じつはドMだったツンデレの先輩・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

会社に数人いる女性陣の中で同期の2人がいた。
両方とも可愛い。

1人は人当たりが良く、みんなの人気者。
丁寧な喋り、物腰。
身長は155センチほどで可愛い。
隠れ巨乳ではないかと言われる、十分な肉付き。
提出する書類や質問や相談はこちらへ集中した。

もう1人は、きれい系だけどイヤな人。
性格がきつく笑わない、同じ失敗は指摘してくる、定時で挨拶もせず帰る。
背は170センチほどで貧乳。

対照的な2人だったけど、2人は仲がよかった。
以下、やさしい方を、ナオさん。
ツンは、ユカさんと呼ぶ。
俺は2人よりも2つ年下。

最初は特に関係なく過ごすが、やはり入社して数ヶ月経つと避けて通れない。
みんなユカさんに仕事を頼むと怖いので、ナオさんに頼んだり聞いたりしていた。
俺は外回りで会社に電話した時、ユカさんが出たら聞きたいことも聞けず、電話を切った。

「体つきも性格も足して2で割ればいいのに」と、みんなで噂していた。

俺も例に漏れず、いつもナオさんに書類や仕事を出していた。
ナオさんはみんなに優しく、自分に気があるかと勘違いさせてしまいそうな言動のある人だった。

2年経って後輩が増えてくる頃には、一通りの仕事は覚えており、2人の仕事が見えてきた。
ここで気付いたのは、ユカさんの方が仕事は早いこと。
ナオさんも優秀なのだが、ユカさんの方がいい意味で手抜きだった。
性格がきついのは、自分の仕事が邪魔された時や、早くできない理由がその人にある時で、気分でなんでも噛み付いているわけではなかった。
ナオさんは仕事が集中することを差し引いても、丁寧さのせいで少し遅かった。
しかも、ユカさんはナオさんの溜まった分を引き受けていた。
俺はナオさんの仕事が集中して悪いので、間違いのない簡単なことならユカさんに頼むようになる。
それがきっかけで、仕事の多くをユカさんに頼むことになった。
でも、いつも会話は一言で終わるほど短い。

会話など全然したことないまま、会社の飲み会で隣りになった。
ユカさんはノリは悪いが、ナオさんと一緒なら付き合いはいい。
聞いてみるとそれなりに楽しいらしいが、周りから見ると全然楽しそうに見えなかった。
ここで少々接近。
1年前に俺が彼女と別れたことを聞かれたりした。
女性社員のプライベートは全く分からない。
ナオさんは買い物へ行った話や、週末にどこかいったりするとお土産を買ってきたりするが、ユカさんは謎だった。
少し聞いても、うまく誤魔化されたり、不機嫌になったりした。
ナオさんに話したら、少し違うことを言われた。

「ユカは不機嫌になったように見えるのは、なんて答えればいいか分からないからだよ」

このセリフは記憶にあるが、なんでナオさんと話したかとか、飲み会の後半は覚えてない。
その後、仕事でも一言くらいは話すようになる。

ある日、外から帰ってきた俺と郵便物を出しに行ったユカさんが1階で一緒になった。
2人でエレベーターを待つ。

「加藤君、さっきのスーツの人、見てたよね?」

ユカさんは一階のホールにいた身長の低いロリ巨乳スーツの女子に俺の目が行ったのを見逃してはいない。

「いやぁ・・・」

誤魔化しているとエレベーターが来る。
一緒に乗り、4階の事務所を目指す。

「やっぱり加藤君も、巨乳のナオみたい子が好みなの?」

珍しく笑いながら聞いてくる。

「そんなことはないですよ」

実際、胸の大きさにこだわりはない。

「ふーん」

ユカさんはエレベーターの行き先ボタンの前を陣取り、後ろ向きになりながら答えた。
なぜか3階で止まり、ユカさんは降りる。

「私、用事あるので、ここで降ります」

いつもの冷たい表情に早口で一気に喋る。
3階には他のテナントしか入っておらず、うちの会社として用事があるとは思えない。
呆気にとられる俺を置いて、ユカさんは降りる直前に内側から『閉』ボタンを押して素早く扉を閉めた。
ユカさんの去った後、行き先ボタンを見ると4階のランプが点いていない。
エレベーターは俺を何もない屋上階まで容赦なく運んだ。
事務所へ戻ると、ユカさんはいつも通りだった。

東海の方に行った時、みんなの分とは別にユカさんだけお土産を用意した。
タイミングを見計らい、誰もいない廊下で真夜中のうなぎパイ(5本入り)を渡したら、珍しくびっくりしてる顔を見せてくれた。
隠そうとして制服のベストの胸の辺りに入れる。

「ナオみたいに巨乳になった?」

嬉しそうに笑いを取ろうとするが、真夜中のうなぎパイの意味はどうやら理解していなかった。

後日、外周りに行こうと事務所の外へ出ると、非常階段の方へ連れて行かれた。

「メールアドレス教えてよ」

断れないくらいの強気で言われた。
しばらくして来たメール。

『やったー、加藤君とメル友だ(ノ^∇^)ノ』

メールでは全然違うテンションに驚いた。

メールするようになって一気に距離が縮まった。
ユカさんは自分の体に全然自信ないようだった。
俺は細い肢体の持ち主でスタイルはいいと思っているが、本人は脚もお尻も形が悪いと言って聞かない。

