女社長の熟れた体は最高でした

この体験談は約 2 分で読めます。

24歳の僕には可愛い自慢の年下の彼女がいます。
でも1年ほど前から取引先の社長(志穂さん)と関係を持つことになりました。
36歳の社長はすごく綺麗で、木佐彩子さんっぽい感じのシングルマザーです。
仕事の約束をするのも、ミスして怒られるのも楽しく思えるくらい魅力的で、いつかこうなりたいと思ってました。

あるイベントで一緒に出張行ったのがきっかけでした。
打ち上げが終わりホテルの部屋まで送った時に、部屋の前に来ると、腕を組んできたんです。
いい匂いがしました。
それと柔らかい胸の感触。
部屋に入ると僕を見上げて、「彼女に怒られるかな?」と笑ってキスをしてきました。
柔らかい唇が触れて、しっとりとした舌が入って遠慮がちに絡めてきます。
激しくないキスが逆に新鮮で興奮しました。

「涼くん、軽蔑する?」

「いいえ、僕も前からこうしたかったから」

望んでいたことが現実となって、前からしたかった愛撫をしていきました。
キスをしながらベッドに行って、「唾を飲ませて」とお願いしました。
最初は恥ずかしがってたけど、お願いすると上から垂らしてくれて、透明の透き通った綺麗な唾で嬉しかったです。

シャワー浴びたいと言う彼女を説得して、足を舐めることにしました。
ストッキングの足を手に取り、口に含みました。
甘酸っぱい味がして最高でした。
次はストッキングを脱がせて直で指を1本ずつ含むと、志穂さんは声を出して感じてくれます。

「こんなこといつもするの?」

僕は、「初めてです」と答えました。

実際に初めての経験で、彼女にもしたことはありません。
脚を舐めてだんだんと上にあがっていき、下着に近づくと香水と女性の匂いが混じったいい匂いがしました。
下着と肌の境目を舐めながら少し焦らしていると、「もう・・・来て」とお願いされましたが、「来て」と逆にお願いしました。

「えっ?」

「顔に跨がって」

「でも、そんなこと・・・」

無理やり顔に跨がってもらいましたが、こんなにいいものとは思いませんでした。
僕が我慢できなくなって、そのまま体を後ろにずらして志穂さんを上にして入りました。
まだお互いに全裸にはなっていないので、そのもどかしさにも興奮しました。
あんなに興奮したのは初めてでした。

今でも志穂さんには恥じらいはありますが、僕の望みを聞いてくれますし、志穂さんも僕に尽くしてくれます。
36歳の女性の身体は、若い女性にはないしっとり感や柔らかさがあって最高です。
お互いに離れられなくなってしまっています。

タイトルとURLをコピーしました