秘書をしている上玉のOLにカーセックスで中出し

この体験談は約 4 分で読めます。

出会い系で、『22時頃に車内エッチ』で募集したところ、22歳の女性とアポが取れた。
場所はS県H市の駅。
ドキドキしながら待っていたら、服の上からでも大きいと分かる胸に短めのスカートの女性が歩いてきた。
試しに、さりげなく手を振ったら駆け足で寄ってきた。
彼女のサイト内のプロフは『キャバ嬢』となっていたが、実際会ってみたら黒のスーツに近い服を着ており、とてもキャバ嬢には見えなかった。
顔はなかなか綺麗で、上玉と言っていい女性だった。
心の中でガッツポーズをした。
一瞬、こんな子が本当に車内エッチに付き合ってくれるのか不安になったが、深く考えるのをやめた。

車の中で話をしながらいい場所を探してぶらぶらしていたら、彼女は普通のOLらしく、上司の秘書的な仕事をしているらしい。
上司とは体の関係もあるらしく、出張先などでは割り切った関係でいるという。
それなのに本命は社内の別の男性ということまでペラペラ喋ってくれて、結構口の軽い女の子だった。

車内エッチは市営の水泳場の駐車場ですることとなった。
小さな川を挟んだ向かい側にそこそこ大きな工場があり、上の階では明かりがまだ点いており、ひょっとしたら見えてしまうかもしれなかったが、あんまりだらだらしたくなかったのでここに決めた。

とりあえず座席をフラットな状態に持っていくと早速彼女が服を脱ぎだした。
会ったときから分かっていたが、大きな胸がブラジャーから飛び出るのではないかと思う勢いで現れた。
それでいて胸は垂れ下がっていなく、程よく張りがあり大きな胸が好みの男性にはたまらないものだと断言できる。
かなり欲求不満だったので、下着姿になったらそのまま覆いかぶさり、大きな胸をとにかく揉みしだいた。
彼女は胸が結構感じるのか、いきなり色っぽい声をあげて「もっとやさしくして」と言ってきたが、そんなのはお構いなしにむしゃぶりついた。
案の定、彼女も満更ではなく行為に没頭しはじめ、結構大きな声でよがりはじめた。

もしかしたら見られるかも知れない状況だけど、彼女はそんなことなど忘れてエッチにのめり込み、こちらにしがみ付いてきた。
しがみつかれると胸が密着して感触がめちゃくちゃよく、脳味噌がとろけるような感覚になり、彼女の唇を自分の唇で塞いで長いディープキスをした。
お互いが求め合い、呼吸が苦しくなってからようやく唇を離し、再び胸を愛撫した。

たっぷり胸を堪能した次はおまんこをいただくことにした。
下着の上から触れてみたらもうすでにぐちゃぐちゃになっていて、中に指を入れるとエッチな音がしてきた。
もうすでに十分出来上がっていたのでクンニをすると、より一層彼女は声を出して感じめ、「もう入れて」とお願いしてきた。
そこから意地悪をしたくなり、さらにクンニを続けると足が一瞬大きく震え、次の瞬間にはいきなり力を失いイッてしまったようだった。

彼女はイッたにも関わらずまだ物足りなそうで、いきなり起き上がると自分の上に跨って、反り返った一物をおまんこに宛てがい、一気に腰を落とした。
一物の先端が彼女のおまんこの奥に突き刺さると、これまでで一番大きな声を出して体を硬直させた。
それから一息ついて腰を上下させ、騎乗位の体勢で自分の一物を締め上げてきた。
彼女の中は一物に絡みつくような感じがして、めちゃくちゃ気持ちよく一気にイッてしまいそうになった。

「出そうになったら言って」

そう彼女は言ったが、自分の中の悪魔が目覚め、中出しをしてやることに決めた。
彼女なら責任をとっても問題ないかと思った。
それくらい、いい女だった。

自分の一物はどうやら普通のサイズよりも大きめで、それが彼女にはちょうどいいらしく、絶え間なく腰を上下して絡みついてきた。
自分はまだイキそうもない顔を作り、彼女を逃がさないようにさりげなく腰に手を当てて腰を突き上げた。
おまんこの一番を奥に到達した時点で、一気に溜まっていたものを解放。
彼女の中に思いっきり注ぎ込んだ。
4日くらいは抜いてなかったので、結構な量の精子が解き放たれて、彼女のおまんこをいっぱいに満たした。
さすがに中出しされてことが分かったのか、「えっ?何!」と声を上げたが、がっしり彼女の腰をロックしておいたし、彼女自身もエッチに没頭して感じまくっていたのですぐに力が入らず、逆に中に出された瞬間に彼女もイッてしまい、腰が砕けて深々と連結した状態になってしまった。

彼女の腰を引き寄せて力が入らないうちに上下逆転して彼女の上に覆いかぶさり、抱き締めて繋がったままで余韻を楽しんだ。
当然彼女は中出しをされるとは思っていなかったので、「イヤッ、早く退いて!中に出したの!?嘘でしょ!?」と声を荒げて抵抗してきたが、自分が覆いかぶさった時点ですでに逃げることなどできず、自分の腕の中でゴソゴソ動くだけだった。
その間を利用して、一滴残らず中に注ぎ込んでやった。

その後も彼女は、「なんで中に出したのよ!?」と詰め寄ってきたが、そもそも車内エッチの約束だけで、ゴムをつけることなど約束していなかった。
それでも食い下がってきたので、ムカついた自分は、無理やり2回戦を行なうことにした。
さすがに驚いたのか、「やめて、お願い」と怯えた目で懇願してきたが、構わず2回戦も行ない、また中に出してやった。

彼女は涙目で身なりを整えはじめた。
かなり激しく2回戦をやったので、最初彼女は腰が軽く抜けてまともに動けず、服がうまく着れなかった。
最後は彼女も無言になってしまい、車で送って行くと何も言わずに車から降り、自分の体を抱き締めるように走り去った。

タイトルとURLをコピーしました