奥さんを亡くした隣のご主人と旅行に行った妻・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

隣のご夫婦と私たち夫婦は、子供が同級生ということもあり、たいへん仲がよかったです。
休日のときは、よくお互いの家へ行き食事をしたり、近くの公園に遊びに行ったりしていました。
しかし奥さんが癌のため、35歳の若さで亡くなられました。
私たちは子供とご主人に元気を取り戻してもらうため、よく食事にお招きしました。
子供はしばらくして元気を出しましたが、ご主人のほうは、半年を過ぎても元気がありませんでした。

そこで私たちは、「子供は私たちが見ててあげますから、少し旅行でも行ってきたら」と提案をしたのです。
ご主人はしばらく考えて、「妻が一度行ってみたいと言っていた所があるんです。奥さん、一緒に行ってもらえませんか?」と言い出したのです。
妻はびっくりして私の顔を見ましたが、私は言い出した手前、「子供たちは私が見ててあげるから一緒に行ってあげなさい」と言ってしまったのです。

そして先日、隣のご主人と妻が1泊2日の予定で京都から大原、鞍馬へと出発しました。

「ホテルは、ご主人が私のためにスイートを取ってくれたの」と、妻が言っていました。

私は口にこそ出しませんでしたが、妻は大丈夫だろうか、ご主人は変なことをしないだろうかと、心配でたまりませんでした。

夜、妻から電話がありました。

「あなた、変わったことない?子供たちは元気?」

「ああ、こちらは大丈夫だ。そちらはどうだ?」

「ええ、今ホテルの部屋からなんですけれど、ものすごく広くて、景色もすごくいいし、食事もよかったし、それにベッドも大きくて豪華なのよ。こんな立派な所に連れて来てもらったの初めて。ご主人に感謝しなきゃね。これからもサービスしなきゃ」

「ええっ!これからもってお前、もう何かしたのか!?」

私は受話器を握る手が震えだし、心臓が大きな音を出し、額から汗が噴出しはじめました。

「何言ってるのよ。帰ってからも美味しい料理をごちそうしなきゃねって言ってるのよ」

「あっ、そうか。それにしてもご主人はどうだ?」

「ええ、今お風呂に入っているの。少しずつ元気になっているわ」

「そうか、そりゃよかった。じゃあ明日の帰りを待っているよ」

私はすぐにでも妻に会いたいと思いました。
しかしそれは叶いません。
せめてこのまま何事もなく帰ってきて欲しいと思いました。
しかし妻からの返事は意外なものでした。

「あなた、ご主人がね、もう1泊しないかって言うの。明日、もう少し足を伸ばして琵琶湖を見に行かないかって。いいでしょ?」

「えっ、そんな・・・」

「そしたらご主人、もっともっと元気になると思うの」

私は足が震えだしました。
でも、この旅行を言い出したのは私なんです。
隣のご夫婦とお付き合いをしてもう10年、このままご主人が元気を出さなければ亡くなられた奥さんが浮かばれないと思い、「・・・ああ、いいよ。お前のいいようにしてあげなさい」と言ってしまったのです。

「ありがとう。ご主人が喜ぶわ。じゃあまた明日電話します」

妻はそう言って、すぐに電話を切ってしまいました。
私は受話器を置くと、その場に座り込んでしまいました。

妻はこれからどうするのだろう・・・。
ご主人は風呂に入っていると言っていた。
追いかけて一緒に入るのだろうか?
どんな格好で電話をしていたのだろうか?
下着姿、それともバスタオルを巻いて、まさか裸ではなかったのだろうか?
ベッドは大きいと言っていたが、1人で寝るのだろうか?
それとも2人で・・・。

私の眠れない夜が始まろうとしていたのです。

妻と隣のご主人が旅行へ出かけ2日目。
昨日の夜は、ご主人が妻のために予約していた豪華なホテルのスイートルームに泊まっているはずです。
妻からの電話では、「こんな豪華な部屋に泊まるのは新婚旅行の時でもなかった」と言っていました。

あの時、ご主人は、お風呂に入っていると言っていた。
心なしかエコーの聴いた鼻歌が聞こえていたように思います。
あの後、2人はどうしたのだろうか?

そんなことを考えながら、私は眠れぬ夜を過ごしました。
今でも頭がぼんやりしている。
そして今日変帰るはずの予定を、妻が1日伸ばしていいかと言ったことも、ひとつの原因になっています。

夜、また妻から電話がありました。

「あなた、今、大津なの。琵琶湖がきれいよ。何か、変わったことはない?」

「ああ、こちらは子供たちも元気だ。ご主人はどうだ。変わったことはないか?」

私はそう言うのが精一杯でした。
本当なら、「大丈夫か?変なことはされなかったか?まさか抱かれたんじゃないだろうな?どうなんだ」と聞きたかったのですが、言えるはずもありません。

