エッチな彼女と色んなプレイを楽しんだ話・後編

この体験談は約 4 分で読めます。

世間では風変わりなラブホもあるものだ。
場所は大阪、ミナミの道頓堀。
本場の吉本に一度行ってみたいと、東京にいる頃から言っていた。

ある日曜日の昼頃、奈々子を連れて『なんばグランド花月』へ行った。
見終わったのが、まだ陽も傾かない夕方の4時頃だった。
夕食にはまだ早い。
夕飯までの2、3時間をどう過ごそうか。
カラオケに行くのもいいし、ミナミをぶらぶらしてお茶をするのもいい。
色々考えたあげく、2人の結論はやっぱりアレ(笑)

道頓堀を西に渡って、ちょっと進めばホテル街。
数多ひしめくラブホの中で、綺麗そうでイケてるホテルにゴー。
部屋選択パネルで適当に押そうとしたが、奈々子が横から手を出してきた。

「この部屋がいいな~。メゾネットになっているし、プール付きじゃん!これがいいよ~!」

(ゲゲ~!メゾネットだかなんだか知らないが、他の部屋の2倍以上の料金じゃないか!給料前なのに。でも仕方ないか、トホホ・・・)

ケチだと思わせたくないので、泣く泣く決定。
部屋に入ってみると値段が高いだけあって、さすがにゴージャスで2人とも大満足。
わずか2、3時間の休憩ではなく泊まりたくなってしまう。
部屋の入口はメゾネットの下階にあり、入ると正面にプール!
鉄骨の螺旋階段をクルクルと上がると、ロフト風というか隠れ家風と言うか、雰囲気たっぷりの超デラックスなダブルベッド。
照明もいい効果を醸し出している。

室内をひと通り見回した後、2人はお決まりのようにチュッ。
奈々子はまるで子供のようにはしゃぎながら螺旋階段を音高らかにプールのある下へとおりていった。
僕も少し遅れて下におりてみると、すぐに服を脱ぎ捨て、裸になってザブ~ン!
ラブホなのにプライベートプールというのは嬉しいものだ。

「ねえ、Sもおいでよ~!」

「ああ、すぐに行くよ」

手を水に浸けてみた。
プールと言うより、なんだか生温いお風呂って感じ。
奈々子は年の割りには大人ぽい雰囲気の女だと思っていたが、無邪気にはしゃぐ姿を見て彼女の少女っぽい一面を垣間見たような気がした。

(プールの中で泳ぐ姿はまるで人魚のようだ)などと奈々子の姿をうっとりと眺めていた。

しかしその後、彼女の大胆な一言で様相がガラリと一変した。
突然、「水の中でエッチがしてみたい」と言い出したのだ。
奈々子とは以前、プールでこっそりとペッティング程度はしたことがあったが、それ以上はしたことがない。
やはり周囲の目が気になるのと、不衛生というのが気になったからだ。

「一度、お風呂とかじゃなくて、広い水の中でエッチがしてみたかったの~」

「でもアソコに水が入るんじゃないの?大丈夫?」

「大丈夫よ!後で出せばいいんだからさぁ。ねえ、しよ、しよ、エッチしよ~♪」

お風呂でエッチというのは別に珍しくもないが、さすがにプールは経験がない。
妙な興奮が僕を襲ってきた。
水中で奈々子の裸体を存分に触ることができる。
早速、後ろから乳房を揉みながら首筋にキスをしてみた。
奈々子もかなりその気になっている。
指は奈々子の股間に伸びていき、最も感じるポイントを愛撫する。
奈々子の息遣いが次第に激しくなっていき、僕のブツもいつしかギンギンになってしまった。
もう挿れるしかない。
奈々子もそれを待っている。

向かい合って膝に跨がらせてスムースイン。
奈々子の身体から滲み出した蜜は水中に薄まってしまう。
潤滑油がないから軋むような挿入感に見舞われる。
それでも水中エッチという、かつて経験したことのないシチュエーションに2人のボルテージも最高潮に高まっていく。
ベッドでのエッチとは全然違う。
相手の体重がすごく軽くなってしまい、ベッドでは体験できないようなアクロバットな体位を思うがままに体験できる。
駅弁ファックも楽々だ。
長時間抱き上げたままでも全然疲れを感じない。
しかし、ベッドではないようなリスクもある。
水の抵抗があるからか、ピストンがわずかながらにスローなのだ。
それでも奈々子は予想以上に興奮し、まもなく絶頂に達してしまった。
追いかけるように僕も水中で果ててしまった。

(あ、いけない!)

スキンをつける間もなく奈々子の中へ放出してしまったのだ。

一風変わった水中でのセックスをした後、僕たちは一息入れた。
ベッドに腰を掛けて奈々子と交代でペットボトルを傾けた。
僕はペットボトルを傾けながら次の場面を描いていた。

(水中で魚になった後は、やっぱり次はベッドかな?)

心地よい疲れが身体を襲ってきた。
僕が仰向けに寝転ぶと、奈々子が上に被さってきた。
甘ったるいキス。
奈々子のシャギーな髪が僕の顔面にかかってくすぐったい。
僕の股間は早くも熱く火照りはじめていた。

タイトルとURLをコピーしました