僕と彼女の『痴漢誘発プレイ』・前編

この体験談は約 9 分で読めます。

当時、僕と彼女のお気に入りはこんな感じでした。

彼女にミニスカを穿かせて、古本屋系の店で1人で立ち読みさせる。
適度に人が居たほうがいいんだけど、まったく居ないのも困る。
ポツンと座り読みしてる若者がいたりすれば絶好のターゲットです。
彼女1人でそのターゲットの近くで立ち読みさせる。
僕は男の視界に入らないように少し離れた所から様子を窺う。
ほとんどの男は直接顔を向けて彼女のほうを見ることはしませんが、明らかに意識した様子になります。
さりげなく周囲を見渡し、チラチラと彼女を窺い、見始めます。
彼女はそんなことには気付かないふりして立ち読みを続けます。

しかし現実はなかなか厳しいもので、果敢にも彼女に痴漢行為を働こうという勇気ある若者はほとんどいません。
何度も挑戦してみて、怪しい動きをする男は何人もいましたが、実際に僕が見てる前で彼女が痴漢されたのは二度だけ。

1人目は30歳ちょい手前くらいの男でした。
彼女が立ち読みしてる後ろを通り過ぎるとき、さらっと彼女のお尻をスカートの上から撫でて歩き去りました。
僕は不覚にも20mくらい離れた所にいたので、リアルにその様子を見ることはできませんでした。

しかし、そこで彼女はその場を立ち去ろうとはしません。
必ず痴漢はまたやって来ると踏んでいたからです。
事実、数分もしないうちにその痴漢は再度姿を現しました。
彼女の視線に入らない位置から様子を窺っているのを認めた僕は、今度ばかりは見逃すまいと迂回して距離を縮めました。
そして、その瞬間を僕は目撃することができました。
正直に言います、物凄く興奮しました!

痴漢は彼女の右後ろに立ち、マンガを物色するふりをしながら左手を彼女の尻に伸ばしました。
スカートの上からムニっと尻を揉み、全体を何度か撫で回しています。
彼女が着ていたミニスカはかなり短かったので、撫でればお尻がコンニチハします。
痴漢の指先は彼女の生尻の感触を味わったことでしょう。
彼女は少し俯いたまま後ろを振り返ることもせず、痴漢に尻を撫で回されていました。
時間にして10秒くらいのことでしたが、これ以上の興奮はないと断言できるくらい僕は興奮しました。
恐らく痴漢君もドキドキだったでしょうし、彼女も同じはずです。
そして痴漢は何事もなかったようにその場を後にしました。

ここで僕は彼女の反応を知りたいばかりに、彼女に合流したのです。
今一度そこで我慢し、再々度の痴漢襲来を待たなかったのは今になって悔やまれますが、僕としてはそんな冷静な判断ができる状態ではありませんでした。
僕が彼女に声をかけたとき、彼女は興奮からか少し放心状態でした。
彼女としてはそれまで何度も痴漢を待ちながらもスルーされ続けていたので、感慨もひとしおだったのかもしれません。

僕が「どうだった?」と声をかけると、彼女は「やばい、濡れてる・・・」と、興奮冷めやらぬ表情でつぶやきました。

僕はフル勃起状態。

彼女に、「お尻、触られてたねぇ」とか「痴漢されて興奮したんだ?」などと話しかけながら、僕はさっきの痴漢がしてたのと同じように彼女の尻を撫で回しました。
彼女はもう堰を切ったように興奮しはじめ、吐息と喘ぎ声が混ざったような甘い声で、「あぁん、やめてぇ・・・」と言いました。
いや、一番興奮していたのは間違いなく僕自身でした。
彼女のお尻の方からスカートの中に手を入れ、Tバックのあそこの部分を指で撫で回しました。
スカートを捲くるまでもなく股間部分に指が届きます。
ガチガチのチンコは収まる気配なしでした。

先に書くべきでしたが、彼女はミニスカ+Tバックという格好でした。
少し屈んだだけでお尻が見えます。
いつもは冷静沈着な僕ですが、デジカメで撮影するどころか、カメラの存在さえすっかり忘れていました。
彼女が痴漢されている姿をカメラに納められなかったことが、とても悔やまれました。

もうちょっと書かせてください。
書くことによってその時の心理状態がフラッシュバックされ、書きながら興奮できるんです。
オナニーみたいなもんです。
ちょっとした興奮状態で書いてるもんだから、うまく描写できてなかったり説明不足の箇所がありますね。
あとで読み返すと、訂正や追記したい文章がいくつかあったりします。
リアリティを求めて詳細に書きすぎると、なかなか話が先に進まないというジレンマがあります。
読んでくださる方が想像しやすいように、状況説明や視覚的な描写をなるべく多く書いているつもりですけど、分かりづらい点がありましたらすみません。

ちなみに当時、彼女は20代前半。
158cm、45kg、Bカップのスレンダー体型。
セックス経験はかなり少ない子でした。
上品とは言いませんが、下品な雰囲気はない子です。

『痴漢誘発プレイ』とでも言いましょうか、そんなプレイをする時に愛用していたミニスカですが、これは僕の指示で彼女が1人で店に買いに行った物です。
ミニスカらしいミニを持ってなかった彼女に、『なんでもいいから適当に短いのを買っておけ』とメールのやり取りで指示しました。
彼女はその日の仕事帰りにデパートに寄り、ちょっと若者向けの店で店員さんに、「この店で一番短いスカート下さい」って言ったそうです。
帰宅後さっそく自室で試着し、鏡に映ったミニスカ姿の自分を見て、彼女はそれだけで興奮して濡れたそうです。
さっそく僕に写メで報告してくれました。
それはギンガムチェックで、股下3cmくらいのプリーツミニでした。

その日のうちにだったか後日だったか、そのミニを穿いた彼女と一緒に外出したことを覚えています。
夜の21時とかだったと思います。
試しにTSUTAYAだったかゲオだったかに行きました。
股下3cmといっても、男の目線から見下ろしたらそれほど短いスカートだとは気付きませんし、その程度のミニを穿いてる子は普通にいます。
だけど膝丈のスカートかパンツしか普段穿かない彼女にとってはドキドキの初体験なわけです。

最初は僕のそばを離れずに俯きながらくっついていた彼女でしたが、途中から様子が変わったんです。
その変化はとても興味深いものでした。
モジモジしていた彼女が、まるで酔っ払ったかのようにニコニコしながら1人で店内を歩き始めたんです。
しかも若い男性がいる辺りをウロウロと。

僕が「なんで1人でウロウロしてるの?」と聞くと、「なんか楽しくなってきたw」と彼女は答えました。

僕はミニスカ初体験のことだし、最初から飛ばしすぎると彼女が嫌がるかもしれないと思って、意識してローテンションを維持していたんです。
僕は彼女の急な変化に対応できてなかったかもしれません。
今、その時の画像を見て思い出したんですが、彼女は最初は恥ずかしいからと言ってキャップを被っていたんですけど、途中からキャップを脱いでます。

彼女の店内単独徘徊が落ち着いた頃に、人がいないコーナーに行って屈み、パンチラ撮影しました。
彼女が棚の下の方にあるビデオに手を伸ばすと、ミニスカから白いTバックがはっきりと見えました。
お尻もかなり見えてました。
もしもその場でオナニーしたら、1分も持たないくらい興奮していたと思います。

『痴漢誘発プレイ』は上手くいかないことが多かったので、『痴女プレイ』というのを代わりにやったことがあります。
痴女というほど過激なものじゃないんですけど、例えば本屋で立ち読みしてる大人しそうな若者がいたとして、彼女がその男性にさらっとタッチするというものです。
彼女にとっては痴漢を待つことより数倍恥ずかしいことみたいで、物凄く勇気がいることのようでした。

