営業先で出会った欲求不満な巨乳人妻

この体験談は約 7 分で読めます。

仕事柄、営業は会社をまわっているわけでなく、一般家庭をまわっています。

会社相手の営業よりは、肩肘張らずにやれるので私には向いているのかな、と思っています。
車を売っているのですが、特に住宅地は主婦の宝庫で、家を建てるという事はそれなりの収入がないと出来ないことなので、結構近所で対抗意識を燃やしている主婦が多いのです。
営業としては、対抗意識を持ってもらったほうが、楽に車を売ることができ、近所の誰が車を買ったと言うと結構話に乗ってくるし、それだけでは売れないので、現在乗っている車の点検をしたり、傷を補修したりして、コミュニケーションを取りながらの販売となります。

ある日のことです。
いつのように飛び込み営業をしていて、いつものように無料で車の点検をすると、いつものように・・・。

「よかったらコーヒーでも飲んでいきませんか?」
「すみません」

私はここで断らずに家に上がります。

そして商談のことは一言も言いません。
だいたいの主婦って話を聞いてあげるだけでいいんです。

「いつも1軒1軒まわってるんですか?」
「はい」

「大変な仕事ですね」
「いいえ、楽しいですよ、この前なんか料理を教えてもらいましたよ」

「そうなんですか。結婚はしてるんですか?」
「それがまだなんですよ、どなたかいい女性いないですかね~」

「あ~ら、私でよければもらってくださる?」
「奥さん、結婚してるじゃないですか」

「それがね、結構退屈なの、主婦って・・・」
「よかったら話してくださいよ、少しはすっきりしますよ」

それから奥さんの愚痴というか旦那の文句というか、色々なことを話し始めて、私は奥さんの胸や体ばかり見ていて、だんだんと股間が熱くなってくるんです。

「それで、奥さんは、夜の方はどうなんですか?」
「え?聞きたい?」

「よかったらでいいんですが・・・」

奥さんの目つきが少し変わり始めた。
だんだんと心を開いてきているみたいなんです。
普通なら車を売ろうと思うのですが、今月は3台くらい売ったし、月末だからいいかと思い、とにかくエッチな話を聞きたかったので、もう少し聞くことした。

「それで旦那さんとは週に何回くらいですか?」
「ストレートに聞いてくるのね、でもいいわ、話すわ」

だんだんと心臓がドキドキしてきた。

奥さんは、38歳で子供が1人いて、旦那さんは43歳で飲食店を3店舗経営している。
家に帰るのは、お店が閉まってからで、だいたい夜中の3時ごろだそうで、週に何回とかそんな程度でなく、月に2~3回くらいだそうだ。

「奥さん、いったい、いつしてるんですか?」
「昼間なの、そう、ちょうどこんな時間なの」

「へ~、昼間からですか、羨ましいな~」
「でも夜は子供が寝ると一人なのよ、それもほぼ毎日よ」

「さみしい時ってどうするんですか」
「いや~、恥ずかしいわ」

「え?恥ずかしいことしてるんですか?」
「う、うん・・・まあね」

「じゃあ、今は発情期の時間ですね」
「もう、あんまり言うとその気になるじゃない」

「私はその気になってますよ、奥さんみたいな美人に可愛がられたいですね~」

私は奥さんの横に座った。
これは賭けに近い行為で、下手すると会社の方へ連絡されるかもしれない。
だからいつもは車を売ることに集中するのだが、その日は違った。
もしクビになっても、自分で独立して何かをやろうと考えていたからだ。

奥さんの横に座ると、奥さんは下を向いた。
私は奥さんのセーターの上から胸を触ってみると・・・。

「う~ん・・・」

今日はいける、そう思った。

奥さんのセーターから胸は結構出ていて、実際に触ってみると柔らかい。
そして何よりもノーブラだったので、キャミから乳首が立っているのがすぐにわかった。

「奥さん、今日は私で勘弁してください。そのかわり、すごいことしますから」
「すごいことって何?満足するかな~?」

奥さんはにっこりと笑い、そして私は唇を重ねた。
舌と舌が絡み合い、硬くなっている乳首をセーターの上から摘んだりすると、体がピクンピクンと反応している。

「すごく敏感なんですね」
「今日会ったばかりなのに・・・恥ずかしいわ」

「出会いって、その人の人生にとって意味があるんですよ」
「な~に、う~ん、なんで意味があるの~」

「スピリチュアルの本で読んだんです。だから私との出会いも意味があるんですよ」
「う~ん、何かわからないけど、すごく感じちゃうの」

「奥さんの耳も敏感なのかな~」

奥さんの髪を掻きあげ、そっと舌で耳を撫でるように舐めてみると・・・。

「あ~ん、いやらしいわ~、感じるわ」

軽く噛んだりすると、奥さんの体がさらに敏感であることが判った。
同時に乳首もクリクリしながら、ぎゅっと揉んだりしていると、奥さんの手もいつの間にか私の股間にあった。

「あなたのもすごいことになってるわね~」
「欲しいですか?」

「う~ん、わかってるくせに、言わせるの?」
「ちゃんと言葉をしゃべれるんだから、ちゃんと言わないと・・・」

「あなたのおちんちんが欲しいの」
「私も奥さんが欲しいですよ」

舌を絡めたキスはディープなキスになっていき、セーターを捲りあげると、年齢のわりには張りのあるおっぱいが見え、私はソファの下に座り、奥さんの乳首に吸いつき、舌で乳首を転がすと、喘ぎ声もしだいに大きくなっていた。

「あ~ん、あ~ん、感じる~、変になっちゃいそうよ~」
「私はもう変ですよ。今度はどこが感じるのかな~」

「いや~ん、もう、だめ、力が入らないわ」
「いいんですよ、もっと力を抜いて」

奥さんはソファに横になって、すべてを私に任せたようだった。
私は奥さんのおそらくDカップくらいのおっぱいにしゃぶりつき、スカートは、肌蹴ていて、チラチラと見える太ももに完全に我を忘れた。

「奥さん、おいしいですよ、すごくおっぱいもきれいだ」
「もう~、言わないで、恥ずかしいわ~」

「奥さんの体のこと、1つ1つ表現しますよ」
「あん、あん、もうだめよ、考えただけで、イキそうよ」

「奥さんが気持ちよくなると、これほど嬉しいことはないですよ」

そしてスカートを脱がせると、ピンク色のパンティまで脱がせた。
両足を持って、大きく広げると、おまんこが濡れているのはすぐに判り、そっとキスをするように、クリトリス辺りを舐めると、奥さんは悲鳴のような喘ぎ声をあげ始めた。

「ああ~ん、すごい、もうだめ~、いく~、いく~、あああああ~っ」

すぐに奥さんは絶頂に達した。
軽く舐めただけで、こんなに早く絶頂を迎えた女性は初めてで、人妻は欲求不満だな、と思った。

そのまま奥さんは動かなくなったんで、少し休憩した。

「奥さん、だいじょうぶですか」
「う、うん、だいじょうぶ」

「奥さん、すごかったですよ」
「久しぶりよ、こんなに興奮したのは・・・」

「旦那さんとどっちがいいですか?」
「主人って言いたいけど、あなたほんとにテクニシャンね」

「まだ今からですよ、奥さんの体は私をほしがってますよ」
「もう~、それ以上言わないで、恥ずかしいから・・・」

「でも奥さんの体は正直だから・・・」

フェラチオをして欲しかったが、正直、私も久しぶりのエッチだったので早く入れたくてたまらなかった。

「奥さん、キッチンに行きませんか?」
「え、キッチンでするの?」

「はい、そうです。したことありますか?」
「いや、ないわよ」

「さあ、立って」

キッチンに移動すると、その場で立ったまま、またキスをし、そして今度は奥さんがしゃがんできた。
奥さんの髪を掻きあげながらのフェラチオは、上から見てるだけで、これまでにない硬直感をペニスに伝えた。

そして顔は前後にさらに激しく動いたかと思うと、今度は奥までねっとりと舐め上げる感じだ。

「うう、ううう、ちょ、ちょっと待って」
「どうしたの?もうイキそうなの?」

「ああ、いいから待って・・・」

少し気持ちを落ち着かせてから、奥さんを立たせると、またディープキスをしながらセーターを脱がせ、そしてテーブルに押し倒すように、またおっぱいにしゃぶりついた。

「あ~ん、乱暴ね~、あ~ん、いや~ん」
「さあ、奥さんこのまま入れるよ」

1度奥さんのおまんこを舐め、クリトリスを吸い尽くすように、十分に濡れたのを確認して、そのままペニスを挿入した。

「お~、すごい、すごい濡れてるよ」
「あん、あん、そ、そこよ、もっと、もっと突いて~」

ピストン運動がどんどん加速していく。
そして奥さんの喘ぎ声もどんどん大きくなっていき、隣の家に聞こえそうな声だった。

「だめ~、いい~、いっちゃう~、あああ~っ」
「俺もいくっ、奥さん、どこで出せばいい」

「中よ、全部ちょうだい、あああ~っ、だめ~っ・・・」

奥さんの言ったように、完全に中出しした。
ゴムをつけてないので、ペニスを抜くと精子がドロっと流れ出て、急いでティッシュを取ってきた。

「すごかったわよ、久しぶりに気持ちよかったわ」
「私も久しぶりによかったですよ」

奥さんと一緒に笑いながら、リビングに移動し、服を着ようとすると・・・。

「ねえ、洗ってあげるからシャワー浴びない?」
「いいですよ、このまま行きましょうか」

浴室に入ると、少し寒かったが、奥さんは全身にお湯をかけてくれて、そしてボディソープを手に取り、特にアソコを丁寧に洗ってくれて、こともあろうに、またフェラチオを始めた。

「おいしいわ、こんなに大きいの久しぶりよ」
「奥さん、あんまりすると、またしたくなる・・」

「いいわよ、いっぱいして、もっとしたいの」

フェラチオが終わると、壁に手をつかせ、今度はバックから一気に挿入した。
奥さんはまだまだ濡れていて、終わりがないような気がして、少し恐怖を感じた。

浴室に響き渡る、奥さんの喘ぎ声。

「あああ~、また、いっちゃう~、ああああ~っ」

どうも奥さんはすごくイキやすいみたいだったが、これだけ絶頂を迎えると、男としては変に自信が湧いてくる。
テクニシャンかと勘違いするくらいだった。

結局、風呂場で2回、奥さんは絶頂を迎えた。
私も風呂場で中出し1回した。
これだけすれば子供ができそうである。

ようやくリビングでぐったりと座り込むと、奥さんが私の腕に甘えてきた。

「ねえ、またしたいの、今度はいつ来るの?」

「いつでもいいですよ、今度は外で楽しみます?」
「え~、外なの、興奮するかな?」

「誰かに見られるって興奮しないですか?」
「うん、でもしたことないから・・・」

「旦那さんとしないんですか?」
「主人はセックスに興味ないみたい、経営のことばかり考えてるし、かまってもらえないの」

なんかよくある連ドラのパターンである。
かまってくれないから、仕方なくよその男と浮気する。
私も結婚したら、相手をしないといけないと思った。

それからは週に1回くらい奥さんとの密会を続けている。
最近はソフトSMなんかもするようになった。
貞淑な妻を演じて、外では過激なプレイを楽しむ。
これこそが、亭主元気で留守がいい、ということかもしれない。