姉の学生時代にそっくりな中三の姪

この体験談は約 5 分で読めます。

姉の娘で中学3年の美穂が油絵で市民展に入選したと、実家の母から聞き、日曜日の昼過ぎに市民ホールへ出掛けた。

絵を探していると、美穂がニコニコしながら走ってきた。
しばらく美穂と話をしていると、今から食事して帰る予定らしい。

「ご褒美に、美味しいもの食べさせてやるよ」

二人でイタリアンレストランで食事をし、姪を車で送った。

「叔父ちゃんとデートしちゃった」
「俺28歳だから、どっちかと言うと、援助交際だろ」

「いいじゃない、独身だし。もうちょっと、デートしようよ」
「どこ行きたい?」

「カラオケ」

この間行ったラブホテルに最新のカラオケがあるのを思い出し、姪をからかってやりたくなった。
ホテルに着くと姪は、無口になり体を固まらせたが、手を引っ張ると部屋についてきた。

ベッドに座り、凍りついる姪をそのままにして、2曲程歌っていると、やっと状況が呑み込めたようで、自分も選曲し始めた。

「カラオケルームより広くていいだろ」
「結構可愛いよね、この部屋。もっと鏡張りとかでエッチぽいの想像してた」

「ここは、随分メルヘンチックだな。エッチぽいのもあるし、温泉付きとか、プール付いてるのもあるよ」

その日は結局時間まで姪に付き合い、カラオケを楽しんだ。

翌週、姪から携帯にメールがあった。

『土曜日の模擬試験2時まで迎えに来てね。デートしてあげる』

先週、一瞬、姪との妄想がよぎった自分を省み、『ダメ』と送りかけたが、ホテルの部屋でまとわり付いてきた姪の弾けるような体と、姉の学生時代にそっくりな細面が頭に焼き付き、OKの返信をした。
待ち合わせ場所に車を停めると、制服姿の美穂が待っていた。

「今日は叔父ちゃんが言ってた、プールつきの所連れてってよ。水着持って来てるんだ」

風呂の奥に15mくらいの思った以上に大きなプールがあった。
美穂は、浴室で着替えてくると、さっとプールに入った。

「それ、学校の水着だろ」
「中学生だもん。ビキニとか持ってないよ」

美穂の水着姿は、眩しかった。
まだ少女の体形ではあったが、胸は思った以上に大きく、円錐形に張り出していた。

「叔父ちゃん入らないの?」
「水着持ってくる訳無いだろ」

「貸してくれないかな?」
「ここラブホテル、入るなら裸」

「じゃ叔父ちゃん、裸でもいいよ」

暗黙の了解を二人で探るように美穂と水の中でじゃれあった。
さも偶然のように美穂の後ろから、乳房に手を回した。

「美穂も大きくなったな」

ゆっくりと水着の上から美穂の胸を揉んだ。
乳首を指で挟むように揉み続けると、微かに吐息を上げ始めた。

そっと太ももに片手を降ろし太ももを撫でた。
柔らかさよりも引き締まった硬さを味わった。
15歳の亀裂を指先でそっと撫で上げ、手のひら全体で軽く刺激した。

「叔父ちゃん・・・」
「プール出よう・・・次は部屋で遊ぼう。美穂も裸になりな」

こっくりと頷き、背中を向けて、美穂が水着を脱いだ。
そっと後ろからバスタオルを巻いてやり、肩を抱くようにして、ベッドに入った。

「先週、叔父ちゃんと初めてのエッチするんだって、ドキドキしてた。家に帰ってから初めては、叔父ちゃんがいいなって。だから・・・」

バスタオルを外すと、細く真っ白な体に不釣合いにせり出した乳房と、まだ薄い恥毛に覆われた局部が現れた。
顔を近づけると美穂が目を閉じた。
飾り気のない小さな唇に唇を重ねた。

