巨乳好きな俺のデリヘル体験記・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

23歳、身長165センチ、体重48キロ。
オタクで童貞、平社員。

当時の俺は仕事のストレスとか色々あって、なにかスッキリしたいなぁと常々思っていた。
童貞だからから、(スッキリするならセックスじゃね?)と考えて、風俗遊びをしようと決意。
でも田舎だし、なんとなくソープは怖いなぁと思って、デリヘルを調べることに。
それで店のシステムや嬢の情報を何日か調べた。
金はそんなに持ってないので、“ホテル代込みで3万ちょっと”くらいが予算。
俺はどちらかと言うと巨乳が好きだから、巨乳のお姉さん系の嬢を入念にチェック。
と言っても顔写真を載せてる店が地元にないので、そこは不安要素だった。

自分なりに数日間、色々な店をチェックした結果、R店に決定。
90分、2万5千円。
ホテル代込みでも3万以内になるので予算通り。
22時30分からの予定で、あみちゃんを指名しようと息巻いていた・・・あの時まで。

20時頃に予約の電話をすると思わぬ出来事が。
俺の住んでる地区は交通費が3千円かかるとのこと。
(交通エリアをよく見てなかった・・・orz)
別に3千円くらいいいだろうと思ったが、それだけじゃなかった。
呼びたい近所のホテル名を言うと、そこはちょっと遠すぎるとのこと。
俺の中で初めてのデリヘルで心もちんこも浮かれてたから、その辺のことがおざなりになっていた。
どうすればいいんだ・・・とうなだれてたんだけど、そこは受付の兄ちゃんがナイスアシスト!

兄ちゃん「お客様が◯◯地区のホテル街まで車で向かうのはどうでしょうか?」

なるほど!
クソ田舎なんだけど、夜だとそのホテル街には車で40分くらいだから、行けない距離ではない。
指名したいあみちゃんは諦めないといけないが、初デリヘルは体験できるから妥協。
兄ちゃんに、ホテル街には40分くらいかかるが、その時刻に入れる嬢は誰がいるかを聞く。
そこで、まきちゃんともう1人がいると言われた(名前忘れたw)。
どちらも新人と聞いて不安になるが・・・。

兄ちゃん「まきちゃんは新人ですけど絶対に損はさせませんよ!」

力強く言うもんだから、まぁいいかなと思ってまきちゃんを指名。

車を運転すること約40分、ホテル街へ。
無事到着したのはよかったんだけど、ラブホに入ったことがないから、どういうシステムかわからない。
とりあえず駐車場に車入れてみたら、『枠線の内側に停めてキーを受付に預けろ』と書いてあったので、指示通りに行なう。
受付にキーを渡した後、さぁお待ちかねの部屋選び。
小さいラブホだと思ってたけど色々な部屋がある。
さすがに長考して人が来るのは嫌だったから、スタンダードそうな4000円の部屋に決定。
てっきり、ボタン押したらキーがどっかから出てくると思っててボーっと立ってた。
すると受付のおばちゃんが言う。

「もうその部屋は空いてるんで部屋に向かってください」

これはさすがに恥ずかしかった。
心の中で(だって俺、そんなの知らなかったし!)と叫びながらそそくさとその部屋へ。

ガチャッ。

初めて入ります、ラブホのお部屋。
AVとかで見る部屋で、「おぉー」とか少しだけ感動。
無事に部屋にも入ったので、お店に電話して兄ちゃんにホテル名と部屋番号を伝えた。

「到着は10分後くらいです」と言われ、すげードキドキ。

この10分間、(何してもらおうかな?)とか(可愛い子かなー?)とか、なんかすごく色々考えてた。

ピンポーン。

部屋に鳴り響くチャイム音。
めっちゃ緊張しながらドアを開けた。

まき「まきです。指名ありがとうございます」

そこには今時のギャルがいた。
身長は書いた通り、俺よりちょっと低いくらいで顔も問題なかった。
料金前払いだから、コースは90分と伝えて2万5千円をお支払い。
ソファーに座ってたんだけど、まきちゃんが隣に座る。
女の子が隣に座ることで緊張なんて普通しないけど、今からエロいことしてもらうと思うと緊張。
緊張してると結構喋るタイプの人間なんで、他愛もないことをペラペラ喋った。

まき「なんで私を指名してくれたんですか?」

俺「受付のお兄ちゃんがオススメの子だよって言うから」

素直に言ったらすげー可愛く笑った。
もうねー、なんかすげー可愛く見えるんだわ。
こういうことに免疫がない童貞は恐ろしいw

適度に会話して風呂に湯を入れ始めたまきちゃん。
一応どういう順序なのかは予習してたので、風呂に入ってその後プレイだなぁと思ってたら・・・。

まき「泡風呂にしてもいいですか?」

俺は別に泡風呂でも何でもよかったから、「いいよー」と返事。
風呂の準備が出来たので入ることに。
脱衣所みたいなのがないので、2人で洗面台の前で脱ぐ。
裸になった2人。
さぁ風呂に・・・。

俺「ん?泡風呂にしたんじゃないの?」

まき「あれー?できてないなぁ」

泡風呂失敗。
どうやら泡の元を先に入れるタイプらしくて、お湯を入れた後に入れたから泡が超微妙だった。
会話してた時に若干気がついてたけど、この子どっか抜けてる。
でもそんなことはどうでもいい。
だって目の前には女の子の裸があるし。

まき「じゃあ体洗いますね」

丁寧に俺の体を洗ってくれる。
自分以外の人間が体を洗ってくれるなんて何年振りだーとか考えたり。
まんこを使ったりして腕やらちんこ洗う。

まき「おちんちん気持ちいいですかー?」

そりゃめっちゃ気持ちいいよ!
別に強くしごいてるわけじゃないけど、手は柔らかいしスベスベしてるし。
その割にはちんこは半勃起だったが。
ここで掲示板で見たことを思い出した。
嬢を洗ったら喜ばれると・・・。

俺「まきちゃんの体を俺が洗ってあげるよ」

まき「いいんですかー、お願いします」

別に嫌がられなかったので洗うことに。
まきちゃんは太ってもないし痩せてるって感じでもない女性らしい体型だった(おっぱいは小さめだが)。
無事洗い終えて湯船に浸かり、風呂終了。
そしてベッドへ・・・。

まき「電気、暗めにしていいですか?」

俺「いいよ」

でも正直、もっとおっぱいをよく見たかったから暗くなるのは嫌だったけど承諾してしまった。
断れない性格がここで仇となった(まぁいいけど)。

童貞だから何したらいいかわからない俺。
まきちゃんがこっちを見てるから俺も顔を向ける。
顔が近づいて来たからさすがにキスだと俺でもわかった。
初ディープキス開始。
キスはしたことあったけど、ディープキスなんて初めてだ。
やり方がわかるはずもなくされるがまま。
本当すげー長くキスしてたと思う。
とにかく舌を入れたり出したりして貪ってる感じだった。

まき「苦しいよ・・・」

俺「ごめんごめん。俺、童貞だから、まきちゃん色々教えて」

まき「本当に?まきがいっぱい教えてあげるからね」

それでまたディープキスした後に、まきちゃんが仰向けの体勢になる。
俺はおっぱいを揉んだ。
風呂でも揉んだけど雰囲気が全然違うからすげー興奮した。
乳首も初めて舐めた。
そこはやはり童貞だからどうしたらいいかわからないんだけど、自分なりに揉んだり乳首舐めたり色々した。

まき「もっと吸って」

演技だろうけど喘ぎ声も出てくるまきちゃん。
この時の俺は一心不乱に吸ってた。

まき「下も弄って・・・」

(下?・・・あぁ、まんこのことですね)

でもやっぱりやり方がわからないから、AVとかの見よう見真似でやることに。
手マンする可能性もあるから爪を入念に切ってたのは正解だった。
指をまんこに当てると、もう濡れてた。
うわーこんな構造になってんだぁーと感動した。
擦りすぎたら痛いとか色々聞いてたから、その辺は意識しながらやった。

まき「もっとぉ・・・強くしていいよ・・・」

強めに指は2本入れて開始。
何分か色々と弄ってたら・・・。

まき「イキそう・・・」

と言った次の瞬間、プシャーッ!
初めて生で潮を吹くとこを見た。

まき「すごくよかったよ、今度は私がするね」

攻守交替。
俺が仰向けになってフェラ開始。
まずは優しく亀頭をチロチロと舐めるまきちゃん。
それだけでも気持ちよかったけど、ちんこが口の中に突入。

(うぉおおおおおおおおおおおおお!すげー気持ちいい!)

友達で、「フェラではイケない」と言ってた奴がいたけど、俺は全然フェラでイケるタイプみたいです。
すげーエロい音を立てるし、気持ちいい。
ジュボジュボと音が鳴るフェラだった。
口から出して、次は手でしごいたり舌を使ったりのコンビネーション。

まき「気持ちいい?」

俺「すごい・・・もっと舐めて」

気持ちよすぎてまともに喋れてなかったと思う。
もう頭の中は、(あああああ)とか(うわああああ)とかでいっぱいだった。
そんなに長く持つわけなく、「出る」と宣言して射精。
それをまきちゃんはゴックン。

まき「いっぱい出たねー」

俺「すごく興奮したから、いつもよりたくさん出た」

まき「本当?嬉しい。休憩してもう1回やる?ローションとか、おもちゃもあるんだよ」

俺「そうなの?じゃあしよっか」

2回戦もいけそうだったけど、俺のちんこは予想外に疲れてたらしく、そのまま時間が来るまでベッドでお喋りして終了。
その時にまた俺は童貞だって言ったんだけど、まきちゃんは信じてないようだった。

「うそだー」とか「もう冗談ばっかり」って感じで。

まぁ別にそれでもよかったけど、そんなな初デリヘルでした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました