旦那が単身赴任中のお隣の奥さんと中出しセックス

この体験談は約 5 分で読めます。

私35歳、妻32歳、子供6歳の3人家族です。
妻が友達と旅行に出かけて、子供と私で留守番をすることになった時の話です。

ある夏の日、夏休みで子供と遊園地に行って帰ってきて、ちょうどマンションの階段で隣の奥さんと出くわしました。
奥さんは、「こんにちは。今日から奥さん旅行ですね、いいなー」と話しかけてきました。

「今からご飯の支度をしないといけませんから大変です」

「よかったら今日は焼肉の予定なので一緒にいかがですか?」

1日遊んで疲れていたので、甘えてご馳走になることにしました。
旦那さんは単身赴任中なので家にはいません。
奥さんはTシャツにジーンズというラフなスタイル。
黒いブラが透けて見えたので、ちょっとムラっときました。
身長は160センチくらいで中肉中背。
胸は大きく、お尻もいい形をしています。
関西出身なのでさばさばしているところがあります。

7時に来るように言われ、奥さんは準備のために買い物に行ったようです。
とりあえず手ぶらで行くわけにもいかないので、近くの酒屋でワインを買って持っていくことにしました。
もう子供は大はしゃぎです。

7時にお邪魔して、夕食も終わり8時半ごろ、そろそろおいとましようと思ったのですが、どうしても子供たちはお風呂にも入りたいというので、お願いしてお借りすることにしました。
奥さんも子どもたちと一緒に入ることになりました。
風呂場からは、「おっぱいパーンチ!」などと声が聞こえてきて、正直我が子が羨ましかったです。
結局、私もその後1人で入らせてもらい、上がってくると子供たちはみんな寝てしまっていました。

「色々とすみません」

「いいんですよ、2人も3人も同じですから。それよりもビール飲みませんか?」

「いただきます」

奥さんはもう先に飲んでいたのか顔が赤く、タンクトップに短パン姿が最高にセクシーでした。
ふと奥さんの胸に目が行ったのですが、ノーブラで、Cカップはあると思うのですが、形がよく、動くたびに揺れるのがまたセクシーで、私の下半身が興奮してきたのは言うまでもありません。
風呂から子供たちが上がったとき、「おっぱいパンチ」とふざけて奥さんの胸を鷲掴みにしたのが頭に残っていて、余計に私の妄想を膨らませていくのでした。

いよいよ大人の時間です。

「旦那さんが長いこと単身赴任ですが、寂しくないですか?」

「もう慣れました。でも夜の生活はまったくないですけど・・・」

チャンス到来です。
このまま話を続けると下ネタも出来そうです。

「うちは一緒に住んでますけど、あんまりしないですよ」

「奥さん、きれいじゃないですか、ちょっと気が強そうですけど」

「そうなんですよ。でも、しても僕が早い時もあるから」

「そんなに早いんですか?」

「でも元気ですよ」

酒も入ってきて、今日は絶対に落とそうと思い、さらにエロ話で盛り上げていくと、旦那への不満がかなり出てきて、今まで誰にも言えなかったのでしょう、突然奥さんが涙を流しはじめました。

(いける!)

やれる確信が持てました。

「最近は私も妻に拒まれることがあって」みたいなことを話し、そっと奥さんの手を握ってみました。

「心配しなくてもいいですよ、浮気は浮気。男は必ず妻と子供の元に戻っていきます」

奥さんもだいぶ涙も止まり、またワインで乾杯し、「じつはうちの妻も浮気しているみたいで」みたいな話をして、お互い今日は飲もうということになりました。
この感じ、経験からいくと必ずやれます。

「博人さんってやさしいのね、ありがとう」

この言葉を聞いた瞬間、奥さんが一段と可愛く見えました。
一瞬の沈黙があり、奥さんを引き寄せ、キスをしてみました。
奥さんは拒む様子もなく、逆に抱きついてきました。
そしてディープキス。
舌を絡ませ、ゆっくり横にして、唇から首筋、胸を揉みながら、まるで昼ドラの絡みのシーンみたいに激しく求め合いました。

