隣の奥さんにオナホールでしごかれて

この体験談は約 3 分で読めます。

22歳の学生です。
バイトが忙しくて勉強も遊びもできません。
バイト代は学費で消えてお金もないので、毎日カップラーメンばかりです。

隣の40代の奥さんには前から好意を持っていました。
その日のお昼頃、インターホンから奥さんの声が聞こえてきました。
僕は胸を踊らせて出てみると、「お昼のおかずを作りすぎたから」と言って、差し入れをしに来てくれたのです。
憧れていた奥さんからの差し入れに感激しました。

奥さんはキッチンに入ってお皿に料理を盛り付けてくれました。

「毎日大変ね」

そう言いながら辺りを見回していたとき、うっかり仕舞い忘れていたオナホールを見つけられてしまったのです。

「これ、使っているの?」

戸惑いながら「ハイ」とだけ答えましたが、奥さんはオナホールを手にとると、触ったり指を入れたりしながら、「上手くできているのね」と僕に微笑みかけました。

「見せてくれない?しているところを・・・」

そう言うと、なんと奥さんは僕のベルトを緩めてズボンの中に手を入れ、勃起したオチンチンを引っ張り出してオナホールを使おうとしました。
僕は慌てて、「これはローションを塗って使うんです」と言いました。
すると奥さんは、ローションを楽しそうに塗り込んでオチンチンを挿入して、オナホールで上下にしごき始めたのです。
1人で寂しくするオナニーとはまったく違う、なんか年上の女性に犯されているような特別な快感が全身を貫き、僕は思わず奥さんに抱きついて呻いてしまいました。
刺激が強く、いつもとは違った行為の興奮もあり、僕はすぐに果ててしまいました。

奥さんは手際よく後処理をすると、一発出してもまだそそり立っている僕のオチンチンをゆっくりとしごきはじめました。
しごきながら時々亀頭を舌でぐるぐるしたり、吸ったりされました。
奥さんも興奮してきたのか、手コキフェラをしながら息が荒くなってきました。
流れのまま僕も奥さんの胸を揉みはじめました。
なにぶん初めてのことなので、これでいいのかと思いながら続けていると、奥さんが、「吸って、乳首を思いっきり吸って」と言ってきました。
僕は夢中でおっぱいにむしゃぶりつきました。

すると奥さんは僕の腕を掴んで手を自分のパンティの中に誘い込みました。
もちろんこれも初めての経験です。
エロ動画の見様見真似で、温かくてヌルヌルに濡れているクリを擦りました。
クリが勃起することを初めて実感した僕はたまらなくなって、二度目の爆発をしそうになりました。
夢中でクリを弄っていると奥さんも「イキそう」と言ったので、最後は口で受け止めてもらいました。

立て続けに2発も抜かれて腰はガクガクでしたが、奥さんの攻撃はまだまだ続きました。
しごきながらアナルにも指を挿入され、僕も奥さんも狂ったように激しくお互いの性器を指で責めていると、ついに奥さんも呻き声を上げて絶頂に達したようでした。

それ以来、僕が洗濯物を干すためにベランダに出ると奥さんもベランダに出てきて、「今日のご飯はあるの?持って行こうか?」と2人だけの暗号(笑)でお誘いがかかるようになりました。
ご主人が出張で泊まりのときは、昼と夜に二度ずつ、夫婦の寝室で色々なテクニックで攻め立てられます。
人妻のテクニックを堪能しています。

タイトルとURLをコピーしました