お風呂から出たところを兄に襲われました

この体験談は約 3 分で読めます。

私は中2ですが、この前、私がお風呂に入ってた時のことです。

脱衣場でごそごそ音がしてたのですが、(ママかな?)と気にも留めずに湯船に浸かっていました。
長風呂の私はいつもは4、50分は入るのですが、その日は見たいテレビがあったので早く出ました。
20分くらい経ち、湯船から出てタオルを巻いて扉を開けると、お兄ちゃんが脱衣所にいました。

「お、お兄ちゃん・・・何してるの?覗いてたの?」

私はとっさにタオルで胸を押さえました。

「覗いてないよ。それにA(私)、今日は出るのが早いな」

「見たいテレビあるから」

お兄ちゃんを見ると、下半身裸で何か持っていました・。

(!!!)

「お兄ちゃん、それ私のパンツじゃん。なんで持ってるのよ?」

「こ、これは・・・」

「それに下半身裸だし」

「ごめん。俺、お前のことが好きなんだ」

お兄ちゃんは私を押し倒し、タオルを強引に剥ぎ取られました。

「お兄ちゃん、やめて!何するのよ!」

お兄ちゃんは私の胸を両手で揉んできました。

「ママー!助けてー!」

助けを呼びましたが、聞こえないみたいです。
私の家のお風呂は離れにあるんです。
お兄ちゃんはそれを利用したのだと思います。
私は首を振って必死に抵抗しました。
その時、私は落ちている自分のパンツを見て思いました。

(お兄ちゃん、私のパンツでオナニーをしてたんだ)

「ちょっと、もうやめて!」

「うるさい。これでも咥えてろ」

そう言うと、ちんちんを私の口に入れてきました。
私は無理やりフェラをさせられたんです。
目に涙が溜まっていました。
お兄ちゃんは私にフェラをさせながら、私のアソコを指で刺激してきました。

「どうだ?気持ちいいか?」

私は首を横に振りました。
すると、お兄ちゃんの刺激を与える手が激しさを増しました。

「きゃ~!」

私は悲鳴とともに潮を吹いてしまいました。

「お~、そんなに気持ち良かったのか?」

私は顔を背けて泣きました。

「そろそろ入れるか」

お兄ちゃんは私のアソコにちんちんを押し当ててきました。

「いくぞ」

そう言うと、挿入してきました。
そして、すぐに腰を上下に動かしてきました。

「痛い。抜いてよ!」

「すぐに慣れるって、心配するな」

もう私のことなんかお構いなしでした。

「A、気持ちいいよ」

やめてくれる気配はありません。
腰の動きは激しさを増し、お兄ちゃんの様子が変わってきました。

「A、出る。中に出すぞ」

「だめ!中には出さないで!」

泣いて頼みましたが時すでに遅し。
私は中に出された。

「お兄ちゃんのバカ!中には出さないでって言ったのに」

「そんなに怒るなよ。ほら、吸い取ってきれいにして」

無理やりちんちんを咥えさせられ、全部吸い取らされました。

「内緒だから」

そう言うとお兄ちゃんは服を着てお風呂から出ていきました。
私はもう一度体を洗い、服を着てお風呂から出ました。
親に心配をかけたくなかったので、このことは言っていません。

タイトルとURLをコピーしました