「ああ、う~ん」

奥さんは喘ぎはじめ、乳首が硬くなっているのがわかりました。
そして耳を愛撫すると・・・。

「あ~ん、そこ弱いの~」

耳を噛んだり、首筋を愛撫したりしながらタンクトップを脱がせると、程よい大きさの形のいいおっぱいが・・・。
乳首はまだピンク色で乳輪は小さめ。
思わず見惚れてしまいました。

「あんまり見ないで、恥ずかしい」

まずは乳首を軽く舐めてみます。

「あん、あん」

「敏感だね」

「意地悪ね、いちいち聞いてきて」

「でも感じてるんでしょ?そんな表情だったよ」

「もうエッチね」

また舐めたり吸ったりしていると、さらに奥さんの喘ぎ声は大きくなりましたが、それでもまだ声が出ないように我慢しているようで、唇を噛んでいます。

「我慢しなくてもいいよ、スケベなんだから」

「また~、もう知らない」

奥さんの方からキスをしてきて、手は私のアソコを擦っています。

「あなたもこんなになって、したいの?」

「こんな美女を前にして、抱きたくない男はいないよ」

「結構遊んできたんでしょ?」

「奥さんほどスケベじゃないけどね」

またキスをして奥さんのパンティの中に手を入れてみると・・・。

「あっ、そ、そこは・・・」

すごく濡れていて、もうグチョグチョでした。

「こんなになってても嫌なの?」

「もう意地悪、そんなこと聞いて・・・わかってるでしょ」

クリトリスを指で弄ってみると・・・。

「あ~ん、だめ~、そこ、いい~っ」

「もっとして欲しい?」

「もっと、もっと弄って~っ」

奥さんの体が反り返り、溢れ出る愛液がさらにグチュグチュと音を立てます。

「あ~っ、イク、イク、イク~っ」

奥さんはイッてしまいました。
もう奥さんと結婚してしまいたいと思うくらい可愛くて、つい妻と比べてしまいました。

ソファーに座らせてM字開脚にして、もう一度クンニ。
たるみのないお腹ときれいな足。
以前からきれいだと思っていた隣の人妻のセックス。
おまんこもきれいで、クリトリスが露出しています。

「あ~だめ~、またイキそう~」

おそらく何ヶ月も旦那さんとのセックスがなくて久しぶりだったのでしょう、またすぐにイッてしまいました。
息を荒くしながら、「今度は私がいじめる番よ」と私を押し倒し、馬乗りになって、いきり立った私のアソコを咥えてきました。
自分もして欲しかったのでしょう、69の体勢でした。

「ああ、すごい、主人のより大きい」

チュパチュパしてるので、私も負けずにクリトリスを集中して舐め回しました。

「ああっ、良すぎるっ、おかしくなっちゃう~」

私もイキそうになったので、奥さんの両足を掴んで開きました。

「ゴムある?」

「ないけど大丈夫、もうすぐ始まる頃だから」

こんな時って何もかもがうまくいくんですよね。
少し怖い気もしましたが、性欲には勝てず、正常位で一気に突きました。

「あーっ、だめーっ、ああ~、気持ちいい~。当たる、当たってる~、もっと、もっと~っ」

締りが良すぎて逆に押し出されるような感じで、だんだんリズムに乗ってピストン運動を早めていきました。

「あぁぁ、う、う~っ、あああぁぁぁーっ、イク~っ」

また奥さんがイキそうです。
私もそれに合わせるように、「僕もイキそう」と激しく突き上げました。
奥さんは全身をピクピクさせて一緒にイッてしまいました。
その瞬間、奥さんのあそこがキューッと痙攣しながら締めつけてきて、私はたまらず射精してしまいました。
痺れるような快感がゾクゾクと背中を突き抜けていきました。
はい、中出しをしてしまったんです。
お互いに「はあはあ」言いながら、しばらく繋がったままの状態で抱き合っていました。

その後ですが、なかなかチャンスがなくて奥さんとはしていません。
先日、久しぶりに妻とエッチをしたのですが、やっぱり隣の奥さんのほうがいいです。

タイトルとURLをコピーしました