パート仲間と行った温泉で若いツバメを見つけた嫁・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

去年の秋、俺が失業していた時のことです。
嫁(A子、34歳)が、パート仲間2人(B子、C子)と一緒に『K温泉』に連れて行ってほしいと言うのです。
平日なら宿泊料金も安く、客も少ないだろうと、かなり前から予約していたようです。
俺も失業の身、自由が利く。
K温泉から少し離れた所にある、何度か行ったことのある小さな湯治宿に泊まるのもいいかと思って、引き受けました。
そこの湯治宿は、いつも客が少なく静かで、ゆっくり湯に浸かれるので、気に入っています。
それに宿のおやじは人が良く、もし満室でもなんとかしてくれるだろうと思って予約しませんでした。

当日、子供のことは俺の実家に頼んで、朝10時ごろ出発。
車で4時間ほどかかるので、昼食を食べたり観光しながら午後3時過ぎにK温泉に着きました。
女3人を宿で降ろし、湯治宿に向かいました。
15分ほどで到着。
しかし、玄関に『休業』の張り紙が出ていました。
近くの人に尋ねてみると、去年の春、宿の主人が亡くなって以来、宿は閉じ切りの状態だと教えてくれました。
仕方がないのでK温泉まで引き返し、嫁と同じ宿に泊まろうかと考えましたが、女3人の中に割り込むのはお互いに気を遣うと思い、近くの観光案内所に相談してみました。
いくつかの宿に問い合わせてくれましたが、5軒目の宿が夕食無しで朝食は用意してくれるとのこと。
ただし、宿には風呂はなく、外湯でもいいかと言われ、料金のことも考えてその宿に決めました。

午後5時前、宿の浴衣に着替え、K温泉の街並みを散歩しながら外湯に行きました。
観光客なのか結構風呂は混んでいましたが、もしかしたら嫁たちも隣の女湯にいるのではないかと考えながら、ゆっくり湯に浸かりました。
帰りはコンビニに寄ってお弁当とビールを買って、宿でテレビを見ながら食べました。

(今頃、嫁たちは楽しく酒盛りしているだろうな)と思うと無性に寂しくなります。

気を紛らわそうと外に出て、街の店をひやかしながら外湯に行きました。
最初と違い人は少なく、露天風呂は俺1人でした。
大きな風呂を独り占めするのは気持ちいいものです。

しばらくすると、男ばかり3人が入ってきました。
年齢は40代くらい、体格のいい人たちです。
酒が入っているのか盛んに女の話をしていました。

一番年長と思える男が、「A子は小柄だが、可愛いし尻も大きいし、乳は小さいけど、磨けばいい女になるぜ」と言い、別の男が「俺はB子の方がいいな。背が高いから抱き心地がいいと思うけど」言います。
年長の男が、「C子は抜群に乳が大きいな!俺の手に入るかな」などと言ってます。

3人の名前を聞いて、(まさか嫁たちではないだろうなあ・・・)と思い、俺は胸がドキドキしてきました。
年長の男が一番若い男に、「Y君、お前、嫁と別れて何年になる?」と聞くと、Y君は「3年になります」と答えました。

「そうか、もう3年か、37歳になったのか。じゃあ今夜はお前が一番若いA子の世話をしろ。3年分、抜いてもらえよ」

そう言って笑っていました。
さらに別の男に向かって、「B子はお前の好みなんだろう?うまくやれよ」と言い、「俺はC子を頂く。あのデカパイを思いっきり揉んで吸ってやるからな」と、思い出し笑いをしていました。
最後に、「スナックで飲む約束になってるから9時に宿の前に集まってくれ」と言い、3人とも風呂から出ていきました。

俺も急いで風呂から出て、3人の後をつけました。
やはり嫁たちの宿に入っていきました。
彼らが話してた女とは嫁たちです。
完全に名前が一致していました。
夕食の時に隣り合わせになって、お酒も入って親しくなったのでしょう。
ひと風呂浴びてから、もう一度飲み直す約束するとは嫁たちも大胆です。

9時ちょうど、男3人と女3人が宿の玄関から別々に出てきました。
どちらも付かず離れず商店街を通り、カラオケもできるスナックに入りました。
俺は店の中に入るわけにもいかず、向かいにあった屋台で酒を注文し、店のおやじと世間話をしながら時間を潰して彼らが出てくるのを待ちました。

1時間半ほど経った頃、3組のカップルで出てきました。
そして商店街の薄暗く細い路地へと入っていきます。
入口に小さな灯が点いた建物が見え、3組の男女はその中へと吸い込まれていきました。
入口には『ホテル』と小さく書かれていました。
もう嫁たちは俺の手には届きません。
諦めて宿に帰り、床に入りましたが眠れませんでした。

それでも、いつの間にか眠っていたようです。
ふと目が覚めると朝の5時過ぎです。
昨夜のホテルに行ってみました。
場末の古ぼけた木造の建物で、中に人のいる気配が分かります。
でも時間が時間なので、嫁たちは宿に帰ったに違いないと思いました。
それから外湯に行き、湯に浸かりながら嫁の浮気を咎めるべきかどうか考えました。
今の俺は失業の身、嫁のパート収入で養ってもらってる弱みもあり、黙っておこうと思いました。

朝の6時半頃、外湯を出て宿に帰ろうと思ってから、もう一度念のためにホテルに行ってみました。
1組のカップルが出てきました。
なんと嫁とY君です。
急いで引き返し、昨夜の屋台の陰に隠れました。

Y君「A子、すごく気持ち良かったよ。A子をもう誰にも渡したくないと思った」

嫁「本当?!Y君が喜んでくれて嬉しいわ。私もすごく気持ちよかったよ」

Y君の手を引っ張りながら嫁は俺のいる屋台の近くに来て、Y君の首に手をまわしてキスをしました。
俺のすぐ目の前です。
そして、「ねえ、もう一度Y君に抱かれたい」と恥ずかしそうに言います。

Y君「初めは嫌だ嫌だと言ってたのに、一度抱かれると今度はA子から抱いて欲しいって、すごい変わりようだね」

嫁「そんな恥ずかしいこと言わないで。私、Y君のことが大好きになっちゃったの」

Y君「じゃあ、宿に帰ったら仲居さんに袖の下を渡して、2時間ほど部屋を貸してもらうから」

嫁は嬉しそうにY君に抱きつきました。
チェックアウトまでの時間も惜しんでY君と愛を確め合おうというのです。
それも嫁の方から誘っているのです。

『旅の恥はかき捨て』ということわざがありますが、こんなにも大胆になれるものでしょうか・・・。

午前10時、俺は嫁たちの宿に車で迎えに行きました。
B子とC子は玄関で待っていました。

嫁の姿がないので尋ねると、「朝から姿が見えないのよ。街にお土産でも買いに行ったのかしら」と、どちらも知っててとぼけてるのか、心配そうに答えます。

30分近く経って、宿から出てきました。
すぐ後、Y君も出てきました。
2人とも顔を見合わせ、にこっと笑顔で会釈して別れました。

車の中では、最初お土産の話をしていましたが、すぐに3人とも眠ってしまいました。
俺は1人、昼飯も食わずにひたすら走り、予定してた午後4時より早く家に着きました。
これで嫁とY君の関係は終わったと俺は思っていました。
その後、時々嫁の携帯を覗いても、それらしきメールも通話記録もありません。

ようやく俺も就職先が決まり、1月から出社することになった12月のある日。

嫁「パパが就職したら、また3人で温泉に行っていい?」

俺「ああ、行っておいで。で、どこへ行くの?」

聞くと、やはり『K温泉』だと言います。
それからは嫁の携帯をこまめにチェックしました。
私の知らない人からのメールはありません。
B子とC子のメールもチェックしてみました。
C子のメールに、『3人が1月終わりの火曜日、K温泉で逢おうと言ってます。Y君もA子のこと待ち焦がれてるそうです』とありました。
C子を通して嫁とY君は繋がっていたのです。

「行っておいで」と一度言った手前、取り消すこともできず、まあいいかと思ってしまいました。

というのも、K温泉で浮気してから嫁は私に対して優しくなりました。
それに夜も積極的に求めてくるようになり、以前のマグロ状態が嘘のようです。
浮気は決してマイナス面ばかりではなく、プラス面もあるのだとも思ったからです。

1月最後の火曜日の朝、俺は出勤する時に嫁たち3人を駅まで送りました。
みんなニコニコと楽しそうでした。
きっとあの時の男たちとの再会を楽しみにしているのだと思います。
特に嫁はY君のことを心の奥深くに秘めているようで、夜の営みの折など、絶頂に達してくると、知ってか知らずかY君の名前を口にすることがあります。
今夜も2人は夜も眠らずに何度も愛を確め合うと思います。
嫉妬を覚えながらも、それ以上に嫁が変わっていくのを楽しみにしている俺なのでした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました