ヘルス嬢の講習中に中出しされました・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

店長を口でイカせたあとは店長の体をシャワーで洗い流すために私も裸にされ、狭いシャワールームに2人で入りました。
店長の体を洗ったあと・・・。

店長「ここからは僕が女の子の設定で久美ちゃんにサービスするから。久美ちゃんはお客様になったつもりで体で覚えてください」

そう言って私の体にボディソープを塗りたくると、いやらしい手つきで私の体を撫で回してきました。
乳首を摘まれたり、クリトリスやアソコを念入りに洗われてから、再びベッドへ。

店長「じゃあ、ベッドに横になってもらえる?」

(これから何をされるんだろう・・・?)

私の心の中は不安が90%でしたが、残りの10%はさっきの店長の指技を思い出し、期待してしまっている自分がいました。
全裸でベッドに横たわると、店長は部屋の明かりを少し落としました。

店長「じゃあ、はじめます」

そう言いながら店長はディープキスをしてきました。
親父特有の匂いに不快感を覚えながらも、私も店長の舌に舌を絡めました。

店長「そうそう、上手だよ。接客中はお客様のことを恋人だと思ってね」

舌を絡めながら、乳首に触れるか触れないかの手つきで愛撫され、また思わず声が出ました。

店長「久美ちゃん、乳首が弱いんだね。でも乳首はまだお預け。キスのあとはお客様の耳、首筋、脇・・・」

言った順番通りに店長は蛇のような舌使いで私の体を舐め回します。

「あ・・・あ・・・」

自分の息遣いが荒くなってアソコもジュンジュンしてきたのを感じました。
舌が乳首の辺りにきても、まだ店長は乳首を舐めてくれません。
執拗に乳輪を舐め回され、もう我慢の限界という時・・・。

ぺろっ。

「あんっ」

私の体に電流が走りました。
そこから一気に乳首を舐められ、吸われ・・・。
焦らされたせいか、快感でおかしくなりそうでした。

ちゅぱ、ちゅぱ・・・。

狭いプレイルームの中に卑猥な音が響き渡ります。

店長「気持ちいい?」

私「あっ・・・うん・・・あっ、あっ、気持ち・・・いいです」

乳首のあとは腹、背中、お尻、ローションを塗られてお尻の穴、そしてクリトリスとアソコを念入りに責められ、恥ずかしながら私はクリトリスを舐められながらの手マンでイッてしまいました。

店長「あらら・・・久美ちゃん、イッちゃったの?お客様より先にイッたらダメだよ~。あ、今は設定が逆だからいいのか。でも、だいたいの流れは覚えたかな?では攻守交代です。次は久美ちゃんが僕を攻めてください」

私「は・・・はい・・・」

イカされた余韻でフラフラしながらも、今店長にやられたのと同じ流れで店長の体を舐めていきます。

店長「ああ・・・僕も乳首が弱いんだ。久美ちゃん、ローション使ってくれるかな?」

言われた通り、店長の体にローションを塗り、全身を舐めていきます。
途中で舌が攣りそうになり、(ヘルスで働く女の子って大変だな)って思いました。
再びカチカチになった店長のチンチンを舐めたりシゴいたりしていると・・・。