一度目のトライでは、立ち読みしてる男性のお尻を手の甲でさらっと触れるか触れないかくらいにタッチして過ぎ去るという、僕にとってはかなり物足りない結果に終わりました。
その男性のほうも何も反応なしでしたから、自分がターゲットになったことさえ知らないと思います。
でも彼女は顔を真っ赤にしてました。

二度目の挑戦ではそこそこの結果を残せました。
古本屋系の店でマンガを立ち読みしてる20歳くらいの大学生っぽい男性を発見しました。
眼鏡をかけて大人しそうな雰囲気です。
僕は前回の轍を踏まないように彼女に気合いを入れ、どういう風にするのか事細かに指示しました。
相手の反応は予測できないので、オプションも含めてです。
その男性が立ち読みしてる棚には他に誰もおらず、視界に入る人さえ居ない状況でした。
僕は5mくらい離れた場所からその様子を見守ることにしました。
しかし、その男性にそれがプレイであることが悟られないようにしなきゃいけないので、ガン見はできません。
僕と彼女がカップルであることも気付かれないようにしないといけないので、僕は彼に背を向けた状態で、視線の端で捉えるようにしました。

彼女はモジモジしながら緊張した様子で彼に近づきます。
一度スルーし、二度目のアプローチで彼女は手の甲でハッキリと彼のお尻に手を押し付けました。
それはほんの1秒くらいのことなんですけど、薄手のチノパンを穿いてた彼にはハッキリと認識できる感触だったでしょう。
彼女は彼の真横に立ち、ほとんど接触するくらいの距離から彼にこう言いました。

「あの・・・ちょっと触ってもいいですか?」と。

彼は立ち読みの姿勢を崩さず、顔をちらっと彼女に向け、頷くか頷かないか、返事をする間もなかったと思います。
彼女は緊張して頭が真っ白になっていたんでしょう、ほとんど質問すると同時に彼の股間に手を伸ばしました。
その男性の前に少し体を乗り出すような体勢で、視線を股間に向けたまま何度か手を上下に動かし、あそこを撫で回しました。
その間、ターゲットの彼は微動だにしませんでした。
何がなんだか分からなかったと思います。
立ち読みしてたら急に知らない若い子に股間を弄られるなんて、そりゃすぐに状況を理解できるはずがありません。
勃起する間もなかったでしょう。

彼女は撫で終わると緊張した面持ちのまま、彼とは視線を合わせずに小さい声で、「ありがとうございました」と言い、その場を離れました。

僕はその様子を見て、怪しまれないよう1分ほどしてからその場を離れ、彼女に合流しました。
彼女はいまだ緊張覚めやらぬ様子で、「もー、恥ずかしかったーーー!」って照れまくってました。
そして、彼のちんこの感触を手のひらで感じたこと、頭が真っ白で自分が何を言ったかよく覚えてないことなど話してました。

一方で彼はそのまま立ち読みを続けていたんですが、こそっと様子を窺うと、明らかに上の空というか、手に持ったマンガに視線を落としてるのにページは捲ってない感じでした。
これが二度目のトライアルでした。
僕としてはその大学生が欲情して彼女に痴漢することを望んでたんですけど、なにぶん真面目で大人しそうな男性でしたから。
これこそ仕込みの男性を用意しておくべきだったと後悔してます。
彼女が仕込みとは知らずに痴漢し、逆に痴漢される・・・。
そしたら彼女は自分が先に手を出した手前、拒否できるはずがないですからね。
幸か不幸かターゲットにされた男性・・・。