「ええ、ご主人は元気よ。昨日の夜は楽しかったし、でも私はちょっと疲れたわ」

「疲れたって、お前まさかご主人と・・・」

「そう、夜にねえ、ご主人と2人で・・・ホテルの近くのディスコに行ったの」

「あっ、そ、そうか、そりゃあよかった」

「でもね、変なことに気づいたの。たいしたことじゃないんだけれど・・・」

「変なことって何だ!?」

「このホテルに来て、チェックインの時に何気なく聞いていたんだけど、前から予約してあったみたいなの」

「前からってお前、昨日の夜、1日伸ばしてもいいかって言うから・・・。そこに泊まるなんて予定にもなかったじゃないか!?」

「そうなの、だから・・・。まあいいわ、今ご主人、下に買い物に行っているの。それにしても景色がいいわよ。比叡山から琵琶湖大橋まで一望できるのよ」

「そうか、そりゃよかったな・・・」

私の心配をよそに妻はご機嫌でした。

「じゃあ明日帰るんだな?」

「ええ、その予定よ」

「その予定って、お前・・・」

「冗談よ、明日帰ります。待ってて」

そう言って妻の電話は切れました。
私は妻との話が終わり、少し安心したのか腰が抜けたようにその場に座り込みました。
でも、また新たな心配が増えました。
帰るはずの3日目の夜になっても、妻と隣のご主人は帰ってこなかったんです。
そして電話連絡もありません。
しかし、日付けが変わるほんの少し前に、妻はぐでんぐでんに酔って帰ってきました。

妻と隣のご主人が旅行から帰ってきて、10日が過ぎようとしていました。
泥酔して帰ってきたあの日に、「あなたに申し訳なくて。お隣のご主人が可哀想でつい・・・」と、言ったことを妻は全然覚えておらず、私も黙って過ごしてきました。
隣のご主人も私に悪いと思っているのか、姿を見せませんでした。

しかし妻は私の目を盗み、隣の家へ行き、1時間くらいで帰ってくるんです。
そんなことが毎日繰り返されている中、妻が少しずつ口を開くようになりました。

「じつは隣の奥さんね、亡くなる3年ほど前から浮気をしていたみたいなの」

「えっ、あの奥さんが・・・」

(いつもニコニコして、あんなに夫婦仲のよかった奥さんが・・・)

妻の話によると、相手は隣のご主人の勤めている会社の後輩らしい。
亡くなる3年ほど前、ご主人が後輩を家に連れて来て一緒に飲んだのがきっかけらしかったです。
それから急速に親しくなり、昼間からラブホテルに行ったり、日曜日には奥さんが彼の家へ行き、掃除や洗濯、晩御飯まで作り、時には泊まってくることもあったと言います。
そうなるとご主人とのセックスもなくなり、少しずつ喧嘩も増え・・・。
決定的だったのは、奥さんが彼の子供を2回も堕ろしていたことでした。
しかしご主人はそんなことを顔に出さず、仲のよい夫婦を演じながら、同時に男としての自信もなくしていったのでした。
そんな時、奥さんの癌がわかりました。
浮気相手の彼はそれを知ると会社を辞めて田舎に帰ったそうです。

妻はそのことを旅行の1日目に聞かされたらしいです。
そして1日目に電話をかけてきた後、何気なくお風呂のドアの方を見ると、ご主人が自分の股間に手をやりペニスをしごいていたのを見て、なんとかしてやらなければと思ったらしいのです。

「それからどうしたんだ!?」

私は鼓動が大きくなり、額に汗をかきながら妻に聞きました。

「それから・・・聞きたい?でも、あなたが悪いのよ」

「どうして・・・どうして俺が悪いんだ!?」

「どうしてって、隣のご主人が私と旅行へ行きたいって言ったとき、『いい』って言ったじゃない」

「でもあの時は成り行きで・・・」

私はそのときのことを思い出していました。
確かにあのときは、「いいよ。一緒に行ってあげなさい」と言いました。

「成り行きでも、妻と旦那とは違う男性が2人だけで旅行に行くのよ。それも同じホテルの同じ部屋で一晩過ごすのよ。何もなかったじゃ済まないでしょ。あなたも本当は期待していたんでしょ?」

「そ、そんなことあるわけないじゃないか・・・」

私は口から心臓が出てきそうなほど興奮していました。

妻と隣のご主人が旅行から帰り15日が過ぎました。
妻からは少しずつ隣のご主人との旅行のことが聞けるようになりました。
生前、隣の奥さんがご主人の後輩と不倫をしていて、2回も子どもを堕ろしていたこと。
奥さんが癌とわかると、その男は奥さんから逃げていったこと。
そんなことがありご主人は自信をなくしていること。
そして旅行の1日目、お風呂でご主人がオナニーをしていたこと。
それを見て妻はなんとかしてあげたいと思ったこと。

「それからどうしたんだ?」

「1日目はそれで終わったんだけれど、それからご主人がどうしてもその後輩に会いに行きたいって言うの。最初から、それが目的だったらしいんだけれど、会って話をしないと、どうしても自分に自信が持てないらしいの」

