いつも一緒に寝ていた双子の妹と

この体験談は約 5 分で読めます。

僕と妹のY美は双子の兄妹。
男女の双子は必ず二卵性なので、同じ顔とは言えないけど、同い年の兄妹なので、小さい頃は身長や体つき顔もそっくりだった。

僕らは小さい頃から、ひとつの布団で抱き合うように寝ていた。
(別にやらしい意味でなく、抱き枕の代わり)
小学5年くらいから、僕も妹も相手に異性を感じ、親にばれない程度に下半身を押し付けあうにようになっていた。
6年生になる頃には、お互いのパジャマに中に手を入れてオナニーを手伝いあうようになっていた。

オナニーの手伝いと言うのは、布団に包まったまま、パジャマを着たまま背中から抱きつき、相手のアソコを可愛がること。
僕が射精するようになってからは、ズボンを太ももまでずらしティッシュを宛てがうようになった。
その頃から妹も濡れる量が多くなり、イケるようになっていた。
中学に上がると同時に部屋を別々にしてもらえたが、お風呂と夜寝るとき以外はほとんど一緒だった。
ゲームや勉強をしていることが多かったけど、たまには親の目を盗んでオナニーもしていた。

妹と初めてしたのは5月の連休の少し前。
両親が遠くの親戚の結婚式に出向いた時。

久しぶりに2人きりになれて嬉しかったので、夕方から妹の部屋に行ってオナニーの手伝いを始めた。
妹のアソコを触っている時に何気なく、「Y美、胸大きくなったなぁ」と言ったら、妹は嬉しかったのか、「触ってもええよ」と言ってくれて、パジャマの上着を脱ぎスポーツブラも脱いでしまった。
以前は布団の中で、触るだけとか見るだけだったので、背中越しに見ながら触れることが僕はとっても嬉しかった。

両手で優しく胸を揉んでいると、「下も忘れんといてや」と妹から催促の声。
ついでとばかりに妹は、太もものところまで下げていたパジャマとショーツも完全に脱いでしまった。
全裸の妹を愛撫するのは初めてだった。

すると妹が、「お兄ちゃんもパジャマ脱いで」と甘い声で誘ってきた。

僕も手早く全裸になって、妹を背中から抱きかかえて続きをした。
いつもはパジャマ越しだった僕のアレが妹の柔らかいお尻に当たって、とても気持ちが良かった。
妹も、僕のアレが当たっているのが気になるのか気持ち良いのか分からないが、お尻をもぞもぞさせながら、いつもよりずっと早くイッてしまった。

「いつもより濡れてるね」って僕の指を妹の目の前に持っていったら、「うん、すっごく良かった」って言って、愛液で濡れている僕の指をしゃぶりだした。

指をしゃぶられるなんて初めてのことで、僕はとても興奮してきた。

妹は一通り僕の指を舐め取った後、「次はお兄ちゃんね」とそのまま体を反転させ、前から僕に乗りかかるようにしてきた。
そして、そのままずるずると体を下にやって、僕のアレを両手で包むようにして優しくしごきだした。
妹の膨らみかけた胸が僕の太ももに当たるのが見えて、その感触には感動すら覚えた。
妹は胸だけでなく、アソコも僕の足に擦り付けるようにしていて、その濡れた感触が気持ち良かった。

「今日はサービスがいいね」

僕が興奮してるのを悟られないように言うと、「じゃあ、もっとしたげる」と、今度はアレを握っていた手を離して、アレを胸で押しつけて僕の下腹と挟むような形にした。
さすがにパイズリするほど妹の胸は大きくなかったが、今までにない柔らかな感触で一気に昇りつめる思いがした。

「へへ、こうやったら私もおっぱい気持ちいいの」

妹は胸だけでなく、僕に抱きついて体全体で擦ってきて、僕のお腹にも舌を這わしてきた。
妹のアソコも僕の膝から脛にかけて押しつけている。
僕はさっきの妹よりも早く射精してしまった。
僕の出したものは妹の胸と僕のお臍の辺りにべったりと広がった。

「お兄ちゃん、いつもより早かったよ。量も多いんちゃう」

妹は体を押しつけたままずるずると上がってきて、僕にキスしてきた。
出したばかりの精子は妹と僕の胸からお腹にかけて大きく広がり、僕のアレが妹の割れ目に押し付けられるようになった。

