スクール水着やブルマ姿であぶない夜のお散歩

この体験談は約 5 分で読めます。

私が露出に目覚め始めたのは、男子の性的な視線を強く意識し始めた小学5年生くらいでした。
体育や水泳の授業の時の男子の視線がなぜか快感で、そのうち街中でもスカートを短くして風に簡単に捲れるようにしてみたりと、だんだんと露出に目覚めていきました。

6年生の6月頃、初めて意識した露出をしたんです。
その頃団地に住んでいた私は、夜遅くみんなが寝静まった頃に、スクール水着にサンダルだけという格好で恐る恐る部屋を出ました。
なぜスクール水着だったのかはよく覚えていないのですが、初めて男子の視線で恥ずかしさを超えて気持ちよさを感じた品だったのか、それとも水着で外に出るという非日常感がツボにはまったのかも知れません。

少し肌寒い中、羞恥と恐怖で震える足を動かして、4階から1階まで下りました。
階段を下りたところから外を窺うと誰もいませんでした。
街灯の暗いマンションとマンションの狭間にある小さい公園にそっと足を踏み入れると、『普段みんなで遊んでいる場所に変態的な格好で1人で佇む私』という構図に、脳天が痺れるような快感を覚えました。
その時は時間にして5分ほどで、すぐにそっと部屋に戻りました。
両親は眠りが深いこともあってよく寝ていました。
この体験からしばらく、夜中に非日常な格好で外に出るという行為が、親にバレるまで続きました。
スクール水着や体操服(まだブルマでした)が、当時の私のブームでした。

最初はただ外に出て公園に出るだけで満足していた行為も、すぐにもっと快感を得たいと思うようになりました。
少しずつ距離と時間が延びて、団地を人に見つからないように歩き回ってみたり、団地の外の夜はあまり車通りも人通りもない道を、民家の陰に隠れながらおっかなびっくり歩いてみたり、そのうちタクシーやトラックを選んで見てもらうようになりました。
普通の車は女性か男性か、何人乗っているか、どんな人が乗っているか全然わからないけれど、タクシーなら当時は男性のみ、トラックも男性1人なので安心(?)でした。

ブルマ姿なのを見ると、ほとんどの車はゆっくりと速度を落として見ていきました。
同じ車が折り返してきたり、トラックが止まって男が降りてくるのを見て慌てて逃げたり、見られている快感で転んでしまった私をタクシーから慌てて降りてきたおじさんが、「大丈夫?そんな格好で危ないよ」とお尻に手をかぶせるように撫でながら抱き起こしてくれたり、遠くから来る車のライトを見た途端に(あれはパトカーかも!)って思って隠れると、本当にパトカーでほっとしたりもしました。
今でも第6感なのか、パトカーや警官が近づいてくると、『来る!』って感じます。
こんな行為を続けているのに今まで一度も警察に遭遇したり職質されたことがないのも、そのおかげです。
ある意味、周囲を気にして感覚を研ぎ澄ましていたからかもしれません。

中学に入った頃から水着はやめ、体操服か制服(中学のときは白線2本のスタンダートなセーラー服でした)で、夜中の1時~2時頃に出ていました。
散歩時間は1時間以上に延びていました。
オナニーも覚えて、散歩の最中に街灯に背中をつけて、明かりの中でオナニーしたりしていました。
中学ではもう廃止されていてブルマではなかったので、体操服は小学校時代のを着ていました。
制服姿の時はスカートを折ってパンツが見えそうなほど短くしたり、わざとスカートが捲れてお尻が丸見えの状態で、信号待ちのタクシーの前を歩いてみたり・・・。

「お嬢ちゃん、捲れてるよー!」

窓からおっきな声で呼びかけられて、その視線と声で腰が抜けそうなほどの快感で実際転んでしまい、車から降りてきたおじさんに心配されながら団地の入り口まで送ってもらいもしました。
団地の中に来ている牛乳配達のおじさんと、別の棟の1階の廊下で制服のスカートが捲れて丸見えの状態ですれ違いもしました。
恥ずかしくて顔は伏せていて、心臓がドキドキで膝が震えて歩けなくなって壁に身を預けていると、おじさんが後ろから戻ってきて、「大丈夫?乱暴されたのかい?」って私のすぐ後ろに立って聞いてきました。

「大丈夫です。なんでもありませんから」

震えるような声でおじさんに背を向けたまま言うと、「スカートが捲れているよ。ほら、直しなさい」とパンツに挟まれて捲れているスカートに手をかけて引き抜き下ろしてきました。

「少ししわになってるよ。ほら、ちゃんとして」

おじさんはお尻の辺りを軽く叩くように撫でてきました。
別にいやらしくではなく、ただ叩いているようでした。
それでも動かないでいる私を、「支えてあげるから、お部屋はどこ?」と私の左側に立って腰に右手を回して抱き支えるようにして歩かせようとしてきました。
おじさんの体温を感じた私は急に怖くなって、「やだ、触らないで」と、手を振り解くように暴れてしゃがみ込んでしまいました。
おじさんは泣き声な私を、「何にもしないよ。ほら、お部屋に帰ろう」となだめて、軽く頭を撫でてきました。
そのまま少しすると落ち着いてきたので、「もう大丈夫です。自分で帰りますから」とおじさんから逃げるように廊下を歩き、階段を上がり、配達の車がいなくなるまで階段で座って待ってから帰りました。
捲って挟むことでスカートに皺が寄ってしまうため、この時を最後に制服はやめ、体操服だけになりました。

父は少し前からなんとなく気配でおかしいことに気づいていたそうです。
その日は早めにトイレに起き、私の部屋を覗き、もぬけの殻であることに気づき、また玄関の鍵も開いていることから、心配して外に探しに来ていたのです。
私も普段となにか違う様子に気づいて、すぐにそのまま道路側から部屋に戻りました。
部屋に入ると母も起きていました。
母は泣いていました。

「なんで?どうして?」

泣きじゃくる母の顔と、「無事でよかった」と優しく頭を撫でる父の声を聞いて、私も安堵のあまり大泣きしました。

その後、私が今までどんなことをしてたのか洗いざらい(危ないのは隠して)話しました。
母はショックのあまり倒れ、父には呆れ果てられ、初めて手を上げられました。
母は相当にショックだったようで、その後、精神的に少しおかしくなり、心理カウンセラーへ通院することになりました。
その通院場所が団地から遠かったこと、団地に住んでいるとこのままトラブルになる危険があると父が強く主張したことで引越しをし(学校は私立だったので問題ありませんでした)、私もその後しばらくは大人しく勉学に勤しみました。

また私を心配した母に、無理やり同じカウンセラーに通わされもしました。
矯正したかったのでしょうけど、あんまり効果はなかったです。
むしろカウンセラーの、「色んな人がいて、あなたの行動もおかしなことじゃないんだよ」と言われたことで、背中を押された気すらします。

そうそう、高いところから飛び下りた代償もありました。
右足の足の裏にひびが入っていました。
本当に自業自得でした。
その後はしばらく大人しくしていました。

でもストレスを感じると、気持ちを止められませんでした。
家の周辺での行為はやめ、主に学校の行き帰りにスカートを短く折り畳んで階段を上がる男性の前を手で押さえないで上ったり、駅のトイレでパンツを脱いでノーパンで乗ってみたり、体育のない日に学校でノーパンで過ごしてみたりしていました。

そんな今から見ると可愛い露出は、大学に入り一人暮らしになるまで続きました。
こんな体験が元となっていったのか、私はいまだに童顔でチビなこともあって、主に学生系の装い&非日常にエロスを感じるようになっていきました。

タイトルとURLをコピーしました