私は断れない看護士です

この体験談は約 3 分で読めます。

私は28歳独身、彼氏なし。
小さな整形外科医院に勤める看護師、ゆかりです。
先生は70歳、看護師は私を含めて4人で、私以外はみんな40歳以上で結婚しています。
整形外科なので、患者さんは怪我や事故などがほとんどでした。
一応入院設備もあり、現在5人が入院しています。
夜勤も週に2回あります。

独身は私だけなので、よく患者さんにセクハラまがいのことをされます。
朝、検温に行くとお尻を触られたり、ナース服の下から覗かれて下着の色を言われたりしました。
5人の入院患者の内、4人はかなりの高齢者なのですが、1人だけ36歳の田中さんという患者さんは、工事現場で右腕骨折と右足打撲で、入院して2週間でした。
田中さんは、私が他の患者さんにお尻を触られたり下着を覗かれているのを見て興奮しているようでした。

その晩、私は1人で夜勤。
11時頃に各部屋を見回りに行くと、田中さんの部屋だけ薄っすら明かりが点いていました。
気になって部屋に入ると、田中さんがエッチなDVDを見ながら、左手でペニスをしごいていました。
田中さんは私に気が付くと慌ててペニスを隠しました。
私が「ごめんなさい」と言って部屋を出ようとすると・・・。

田中「お願いがあるんだ」

私「何?」

田中「左手だと上手くいかなくて。・・・手伝ってくれませんか」

私「だめです。そんなことできませんよ」

田中「もう2週間以上出してなくて我慢できないんです。お願いです。手でいいのでお願いします、お願いします・・・」

何度も頭を下げて頼まれて、私は仕方なく、「わかりましたから頭を上げてください」と言ってしまいました。
田中さんはすごく喜んで、すぐにパジャマのズボンとパンツを脱ぎました。
すごく大きなペニスが私の目に映りました。

私「本当に手だけですよ」

そう言って両手で田中さんのペニスを掴み上下に動かすと、さらに大きくなり、両手でも隠れないほどでした。
私がこれまで見たペニスの中で1番の大きさで、勃起すると20cm近くありました。

しばらく動かしていると田中さんが、「ゆかりさん、おっぱいを触らせて」と言ってきました。
私が「うん」と頷くと、田中さんは左手で私の胸を触りはじめました。
やがてブラの中に入ってきて、直に揉まれ、乳首を摘まれました。
私はだんだん感じてきてしまいました。

いつの間にか田中さんは全裸になっていて、私もナース服のボタンは外され、ブラも外されていました。
田中さんは建築の仕事をしているので筋肉モリモリで、身長も180cmくらいあってかなりのマッチョな体型です。
ちなみには私は、153cm、B85・W55・H84の華奢な体型です。

大きな田中さんの手で胸を揉まれながら一生懸命ペニスを上下させていると、田中さんが「キスしていい」と言いました。
私が頷くと、顔を寄せキスをしました。
すぐに田中さんの舌が私の口の中に入ってきました。
舌を絡ませ、激しいディープキスに。
私は全身の力が抜けてしまいました。

田中「今度はここでしてくれる」

そう言って私の唇を指で触りました。

私「えっ、口で?フェラするの?」

田中「お願い。しゃぶって。お願い」

私「大きすぎるよ、無理だよ」

何度もお願いされて仕方なく口を開けてペニスを咥えてしまいました。
田中さんは「すごく気持ちいい」と喜んでいましたが、大きすぎて半分くらいしか口に入らずにいると、田中さんが左手で私の頭を掴み、奥まで入れようとぐいぐいと押し込んできました。
私はたまらずペニスから口を離しました。
むせ返って「げほっ、げほっ」と苦しんでいると、また無理やり口に入れられました。

田中「もっと奥まで咥えて!」

さっきまでよりもっと深くに入れられました。
そして激しく出し入れされ、私は口からよだれを垂らし、目から涙を流しながら耐えていました。

田中「ああっ、あっ、イク。イク。イクよ、ゆかりさん」

私の口内に物すごい量の精液を注ぎ込まれました。
しかし田中さんはペニスを抜いてくれず、私は大量の精液を飲み込むしかありませんでした。

田中「ありがとう、飲んでくれて嬉しいよ。じゃあ、もう1回ね」

そう言うと、放心状態の私の口にペニスを入れてきました。

田中「本当はここに入れたいんだけど、今日は口で我慢するからね」

私の股間を弄りながらペニスを私の口に出し入れし続けました。
結局、朝までに6回も口内発射され、すべての精液を飲まされました。
やっと開放され、夜勤明けの引き継ぎをして家に帰りました。

私はこれからのことが不安になりました。
きっと田中さんは私の身体を求めてくると思います。
そのとき、私は拒めないかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました