花見で酔っ払った近所のオヤジとやっていた母

この体験談は約 5 分で読めます。

俺(19歳)、父(47歳)、母(44歳)。
うちの家族3人と近所の数家族を合わせた、計12人で花見宴会をした時の話です。
母を含めて女性陣は5人(全員オバサン)が参加していたのですが、息子の俺から見ても母が一番いい女に見えました。

場所は公園とかではなくて、参加家族の自宅の庭にある1本の桜の下でした。
豪邸と言ってもいいほどの大きな庭ですので、バーベキューや各家族が持ち寄ったオカズを肴に盛大に盛り上がり、1時間も過ぎた頃には全員酔ってしまって下ネタ炸裂の下品な花見になっていました。
隣同士で軽いボディタッチをしたりして、オジサンオバサンたちが大騒ぎです。
途中、ビールを取りに行ったり、トイレに行ったり、汚れた皿を片付けに行ったりと誰かがいない状態になっていましたが、誰もそんな事を気にしてません。

俺が何度目かのトイレに行った時のことでした。
用を済ませてから台所を覗くと母が洗い物をしており、その後ろで赤ら顔の近所のオジサン(50前後)がちょっかいを出してました。

「あんたの旦那が羨ましいなぁ。いつでもその身体を好きにできるやもんなぁ。ちょっとお尻を触らせてぇなぁ」

「なに言うてはるのぉ、鬼頭さん、奥さんに言いつけますよ」

母は洗い物をしながらにこやかに対応してました。
図に乗ったオジサンは指先で母のお尻をツンツン突いたりもしてましたが、俺もこれくらいは酔っ払いの悪ふざけの範疇と思って宴会の席に戻りました。

それから数分して、なんとなく先程の光景が気になって台所に戻ってみたところ、台所のシンクを背に硬直して立つ母とオジサンがキスしている場面に出くわしたんです。
強く閉じられた母の口元を舐め回すようにキスをするオジサンは、時おり「ハァハァ」と吐息を漏らしながら母のお尻や胸を撫で回しています。
ついには母のスカートを捲り上げて下着の中へ手を入れようとした瞬間、母はオジサンを突き放して言いました。

「もういいでしょ、キスだけって約束でしたよ」

経緯が分かりませんが、どうも母はキスには同意していたようです。
その後2人は何事もなかったように宴席に戻っていきましたが、俺の心臓はバクバク状態でしばらく2人を注視することにしたんです。

宴席に戻ってみると、例のオジサンは母の隣に座っており、機嫌良く酒を飲んでいます。
母も周りの人達に酌をしながら団欒に加わって普通に見えました。

(さっきの光景は何だったんだろう・・・)

そう考えながら2人を見ていると、時おりオジサンの片手が後ろに行っていることに気づいたんです。
一旦、席を立ってから2人の背後が見えるように遠回りして戻ってみると、案の定オジサンは母のお尻を撫でていました。
皆が居る中で大胆だなと思いつつ、母の微妙な表情を見て楽しんでいる自分がいました。

そうこうしているうちに宴会もお開きとなり、飲み足りない者だけ残って、家の中で2次会がはじまりました。
残ったのは俺と父と1組の夫婦です。
例のオジサンも残ると言って駄々をこねてましたが、奥さんに引っ張られるようにして帰っていきました。

それから30分ほど飲んでいたのですが、さすがに俺も酔いが回ってきたので、家に帰ることにしました。
家に着いて玄関に入ると見慣れない男物のサンダルが見え、咄嗟に例のオジサンの顔が浮かびました。
足音を立てないように静かに奥のリビングへ向かうと・・・。

「ハァハァ、オォッ、ハァ」

男の声が聞こえてきます。
リビング正面のドアが閉まっていて中の様子が見えないため、隣接する和室に回って襖の隙間からリビングを覗きました。
中に見えたのは、下半身裸でソファーに座ったオジサンと、その股間に顔を埋める母の姿でした。
母は唾液を絡めたようなジュルッ、ジュルッという音を立てながら時おり、「ア~ン、ハァ~ッ」と声を出して一心不乱に頭を前後させています。