「このことを誰かに話しても、絶対誰にも信じてもらえないだろうね」って彼女と話しながら帰りました。

1度目の失敗に比べたら格段に成長した彼女でしたが、痴女プレイはあまりにも緊張して恥ずかしいということで、残念ながら2度をもって終了しました。

痴女プレイというか痴漢誘発というか、それをミックスさせたようなプレイもしたことがあります。
ああそうだ、痴女プレイ第3弾としてやろうとして不発に終わったことがありました。
ん、1回目と2回目の間にやったのかな?
記憶が定かではないですが。
今度も、これまた古本屋系の店で立ち読みしてる大人しそうな少年がターゲットにされた事案です。
座り読みしてる少年をターゲットにしたプレイで最も記憶に残ってる事案を書きます。

確か19時くらいだったと思います。
何度かそういったプレイをしたことのある古本屋系の店でのことです。
その時は幸いにも店内が閑散としていて、中学生くらいの男の子が1人でマンガを座り読みしていたんです。
彼女も中学生相手なら勇気を出せると思ったんでしょう。
僕もいつものように彼女に色々と言い聞かせて、その場に彼女を送り込みました。
その時の彼女は、お尻に500円玉大の穴が開いてるデニムミニを穿いてました。
彼女はその少年に背を向けるポジションで立ち読みを開始しました。
その距離2mほどです。
僕は少年の視界に入らない位置からその様子を眺めてました。

1分もしないうちに少年の様子に変化が現れました。
落ち着きがなくなり、時折彼女のお尻の方に視線を向けていました。
その時は周りに誰もいなかったので、僕は携帯メールで彼女に指示を出しました。

『少年の存在に気付いていないふりのまま、お尻が痒くなったふりをして、スカートの中にお尻側から手を入れて、少しお尻が見えるようにしながらお尻を掻け』

いつもならそんな指示に応える度胸などない彼女ですけど、その時は違ってました。
安全である確率が高い相手だったからでしょう。
彼女は僕の指示通り、少年に背を向けたままマンガを読みながらお尻下部を少し覗かせて、ポリポリとお尻を何度か掻きました。
僕の目線からでもお尻が見えるくらいでしたから、ローアングルから見てる少年の目にはハッキリと彼女のお尻が見えたことでしょう。
いよいよ落ち着きがなく挙動不審になった少年は、なぜかそこでその場を離れて、別の棚へと移動しました。
僕は彼女へ近づき、再度少年の近くに寄って、できる限りのことをしろと指示しました。

少年は座り読みではなく立ち読みしていました。
彼女は少年が立ってる辺りにあるマンガを探すふりをしながら、少年の真横に近寄りました。
少年は再度そわそわしだし、彼女も顔が上気してる様子でした。
そして彼女は少年の足元にあるマンガを手に取り、その場で座り読みを開始しました。
少年のすぐ足元です。
ほとんど接触していたんじゃないかと思います。

彼女は意を決し、マンガを右手に持ったまま左手を少年の脚の内側に伸ばしました。
たぶん膝辺りだったと思います。
そして、太ももと膝の間を何度かゆっくりと撫でました。
少年は傍から見てても分かるくらい動揺してました。
少年としては、お尻を見てしまった女性が自分を追いかけるようにして別の場所まで移動してきて、自分の足元に座り込み、さらに自分の足を撫でてるってことです。
さすがに中学生でも異常な出来事だと思ったかもしれません。

すると、なんてタイミングでしょう。
少年の母親が遠くから姿を現し、少年を呼んだのです。

「もう帰るわよ」とかなんとか言ってました。

少し離れた場所からだったので、母親はそこで何が行なわれているか分からなかったのでしょう。
少年はこれ幸いとばかりに、すぐその場を離れ、母親の方へと去っていきました。
この時、母親の登場があと1分でも遅ければ、彼女は少年の股間にまで手を伸ばしていたと思います。
実際、彼女は少し悔しそうな表情でしたし、「う~ん、くそぉ・・・」みたいなことも言っていました。
僕としても、くそぉなんですけどw

相手が少年であれ、チラ見せから痴女行為へとエスカレートするのを目の当たりにすると、さすがに冷静ではいられませんでした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました