息子の友人に露出するのが私の日課です

この体験談は約 5 分で読めます。

33歳の人妻です。
小学校6年生の息子がいます。
私の密かな楽しみは息子の友人への露出です。

我が家は小学校からほど近く、小学校6年生の息子の友人たちが毎日のように遊びに来ます。
みんなサッカー少年団の友人で、少年団がはじまるまでの時間、遊びに来ているのです。
いつも来るのは太一と裕。
太一はまだ子供で背は150くらいですがとても可愛い顔をしています。
裕はすでに163センチくらいあり、すごく美少年でサッカー部の主将で、性格は大人しいのですが、サッカーをしている時の動きの美しさと、内に秘めた闘志みたいなものに、私は息子の友人であるのにも関わらず好きでした。
そして息子が裕と仲がいいことが嬉しく、毎日のように遊びに来るのが楽しみで仕方ありませんでした。
稀に見る美少年で、本当に好きになってしまったのですが、息子の友人なのでどうすることも出来ません。
遠くから遊んでいる姿を密かに見ていることしか出来ないのです。

真夏の暑い日、私はノースリーとショートパンツという姿で息子たちの帰りを待っていました。
私はおばさんなので、そんな格好でも彼らは特に意識しないだろうと思っていたのです。
私は身長165センチ、スレンダーな方でスタイルには少し自信がありました。

遊びに来てしばらくは普通だったのですが、ふと気づくと裕と度々目が合いました。
普段は目が合うことは滅多にないのに・・・。
普段と違う恰好に少し興味があるのかなくらいに思ってました。
しかし、気づくとこっちを向いているのです。

(ひょっとして私のこの恰好に興味があるのかな?)

私は裕がこっちを見るタイミングを見計らって前屈みになり、おっぱいの谷間を露出してみました。
私は作業するふりをしながら上目で裕を見ると、私の胸元を凝視しています。
嬉しさとともに激しく興奮しました。
その日は程なくしてサッカーの時間になり子供たちは出ていき、私は濡れたパンツを脱いで、裕を思いながら自慰をしました。

次の日、私は朝から興奮し、その日着る服を選びながら裕に露出することを想像して、何度も自慰をしながら裕を待ちました。
フレアスカートに胸が大きく開いたカットソー。
そしてノーブラ。
さすがに下は白の光沢のあるパンツを選び、裕が来るのに備えました。

また3人が帰ってきました。
裕は私の顔を見るなり伏し目がちで、なんだか照れているようにも見えました。
すぐにゲームを始めたのですが、裕だけが「俺はマンガを読む」と言ってゲームに加わりませんでした。
私は家事をするふりをしながら裕を観察していると、マンガを読むふりをしながらやはりこちらを見ています。

まずは遠くから前屈みになり、露出を開始しました。
裕は完全にマンガの隙間からこっちを見ています。
私は掃除をするふりをしながら裕に近づき、2人がゲームに夢中なのを確認して、裕の真ん前でノーブラの胸元を露出しました。
裕があまりにも胸元を凝視しているので、私ははっきりと裕の表情、そして視線を確認することができました。

もう私の興奮は収まりません。
裕の前でしゃがみ、彼にパンツを見せました。
胸もパンツも裕からはっきりと見えているはずです。
そして私も確認できました。
裕のサッカーのパンツが大きく盛り上がっているのが・・・。
もう私の興奮は限界を迎えそうです。
そうこうしてると、また残念なことに練習の時間が来て、息子たちが出ていこうとした時です。
裕が息子に声をかけました。

「トイレに行きたくなったから先に行ってて。ちょっとお腹が痛いんだ」

「大丈夫?先に行ってるからね」

息子たちが玄関から出ていくと、裕は立ち上がりトイレに向かいました。

「裕、大丈夫?」

裕は頷くだけで腰を曲げてトイレに入っていきました。
私は気付きました。
お腹ではなく、下腹部を押さえていたのを。

トイレにこもり10分くらいが経ちました。
私は心配になり、ドアをノックして「裕、大丈夫?」と聞くと、「いやー、あのー」と、とても困った返事が返ってきた。
なんとなく察しがついた私は理性が崩壊し、トイレのノブを回すと鍵が掛かっておらずドアが開きました。
便座に座っていた裕のペニスは、おへそに付きそうなくらい勃起していました。
裕は驚いたのか泣き出しました。

「おばさん、ごめんなさい」

「こっちこそごめんなさい。急に開けて。心配だったの。どうしたの?」

「急にちんちんが気持ちよくなって、気づいたらちんちんから白い液体が出てきてびっくりして・・・どうしていいかわからなくて・・・」

その瞬間、私の理性は崩壊した。

「どこも悪くないのよ。今、おばさんが教えてあげるからね」

そう言うと私は裕のパンツを脱がして洗濯を始め、学校に電話をしてサッカーのコーチに裕がお腹を壊してるので治るまで様子を見ることを伝え、裕をベッドに呼びました。

「これはね、裕が大人になった証拠なの。でも、何でこうなったのかを素直に教えて」

「ごめんなさい。おばさんの胸とパンツが見えて、そうしたらだんだん大きくなって気持ちよくなってきたの」

「そうなの。おばさんの体に興奮したってことね?」

「はい」

「今からおばさんが教えてあげること、内緒にできる?裕のことも内緒にするからね」

「はい」

私は裕の細いけど長く硬く勃起した肉棒を優しく撫ではじめました。
そしてそれを口に含み、喉の奥まで深く吸い込み、激しく出し入れしました。
裕の手を握り、服を脱がさせておっぱいを触らせました。

「柔らかいでしょ?」

「柔らかい、気持ちいいです。おばさん・・・なんか変、また出そう」

「いいのよ。おばさんの口の中にいっぱい出して」

裕は揉んでいるおっぱいを強く握り締めたかと思うと、私の口の中に大量の精子を発射しました。
すごい勢いでした。

「これが精子よ」

「なんとなく保健の授業で習ったような、まさか自分から出るとは・・・」

「男の子はみんな出るようになるのよ。ねえ、今度はおばさんも気持ちよくして」

私は裕の頭を掴み、口を胸元に導きました。

「乳首を舐めながら、おっぱいを揉んで」

裕は私のおっぱいを貪るように激しく舐め、痛いほど強く吸ってくれました。

(これが男の本能なのね)

「すごくおばさん気持ちいい。下も触ってみる?」

「はい」

私はスカートを脱ぎ、染みのついたパンツの上から裕の指を押し当てました。

「おばさん、なんで濡れてるの?」

「女は興奮すると、ここが濡れるのよ」

そう言うと私は裕にキスしました。
舌を入れ、息子の友人の口の中を激しく愛撫しました。
裕の肉棒はまた大きくそそり立っています。
もう我慢できませんでした。
裕をベッドに寝かせると、無言で裕の肉棒に跨がりました。
そして激しく腰を振って激しく喘ぎました。
裕の肉棒は細いものの長く、私の奥に届きました。
私は息子の友人の肉棒で何度も絶頂を迎えたのです。
裕も3度、私の中で果てました。
私は夢中で息子の友人の綺麗な体を愛撫しました。

1時間が経っていました。
電話が鳴り、出るとコーチからでした。
裕は休むことを伝え、その後3度、若い体を堪能しました。

タイトルとURLをコピーしました