夜の世話もしてくれたインドのメイドたち

この体験談は約 5 分で読めます。

ちょっと前、自分がインドへ赴任していた時の話。
造船の工場へ技術者として行った自分は、インドの生活にビックリした。
まず家がでかい。
まだ独身で一人暮らしなのに、庭と駐車場付きの一軒家をあてがわれた。
そして運転手が1人と住み込みのメイドが2人。
日本ではアパート暮らしだった自分は、まるで大金持ちになった気分になった。

メイドは若い女を期待してたが、実際は30半ばのおばちゃん2人。
まあそんなうまい話はないよなと思ったが、実際はそうでもなかった。
現地の上司に聞くと、そいつらは夜の相手もやってくれると言う。
しかしストレートに犯らせろと言って断られたら恥ずかしい。
まずは遠回しに探りを入れることにした。

風呂に入る時(これがまたデカかった)、1人のメイドを呼んだ。
名前は略して、「アーシャ」と呼んでいた。
黒人のような真っ黒な肌をしていて、体は細く、顔はまあ普通で英語が上手かった。
アーシャは呼ばれるとタオルと着替えを持ってきてお湯を張り、俺の服を脱がしてタオルを渡した。
俺は湯に浸かりながら、服を畳んでいるアーシャに、もう1人のメイドを呼ぶように言った。
名前を、「ラン」と略して呼んでいた。
アーシャと同い年の34歳で、子供を2人、田舎に残していた。
やや肌の色が薄く、巻き毛のそこそこ美人だった。

俺が2人に自分の体を洗うように頼むと、2人は躊躇せず服を脱いで入ってきた(パンツは穿いてた)。
アーシャは胸が小さく、反対にランはかなりでかかった。
体を洗われているとビンビンになったが、2人はそれを無視して洗うのに必死な様子。
一緒に湯に浸かってくれないかと頼むと、2人ともパンツを脱いで入ってきた。
年相応に腹が出ていた。
女2人に挟まれ風呂に入っていると、まるでマハラジャになった気分だった。

ここまでくれば恐いものはなかったが、英語で上手く「セックスしてくれ」と言うことができなかったので、無言でランの顔にビンビンのチンコを差し出した。
ランは少しも嫌な顔をせず、当たり前のようにしゃぶった。

(インドにもフェラがあるんだな)と思った。

ランがしゃぶっている間、アーシャは無言で隣にいた。
やはり自分からは来ないものだと思い、アーシャの手を取り、立ち上がらせてキスをした。
洗い場に2人を寝かせると、交互に進入して、最後はランの口に出した。
終わった後、2人は俺の体をもう一度洗い出ていった。
何事もなかったように自分の仕事に戻っていった。

こんな生活に慣れてくると、家にいる時は2人に裸で仕事させ、夜は毎日のようにセックスをした。
1年経ってランが辞め、代わりにきたメイドにも同じようなことをさせた。

ランはなぜかAF(アナルファック)をひどく嫌がった。
何をしても文句を言わない女だったが、尻に指を入れると異様に怯えて、すぐにフェラかキスをして誤魔化していた。
アーシャの方は最初こそは嫌がってたがすぐに諦め、AFを受け入れるようになった。
肛門にチンコを入れるとモノすごい声をあげ、シーツやランの手を握り歯を食いしばる。
さすがに心配になり、「大丈夫か?」と声をかけると、いつも笑顔で「OKOK」と答えていた(まあ半年もすると慣れてたみたいだが)。
ランはそれを痛々しそうに見ていた。
そしてアーシャの肛門から引き抜き、ランの尻に入れようとすると、いつもランは俺のチンコをしゃぶり、決して自分のアナルには入れさせないように射精させるのだった。
ランがフェラをしながら、俺の肛門をアーシャに舐めさせる。
俺はこれをやられるとすぐにイッてしまった。

ある日、俺はいつもと違うことをしようと考えた。
どちらかに入れている時、入れられてない方は俺の体の一部を舐めているか、黙って見ているだけだった。
決して女同士で触ったりはしなかった。
そこで俺はランに正面で入れてる時、アーシャの頭を持って引き寄せた。
アーシャはいつもの合図だと思いキスをしてきたが、俺はキスをしたあと、ランの胸へ、アーシャの頭を持っていった。
アーシャはすぐに理解し、ランの乳首を舐めだした。
ランもあまり嫌がらなかった。
本当によく訓練された2人だと改めて思ったりした。
アーシャは俺が導く通りにランの体を舐め、進入口にまで下を這わせていた。

