父に内緒で若い継母と

この体験談は約 2 分で読めます。

初体験の相手は継母というエロ小説のような話なんだが、父親が実の父親ではないので背徳感みたいのはなかった。
もちろん義理の父親に対しての後ろめたさなど微塵もなかった。

両親が離婚し、実父とはサヨナラ。
母親が再婚し、また離婚。
母親が男と逃げて俺は残された。
新しい父親に邪魔者扱いをされたり暴力を振われることはなかったが、所詮互いに他人の感覚が抜けず、単なる同居人みたいな生活だった。

後に再婚し、新しい嫁さんが来た。
年の差婚だったので、30歳という若い嫁さんだった。
が、俺にとっては微妙な年齢。
ババアではないが、若いとも言えない。
でも性欲旺盛な年頃の俺には、犯したい衝動に駆られる対象だった。
俺を子供として接していた油断や隙があって、余計にメスとして見てしまっていた。
義理の父親とやってる声(俺に気を遣って深夜に音や声を抑えていたみたいだが)を盗み聞きしているうちに我慢の限界を超えた。

義理の父親が出張の時を狙い、仮病で学校休み、看病のためにベッドに近づいてきた時に襲った。
暴れるのを押さえつけて口を塞いだ。
胸や股間を触りはじめるとすぐに喘ぎだし、抵抗しなくなった。
当時の俺は童貞だったが、AVやエロ本で知識とシミュレーションは完璧だったので、特になんの問題もなかった。

その後、セックスは月に1~2回だったが、口や手で抜いてもらったり、ブラの上からおっぱいを揉ませてもらったり、ブラから乳房を出して乳首吸わせてもらったり、パンツ脱がせてクンニさせてもらったりなどは頻繁にあった。

最初に押し倒した時は、裸にした段階で濡れているのが触ってわかったから、すぐ挿入した。
想像を越えたあまりの気持ち良さに、文字通りあっという間に中で射精した。

「あーっ!中はダメーっ!」

などと継母は言ったが、すでに中でイッた後。
どっちみち中出ししちゃったからと、そのまま生で中出しすることを許可された。
喘ぎながら積極的に腰を振ったり、腕を俺の首に巻き付けてベロチューしてきたりしながら・・・。

「今日だけだよ・・・もうこんなのダメだからね・・・」

などと繰り返していたが、結局その後も俺の頼みを断ることはなかったし、1ヶ月もしないうちに、「して欲しいの?」と、父親がいなくなると言ってくるようになった。

継母との関係は俺が高校を卒業して家を出るまで続いた。

タイトルとURLをコピーしました