「痛かったら言って」

乳首を頂点に尖ったような円錐形の乳房をそっと唇で挟み舐めた。
きめ細かな白い肌と細い腰は、壊れ物の陶器のようだった。
体全体を舐め、撫で、乳房に戻り、時間をかけて谷間に着いた。
いまだ開かれたことのないその花は、つぼみから咲いたばかりの美しさがあった。

全体をゆっくりと舐めてから、頂を舐めあげた。
美穂は、可愛い声で喘いでいたが、頂に集中すると、体を持ち上げ逃げようとした。
軽く舌を壷に入れると腰を振り出し足をばたつかせたが、そのまま押さえつけるようにし愛撫を続けた。
息が荒くなったので、また胸の愛撫に戻り、美穂を抱いた。

「叔父ちゃんにくれる?」

小さく頷いた。

コンドームを付け、ゆっくり進み始めた。
先はあっさり入ったが、その先は初めての挿入を体全体で跳ね返そうとしていた。
細い中学生の体を割るように推し進み、ぐいと押し込むように全体を入れると強烈に締め付けがきた。

「叔父ちゃん痛い」

美穂の顔は痛さに耐えかねているようだった。

美穂を抱きしめた。
出血はそれほどでもなかったが、結局その日は、放出もせず入れたままじっと抱いて終わった。
しかし処女の姪を抱き、一つに結び合った事で不思議と体は満足していた。

2週間後の土曜日に学校帰りの美穂と待ち合わせ、ホテルに入った。
部屋のドアを閉めると美穂がもたれる様に、抱きついてきた。

「会いたかった」

制服の水色のジャンパースカート姿と違って、キスを待つ顔は、大人の女を感じさせた。

15歳の姪に会いたかったのは、同じだった。
15歳の少女に心を奪われ、2週間ずっと美穂のことが頭から離れなかった。

舌を入れ、吸い尽くすようにキスをする。
そのままベッドに押し倒したい衝動を何とか抑え込んだ。
先程までジャグジーの泡風呂で子供のように大騒ぎをしていた美穂が、ベッドに移ると思わぬ事を言い出した。

「この前、叔父ちゃんが私の舐めてくれたでしょう。最初恥ずかしかったんだけど、すごく気持ちよかったの。今日は私がしてあげるね」

初めての行為が上手なわけはなかったが、美穂が口に含んでいるのを見ているだけで興奮は高まった。

「美穂こっちにおいで」

細く白い体に覆いかぶさり、乳房からゆっくりと愛撫を始めた。
愛撫し掌に十分収まる大きさながら、薄い色の尖った乳首は、大人には無いエロティシズムがあった。
貝の合わせ目に沿って舌を持っていき、丹念に舐め上げると、美穂の体の中から迎え入れるための、滑りが滲み出してきた。
準備をし、ゆっくりと一つになっていく。

「痛くない?」

小さく美穂が頷いた。

ゆっくりゆっくり動いていくと、美穂が徐々に快感を感じているのが分かった。
くぐもった喘ぎが、少しずつ大きな喜びの声になっていく。

不思議なくらいゆっくりとしたリズムで腰を動かした。
美穂に負担をかけまいと自制したのもあったが、自分自身がそのゆっくりとした動きに悦びを感じていた。
三十分ほどその動きを続けていると、美穂の中が脈を打つように熱さを伝えてきた。

「叔父ちゃん・・・あぁ・・・」

動きを少し速めると、シーツを握り締めいた美穂の手が、私の二の腕を求めるように掴んだ。
重なるようになった瞬間、美穂の蜜壺は私の物を強く締め付けた。
跳ねるように動く美穂を抱き締めた。

「すごく気持ちよかった」

息が収まった美穂の中で、私の物はまだ、硬さを保っていた。

「また動いてもいい?」
「大丈夫・・・叔父ちゃんも気持ちよくなって」

今までよりも速く、美穂の中に打ち付けるように動いた。
互いの体を打ちつけ合う音が部屋に響いた。

「あぁーー・・・」

美穂が再び私を締め付けるまでの時間は短かった。
体の中で熱い精を解き放った。

タイトルとURLをコピーしました