「オォ~、気持ちえぇ、あんたも好きやなぁ、普段の姿と全然違うなぁ。ええわー、もっと奥まで咥えてくれ」

オジサンは母に覆い被さるようにして両手で胸を強く揉んでいます。

「ん~ッ、ずっと私のお尻触ってたやろ、お酒飲んでる時にあんなんされたらおかしくなるわぁ。それに、こんな大きいチンチンしてると思わんかったしぃ」

普段の真面目な姿と全く違う恥態を見せる母に俺の股間はギンギンでした。
ちなみに母は、身長159センチ、体重50キロ弱くらい、セミロングヘアの色白です。

ひとしきりフェラが終わると、オジサンは母の薄手のセーターを脱がし、ブラを外そうとしたのですが、ホックが外れず手間取っています。
母はオジサンの顔の前で自らブラを外して胸を曝け出しました。
私も初めて見る母の胸は小振りながら40代半ばとは思えぬほど形のいいものでした。
目の前に胸を曝け出されたオジサンは、「お~っ」と感嘆の声を出しながら両手で小振りな胸を鷲掴みにしてその感触を楽しんでいるようでした。
しばらくして、「たまらんわぁ」と言うや否や、少し黒ずんだ乳首を口に含み、舌で転がしたり強く吸い上げたりと緩急をつけた愛撫を続けていました。
その間、母はオジサンの頭を抱えた状態で喘いでいます。

「アッ、アッ、ン~ッ。い~ぃ、も、もっとぉ~」

頭を揺らしながら喘ぐ声がめちゃくちゃエロくてたまりません。
オジサンは母のスカートをたくし上げてパンティを一気に下げると、後ろにまわって母を四つん這いにし、母の陰部を愛撫しはじめました。

「めちゃくちゃ濡れとるやん、やらしいオメコやなぁ、奥さん」

「あ~ん、恥ずかしぃ、アンッ」

ペチャペチャと音を立てながら愛撫される母はよがりまくりです。

「アッ、そこはアカン、アカンてぇ、汚いし~」

「もっと舐めたるから足開きぃ」

「アカンてぇ、そんなんされるの初めて・・・アンッ」

どうやらアナル舐めが初めてらしい母が、戸惑いながらも感じてる様子が刺激的です。
オメコとアナルを十分に口で堪能したオジサンは、「そろそろ入れたるかぁ」と身体に似合わぬデカい一物を後ろからゆっくりと挿入しはじめました。

「あ~っ、ん~っ」

ソファーに両手をついた状態で後ろから貫かれた母は、身体を一瞬エビ反らせて全てを受け入れました。
後ろから深く貫かれた母は、「アッ、アッ、アッ、アッ」とリズミカルな声を出し、オジサンは両手で母の腰をしっかり押さえて一心不乱に打ち付けています。
時おり母の胸を揉みながら背中を舐めたり、母を振り向かせてキスをしたりするのですが、ずっと同じ体位です。
そのうちオジサンは自分の人差し指を舐めると、その指を母のアナルに入れようとしました。

「い、痛い・・・アッ痛い」

と、母は腰を振って逃れようとします。

「ちょっと入れてみるだけやから、じっとしといてや」

「痛いって・・・やめて・・・」

どうしても母が嫌がるため、オジサンも諦めたのでしょう。
体位を正常位に変えて、再び母の中への出し入れがはじまりました。
向かい合って繋がる2人は互いに舌を出して激しいキスをし、汗まみれの状態となっていました。
オジサンは限界に近づいてきたのでしょう。

「フゥ~、イキそうやぁ」

「アカン、まだアカンょ、もう少し」

「ほんまにイキそうや、中に出すでぇ」

そう言うや否や、オジサンのピッチが上がり、腰の動きが激しくなりました。

「中はアカン~、アカンてぇ~、アッ、アッ、アッ、アッ」

「えぇぞぉ~、フンッ、フンッ、フンッ」

オジサンは母の口を吸いながら中出しをしたようです。
2人とも肩で息をしながら繋がったままじっとしていましたが、母がオジサンを押しのけるようにして立ち上がり、股間を押さえながらトイレへ向かいました。
オジサンは「フゥ~フゥ~」言いながらティッシュで後始末をして服を着はじめました。
母も戻ってすぐに服を着始めたのですが、その最中もオジサンはちょっかいを出してヘラヘラと下卑な笑いをしていました。

タイトルとURLをコピーしました