そこで、バックでしている時に、ランの肛門にアーシャの指を入れさせてみた。
ランはその瞬間、ひどく拒絶したが、アーシャは俺の考えを汲み取ったようで、ランの肛門へ指をグイグイと入れていった。
そして俺の指を舐めて濡らし、ランの肛門へ入れさせた。
人差し指が完全に入るとランの動きが止まり、苦痛にひたすら耐えている様子。
アーシャはそこで俺のチンコを自らの肛門に宛てがい、俺はランの肛門に指を入れながらアーシャの肛門にチンコを入れた。
俺にはアーシャがランを守ったように思えた。
最後はアーシャの肛門に射精し、ランが残りの精子を吸い取った。

これがインド在住半年から1年くらいの間に流行ったプレイ。
結局、ランとAFすることはなかったが、ランが射精後のチンコを舐めた後、アーシャの肛門に残った俺の精子を直接口で吸い取り、飲み込む姿はものすごくエロかった。

インドでの生活も1年経ち、ランとの契約が切れようとしていた。
田舎に帰って子供たちに会うのがすごく楽しみなようで、いつもニコニコしていた。
一度、ランに子供2人と旦那の写真を見せてもらったことがあった。
申し訳ない気持ちでその写真を見ると、子供たちはすごく可愛く写っていた。
お母さんがどんな事をされてるのかまったく知らない、そんな笑顔だった。
ランは俺に写真を見せた日も俺に抱かれ、アーシャの肛門から精子を吸い出し飲み込んでいた。
本当に自分は鬼畜だと思った。

ランは辞めた後も時々俺に手紙をくれて、近況を報告してくれたりした。
もちろん俺はすぐに返事を出した。

ランの代わりに来たメイドは、ランやアーシャとはまったく違うタイプだった。
おどおどした態度で、いつも何か(主に俺)に怯えているような女だった。
名前はまた長ったらしく、略して「サラ」と呼んでいた。
年はまだ若く18か19歳だった。
サラは俺の家が2軒目だったらしく、アーシャに比べて要領はあまり良くなかったが一生懸命働いてくれたので、アーシャも俺も好きになったので契約した。
顔もまあまあだった。

でも当時、俺には外に愛人がいたので、夜のお勤めは頼まなかった。
愛人に会えない時はアーシャが抜いてくれたし、何よりもサラがやってくれるとは思わなかったから。
しかし愛人にはすぐに振られてアーシャともマンネリだったので、俺はやっぱりサラとやりたいと思いだした。

ある夜、アーシャにフェラしてもらっている時、「サラもアーシャみたいにしてくれるかな?」と聞いてみた。
アーシャは、「それもサラの仕事だ」と言った。

そこで後日、やはり風呂に入っている時にアーシャにサラを呼んでもらった。
サラはいつも通りビクビクしながら風呂にやってきた。

「風呂に一緒に入らないか」

そう言うと、かなり長い間躊躇していたが、やがてゆっくりと服を脱ぎだした。
しかし全部は脱がず、薄いシャツとパンツ姿で入ってきた。
体を洗ってもらっているとシャツが濡れて乳首が透けて見える。
ムラムラきたのでアーシャを呼んだ。
アーシャはすぐに服を脱ぎ、入ってきた。
2人の様子を見てアーシャはすぐに理解して、ビンビンだった俺のチンコを舐めだした。
いつものように丁寧に舐めるアーシャ。
サラはずっと立ち尽くして、それを見ていた。

優しくサラに近くに来るように言うと、大人しく隣に腰を下ろし、服を脱ぎだした。
小さい胸の割には乳輪が大きく、肌はアーシャよりも黒かった。
俺はサラを抱き寄せるとキスをして胸を揉んだ。
サラは震えているようだった。
アーシャがチンコから口を離し、サラを洗い場に横たわらせた。
俺はローションを塗るとサラに入れた。
思ったよりガバガバだったが、動いている間アーシャがずっと俺の肛門に舌を入れていたので、すぐにイッてしまった。
最後はサラの口に出すと、意外にもあっさりと飲み込んだ。
やはりそれなりに訓練は受けているのだなと思った。

タイトルとURLをコピーしました