大好きなお兄ちゃんにお漏らしの処理をしてもらいました

この体験談は約 4 分で読めます。

私には高1のお姉と、高2のお兄と、大学3年の義理のお兄ちゃんがいます。
私は中学でバスケ部に所属していて、お兄ちゃんたちがフットサルの同好会に入ってるので私も入ってます。
最初はお兄ちゃんがいるから入っただけだったけど、教えてもらったりしてるうちに楽しくなりました。

義理のお兄ちゃんは私が小1の時に兄弟になった人で、今は中2だけど中学になってからお兄ちゃんのことをずっと考えるようになってしまいました。
お兄ちゃんは今のお父さんに連れられてきて、前のお母さん似たらしくてイケメンで、学校でも人気があって頼れる人です。
あと、いい匂いがします。
高2のお兄とは違ってなんだか落ち着くし、くっついてたいって感じです。

土曜日のことです。
私は朝から近くの体育施設に練習試合がありました。
昼過ぎに終わって、友達と帰ろうとしたら雨が降っていました。
傘を持ってなかったので友達と近くの図書館に行きました。

友達A「よく降るね。どうする?」

私「お母さんもお父さんもお出かけしてるから呼べないし・・・。お兄ちゃんを呼んでも車はないと思うし・・・どうしよ?」

友達B「お兄ちゃんて、ゆうやさんじゃなくて、かっこいい方の人?」

私「ううん。ゆう兄は遊びに行くって言ってたから」

友達A「ゆうやさんもかっこいいけど、秀さんと比べたら薄くなっちゃうよね(笑)」

友達C「私はゆうやさんのほうが好きかなー」

友達A「えっ!ゆうやさんのこと好きなんだぁ」

友達C「えっ、あ、えっ・・・///」

友達B「クラスの男子とか1つ上でもなんかガキぽいよね。年上の人っていいよね」

友達全員「うん」

友達A「私は絶対秀さんの方がいいなぁ」

友達B「◯◯(私)はどうなの?」

私「えっ!うーん・・・」

友達C「でも◯◯はモテるからいいよね。今日の試合だって何人か先輩とか来てたし、ベンチにいるときに『あの子、可愛いよな』とか『付き合いたい』とか聞こえてたし」

私「嘘だぁー(笑)」

ガールズトークをして1時間ほどしたら、みんな親に迎えの電話してた。
私は濡れてもいいから帰ろうかなと思ってたら、傘を持ってお兄ちゃんが来てくれました。

友達「あっ、連絡したんだ?」

私「してないけど・・・」

友達「すごいね。あんな彼氏かお兄ちゃん、欲しいなぁ」

兄「初めまして、じゃないな!お世話になってありがとね」

友達「いえ、こちらが遊んでもらってます(笑)」

兄「車がなかったから歩いて来たけど・・・まだ遊ぶんやったら傘置いて帰るな」

私「一緒に帰る」

兄「ん?友達は?」

友達「私たちも親を呼んだんで大丈夫です」

兄「じゃあ帰るか」

ということで帰ることに。

私「お兄ちゃん、なんで迎えに来たの?」

兄「あぁゴメン。いや、遅かったんと雨降ってきたからな。友達と一緒やったのに悪かったな」

私「ありがと。お兄ちゃん、予定は?」

兄「土日はバイトもないからゆっくりしようかなっ」

私「じゃあ遊ぼ?」

兄「そうやなぁ、久しぶりに遊ぶか?」

私「本当?やったー♪」

なんて話しているうちに家に到着。
汗をかいていたのでシャワーを浴びてから居間に行って、お兄ちゃんが座っている横に座りました。

兄「今日は雨降っとるから、明日どっか連れてってやるな」

私「うん。じゃあ今日は何する?」

兄「どうしよか・・・なんか話すか?」

私「うん、いいよ!」

兄「小学の時はもっと甘えてたのに、中学に入ってから抱きついてきたりせんなったな」

私「そ、そうかなぁ。私も大人になったからだよ」

中学になってから意識し過ぎて恥ずかしいからです。
きっかけがあったら一緒に寝て欲しいし、抱いてもらいたいし、頭を撫でてもらうのもして欲しいです。

兄「もう中学生やもんな。しっかりしてるから大丈夫やな」

私「ううん」

そうこうしている間にお姉が帰宅してきました。

お姉「あっ、お兄ちゃんバイト休みなの?」

兄「ああ!てか、いきなり抱きついてくるな」

お姉「だってお兄ちゃんと妹しかいないから甘えても恥ずかしくないんだもん。嫌?」

兄「そんなことないけど。今さっき妹が、『私は大人になったから甘えるのをやめた』って言うたから」

お姉「そうなんだ。でもお兄ちゃんのこと好きだから甘えたい!」

兄「はいはい」

私はお姉みたいに2人の時でもグイグイいけないのでなんだか羨ましいです。
お姉から、「秀にいのこと私も好きなんでしょ?見たら分かるで。でも譲る気ないから」って言われてから、なんだか離されてる感があります。

夜になって、怖いテレビをやってたのでみんなで見ることに。
見終えると、お母とお父とお兄は雨も降って、雷も少し鳴ってていたので、もう寝室に。
お兄ちゃんとお姉はトイレに行って、テレビが終わる前に部屋に。
怖いのを見た後だったので、私はトイレに行くのも怖くて、そのまま部屋に。

寝ていると雷がすごく近くに落ちてビックリして起きてしまって、トイレに行かなかったせいで尿意がきました。
でも怖いテレビを見たのと雷が怖いのとでパニックになって、我慢してたら漏らしてしまいました。
私は恥ずかしさと怖いのが限界に来て泣いてしまいました。
少しするとドアが開いて、ビックリしてしまいましたが、心配してお兄ちゃんが来てくれました。

私「・・・お兄ちゃん・・・見ないで」

兄「怖かったんやんな」

頭を撫でてもらいました。

兄「シャワーしに行こか」

お風呂に連れてってもらって、私がシャワーをしている間にお兄ちゃんが部屋の処理してくれて、穿いてたズボンと下着を手洗いしてから洗濯物の中に入れてくれました。

兄「終わったか?」

私「うん」

兄「一緒に寝るか?」

私「・・・」

一緒に寝たいけど、恥ずかしくて、素直に「うん」と言えませんでした。

兄「一緒に寝て欲しいなー。寝てくれるか?」

私「・・・うん」

私はお兄ちゃんの部屋で寝ることになりました。

兄「毛布を出してへんから寒かってんなぁ。もっとくっついて寝ていいか?」

私「うん」

お兄ちゃんが私を抱き締めてくれました。
私は恥ずかしさを忘れてドキドキしてました。

私「お兄ちゃん・・・」

兄「ん?」

私「お兄ちゃん、好き」

やっぱり甘えたい私がいました。

兄「よしよし」

私「お兄ちゃんは、私とお姉、どっちが好き?」

兄「・・・寝よっか?」

有耶無耶にされて、お兄ちゃんは寝てしまいました。

タイトルとURLをコピーしました