「お兄ちゃん、もう1回出るよね?」

今度は僕のアレを妹の割れ目で挟んで、擦るように体を動かしてきた。
素股ではなく、僕の下腹と妹の割れ目の間に挟んで擦っているのがとても気持ち良かった。
妹のおっぱいの先も硬くなって、僕の胸を刺激してくれた。

僕が気持ち良さに何も答えられないでいると、妹は「2人一緒にオナニーしてるって感じ」と目を潤ませて、ディープキスをしてきた。
今までになく激しく舌を絡ませた、長い長いキスだった。

長いキスを終えて僕が、「Y美のアソコ、濡れてて気持ちいいわ」と言うと、「お兄ちゃんのも熱くて気持ちいい。すっごくいい」と真っ赤な顔で答えてくれた。

少しの間、お互い荒い息ではぁはぁ言って体を擦り付けていると、妹は疲れたのか、上と下を代わってと言ってきた。
もちろん僕に異存はなく、今度は僕が主導権を持って体を動かした。
体重を全て妹にかけないようにして妹のおっぱいの感触も楽しめるようにした。
妹が上になってた時よりも、妹も胸の感覚が気持ち良くなったように感じた。
しばらくしたら妹が、「ちょっと腰を上げて」と僕の腰を手で押し上げるようにしてきた。

「もう終わり?」

僕が少し不満気に聞くと妹は、「ちょっと待って」と僕のアレを手で持って、アソコに突き立てるように位置を合わせた。

「いいの?」

僕は恐る恐る聞いた。

「いいよ」

妹は、もう片方の手を僕の腰に回して、引き寄せるようにした。
僕がゆっくり腰を進めると、妹も腰を微妙に動かして、きちんと入るように誘導してくれた。
僕のアレは今までにない柔らかで狭くて濡れている穴に入っていった。
途中、妹はちょっと苦しそうな顔をしたが、痛いとかの泣き言はなかった。

「全部入った。痛いか?」

「ちょっと痛いけど、我慢でけへんほどじゃない」

妹は健気に答え、キスをしてきた。

キスの後、「動いていいよ。でもゆっくりな」と言ってくれた。

ゆっくり腰を動かしだすと妹は、「今日は赤ちゃんでけへん日やから最後までイッて」と言ってきた。

当時の僕は「安全日」の意味が分からなかったが、「最後まで」と言うのは射精してもいいんだなと受け止めた。
初めて入った女の子の中は気持ち良く、2回目とは思えないほど早く僕はイッてしまった。

射精した充足感から妹に体重かけて休んでいると、妹は僕の背中を優しく撫でていた。
しばらくして僕が、「ごめん、重かったやろ」と体をずらそうとすると、「もうちょっとこのまま」と離してくれなかった。
抱き合ったまま、「シーツ洗わなあかんな」と言うと、「洗っても落ちへん思うから、明日捨てる。それよりお風呂入ろ」と妹は起き上がろうとした。
僕も起き上がって妹のアソコを見ると、確かに洗っても落ちないくらいの破瓜の血がシーツに広がっていた。
血を見て青くなっている僕を見て妹は、「そんなビビらんでもいいよ。女の子は血に強いんよ」と笑っていた。

その後、2人でお風呂に入って、妹の体を隅から隅まで洗ってあげた。
妹は少しだけ出血が続いているようで、ナプキンを当ててショーツを穿いていたが、パジャマは着ずに2人で僕のベッドで久しぶりに抱き合って眠った。

翌朝、シーツを捨てて、午前中は抱き合っていちゃいちゃしていた。
妹は少しアソコが痛いそうで直接は触れなかったが、ナプキン越しに触るのは許してくれた。
初めてフェラもしてくれた。
午後、新しいシーツとコンドームを買いに行ってきた。
ドラッグストアで色んな薬と一緒に買ったが、店員さんに睨まれていたような気がして少し焦った。

翌々日には無事に生理が来た。
妹は生理の周期も安定していて、安全日の意味を僕に説明してくれた。
後で聞いたら、妹は今回のことは少し前から計画していたとのことだった。

あれからほぼ毎日、妹は夜になると僕の部屋に来て、セックスをしている。
基本的にはコンドームを使っているが、安全日は生でしている。

タイトルとURLをコピーしました