義理の妹に口内発射&飲尿プレイ

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は数年前から妻の妹を狙っていた。

中学生になってからやけに女性らしくなり、夏場にチラチラと見える胸の谷間と白いブラジャーは最高の眺めだ。

妻の妹の名前はミカ。
ミカが中学3年の頃に、部屋で寝転んで雑誌を読んでいた時、ミカのノーブラおっぱいを至近距離で見てしまった。
上着の胸元が大きく開き、ノーブラおっぱいが垂れ下がって乳首まで丸見え状態だった。

俺はワザとらしく「何か欲しい物あるの?俺にも雑誌見せてよ」とミカに近づき、雑誌を見るフリで視線は乳首へ・・・。

超至近距離、40cm程度!!
乳輪の産毛まで見える。

俺はあの日から性欲が抑えられなくなり・・・。

(ミカの生乳を揉みたい)
(ミカに性的悪戯したい)
(ミカにフェラさせたい)
(ミカに・・・ミカに・・・ミカに!!)

何度もミカをネタにオナニーをした。

ある日、ミカの飲みかけジュースをトイレに持ち込み小便を混ぜてみた。
初めは少量、ミカは俺の小便入りジュースをゴクゴク飲んだ。
俺の興奮はおさまらず、もっと飲めと言わんばかりにミカのジュースに小便を混ぜ込んだ。
ほぼ50%小便入りジュースを飲む表情は苦そうだった。

ミカは横目でチラチラ俺を見ている。

俺「どうしたの?」

ミカ「ん・・・何でもないよ」

ミカが俺の小便を飲んでると思うと更に興奮する。
妻が先に寝た後、俺とミカは深夜2時ぐらいまでテレビを見ていた。

俺「ミカ、こっちにおいで」

ミカを呼び寄せ背後から抱き締めてみました。
ミカは俺にもたれかかってテレビを眺めている。

ミカ「ひろ兄、眠くないの?」

俺「眠くない。何か寝れねぇよ」

ミカ「寝れないんだ・・・ふぅ~ん」

他愛もない会話をしながら、俺はミカの胸を服の上から揉んでみた。
ミカは嫌がる様子もなく、こう言った。

ミカ「ひろ兄、私ね・・・デブでしょ?」

俺「デブなもんか、可愛いよ」

俺はミカを誉めながら、上着の中に手を入れてブラジャーごと揉んだ。
ブラジャーからはみ出た発育途中の乳首を指先で摘んだり、転がしたり。
ミカはされるがままでテレビを眺めていた。

ミカ「はぁ・・・ん、ひろ兄・・・暑いよねムシムシする」

俺「暑いのか?全部脱いじゃえ!!」

俺はミカに命じた。

ミカ「全部なの?恥ずかしい・・・」

ミカをすっぽんぽんにさせ、両方の胸を背後から鷲掴みに揉みほぐす。
乳房、乳首を40分ぐらい揉んだと思う。
かなり長い時間だった。
そっとマンコに手を伸ばすとべチョべチョのヌルヌル状態でした。
陰毛を掻き分け、マンコを指先でグチャグチャさせるとミカはプルプル痙攣させ・・・。

ミカ「うぅー、イヤ、ひろ兄・・・ダメ、ダメだって!!うぅぅくぅ・・・」

ミカのマンコをグチャグチャさせながらミカに命じる。
念願の時が来た!!

俺「ミカ、俺のズボン脱がしてくれ」

ミカ「えっ!?うぅぅ・・・ひろ兄、あぁっ、ひろ兄ちゃん、うぅぅぶぶっ・・・」

ミカは訳わからずあちらこちらに手を伸ばし、俺のズボンをカチャカチャと緩めていた。

俺「ミカ、俺のアソコ・・・ガチガチに硬くなってるんだけど・・・ミカはどうしてくれる?」

俺はミカに意地悪な質問をした。

ミカ「はぁはぁぁ・・・F、F、うぅぅ・・・!!ひろ兄、はぁぁん、おちん、おちん!!」

俺「えっ何!?エフ?エフ?はっきり聞こえるように言ってくれ」

ミカ「はぁぁん、フェラぁん、フェラァひろ兄のおちんちんをフェラするうぅ」

ミカのマンコをグチャグチャさせたまま、ミカの頭をぐいぃ~っとチンポに押し付ける。

(ぐぅうぅ!!来た、うほぉ!!)

ミカは俺のチンポに吸い付いた。

ミカ「うぅ、うぶ、チュポチュポ・・・」

勃起して血管の浮き出たチンポをベロベロと舐めている。

ミカ「あぶぁばぁ・・・ほぉふはぁ」

俺は腰がガクガクするくらいの気持ち良さを感じた。
キスの経験もない中学生が俺のチンポを咥えたり、舐めたりしている。
それも義理の妹、がむしゃらだが・・・妻よりおしゃぶりが上手い!!
俺は自分のチンポを手でしごいた。

俺「あっ・・・ミカ、すげぇ気持ちいいからここ!!ここも舐めてくれ」

ミカ「はぁはぁ、ぺちょぺちょ。こお?はぁほぉあ・・・ここ!?ふぉはぁぐぽぽっ」

ミカは俺の亀頭にチュウチュウ吸い付いてくる。
俺の亀頭から透明な我慢汁が垂れて指先はヌルヌルしていた。

俺「ミカ、このヌルヌル舐めてくれ!!」

ミカ「うん、いいよ。ぺちょぺちょ」

俺は携帯カメラを起動させ(カシャ、カシャ)っとミカを撮影しました。
フェラ顔、チンポのどアップ、ミカの片足を上に持ち上げマンコを撮影・・・。
その間もフェラを続けるミカのおっぱいを撮影。
乳首、陰毛、肛門も撮影した。

俺「ミカ・・・すげぇよ。すげぇ気持ちいいミカ、出そうだ!!いいか!?」

ミカ「ぶぁはぁ、ここ、ここに!!私の口にそのまま!!出しちゃ・・・あっ、ぐうぶっんーんーん!!」

俺のチンポからドロドロとした精子がミカの唇、口内、頬に勢いよく飛び散った。
脈打つチンポを俺は強く握り締め、射精を止める。

俺「くぅぅ・・・うぅ、まだ出るぞ、はぁはぁ、ミカ・・・飛び散った精子全部飲め」

ミカ「うん、ぺちょぺちょ・・・ごっくん。あっ、ここにも・・・ペロペロ、ごくっん。んっはぁ・・・凄く苦い」

(カシャ、カシャ、カシャ、カシャ)

ベトベトの口元を撮影しまくった。

俺「まだチンポから精子出るからミカ!!ガンガン飲めよ。いいな!!」

ミカ「はぁはぁ・・・えっ、あっうん」

ミカを寝転ばせ69を開始。
ミカのマンコをジュルジュル、ぺちょぺちょ舐めてやる。

ミカ「あっ、イヤ、ひぃ・・・ん!!はぁはぁ気持ちいいよ・・・変になっちゃう・・・あっ」

クリトリスを舌でグチャグチャ舐めるとミカは腹筋をヒクヒク、ヒクつかせ・・・。

ミカ「あっうああぁ・・・うあっうぅぅあっおチンチン・・・あっむっ、ちゅぱちゅぱ」

ミカは体を仰け反らせ、凄い声を出した。

ミカ「イヤ、ぎもじぃ・・・ひろ・・・ひぃあっうぐぐぶぁはぁ・・・いっいい、ぐばぁ」

俺は69を止めてミカの口元にチンポを突き出した。

俺「ミカ、ほら・・・口をでかく開けて!!」

ミカ「ああぁ・・・ああぁ、しぇ~ひだひて、しぇ~ひ・・・ああぁ、いっぴゃいにょむかりゃ・・・んっああ」

ミカの大きく開けられた口内めがけ、俺は2回目の精子をぶちまけた。

ミカ「あっ、ぐぽっうぶっ・・・あっ、あっいっぱい出てる。ごくっんごくっん」

ミカの顔は凄い顔をしていた。
鼻の頭に汗を溜め顔中汗でびっしょりだった。
俺は小便したくなったので・・・。

俺「ミカ、口開けろ。少しずつオシッコ出すから飲んでみろ」

ミカ「えっ・・・オシッコ!?無理、無理だよえっ、あっあぶぁ・・・おご、おぼぼっ」

ミカの口内に少しずつ放尿した。

ミカ「ごびっ、ぐびっぐびっぐびっ、あぶぁはぁ!!ごびっ、おぼぼっ」

ミカの頬はフグみたいにまん丸になって、小便を飲むたびに「うぶっばぁ」と喉声をあげ必死に俺の小便を飲んだ。
ミカは小便を飲んだ後、トイレに駆け込み「おえぇ~ぐっはぁ・・・おえぇ~」ってゲロを吐いてしまった。
ミカは全裸で部屋をフラフラ歩き服を集めている。

俺「ミカ、ごめん!!悪かった」

俺は必死に謝りました。

ミカ「んっ!?別にいいよ。平気だよ」

気まずい雰囲気で夜が明けた。

数日後、やはりミカを見てるとムラムラする。
駄目もとでミカに近寄り、「フェラしてくれない?」と頼む。

ミカ「うん、いいよ。お姉ちゃんに内緒にしてね」

俺は妻に絶対内緒にすることを条件に、ミカに激しいフェラ、射精しまくりの関係が続いている。
現在は8mmビデオで録画しながらフェラチオ、口内発射、精子飲み、小便飲みなどを撮影して集めています。

タイトルとURLをコピーしました