嫁の寝ているすぐ隣でEカップのママ友に中出し

この体験談は約 4 分で読めます。

まだ娘が幼稚園の年長だった頃、しょっちゅう家に遊びに来ていたママ友がいた。
旦那の浮気が原因で向こうはバツ1だったが、もともと嫁とは同じ職場の先輩後輩で、娘たちもとても仲がよかったので、家族ぐるみで食事やカラオケに行くような仲だった。

ある週末、ゴルフ帰りで帰宅すると、いつものようにそのママ友親子が泊まりで遊びに来てた。

「おじゃましてまーす♪」

彼女はすでに風呂上りで、短パンにタンクトップというラフな格好。
嫁とビールを飲んで上機嫌のようだった。
子どもたちは昼間プールではしゃぎ過ぎて、とっくの昔に寝たらしい。

風呂に入ろうと脱衣所に行くと見慣れない服が無造作にカゴに入っている。
いけないと思いつつ持ち上げると、嫁の趣味とは違うお揃いのレースの下着セットが見えた。

(結構派手なのつけてるんだなぁ)と、いいもの見たなぐらいの感じで風呂に入った。

風呂から上がると食事は外で済ませてきていたので一緒に軽く飲みながらゴルフの結果なんかの話をしてたが、おそらくEカップはありそうなママ友のノーブラのタンクトップの胸元の方ばかり目がいって、それを嫁に気付かれないかの方が気になってた。
下の方を見るとそっちも着けてなさそうだ。

(急なお泊まりで着替えを持ってきてなかったのか?)

そう思ったらさらに気になってしょうがなかった。

そのうち腰が痛いという俺に、「マッサージ得意だから横になって」とママ友が言い出して、嫁も、「元陸上部だから上手よ~」なんて勧めてくる。

「じゃあ、お願いしようかな?」

うつ伏せになると、ママ友は結構本格的なマッサージを始めてくれた。

「はい、じゃあ座って」と言われ、後ろから羽交い締めみたいな姿勢になったりして、何度となく腕や背中にタンクトップ越しのEカップが押し付けられてかなりドキドキした。

しばらくマッサージを続けてもらいながら嫁の方をさりげなく見るとソファで夢見心地のようだ。

「今度は俺が交代してやってあげるよ」

そう言うとママ友は、「じゃあ、お願いしよっかな」というノリの良さでうつ伏せになった。
ママ友は子持ちとは思えない腰のくびれで風呂上りのうなじが色っぽかった。
太ももの上に跨がり、腰や背中の辺りを押したり擦ったりしてると、「あ~、気持ちいい~、極楽極楽」なんて軽口を叩いてる。

だんだん興奮してきた俺は細い首から肩の方を揉みながら姿勢を前にずらし、ママ友のヒップの谷間に硬くなったモノを押し付けながらゆっくりと腰を動かてみた。
たぶんママ友も俺の下半身の変化には気付いているだろうし、嫌なら制止するだろうと思っていたが、相変わらずじっとしたままだ。
それどころか少しお尻を浮かせ気味にして、当たり所を下の方にずらしているようでもある。

意を決してママ友の上から下りた。
ゆっくりと太ももを擦り、そのまま短パンの隙間から秘部に触れると、そこは生温かいぬめりをもってた。
するとママ友がさっと振り向き、「おイタはダメでしょ!」とかすれた小声で言う。
でも怒ってはいない様子で言うので、「バレなきゃOKでしょ?」と返すと・・・。

「どうなっても知らないから」

そう言ってキスをしてきた。
嫁を見ると相変わらずよく寝ている。
俺がパジャマの下とトランクスを膝まで下ろし、座ったままでママ友の頭を股間に押し付けると、ママ友はすごい勢いでしゃぶりついてきた。
俺は嫁の方をチラチラ見ながらも、嫁とは違う激しい口技に声を上げそうになった。
それくらい上手い。
風俗でも通用しそうなくらい。
唾液を存分に垂らし、先の方やカリの所をチロチロしたり、玉をしゃぶりながら手でしごいたり、たまにこちらをいやらしい目線で見つめたりと、まるでAVでも観てるかのようだった。
あそこのサイズには多少自信があったが、そんな事は物ともせず根元までグッポリと咥え込むとそのまま舌も動かして尿道を刺激してる。

込み上げそうになって慌てて引き離すと、ママ友の口元から粘っこい唾液が糸を引いてた。

「今日は大丈夫な日だから」

そう言うとママ友は上に跨がり、あそこを掴みゆっくり腰を落としていった。
久しぶりの生挿入だったのもあるが、ママ友のそこは極上だった。

「あっっ~、んっっ~」

腕を口に当てながらもどうしても声が漏れてしまうのを我慢しながら、ママ友は激しく腰を前後に動かした。
嫁が起きないかと気が気でない俺は、ママ友のEカップを鷲掴みしながらも嫁の方に注意を払い、それでも動ける範囲で腰を動かした。

より一層腰の動きを速めるママ友の動きと抜群の締め付けに射精感が高まってくる。
Eカップの谷間に顔を埋めたまま、(うぉぉ~っ)と心の中で叫びながらママ友の膣の一番奥へ熱いモノをぶちまけた。
ママ友は小刻みにブルブルっと震えたあと、俺から下りるとまた俺の股間に顔を埋め、最後の一滴まで絞り出すように、少し硬さが収まるまでお掃除フェラをしてくれた。

その後、ママ友は着るものもそのままトイレへ小走りで行った。
慌ててズボンを上げて嫁を見たが、全く起きる気配はなかった。

トイレから帰ってきたママ友は、「今度はゆっくりできるところでね」と、俺の耳元でニッコリ微笑みながら囁いた。