店長「オッケー、オッケー。久美ちゃん、上手だね~。もう少し仕事を忘れて久美ちゃんのテクを堪能したいけど、時間もないので素股の講習に入ります」

私「スマタ?」

生まれて初めて聞く単語に首をひねると、店長が笑いながら教えてくれました。

店長「素股っていうのは、要は入れずにお客様をイカせるプレイなんだけど。・・・ちょっと横になってくれる?」

店長は再びベッドに横になった私の上に跨がると、私の恥部に腰を擦りつけるように振りはじめました。

店長「・・・こんな感じで。ローションを使ってアソコ同士を擦り合わせたり、手を女性器に見立ててシゴいたりして、お客様を射精に導いてください。要するに疑似本番ね」

分かったような分からないような説明でしたが、とりあえずローションをたっぷりお互いの性器につけて店長の上に跨がり、腰を振ってみました。

私「あっ・・・あんっ!」

入れてないのに店長のカチンカチンのオチンチンと自分の性器やクリトリスが擦り合って、充分過ぎるほどの快感です。
そうやって5分ばかり腰を振っていた時です。

店長「オッケー。じゃあ次は体位を変えるね。久美ちゃん、四つん這いになって」

店長はそう言って私を四つん這いにさせるとバックの体勢で、私のアソコにチンチンを擦り付けてきました。

私「あんっ、あんっ・・・」

すごく気持ちよかったのですが、店長のチンチンが私の中に入りそうな気がして怖くなりました。

私「店長、これって中に入りそうで怖いです。私、ゴムなしは無理だし、彼氏もいるし、絶対に入れないで下さいね」

店長「分かってるって。うちの店は本番禁止なんだから・・・」

そう言った瞬間、店長は自分のモノをぐちょぐちょになった私のアソコに宛てがうと、私が腰を引いて避けないようにお尻を鷲掴みにして、一気に私を貫きました。

私「ああっ!」

電気が頭の先まで流れました。
今まで感じたことがないほどの快感が全身を貫きます。

私「店長、ダメ、やめて!あっ!あん」

私を無視して店長は激しく腰を振り続けます。

ぐちゅっ、ぐちゅ・・・。

それに合わせてローションと愛液が卑猥な音を奏でます。
快感に溺れた私にはもはや抵抗する力などありませんでした。
口では嫌と言いながら、ただただ快感に身を委ね、感じていました。
そうしていると、店長は壁にかかっている上着に手を伸ばして携帯を取り出し、何やらメールを打ち始めました。

・・・3分後。

キヨシ「チョリーッス!うわ!ガチで生本じゃん!久美子さん、自分ショックっす!」

部屋のドアが開き、キヨシが中に乱入してきました。

キヨシ「うひょー!久美子さん、チョーエロいっす!出し入れしてるとこ丸見えっすよ」

そう言いながらキヨシは自分も全裸になると、いきり立った自分のモノにローションをつけてシゴきはじめました。

私「嫌っ・・・見ないで・・・」

キヨシ「見るなってほうが無理っすよ。触ってもいいっすか?」

そう言いながらキヨシは右手で自分のモノをシコりながら、私の乳房を揉みしだいてきました。

キヨシ「うわっ!チョー柔らけー!」

そんなキヨシに店長が腰を振り続けながら言いました。

店長「キヨシちゃん、キヨシちゃんも自分でシゴてないで、久美ちゃんにしてもらいなよ~」

キヨシ「えっ!いいんすかね?じゃあ、お言葉に甘えて」

キヨシは自分のモノを私の唇に押し当ててきました。
私は、もうどうとでもなれと、キヨシの汗臭い粗末なモノを咥えました。

キヨシ「うわっ!チョー気持ちいいよ!久美子さん、あざっす!」

キヨシのチンチンを咥えながら後ろから店長に突かれ、何度イッたか憶えていません。
途中、キヨシはベッドの横にある棚からポラロイドカメラを取り出し、何回も私を撮りました。
今もたまに旦那に撮ってもらうんだけど、撮られて興奮する性癖はこの時に目覚めさせられたものかもしれません(笑)

店長「ああっ、久美ちゃん、イクよ!」

店長が私のお尻に発射しました。
店長のをお掃除フェラしていると、キヨシが私を仰向けにさせ、正常位で挿入してきました。
キヨシは早漏らしく、入れてすぐに出してしまいましたが。
しかも、中で・・・。

その後、結局その日のうちに3人のお客さんを相手にして2万4000円をもらいました。

(こんな事までされて1人、たったの8000円?)

私は怒りを覚えながら家に帰りました。
キヨシからはその後もしつこく電話やメールが来ましたが、全部無視しました。
今でも歌舞伎町近辺に遊びに行くと、キヨシやねずみ男似の店長に会うんじゃないかとヒヤヒヤします。

その日は家に帰ってから、自分のしてしまったことと自分の馬鹿さ加減にかなり落ち込みました。
それなのに、あの日のことを思い出すと、今でも濡れてしまう自分がいます。

タイトルとURLをコピーしました