近所のダンナの巨根を妻に握らせてみた

この体験談は約 3 分で読めます。

新年会代わりに、ご近所さん3家族で鍋パーティーをしました。
そのうち、子供の小さいKさんの奥さんが眠くなった子供を連れて帰り、それに続いてIさん一家も帰ってしまい・・・。
うちの子供達を寝かしつけた妻が再び階下に下りてきた時には私とKさんのご主人だけでした。

実はこのKさん、前に皆で温泉に行った時に見たんですが、すごく立派なモノを持ってるんです。
おまけに我々より5歳以上若く、ルックスもいいので・・・。

私「Kさんの大きいのを入れてみたくない?」

妻「い、入れて欲しい・・・」

なんて感じで、よく夫婦生活の刺激剤にしてました。
3人で飲み直し始めると、当然のように話がそっちの方に向いていき・・・。

妻「そんなに人によって大きさって違うもの?」

それじゃあ、論より証拠で大きくしてみようという話に。
家にあったAVを3人で観始めると、異様な雰囲気のせいか2人ともすぐ大きくなりました。
ジーパン越しでも、明らかにKさんの方が大きいのが分かりましたが、「これじゃあ、わからんなぁ~」と私は実物を出しました。

妻「何やってんの~!」

そう言いながら、期待してるのが見え見えの妻。
少し躊躇ってるKさんに、「お願い、Kさんのも見せてやって」と私が言うと、「まじ?!」とか言いながら、ゆっくり巨大なモノを出してくれました。

妻「わぁ~~~!」

妻は驚いたような、嬉しそうな声を発しました。

妻「ホンマに違うなぁ~」

マジマジと眺めています。

私「触らせてもらい!」

Kさん「そんなんされたらヘビの生殺しや」

Kさんが嘆いたので、「手コキでやったら出さしたるやんな~」と言いながら強引に妻に握らせました。
妻は、「いやや~~」とか言いながら握ったり感触を楽しんでましたが、次第にゆっくりとしごき始めました。

いつの間にか3人とも無言になり、AVの声が部屋に響いてました。
私は妻の横に張り付き、胸や割れ目を弄ってました。
あっという間に妻の割れ目はヌルヌルでいっぱいになってきました。

私「舐めてもかまへんぞ!」

妻の耳元でと囁くと、スイッチが入ったのか、いきなり咥えこみました。

Kさん「うわっ!」

さすがにKさんも驚いてましたが、あとはなすがままでした。

Kさん「あぁ~~、やばい!」

Kさんが言い出したので、妻を止め、仰向けに寝かしました。

私「Kさん、ここまできたら、もう入れたって!」

妻は恥ずかしそうにエプロンで顔を隠してました。
私も手伝って妻の身につけていたものを剥ぎ取ると、Kさんは正常位でゆっくり挿入し始めました。
妻はよほど興奮してたのか、あっという間に昇り詰めました。
その後バックに変えてイッたあと、再び正常位に戻り、いよいよKさんもピークを迎えようとしてました。
3人子供のいる妻は避妊術を施してあります。
最初は私に気遣ってか、よがり声も押し殺してましたが、この頃には、もう声も我慢できず、いつもの妻でした。

Kさん「あぁ~~、イキそうや!」

Kさんが切ない声を出すと妻が、「中でイッて!出して!中で出して!」とお願いするかのように言いました。
Kさんは動きながら私のほうを見たので、「いいで!」と私が言うと、「うっ!イクっ!」と唸ると、妻の中に注ぎ込みました。

それから2週間が過ぎようとしてます・・・。
ある晩、お風呂に入ろうとして、籠の中に脱いである妻の下着に目が行きました。
手に取ると、割れ目の辺りにねっとりとしたものがたっぷりついてます。
勇気を出して鼻を近づけるとザーメンの匂いがしました。

そう言えば、Kさんの奥さん、しばらく実家に帰るって言ってたっけ。
Kさんは夜勤のことも多いので、昼間家にいることも多いし。
でも、私に確かめる勇気はありません。