「自信が持てないって、何が?」

「ご主人ね、奥さんが不倫をしているのがわかってから、それが原因であれが立たないって言うの」

「あれって?」

「男の人が立たないって言えば、ペニスに決まっているでしょ」

「それじゃあ、お風呂でオナニーをしていたって言ってたけれど・・・」

「あれはオナニーじゃなくて、立たせようとしていたみたいなの」

「そうか、それじゃご主人はインポってことか。それで・・・」

私は少し安心しました。
妻は「何もなかったじゃ済まないでしょ」と言っていましたが、じつは何もなかったんじゃないかと・・・。

「それでね、あなたに1日旅行を延ばしてもいいかって聞いたでしょ。あれも初めから決めていたことで、だから2日目のホテルも初めから予約してあったのよ」

「そうか、そういうことだったのか・・・」

「それでね、そのホテルでも私、気をつけていたんだけれど、やっぱりご主人、あれをしごいているの。それで私どうしてもなんとかしてあげたくて・・・。あなたには悪いと思ったんだけれどお風呂に入っていったの」

「お風呂にって、それじゃお前も裸で・・・」

「そんなわけないでしょ。だって私も最初からじゃ恥ずかしいもの。ちゃんと下着はつけていたわ」

「そ、それでどうしたんだ!?」

「ご主人、最初はびっくりしていたんだけれど、私がペニスをそっと握ってしごいてあげると目を閉じてじっとしているの」

「そ、そうか。それでご主人のあれ、どうだった!?」

「どうだったって、あなたの2倍はあったわ」

「に、2倍、そんなにあるのか!?」

「嘘よ、あなたと同じくらいよ。でも少し笠が大きいかな。それでね、いくらしごいても大きくも硬くもならないの」

「じゃあ諦めたのか?」

「そんなわけないじゃない。今度はご主人を立たせて、私がその前に跪いて口に含んであげたの」

「それじゃあフェラチオじゃないか!」

「そうよ、でもなかなか硬くならないの。私、意地になって口をすぼめたり、吸ったりしたの。10分くらいしてたかな。そうしたら少しずつ大きく硬くなってきて・・・」

「そ、それで!」

「でもすぐに柔らかく小さくなってしまうの。ご主人も色々試してみたんだけれど・・・」

「色々って・・・?」

「私の胸を触らせて欲しいとか、オッパイを見せて欲しいとか・・・」

「えっ、そんなことを言ったのか。それで見せたのか!?」

「乗りかかった船じゃない、当然ご期待に沿ったわ。でもだめだったの。私、パンティまで脱いだのに・・・」

「え、裸になったのか?」

「そうよ、でもだめだった。私、正直言うとね、あの時ご主人のが役に立っていたら最後までいってもいいと思っていたの。だって私もそのつもりで旅行へ行ったし、あなたもそれでもいいと思っていたんでしょ?」

「そ、そんな・・・」

私は妻が言った、「あなたが悪いのよ。あなたも期待していたんでしょ?」という言葉を思い出しました。

「そんなって。あなたのズボンの前、大きくテントが張っているわよ」

私はハッとし、自分の股間へ手を当てました。
そこは自分でもびっくりするくらいズボンを押し上げていました。

「あなた、ズボンとパンツを脱ぎなさいよ。私が手でしごきながら続きを聞かせてあげるわ。でも、あなたがイッてしまったら、そこで話は終わりよ。いい?」

私は妻にそう言われ下半身裸になりました。
妻は私のペニスを握り、ゆっくりしごきはじめました。

「どう、気持ちいい?隣のご主人もこれくらい元気だったらね。私ね、ほんとのことを言うと、期待してコンドームをたくさん持って行ってたのよ」

「そ、そうなのか、じゃあ1回も使っていないのか?」

私は少しがっかりしました。
でも私の息子は、今にも爆発せんとばかりに張り切っています。

「そうなの。でもね、今訓練をしているの・・・」

「訓練、なんの?」

「じつはね、もうあなたも気が付いていると思うんだけれど、私、毎日1時間ほど、お隣にご主人のところへ行っているでしょ。あれってね、ご主人のペニスを手や口でしごいて、鍛えているの。最近少しずつ元気になってきて、あと1週間もすればちゃんとセックスができると思うの。その時はいいでしょ?」

「じゃ、お前、本当に隣のご主人に抱かれるつもりなのか!?」

私はそれを聞き、急激に気分が昂ぶってきました。

「そうよ、その時はあなたの目の前でね」

「えっ、そ、そんな・・・」

私は、どうしても我慢できず、目を閉じて妻と隣のご主人とのセックスを思い浮かべ、濃いザーメンを吐き出してしまいました。
そして目を開けると妻が私の息子を口に含み、一滴残らずザーメンを胃の中に流し込んでいました。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました