エッチな彼女と色んなプレイを楽しんだ話・中編

この体験談は約 7 分で読めます。

夏になってプール開きのニュースを聞くと、つい思い出してしまう出来事がある。

ある土曜日、僕は奈々子(当時24歳)と某公営プールに出掛けることにした。
彼女は新しくシーズン購入した黒いビキニを僕に見せたいらしい。
2人はそれぞれの脱衣場で着替えてプールサイドに集合した。

さすがに奈々子はキャンギャルをしていただけのことがあって、メリハリのある見事なプロポーションで人目を引く。
それに加えて、日焼けしていない白い肌に黒ビキニというコントラストがやけに艶かしく映っている。
自分の彼女を連れてプールに訪れたというのに、まるでよその彼女を連れて来たかのようにどこか落ち着かない。
数日前に夜を徹して愛の時間を過ごした仲なのに、どうして太陽の下、ビキニとは言え着衣の彼女に気恥ずかしさを感じるのだろうか。
僕はそんな奇妙な感覚に包まれながらプールサイドを歩いていた。
するとプールサイドでたむろしていた若い数人の男達が、一斉に奈々子に熱い視線を送ってきた。

「奈々子、みんなこっちを見てるんだけど・・・」

「いいじゃないの。ちゃんと水着を着てるんだし」

「うん、まあね」

「いくら見られたって別に減るもんじゃないでしょ」

「そりゃ減りはしないけどさぁ」

「ん?もしかしてあなた妬いてるの?」

「や、妬いてなんかいないよ」

「あらそう。じゃあ気にしないくてもいいじゃないの」

「・・・」

確かに減るものではないのだが、自分の彼女がじろじろと見つめられるのはいい気がしなかった。
かといって、「見ないで」なんてことを言えるはずもないし。
僕は少しイラッとしたままプールサイドを少し歩き、比較的空いている場所を探し当てた。
2人はプールサイドに腰を下ろした。
そっと足から順に水慣れ用の水をかけていく。
火照った身体がきゅっと引き締まる思いがする。
予想以上に水が冷たい。

「ひ~!冷て~!」

「ねえ、S」

「ん?」

「さっきは嬉しかったよ」

「え?何が?」

「ヤキモチよ」

「ヤキモチなんか妬いてないって」

「ふ~ん、そうなの?自分の彼女がジロジロ見られても平気なんだ?」

「平気ってことはないけど・・・」

「ほら、やっぱりヤキモチじゃないの~!」

「仕方がない。まあ、そういうことにしておくよ」

「素直じゃないんだから~。じゃあ泳ごうか?」

2人は一旦肩まで水中に浸けた後、ゆっくりと泳ぎ始めた。
しかし休日ということもあって人が多く、まっすぐに泳ぐことが難しい。
よその人にぶつかりそうになって立ち止まってしまうこともあった。
ちゃんと泳ごうとしたのは最初の5分間くらいなもので、2人は間もなくじゃれ合い始めた。
ふと僕にいたずら心が芽生えた。

僕は奈々子が目を離した隙に水中に潜り、彼女の視界から消えた。
おそらく、「どこに行ったの?」とキョロキョロと探しているに違いない。
いや、大人が立てる程度の深さだから、水中で彼女に忍び寄ってもたぶん見つかってしまうだろう。
でも面白いから試してみよう。
僕は潜ったまま奈々子の背後に廻り、太股に絡みついた。

「きゃ~~~!」

突然、太股を掴まれて驚いたようだ。
僕は調子に乗って腰や尻を触りまくった。
すると彼女のひじ鉄砲が僕の頭上に炸裂した。

(いててっ!)

僕は慌てて水面に顔を出した。

「もう~、エッチなんだから~!いや~ん!」

奈々子は文句を言ってはいるが本気ではない。
目を見るとすぐに分かる。
瞳が笑っている。
むしろそんなやりとりを楽しんでいるのだろう。

「ごめんごめん。じゃあお詫びのチュ~をしてあげるよ」

「え~?そんなこと、いくらなんでもここじゃ無理よ~」

「それもそうだね。じゃあお詫びは別の場所にするよ」

「ん・・・?」

僕はそう呟くと彼女の背後に回りこんだ。
周囲の目もあるのであまり露骨なことはできない。
僕は奈々子の背中に胸をピッタリとくっつけて、ビキニパンティ越しに腹部に触れた。
彼女の身長だとバストの辺りに水面が来ている。
バストより上は何かすればすぐに分かってしまうが、水中だと分かりにくい。
さすがに腹部は日頃ジムで鍛えているせいか結構腹筋がついていて硬い。
引き締まった腹部の弾力性を愉しみながら、さらに下へと指を下ろした。

間もなくこんもりとした恥丘の感触が指に伝わってきた。
奈々子は声を耐えて僕に身を任せている。
時折、横を親子連れが「キャッキャッ」と賑やかに水飛沫を上げて接近するが、こちらに気を留めている様子は窺えない。
恥丘をゆっくりと撫で回した後、さらにその下方にある窪みに指を滑らせた。

クニュ・・・。

窪みは恥丘とは違って実に柔らかだ。
くにゅくにゅとした良い感触が指に伝わってくる。
窪んだ部分をなぞってみた。

「あぁ~・・・S・・・」

くにゅくにゅくにゅくにゅ・・・。

「あぁん・・・」

プールでは接近しているカップルなんて珍しくない。
僕たちもそのうちの1組だ。
周囲の人たちは泳ぐのに夢中なので分からないとは思うが、もしかしたら奈々子の表情を見て目ざとく気づく者がいるかも知れない。
仮に気づく者がいたとしても構わない。
それはあくまで水面下での出来事であり、周囲の者にとって推測の域を出ないのだから。

「ねえ、あのおじさん、さっきからこっちをじっと見てるんだけど・・・」

「気にしなくていいって~」

スリスリスリ~。

「あぁん、どうしよう~、かなり濡れちゃったみたい~」

「どうせ水の中なんだから、濡れたって全然分からないよ」

「そりゃそうだけど・・・」

「濡れたかどうか直接触らなきゃ分からないよ。どれどれ・・・」

「あぁん・・・」

外部から見えないことをいいことに、僕は大胆にも奈々子のビキニパンティの横合いから指をこじ入れた。

「え!?嘘っ!そ、それはちょっと、やり過ぎ・・・?」

奈々子は水中とはいえ、ビキニパンティに指を捻じ込まれかなり焦っている。
指はすぐに割れ目に辿り着いた。
ねっとりとした感触が指を包み込む。
水による潤いとは全く異なる粘着性のある感触。
僕は勢い割れ目を擦り始めた。

「ああっ、ダメ~・・・、S・・・いや・・・」

「ふふふ、奈々子の言ったとおり、かなり濡れているね」

「あっ・・・いや・・・やめて・・・か、感じちゃうから・・・ああっ、だめ・・・」

グッチョグッチョグッチョ。

背後からとは言え、肌を密着させて卑猥な行為を続けているうちに、僕の身体の一部に異変が起きてしまった。
いつの間にかブツが大きくなってしまったのだ。

(これは弱ったぞ・・・)

プールから出れば周囲の者はその変化にすぐに気づくだろう。
不安も入り混じりあれこれと考えているうちに、いつの間にか奈々子への指の動きも緩慢になっていた。
奈々子は目ざとく僕の変化に気づいていた。

「ん?どうしたの・・・?あっ!もしかして!」

「そう、そのもしかしてなんだよ。参ったなあ」

「水の中にずっといればいいじゃない。そのうち収まるわ」

「いいところなのに惜しいなあ・・・」

「何を言ってるのよ。それはお預け」

「お預けか・・・ワンワン!」

「冗談言ってる場合じゃないわ。昂ぶってしまった私をどうしてくれるのよ。私の身体に火だけ点けておいて、ったく~」

「仕方ない、後からラブホに行こう」

「そうね、そうするか。じゃあ、泳ご?」

その時だった。

ピ~~~ッ!

笛の音が聞こえてきた。

「は~い!皆さん~!体操の時間ですよ~!さあ、プールから上がってください~!」

笛を吹いたのは監視員のお兄さんだった。
プールサイドでラジオ体操をはじめると言う。

「え~。ラジオ体操するの~?やだなぁ~、今来たばっかりなのにねぇ~。仕方ないかぁ、上がろ?」

奈々子は僕の手を握ってプールサイドへ向かおうとした。

「奈々子、ちょっと待って。今やばい・・・」

「え?やばいって?」

「まだ、デカいままなんだ・・・」

「え~!?えええ~~~!?マジで~~~?」

「うん、マジで・・・」

「どれどれ?」

奈々子はニヤッと笑って僕の股間に触れてきた。
いくらなんでも今触れられるのはまずい。
ここで触れられると小さくなるべきものも小さくなってくれない。

「触っちゃダメだって~」

「きゃははは~!本当にまだ大きい~」

「ちぇっ、そんな冗談を言ってる場合じゃないよ。プールから出なければいけないのに、このままじゃマジやばいって・・・」

僕はかなり焦っていた。
それもそのはず、笛の合図と同時にプール内で泳いでいた人たちがほとんどプールサイドに上がってしまい、プール内には僅かの人しか残っていなかったのだ。

「早く上がってくださいよ~!」

監視員は激しく急き立ててくる。

(ああ、困った・・・どうしよう・・・)

焦れば焦るほど小さくなってくれない。

(なんでこんな時に・・・)

まだ出ることができない僕は、プール内を泳ぎながら時間を稼ごうとした。

「そこの人!早く上がってください!」

声が引き攣っている。
素直に従わないので頭に来ているのだろう。
それでも図太く泳ぎ続ける。
幸いなことに泳いでいるうちに少し萎えたようであった。
下半身がほぼ収まった頃、僕はやっとプールから上がった。
多くの人がこっちに注目をしていると思うとかなり恥ずかしい。
笛を吹いていた人とは違ったが、監視員が血相を変えて飛んで来て、予想通りこっぴどく叱られてしまった。
監視員に叱られることよりも、むしろ周囲の視線の方が痛く感じられた。

「あのバカ、いつまでも泳ぎやがって」

そんな風に嘲笑っているのだろう。
僕はひたすら謝った。
無様だが進行を遅らせたのは事実なんだから謝るしかない。

(奈々子はどこへ行ったんだろう?)

すでにラジオ体操のイントロが流れはじめてる。
監視員は僕への注意もそこそこに、自分の本来のポジションへと戻っていった。

「気をつけてくださいね」

「はい、すみません・・・」

僕はバツが悪く、早く針のむしろから逃れたいと思った。
その頃、奈々子がそばに戻っていたので、彼女に声をかけ、そそくさとその場から立ち去った。
奈々子がケタケタと大笑いしている。

「もうひどいよ~。自分だけ先にプールから上がっちゃうんだから」

「でも私があのままいたら余計に目立つと思うし、怪しまれたんじゃないかなあ」

「確かにそうかも知れないけど」

「結局プールにほとんど入らなかったね~」

「うん、30分もいなかったね・・・。せっかく休みをとって奈々子とプールに来たのに!」

「う~ん、じゃあ気分転換する?」

「気分転換?どこかに行くの?」

「そんなの決まってるじゃん!ラ・ブ・ホ♪」

「うん、行っとこう」

皆さん、カップルでプールに行っても、水中だから大丈夫だなんて思ってエッチなことをするのは控えましょう!
まあ、しないのが普通か(笑)

<続く>

タイトルとURLをコピーしました