中学の時に彼女に調教されました

この体験談は約 2 分で読めます。

私は、24歳のM男です。

私がM男になったのは、中学3年生の時に付き合っていた彼女(女王様)に調教されたのがきっかけです。
女王様の名前は真澄と言います。
私は「真澄女王様」と、お呼びしています。

私は中学3年生の時、真澄女王様から告白され、付き合うようになりました。
しかし、真澄女王様は私がMだと見抜いていたということです。

最初は普通の付き合いから始まりましたが、真澄女王様の家に遊びに行った時のことです。
女王様は急に命令言葉になり、私に全裸になるように指示しました。
私は女王様とセックスが出来ると期待し、全裸になりましたが、そんな甘いものではありませんでした。

女王様は全裸になった私に犬の首輪を付けました。
そして、乗馬鞭で私を何度も打ちつけました。
鞭で打ちつけられるのは想像を絶する苦痛で、悲鳴をあげ、泣いてしまいました。

そんな私の姿を見て、女王様は「やっぱり、お前、Mね」と言い捨てました。

当時、私には“M”の意味がわかりませんでしたが、パニックで女王様に従うしかありませんでした。
そして、「はい」と言ってしまいました。

女王様は私の後ろに回り、私の乳頭を弄びました。