イケメン先輩に食われていたアニメ声の人妻

この体験談は約 5 分で読めます。

俺はストーカーじゃないよ。
その女が通っているフィットネスジムのバイトだから、どれだけビッチなのか知っているだけ。
紹介制のフィットネスジムだから、名前を挙げたら知っているヤツもいるだろうから避ける。
場所は大阪だよ。
環状線の範囲内とだけ書いておく。

女の名前は『あや』とでもしておく。
年は確か26歳のはずだ。
身長は153くらいで体重はわからん。
男性職員は専属のトレーナ以外、詳細は見られないから。
ま、胸はない。
実家が合気道かなんかの道場で、ちっさい頃から鍛えてるらしい。
普段のトレーニングでは体にぴっちりしたヨガの服を着ているからBカップくらいはある。
ちびっこいけど手足が長くて、スタイルは異常にいい。
特にケツは真ん丸で盛り上がっていて、歩いているだけで男の視線を集めてる。
でも化粧落としたらかなり幼い感じ。

勤め人で週5フルタイムで働いているようで、うちのジムに入ってきたのは去年の2月。
週に3回平日の夜に通ってきて、日曜は月に2回のペースを崩さないで来ている。
うちのジムは女性会員の割合が多くて6割くらいは金持ちの主婦とOL、2割が学生で1割が付き添いの男。
アロママッサージやネイルサロンも同じ施設にあるから、そっちとセットで来る人も多い。

俺は先輩のツテでこのフィットネスジムのバイトになった。
貧乏学生にはありがたい。
時給1600円で女の体見放題。
困るのは、どうやって股間の昂りを抑えるかだけ。

本当は社員しかとらないフィットネスジムで、バイトは先輩と俺だけ。
先輩の年の離れたお兄さんが土地の持ち主で、フィットネスジムにもかなりの金額を出資しているから。
ぶっちゃけオーナーの女性がお兄さんの愛人なんだけど、フラフラしている先輩を働かせるために雇っているらしい。
俺は埼玉の出身で一昨年大阪に来た先輩と仲良くなったのは偉大なるライオンズのファン同士だったから。
バイトやアパート紹介してもらってかなり助かっている。
先輩はツラがいいし、もこみち並のスタイルだからモテる。
バカバカしいくらいモテる。
フィットネスジムでも女性は先輩目当てってくらいに、先輩のシフトの時は予約が凄い。
でも、エロい人妻やかっこいいお姉ちゃんに誘われても、軽くあしらうのがまたかっこいい。
もう嫉妬とかいうレベルじゃない。

その先輩の女の好みは身長が小さいことらしい。
ロリじゃなくて中身はしっかりした年上で、でも体が小さい人がいいらしい。
でも最悪なのが、趣味がかなりエグい。
可愛い女性のエロい写真や動画を撮るのが好きで、100人近い女性のコレクションを持っている。
別に脅そうとかじゃなく集めるのが楽しみらしい。
イケメン過ぎるとおかしくなるのかね、童貞の俺が言うのもなんだけどw

先輩の名前は『遼さん』とでもしておく。
俺の名前は『童貞』でいいやw
早く捨てたいもんだ。

あやがフィットネスジムに入ってきた時に俺は一目惚れした。
年上に見えなかったんだけど、スーツ姿はやっぱり働いている女という感じ。
既婚者だってわかった時はマジでショックだった。
なんとか専属トレーナーのアシスタントにつけて、色々とトレーニングの間に話をするようになった。
ほとんどが旦那とのノロケ話だったけど。
あやは、なんつうか声が高くてアニメ声ってやつ。
真剣にトレーニングをする引き締まった体と顔や声とのギャップがたまらなかった。

でも、ささやかな俺の楽しみは2ヶ月ほどだった。
シフトが違っていた遼さんが、あやが来ている日にたまたま出てきて、あやを見た瞬間に遼さんの目付きが一瞬で狩りモードに突入。
彼女が5人もいるくせに、好みの女を見逃す気は一切ないようだった。
速攻でトレーニング着になって、その日のうちにあやのトレーナーと交渉して専属を代わってもらっていた。
俺もアシスタントに残してもらったけど、あやが落ちるのにかかったのはたったの1ヶ月だった。
俺がまともに雑談できるのにかかった日数の半分で寝るところまでいったらしい。
それでも遼さんに言わせれば、あそこまで手強いのは初めてだったって。
普通は3日だって。
笑うしかないwww

