妹を友達と犯して妹の友達が来たので一緒に襲った

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は高校2年で、今まで彼女などできたことがなく、ずっと童貞。
高校で知り合った友達も割とかっこいいやつもいたが、全員が童貞で彼女がいなかった。

友達と「あー、彼女が欲しい」などと愚痴をこぼしながら話していた。
俺が「妹ならいるけどな」と軽く話すと、「マジ!?」と乗ってきて、「会わせて」と頼まれた。

(まぁいいか)と思い、次の日曜日に友達を家に呼んだ。

その日は両親ともに留守で、夕方まで帰ってこれないという。
友達を呼んでいいのかと母さんに聞いたら、「いいよ」ということなので、その日に呼んだ。

友達3人が遊びに来ると、妹が真っ先に、「いらっしゃい」と出迎えた。

「紹介するよ。俺の妹の咲」

「よろしく」

あいさつを済ませ、俺の部屋に通した。

「なぁ、お前の妹はいくつなの?」

「小5だから11歳かな」

「お前とは違って可愛いな」

「うるさい!」

コンコン。

「お兄ちゃん、ジュース持ってきたよ」

「おう、悪いな」

「別に今日は私の友達も来るし」

「え~と、舞ちゃんだっけ?」

「うん」

妹は頷き自分の部屋に戻った。
3人で恋愛などの話をしたり童貞のことなどを話し合った。
1時間くらい経つと、友達が「なぁ、妹とやっちゃわない?」と言い出した。

「はぁ?まずいわ、さすがに」

「いいだろ?」

「今って俺たちと咲ちゃんだけだろ」

「でも誰かにばらされたら」

「そんなの口止めすればいいだろ」

俺は仕方なく同意した。
3人で妹の部屋のドアをノックして入った。

「どうしたの?」

妹は不思議そうにこちらを見てる。

「今だ!」

友達の掛け声で妹をベッドに押し倒した。

「え、何なに、何するの?」

妹の口を手で塞ぎ、服をめくった。

「お兄ちゃん、恥ずかしいよ」

俺は必死で妹の服をめくった。
妹はまだブラなどをしていないので、すぐに乳首が見えた。

「おぉ!可愛い乳首」

友達の1人が興奮して言った。

「どうする?」

「まずは舐めるんじゃないか?」

友達が妹の乳首を舐め始めた。

「可愛いよ、咲ちゃん」

「お前はいつも風呂でこんなのが見れていいよな」

「今はもう一緒に入ってねぇよ」

妹のスカートも脱がした。
可愛いピンクのパンツが姿を現した。

「ここをこう」

友達は妹のあそこをパンツの上から刺激しだした。

「いいね~」

しばらく刺激をすると、「おい、パンツ脱がせ」と言われて妹のパンツを脱がした。
まだ毛も生えてない可愛いマンコだった。

「咲ちゃん可愛いなー」

そんな時、ピンポンとチャイムが鳴った。

「咲ちゃ~ん!」

「やばっ。きっと舞ちゃんだ」

「どうするんだ?」

「なぁ舞ちゃんは可愛いの?」

「咲と同じくらいかな」

「じゃあ一緒に」

「それしかないよな」

俺は舞ちゃんを出迎え、妹の部屋に案内した。

「なんか声が聞こえるけど」

「あぁ、俺の友達とゲームをしてたから」

舞ちゃんは納得して部屋のドアを開けた。
俺はこの瞬間、舞ちゃんを床に押し倒してドアを閉めた。
俺は舞ちゃんを必死に押さえた。

「やっぱ妹にはできねぇから、俺は舞ちゃんにしとくよ」

「おう。俺たちはお前の妹にしとくわ」

俺は舞ちゃんをの服を脱がして裸にした。

「実は俺、フェラをして欲しかったんだよな」

俺はチンコを出し、舞ちゃんの口に無理やりねじ込んだ。

「舞ちゃんの口、小さいね」

フェラをさせながら友達のほうを見ると、交代交代で妹の口やマンコに入れていた。

「小学生のマンコって小さいな」

「そうなのか?」

「あぁ、入れてみろよ」

「舞ちゃんの口に出してからな」

俺は腰を動かした。

「あぁ、出そう、飲んで」

そう言って舞ちゃんの口に出した。
舞ちゃんに無理やり飲ませて感想を聞くと、「苦い」とのことだった。
そのあと舞ちゃんを仰向けに寝かしてマンコに入れた。
舞ちゃんは、「痛い」と悲鳴を上げた。

「確かに小さいな」

「キツキツだ」

友達2人は妹を、俺は妹の友達の舞ちゃんをそれぞれ犯した。
妹と舞ちゃんは放心状態だった。

「で、どうするんだ?」

「写真を撮るんだよ」

俺たちはスマホで写真を撮った。

「誰かに言うとこれをばら撒くから」

俺たちは2人を脱衣所に連れて行き、体を洗い流して服を着せた。
俺の友達2人と舞ちゃんはそれぞれ帰っていった。
舞ちゃんは帰るときに俺たちを睨んでいた。

俺は妹に、「悪かったな」と謝った。

「もういいよ。でも、もうしないでね」

「うん。あいつらにはちゃんと言っとくから」

「私も舞ちゃんに謝っとく」

こんなことをしたのに妹は許してくれた。

タイトルとURLをコピーしました