『胸は大きさではなく感度ですよ』

このメールの返事は来なかった。
後から聞いたら俺は会社でエロい素振り見せないし、一番縁遠いと思っていたらしい。
メールするようになった週末の金曜日。

『飲んだから送って(`Д´)』

俺をアシに使うユカさん。
しかも、着いたらなぜか怒ってる。
ナオさんと飲んだと言っていた。
俺は普通に送り届けた。
なぜか最後まで不機嫌。

翌日の土曜日、俺は休日担当で出社だった。
誰もいない事務所で暇な電話番のような仕事。
夏の前で暑い日だった。
ユカさんから来るメールに、昨日の謝罪が入っていた。
謝るなんて珍しい。
こちらは暇な勤務であることを連絡しておいた。

夕方前に、ユカさんが会社にやって来た。
どうも、月曜までの仕事があるようだ。

「大変ですね」

「加藤君がいつも仕事を頼んでくるからだよ」

俺は一応負担にならないように仕事を頼むので、ユカさんの邪魔してないはずだ。

(嫌味かな・・・)

いつもの冷たい感じになっていた。

一息ついたのか、話しかけられる。

「昨日はありがとう」

「昨日は、どうしたんですか?」

もともと飲む予定ではなかったけど、なんとなくナオさんと飲んだらしい。
仕事は終わったようで、疲れたと言って肩を揉まされた。
ユカさんは袖の短いワンピース。
胸の辺りもゆるく、裾も短い。
休日の会社ということもあって、私服でもいつもの私服と全然違う。
椅子に座るユカさんを後ろから見ると、薄い胸元が見えそうで困る。
肩と首を揉む。
一通りした後、バンザイするように手を上にさせて、背もたれにグッと体重を乗せるような姿勢を取らせた。
胸元から覗くブラとキャミ。
見えそうで見えない。
髪からするいい匂い。
ここで壊れてしまった。
バンザイした状態から肘を曲げ、ユカさんの手を頭の後ろに持ってくる。
そのまま指を咥えて舐めてしまった。

「キャッ!何・・・してるの?」

短い悲鳴の後に小声で聞いてくる。
腕が後ろで固定されているのと、椅子の後ろに体重をかけているので、暴れると椅子が倒れそうになってる。
不安定な状態が怖いので無抵抗。

「何なの?何してるの?頼んでない!」

抗議は無視して両手の指を順番に丁寧な指フェラをする。

「汚い!やめて!」

そのうち黙った。

「う~、・・・はぁ」

基本、ウー、ウーと唸る。
次は耳を噛る。
今度は足をバタつかせた。

「ちょっと、何してんのよ!」

面白い・・・。
頭の後ろの腕ごと強めにガッチリ押さえて耳を舐める。

「犬か?ハァハァ、言わない!」

ブルブルと体を震わす。
怯えた小動物状態。

「俺(クン)のイヌぅ・・・舐めないで・・・いやらしいよぉ」

初めて呼び捨てにされたが、あまりに弱々しいので可愛い。
背筋が反り返って、胸元から谷間が消えている。
片手でユカさんの頭と手を掴み換え、ワンピースの胸元から一気に胸まで侵入した。

「ああんッ!」

ビンビンに立っている乳首に、これまたいい感度。
でも全然胸はない。

「小さいからやめて!触らないで!ヤダ、ヤダ、イヤだ!」

本当に嫌なようで、椅子の状態をお構いなしに大暴れ。
俺は椅子が倒れないように気を遣ってるうちに、ユカさんは体を丸めるようになっていた。
手も自由になって混戦状態。
ここで取り逃がしていけない。
首を舐めたり、ブラのホックを外したりして、胸をモミモミできるようになってきた。
体を丸めるとAカップくらい。
胸を触ると抵抗が激しいので首へ切り替えた。
お互い、落ち着いてくる。

(ヤバイ・・・。このあと、どうすればいいかわかんない・・・)

「もう時間だよ」

時計を見ると、6時を過ぎている。

「今回は、もう終わりっ!」

ユカさんはそう言って、立ち上がってこっちを見る。

(ヤバイ・・・。どうすればいいんだ?)

冗談で許されるような触り方ではない。
開き直ることにした。

「ユカさん、やっぱり胸は感度ですよ」

しばしの沈黙。
外したか?

「・・・タダじゃないよ。ご飯、奢ってよ」

どうやら大丈夫だ。

「着替えてきなよ」

更衣室でスーツに着替えてたらドアが開いた。

「このままだったら私、加藤君に犯される。そんなの嫌だから性欲なくすよ」

ベルトを外さず、トランスの中までウネウネと侵入してくる冷たい手が、俺のところに辿り着いた。
そのまま生で掴まれて、しごきだす。
気持ちいい。

「ほら、早くイケ」

命令口調に萌えた。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました