寝取られ願望を伝えたとき、もう彼女は浮気していた

この体験談は約 3 分で読めます。

私は大学生で、彼女の愛子は高校生です。
彼女とは2年付き合っていますが、まだセックスをしておらず処女のままです。
普段は手や口で抜いてくれます。
愛子に見つめられながらEカップの胸に射精します。
笑いながら、「いっぱい出して」と言ってしごいてくれるのです。

そんな愛子にいつものように手で触られているときに、私は今までずっと隠していた性癖を伝えました。

「愛子は浮気とかしたことある?」

「ないよ!あるわけないじゃん!」

「他の人のちんこに興味あったりする?」

「ね~、なに言ってんの?怒るよ?」

「ごめん。でもじつは俺、愛子が他の人の触ってるところ想像すると興奮しちゃうんだ」

愛子はそのとき、「え?」と呟きながらそっと目を逸らしました。

「だから、作り話でいいから愛子が他の人にした話をして欲しいんだよ」

「え~変態じゃん」

それから愛子は黙ったまま、ゆっくりとしごき続けます。

「ごめん、引いた?」

「ううん、引いてないよ」

「もし俺が『浮気して欲しい』って言ったら愛子はどうする?」

「わたるが言ったら?わたるがして欲しいなら・・・」

「誰としちゃうの?」

「年上の友達・・・」

「そんな相手いるの?」

「うん・・・じつはこの間、その人とデートした」

「え?いつしたの?どこで?」

「1週間前くらい?一人暮らししてる人だったから、その人の家に行った」

私はこれ、愛子が私のためにしている作り話だと思っていたのですが、天然な愛子の割にははっきりした設定を持った話だったこともあり、本当の話なんじゃないかと思い始めました。

「家なんかに行ったらなんかされちゃうんじゃないの?」

「うん、されちゃった・・・」

「何されたの?」

「ソファに座って映画観てたら、おっぱい触られた」

「愛子のおっぱい、触られちゃったの?」

「うん、『おっきい』って喜んでた」

「なんでそんな・・・」

「おっぱいが上から見えてたから触りたくなっちゃったんだって」

「それで触るのを許したの?」

「だってしょうがないじゃん。私が見せちゃったんだもん」

「その後は?」

「なんもしてないよー」

「そんなわけないでしょ?おっぱい触られておしまいなわけないじゃん」

「えー・・・ちゅーされたくらいだよ」

「ちゅーしたの?」

「うん、私がズボンの上から擦ってたら・・・。

「え?愛子、触ったの?」

「だって、触って欲しいって言うからー」

そう言いながら愛子は俺のちんこをゆっくりとしごき続けます。

「触ったの?こんなふうに?」

「だって私も気持ちよくしてもらったから・・・。ねえ、想像してる?興奮しちゃう?」

「興奮してるよ。ねえ、これってほんとの話?」

「ごめんね。でもわたるはして欲しかったんだよね?」

「ほんとにしてたなんて・・・手でしてあげたの?」

「うん。それから『舐めて』って言われたから」

「口でもしたの?」

「口でしてたらイキそうって言うから」

「どこに出したの?おっぱい?」

「そのまま口に出した」

「え?俺のは口に出させてくれないのに?」

愛子の口に出したのは一度きりで、いつも苦いからと言って許してはくれませんでした。
それなのに・・・。
愛子は速くしごきはじめました。

「俺も射精したい、愛子の口を汚したい」

そう伝えると愛子は・・・。

「わたるはおっぱいに出すのが好きなんでしょ?口は先週出されちゃったからやだー」

イキそうになるのをこらえながら、「俺には口に出させてくれないの?」と聞くと、愛子は微笑みながら言いました。

「わたるはだめだよ。これからは他の男の人に出してもらうことにしたから。わたるもそのほうが嬉しいよね?」

激しくしごき、「ねえ?イッちゃうの?イクときはおっぱいに出して」と言って俺を射精させました。

タイトルとURLをコピーしました