息子と遊んでいた公園で出会った少女にイタズラ

この体験談は約 4 分で読めます。

文香は身長130センチで、見た目は普通の子です。
ただ同学年の子と比べて胸は少しだけ大きいかな。

それは5月の連休のことです。
連休中も飛び石で仕事に行かなければならない私は、3歳の息子を連れて近所にある公園(かなり広い)へ遊びに行きました。
三輪車でしばらく遊んでいると、水色のTシャツにデニムのスカートを身にまとった文香が1人でやって来ました。
連休のせいか他に子供たちもいないので、うちの息子の三輪車を交替で乗って遊んでいました。
文香は三輪車に乗るには少し大きすぎるのか上手に漕げず、私が後ろから押してあげました。
最初は何も感じなかったのですが、脇の下へ手を入れて押した時に少女特有の柔らかな乳房を指先に感じ、悪戯心が芽生えてしまいました。

三輪車に飽きたので鉄棒へ行きました。
当然息子は一番小さいやつに挑戦し、文香には身長よりも高いやつに挑戦するように仕向けました。
何度も飛び上がりますが、どうしても登れません。

「できなぁーい」

その声を待って、先ほどと同じように脇の下から手を入れて、持ち上げてやりました。
初めは普通に、だんだんエスカレートして指全体で乳房を触りながら持ち上げるようになり、5回目くらいからは揉むように持ち上げていました。
自分がそんなことをされていることを理解できないのでしょうか、何も言いません。
上にあがれば身体を支えるふりをしてスカートの上からお尻を撫で回していました。

次はブランコです。
もはや私の目に息子は入っていません。
1人で乗らせているときは、小さな花柄の綿パンツを観賞しました。
私が座って乗るときに文香を私の方に向かせて立ち乗りをさせ、文香の股間に鼻を押し当てました。

この公園内には普通より長い滑り台があります。
全部滑るのに1分くらいかかるので、半ば強引に滑り台へ移動しました。
先頭はもちろん息子、真中に文香を挟んで、「これじゃなきゃダメだよ」と言い聞かせて滑りました。
3回目くらいまでは背後から文香のTシャツ越しに乳房を堪能していましたが、何も言わないのをいいことにTシャツの中へ両手を入れて、直に乳房を揉みながら滑りました。
そのとき文香の乳首が硬く立っていることに気付きました。
妻にはない初々しい感触に我を忘れていました。

息子が前に座っているので、文香は膝を立てた状態で脚を開いて座っています。
7回目くらいから左手で乳房を、右手をスカートの中へと潜り込ませました。
座る時にデニムのスカートとパンツを上にあげたので、可愛い花柄の綿パンツは文香の股間にピッタリ張り付き、上から覗いても割れ目に食い込んでいるのが判ります。
最初はパンツ越しに割れ目を弄り、次にクロッチの部分を集中的に触りました。
文香の可愛い耳と頬は少し赤くなっているようです。
綿パンツの脇から直にマンコに手をやると、汗とは違うヌルッとした液体の感触。
まだ剥けていないであろうクリを刺激すると、「ンゥッ」と小さな声を出して反応しだしました。
私の陰茎はこれまでの人生で一番の勃起状態になっていました。

2時を回って息子の昼寝の時間が来たので、文香に、「すぐに戻ってくるから、ここで待っていてね」と言うと、上気した顔で「うん」と答えました。
家に帰って妻に息子を預け、デジカメを持って再び公園に引き返しました。
公園の隅にあるベンチに並んで座り、両手を使って乳房とマンコを弄りながら「気持ちいい?」と問いかけると、「わからないけど、変な気持ち」と言いながら私に幼い身体を寄せてきました。
文香をベンチに1人で座らせ、普通の写真を何枚か撮った後、「Tシャツ捲って」と言うと少しモジモジしながらも、素直に自分で捲り上げて乳房を出しました。

「自分で揉んでごらん」
「乳首を摘まんで引っ張るんだよ」

いやらしい写真を撮り続けました。

「脚を開いて」とか「パンツの股の所を横にずらして」とか、他の男の目に触れたことのない幼い身体をデジカメに収めていきました。

私の陰茎はもう我慢できない状態でした。
ドキドキしながら文香の手を掴んで茂みの中に連れて行きました。
茂みの中に入って、文香を正面から抱き上げて耳を舐めると、「アッ」と可愛い呻き声を出しました。

「キスしたことある?」

「ない」

「こうするんだよ」

唇を重ね、舌を入れながら文香の唾液を味わいました。
なんとも言えない爽やかな味で、妻のねっとりとした唾液とは比べようもありません。
小さな身体を上にあげ、自分でTシャツを捲らせて幼い乳房を舌や唇で舐め回します。
両手は文香のお尻を悪戯しています。
駅弁体勢で抱えているのでスカートは腰の辺りまで捲れ、花柄の綿パンツが露出しています。
綿パンツをTバック状態に捻じり、お尻を撫でたり鷲掴みにしたり、左右に広げて指先でアナルを刺激したりしました。
文香の呼吸が荒くなってきたところで、さらに持ち上げ、逆肩車体勢で文香の股間に顔を埋めました。
舌先で綿パンツをずらし、割れ目に沿って舐めてあげました。

「ンンンーッ。アッ、アァッ」

これまでより反応が大きくなり、女の体液で下着を濡らしました。
マンコをテラテラと輝かせる光景は一生忘れられないでしょう。
私の陰茎もブリーフを濡らし、開放してやらないと暴発しそうになっていました。

文香を降ろし、Tシャツを脱がせて、それを目隠し代わりにして私はズボンの前を開けてブリーフから陰茎を出し、幼い顔の前に突き出しました。
上半身裸の文香に向かって「触ってごらん」と右手を陰茎に導き、亀頭の先から陰嚢のまで触らせてから、「これ、何だか分かる?」と聞くと少し首を傾げました。

「舌を出してごらん」

可愛いピンクの舌を出させ、「ペロペロするんだよ」と言って陰茎を舐めさせ、次に「口を大きく開けるんだよ」と言うと小さな唇を精一杯開きました。
私は震える思いで陰茎を文香の口に当てて、後頭部を抱えるようにして咥えさせました。
しかし、半分も入らないので亀頭のカリの部分が唇で擦れるようにして入れて、「さっきみたいに舌でペロペロしてごらん」と言い、小刻みに前後に揺すりました。
もはや射精を我慢できる状態ではなかった私は10秒もしないで絶頂に達し、文香の口の中に放出しました。
驚いた文香は陰茎を離そうとしたので、後頭部を押さえ、鼻を摘まみました。
自分でも信じられないくらい大量の精液に目に涙を浮かべましたが、理性をなくした私には毛ほどにも罪悪感はありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました