突いた。

俺「アキ、可愛いよ」

アキ「先生~、ああ~ん!気持ちいい~、アキ、イキそう」

俺「アキ、出すよ」

アキ「先生~、アキの顔にかけて~」

俺「いいの?アキの顔が汚れちゃうよ」

アキ「大丈夫。いっつも彼氏にかけられてるから」

俺は射精寸前にチンコを抜き、アキの可愛い顔に精子をかけた。

アキ「いっぱい出たね」

アキは顔に付いた精子をエッチに舐めた。

ホテルを出ると夕方になっていた。

アキ「今日はありがと。楽しかった」

俺「俺も。これからはお互いの相手を大切にしよう」

それ以来、アキとのメールは途切れた。

タイトルとURLをコピーしました