騎乗位なら何回でもイケるギャル介護士

この体験談は約 3 分で読めます。

24歳、介護士、150センチ、加護ちゃん似の貧乳w
見た目、感度、共に◎の子。

この子は会うまでアドレスを教えてくれませんでした。
ダメ元で『今からエッチしよw』と入れたら、『いいよ☆』と気軽な返事。
ブサイク臭がしなかったので、かなり期待しながら待ち合わせ場所へ。
念のために美人局を警戒しながら辺りを見回すと・・・いました。
ロリ顔のギャルっぽい女の子www

僕は基本的には複数回会うことはしません。
よっぽどタイプな子以外は二度と会わないように決めています。
でも、(こいつはセフレにしたい!!)と思わせてくれるほど可愛くていい子でした。

ホテルまでの道中は質問タイムです。
経験人数や、今まで何人と会ったのか。
彼女は愛想よく答えてくれました。
サイトをやってるのは、「自分に自信がないから・・・」など一部ネガティブな発言もありましたが、基本的にはかまってチャンの暇潰しです。

部屋を選び、エレベーターへ。
エレベーター内では必ずキスをします。
舌を入れるとすぐに舌を絡めてきました。
密閉された空間で唾液の絡まるくちゃくちゃという音が興奮を誘います。

加護「こんなとこでキスするなんてぇ・・・」

甘えてきます。
後ろからお尻とマンコを触りながら部屋へ。
扉を閉じた瞬間からまたキスの時間です。
加護ちゃんはキスがお好きなようで、長いキスの後は、「フニャーってなるぅ・・・」とよく言っていました。
ちょっと関西訛りのイントネーションです。
キスの後は口を半開きにしているのが印象的でした。

ベッドに移り、キスをしながら服を脱がします。
貧乳だけど形のよいおっぱいにご対面w
ウエストもめちゃくちゃ細くて、ホントにお人形さんみたいに見えました。
乳首を摘みながらキスを続けます。

「んっ・・・んぅ・・・」と喘ぎながら乳首を硬くする加護ちゃん。

耳を舐めながら「硬くなってるよ」と言うと、「ダメェ、言わんでぇ・・・」とお決まりの回答w

加護ちゃんを押し倒してショーパンを下着と一緒に一気に脱がします。
脱がされる瞬間の加護ちゃんは顔を手で覆っていました。
恥ずかしがる姿を見ながら無視してマンコをご開帳w

「恥ずかしい~!」

などとのたまっているのを無視して、顔を隠している手をベッドに押し付け、顔を目の前に持ってきます。

俺「濡れてるけど?」

加護「だってぇ・・・」

俺「30分前に会った男にマンコ見せて恥ずかしくないの?」

加護「・・・」

俺「加護は変態なの?淫乱なの?」

加護ちゃんの顔は真っ赤。
泣きそうな顔で目を瞑る。
瞑った瞬間、唇を当てて舌をねじ込んでやりました。

「んっ・・・んー」と喘ぐ加護ちゃん。

手マン開始です。
ただ、ここではまだ指を入れず、割れ目をなぞる程度。
俺、焦らしプレイが大好きなんです。
この辺りから加護ちゃんの受け答えが曖昧にw
あそこはヒクヒクしてくるし、透明に光る液体がこぼれてくるし、限界が近い様子w

加護「触ってぇ・・・」

俺「どこを?」

加護「・・・」

俺「どこ?」

加護「あそこ・・・」

俺「わかった」

アナルに指を入れました。

加護「ち、ちがっ・・・!」

全部言われる前に唇を塞ぎます。
人差し指を入れたから、マンコには親指を入れておきました。
案の定、ぐちゃぐちゃでヌルヌルでした。
あまりにもキツそうなのでアナルはすぐやめましたが、マンコは弄りっぱなし。
膣の壁を擦るようにグリグリ。
クリも同時に擦るのが気持ちいいようで、だんだん声が大きくなります。

ここまでくれば加護ちゃんは、もう好きにして状態。
初挿入は正常位。
もちろんキスをしながら。
マンコはキツキツです。

(やっぱり細い子は穴も小さいのかな?)

そんなことを考えながらパンパン。

その後、体重40キロの加護ちゃんを上に乗せて腰を振らせました。
ピストン運動ではなくて腰を擦り付けるって感じ?
限界まで奥まで入れて腰を擦り付けるような動き。
骨が当たって痛いwww
でも加護ちゃん、そこから30秒でイッちゃいました。

その後は、仁王立ちフェラ→頭を掴んでイラマチオ→ぐちゅぐちゅしながらそのまま口内射精→ごっくんの基本コンボで1回戦終了。
聞けば加護ちゃん、上に乗ると何回でもイクから乗りたくないらしい。
次の日に連続で5回イカせて失神したのはまた別のお話ってことで。

この子は断トツで可愛い子でした。
ちなみにBカップです。
体が細すぎるのがコンプレックスという、世の女性の敵のような子でした。
彼女以上の子を見つけるのはなかなか難しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました