奇跡の巨乳を持つ人妻OLと一夜限りの合体をした

この体験談は約 3 分で読めます。

29歳のサラリーマンです。
会社にバスト95センチの巨乳人妻社員、景子さん(32歳)がいます。
大手会社員と結婚して4年目の女性でした。
男性社員は影で『デカメロン』とあだ名を付けて、飲みの席などでよく話題にしていました。
巨乳だけでなく顔もまあまあ可愛いので、私の密かなオナネタでした。

そんなある日、打ち上げの飲み会で景子さんが酔った男性社員たちに、「子作りはしてるの?立派な胸をしてるんだから赤ちゃんに母乳を飲ませないと!」などとからかわれていました。
その場では景子さんは笑ってましたが、店を出る時は涙目でした。
そのことに気が付いたのは私だけでした。

「景子さんを駅まで送って、後でカラオケに合流するよ」

そう言い、景子さんと駅に向かいました。

「ありがとう、宮田君」

「それより景子さん大丈夫ですか?セクハラ的な発言・・・」

「正直、ヘコんじゃったかな」

「それじゃ軽く飲み直しますか?」

「そうだね。ありがとう」

こんな感じでバーに入りました。
男性客が景子さんの胸をチラ見していました。
自分の女ではないけど、なんだか優越感でいい気分でした。

そこで景子さんの夫婦事情を初めて聞きました。
子供が欲しくてもなかなかできなくて、そのうちダンナさんが子作りの為のエッチにゲンナリしてきて、この1年はセックスレスみたいでした。

バーを出ると、ほろ酔い気分の景子さんが私に腕組みしてきました。
オナネタの景子さんの胸が腕に当たり、私は当然の勃起です。
勃起がバレないように離れると・・・。

「おばさんに腕組みされても嫌だよね?(笑)」

「違うんです!景子さんに昔から憧れてました!だから・・・股間が反応して恥ずかしいから・・・」

私は開き直って膨らんだ股間を景子さんに見せました。

「あら・・・ごめんね・・・でも嬉しいな・・・女として見られて」

私は勝負に出ました。
右斜めに見えたラブホの看板を指差して、「一緒に行ってください!」と懇願しました。
景子さんはイエスともノーとも言わずラブホについて来ました。

ベッドに腰掛け、キスをしました。

「浮気なんて・・・人生で初めて・・・。いいのかな、こんなことして・・・やっぱり・・・」

私はもう一度キスをしました。
今度は舌を入れました。
間髪入れず耳たぶを甘噛みして首筋を愛撫です。
手はストッキング越しの太ももを擦っていました。

なんとかブラウスを脱がすと巨乳を包んでいる白いブラジャーが現れました。
ベッドに押し倒して更にキス、そして脇の下を丹念に愛撫しました。

「あ・・・あん・・・」

(景子さんが感じてる!いける!)

景子さんの背中に手を回してブラのホックを外しました。

(噂の巨乳を見れる!)

ブラを外す瞬間、景子さんは急いでおっぱいを隠しました。

「私・・・こんな事していいのかな?・・・主人以外に見せていいのかな・・・?」

おっぱいを隠す景子さんの手は震えていました。

「景子さん!責任はとります!景子さんの胸が見たいです」

「責任・・・?」

景子さんの手をゆっくりと胸から外すと待望の巨乳が目に飛び込んできました!
まさにデカメロン!!
乳輪も程よい大きさで、乳輪と乳首の色は奇跡のピンクでした!
デカくて綺麗でした。
文句なしの100点満点!
32歳の人妻なのにピンクの乳首。
感動と興奮でフル勃起でした。
夢中で揉んで吸って合体しました。

私は景子さんに、「ダンナと別れて自分と一緒になって欲しい」と言いました。

「考える」と言われ、景子さんの答えを待っていましたが、答えは「ノー」でした。

「あの日のことは忘れて」と泣きながら言われました。

相手は人妻です。
私も気持ちを抑えて了承しました。

今は会社の同僚として社内で接しています。
景子さんの胸の膨らみを見るたび、(俺はあの巨乳を知っている・・・乳首の色も知っている!)と思うと股間が反応してしまいます。
もう二度と、あんな100点満点の巨乳に出会うことはないだろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました