ネットで知り合ったドMな女子校生

この体験談は約 4 分で読めます。

今年の春頃にサイトで17歳の女子高生、楓と知り合った。
メル友という名目で仲良くなった。
初めはNGだった下ネタも次第に解禁になり、かなりノリノリで話が盛り上がった。

かなりドMで、命令されるのが大好きだと話す楓。
メールでエロい命令をすれば実際に写メを送ってきて、電話で話すとオナニーしてピチャピチャ音を俺に聞かせた。
テレビ電話でも細い体をクネらせながら潮を吹いたりする。
楓は高校生のくせにかなり敏感で、いつも俺にオナネタを提供してくれた。

いつの間にか主従関係ができた。
生理の日以外は毎日、下着の写メを送らせた。
パイパンにもさせた。
楓は惜しげもなく、その若い裸体を晒した。

俺は夏休み会いたかったが時間が作れず、ようやく9月になってから土日を利用してお泊まりすることになった。
俺は自前のローターを持って楓を迎えに行った。
楓にはノーパン指令を出していたが、さすがに恥ずかしがっていたので期待はあまりしていなかった。
それよりも、写メと実物がどのくらい違うかが不安だった。
写メでは可愛くても実際は・・・。
これまでに何回騙されたことか。
なので実際に会うまで信用はしないようにしていた。

待ち合わせ場所に行くとすでに制服姿の楓がいた。
声をかけると楓は笑顔で応じた。
かなり可愛くて、写メよりもよかった。

(こんなに可愛い女子高生があんな変態写メを送ってくるなんて・・・)

車に乗せると楓は俺を見ている。

俺「ん?」

楓「ねぇ!ほらっ!」

そう言って楓はスカートを捲った。
足は閉じていたが、ツルツルの割れ目が少し見えるマンコを見せた。
驚きつつ勃起した。

俺「まじ?!」

ゆっくり覗き込むようにしてスカートを捲ると、楓も少し足を開いて見せる。
綺麗に剃られているマンコが丸見えだ。
指でマンコを触るとしっとり濡れている。

俺「もうこんなに濡れてるよ?」

楓「ハァハァ・・・だ、だって何かスースーして見られてる気がするんだもん・・・」

俺は車を走らせながら、左手で楓のマンコを刺激し続けた。

買い物したいと言っていたので、駐車場に車を停めて、初めてだと言うローターをクリに装着して、外れないように固定してスイッチを入れた。
楓はその場にうずくまり、俺を見つめながら首を横に振る。

楓「あっ!んぅ・・・これ無理・・・動けないよ・・・」

無理やり楓を立たせて買い物に。
楓は俺の腕に寄りかかるように歩いた。
俺から離れた時は商品棚を掴んで刺激に耐えている。
30分くらい経った頃、楓が俺の腕を強く掴んで言ってきた。

楓「もうダメ・・・お願いします・・・外して・・・もう何回もイッちゃってて・・・ち、力が・・・」

俺「だ~めっ!」

そう言ってスカートの上からローターを押す。

楓「あっ!あぁ・・・」

楓はイッたような表情して、よく見ると太股の内側を汁が垂れていた。
さすがにヤバいと思い、誰もいないことを確認して楓と一緒にトイレに入った。
楓は便座に座り込んだ。
足を開くとびっしょり濡れていた。

俺「すげぇ~・・・」

ローターを外して指で弄るとビクビク体を震わせた。

俺「楓?どうしたい?」

楓「んっ!はぁっ!弄ったらダメ・・・気持ちいいよぉ~・・・欲しい・・・」

勃起したチンポを出すと楓はすぐに握ってしゃぶりついてきた。

楓「はぁ・・・おっきい・・・」

唾液を絡ませてジュボジュボと音を鳴らして舐める楓。
この日のためにオナ禁をして溜めていたので我慢できなくなった。
口からチンポを引き抜き、楓の中に入れた。
生でだ。
ヌルヌルになったマンコは奥までズッポリ入り、すぐに膣奥に達した。
狭く浅い楓のマンコ。
突きはじめると楓は口を手で塞いで気持ちよさそうな顔をして体をくねらせ、自分で乳首を摘みながら感じている。

楓「ンッ・・・ンアッ・・・ンゥ・・・」

立ちバック、座位と体位を変え、また正常位へ戻った。
楓は何度もイキ、足がガクガクになって立てなくなっていた。

楓「ンアッ!アアッ!ンッ!」

俺「楓・・・出すよ?はぁ・・・」

楓「ウン・・・ンアッ!アァッ!」

俺「イクよ・・・イクッ!」

チンポを引き抜くと、楓が口を近づけてきたので突っ込んで口内射精。
楓はチンポをしごきながら根元まで咥えて絞り出してくれる。

俺「飲んで」

楓は飲み干すと、舌を出して笑った。

楓「やばいくらい気持ちよかった・・・こんなの初めて・・・」

しばらくトイレでイチャイチャして、帰りは穴にローターを入れた。
車に着く頃には感じすぎてグッタリ。
ローラーを外してやり、俺のアパートへ。

部屋に入り、まずはソファーに座らせてM字開脚。
濡れたマンコは糸を引き、オナニーしてイクのを携帯の動画を撮った。
我慢ができなくなったのか、俺をソファーに座らせてフェラを始めた。
勃起したのを確認すると俺に跨がり、生乳を顔に押しつけながら腰を振る。
経験が少ない割には腰使いがいやらしい。
俺は乳首を吸いながら胸を揉んでやる。
楓の中はチンポを締め付けてきて気持ちいい。
やがて上下の動きも加わりイキそうになってきた。
楓も何度かイキ、腰に力が入らなくなっていた。

俺「楓、イキすぎた?」

楓「あっ!あんっ!ああっ!んっ!ハァハァ・・・も、もう・・・気持ちよすぎ・・・」

俺「じゃあ一緒にイク?」

楓がキスをしてきたので、俺は楓の腰を持って下から突き上げた。
そして、そのまま中出し。

楓「ああっ!あっ!あんっ!イクっ!またイッちゃう!あぁっ!」

俺「イクよ!ああっ!」

楓「えっ?出た?」

俺「うん。出しちゃった!」

楓「えぇ~?!」

楓は横にずれて座り直し、開脚してマンコを確認している。
すかさず俺は携帯の録画を開始。
楓が下腹に力を入れると、中からドロッと精子が垂れてきた。

俺「わ、濃いのが出てきた」

楓「もう、中は困るよぉ~」

俺「抜く暇なかったし。ちゃんと責任取るから」

楓「ホントに?」

俺「うん!楓は可愛いしエロいし!」

楓「うん・・・。嬉しい」

俺「もっと中に出してもいい?」

楓「うん!」

それからチンポが立たなくなるまで10回くらいした。
終盤は中折れもあったが、中出ししまくり、抱き合って寝た。
今でも露出プレイなどを命令すると、その通りにしてくれる。
いつでもドMな女子高生をいじめられるので毎日が楽しい。

タイトルとURLをコピーしました