生意気で嫌いだった女・前編

この体験談は約 3 分で読めます。

2年くらい前の夏かな。会社の行事でキャンプに行ったんだ。
女が2人、男が13人くらいか。
女は2人とも20代だったけど、男のほうはみんな30歳以上。
俺も含めて3人が独身で、他はみんな妻子持ちだった。

今までこういう行事があったとき、女は1人しか居なかったので参加したことはなかったんだけど、その年の春に入ってきた女の子が参加したいということで、もう1人のほうも半ば頼まれる形での参加になった。

俺は元から居るほうの女とは仲が悪く、口を利くのも嫌だった。
一方、新しく入った女の子は誰からも好かれており、俺も妹のように可愛がっていた。
キャンプ自体は川で釣りをしたり、散策したりと普通だった。
最初の晩に俺が酔ってあんなことをしなければ。

普段は飲まない俺も、この日はしこたま飲んだ。
他の面子も滅茶苦茶飲んでいたし、女の子たちもベロベロになるまで飲んでいた。
俺たちはテントではなく大き目のバンガローを借りており、バーベキューを終わらせた後はバンガローで騒ぎ続けた。

早くも限界が来た俺はバンガローの2階(ロフトって言うのか?)に上がり、薄い毛布を引っかぶって寝ていた。
しばらくすると誰か上がってきた。

女2人だ。

新入社員のほうが潰れてしまったらしく、古くから居るほう(といっても25歳くらいだけど)が、しばらく介抱していたが、やがて下に降りていった。

ふと、目が醒めた。
さっきまであんなに騒がしかったのが嘘のように静かになってる。
あちこちから凄いいびきが聞こえてくる。

(みんな寝たんだなー)とか考えてるうちに、隣に女の子が寝ていることを思い出す。

そーっと右手を伸ばしてみる。
毛布を掻い潜って手を伸ばすうちに太ももに触れたようだ。
撫ぜているうちに、激しく勃起してきた。

静かに女の子毛布に潜り込み、背中に張り付く。
まだ残っていた酒のせいか、俺はいつになく大胆になった。
己の股間を剥き出しにして、女の尻にあてがう。
Tシャツの下から腕を突っ込み、ブラを押しのけ、乳首をさすり始めた。

さすがにそこまでして気づかない奴はいない。
抗うように体をくねらせた瞬間、乳首を摘みながら俺はこう言った。

「騒ぐとみんな起きちゃうよ」

女の抵抗がぴたりと止まった。

しばらく勃起を押し付けながら首筋や耳を舐め回していたが、そのうちマンコを責めたくなった。
俺は指で弄るのは苦手(というか下手)なので、体をずらして女の子の尻に顔をうずめた。
風呂に入っていないのでなんとも言えない微妙な匂いがする。

パンツ越しに尻の感触を(顔面で)楽しんだ後、下着をずらして尻を開き、アナルに舌をこじ入れた。

「ム」とか「ウ」とか聞こえたが、構わずにアナル周辺を舐め回したり、舌でつついたりした。

肛門が俺の唾だらけになった頃、俺は初志を思い出した。
女の子の腰を掴み、こちらに引き寄せる。
彼女もなかなか協力的だ。
体勢的には『くの字』になって俺に尻を突き出している感じになった。

再び尻に顔をうずめ、マンコに向かって蟻の門渡りを吸い上げていく。
マンコはもうぐちゃぐちゃになっていた。
俺は必死に舐めまくった。

いい加減我慢の限界が来たので、再びずり上がりそっとチンポをマンコに突き刺した。
なんていう体位になるか知らないけど、横向きで後ろからバックって言うのか。

「ん、ん、ん」とか女の子が唸り始めたので、口を押さえて入れっぱなしのまま動くのを止めた。

動かないまま、乳首や首筋をネチネチと責め続けていると、急にマンコの絞まりが激しくなった。
激しくなったというか、ギュッとチンポ全体をしごくような感じで蠕動しているというか、なんか今まで経験したことのないような気持ちよさが俺を襲った。
俺と彼女は、たぶん20分か30分くらいは繋がりっぱなしだったが、腰はほとんど使ってない。
なのに、この訳の分からない締め付けで、俺は急にイッてしまった。

しばらくそのままの姿勢でじっとしていたが、やがてチンポが弾き出された。
それを潮に女の子シャツを戻し、パンツを穿かせ、自分の毛布に戻って寝た。

翌朝、起きてみると、俺以外は既に毛布も片付けて朝飯の支度をしたり遊んだりしていた。
新入社員の子がどんな顔しているか見たくて、俺は身支度もそこそこに外へ出た。

新入社員の子はホットパンツを穿いている。
昨日もそうだった。

呆然と立ち尽くしていると、仲の悪い女が物凄い目つきでこっちを睨みながら通り過ぎた。
昨日着ていたデニム地のミニスカを着替えずに。