女ってあんなに変わるもんなんだなってのが最初に思ったこと。
旦那とのノロケ話を嬉しそうにしていたり、休憩中にラブラブな電話を旦那としていたのに。
まず、あやの服装が変わった。
パンツスーツばかりだったのに、スリットの入ったタイトミニでジムに来るようになった。
全身をぴっちり覆うタイプのトレーニング着だったのが、ヨガ用のレギンスと胸だけを覆うタイプの服装になった。
汗だくになる鍛え抜かれた体と真ん丸い尻と乳のライン、対象的な幼い顔と甘い声と体臭がたまらなかった。

あと、遼さんとあやの間での呼び方が変わった。
最初は名字にさんつけだったのが、「あやさん」「遼さん」→「あやちゃん」「遼くん」と変わり、最近は「あや」「遼」になっている。

遼さんはボディタッチもあからさまにしている。
つるつるの甘い香りのする腋や、真ん丸いお尻を撫でたりしていて、あやも嫌がるどころか嬉しそうに甘い声で窘めてる。

トレーニング時間も変わった。
最初は3時間トレーニングして、アロママッサージ1時間で夜の9時ごろに帰っていたあやだけど、30分ずつトレーニングの時間が減って、今は30分トレーニング、30分マッサージでジムから帰る。
遼さんも同じ時間に上がるし、電話では旦那に10時頃になるって言ってるみたいだから、3時間から4時間はやってるってことだろう。

これだけだと怪しいって関係だけど、証拠がある。
遼さんの趣味だ。
去年の7月だったんだけど、遼さんから「話がある」って言われた。
ジムにはバイト専用の待機部屋というのがある。
色々と人間関係あるから、社員とは別の8畳くらいの部屋が用意されてる。
そこで・・・。

「なあ童貞、ひょっとしてお前、あやに惚れてる?」

「・・・いえ、別になんとも思ってないっす」

「そっか、惚れてたか?」

「・・・はい」

「悪いな。俺、好みの女見ると夢中になっちまうから」

「あの・・・やってるんすか?」

「見る?」

携帯を渡されたら、いきなりあやの全裸画像。
両手を頭の後ろで組んで、ものすごくいい笑顔で写ってる。
お椀型の胸やピンクの陥没気味の乳首、ツルツルに剃られて丸見えのアソコ、ローションまみれの鍛えられた体。
他にも、先輩のデカチンをほっぺをべっこりさせて咥えたのや、精液を口の中に溜めた顔のアップ、中出しされたあそこを自分で広げてる笑顔のあや、まんぐり返しでバイブ突っ込まれたのや、どっかのビルでえぐい下着だけで撮影したのもあった。
頭の裏がガンガンするくらい興奮した。
デジカメで撮った動画はもっと凄かった。
あやが騎乗位で腰振ってるの、上目遣いで。
ねっちりフェラしてるのや、顔射されて嬉しそうな声を出すのもあった。

俺が一番興奮した動画は、声を出すのを我慢しているあやを駅弁スタイルでやりながら言葉責めしているのをちょっと離れたところらから撮ったやつ。

「あやは俺と旦那のどっちがいいの?」

「そんなこと言えないよぉ・・・そこだめ!そこ突いちゃだめ!」

「ね~どっち?」

「・・・の」

「聞こえな~い」

「遼のがいいよぉ」

「じゃあ中でいいよね?」

「でもでも・・・」

「一緒にイこうね」

「・・・うん」

キスしながらあやに中出しを決める遼さん。
嬉しそうにキスをしながら、「すっごい出したね」って言ったあやの声がエロすぎた。

それから遼さんはエロ画像や動画を毎週見せてくれてる。
直接やっているところを見たのは3回。
待機部屋で立ちバックでやってるとこ、遼さんの部屋でやるのをこっそり覗かせてもらったとき、ジム主催での夏の1泊旅行で海に行ったときにビーチの端にある岩場でやってるとこ。
生のアニメ声での喘ぎは破壊力ありすぎた。
思い出すだけで勃起する。

タイトルとURLをコピーしました