バイアグラおやじに枕営業するレースクイーン

この体験談は約 6 分で読めます。

私は現役レースクイーンをしている樹里と言います。
身長164センチ、バスト86(Dカップ)・ウエスト59・ヒップ88。
年は26歳です。
レースクイーンとしては年齢的には上の方になりますが、デビューが遅かったのでまだまだ新人レースクイーンです。

大学の時にミスキャンパスに出場しました。
入選はできませんでしたが、芸能事務所の方にスカウトされ、大学生レースクイーンとして働いていました。
その頃は運良く専属契約をいただき、2年半活躍し、有村架純ちゃん似のカワイイ系でそこそこの人気もありましたが、4年生になり就職活動のために辞めて、卒業後は自動車メーカーに就職し、普通のOLとして働いていました。

2年くらい経った頃から仕事に対しての充実感を感じなくなり、レースクイーンとして活躍していた頃の自分に戻りたくなっていました。
会社には秘密でアルバイトで撮影会モデルをはじめると、昔のファンの方々からにわかに人気になり、撮影会はほぼ完売の状態が続きました。
そこで私は一大決心をし、会社を辞めて芸能事務所に入り直し、レースクイーンとして再デビューを果たしました。
1年目は事務所の力もあって専属契約をいただき、レースクイーンとして働くことができました。
しかし、この業界はそんなに甘くはありません。
私よりも若い子はいくらでもいます。
2年目からは専属ではなくスポット参戦やキャンペーンガールの仕事がやっとの状態でした。

2年目のシーズンも終わり、レースクイーンも来期の専属の座を巡ってストーブリーグのはじまり。
事務所の方と来期の活動方針のヒアリングがあり、私は専属にこだわりたいことを伝えました。
そんな中、事務所の方から、「先方のチームスポンサーに会ってみるか?」と言われました。
今までは事務所がすべてを決めて顔合わせをする流れで、決まる前にチームの関係者と会うことはありませんでした。
私はなぜなのかと尋ねましたが、返ってきた言葉は耳を疑う内容でした。
事務所の方は、「体を張れるかということだ」と言うのです。
意味はすぐにわかりました。
噂では聞いていましたが自分がその立場になるとは・・・。

「事務所は関係ない、あくまでも君と先方の問題だから」

こうも言われました。
私は悩みましたが、受け入れることにしました。

いよいよその日がやってきました。
横浜の高級ホテルの最上階、中華レストラン、私と事務所の社長、スポンサーの広報部長の3人で個室での会食でした。
相手の方は、名前は佐藤さん、年齢は50代の小太りの典型的なおじさんでした。
会った瞬間ありえないと思いましたが、もう後へは引けません。

会食が進みトイレに立つと、私はあることに気がつきました。

(濡れてきてる・・・)

私のMな脳はありえない相手に犯されることを想像してマンコが反応し、濡れてきていました。
事務所の社長は私にアフターピルを渡し、「生でも断るなよ」と言い残して帰っていきました。
私は今まで生の経験は一度もなく、どうしようと思いながらアフターピルを握り締めました。

エレベーターに乗り、1フロアー下のスイートルームへ。
いよいよ地獄の時間のはじまりでした。
前に来た時は大好きな彼氏とラブラブな時間を過ごした部屋なのに・・・。
部屋に入るとコスチュームを渡され、「着替えろ」と言われました。
コスチュームはハイレグレオタードにパンスト、ハイヒール・・・。
チームのロゴは入っていますが、今の物とは全然違います。

「これは?」と聞くと、「20年くらいの前のデザインだ」と言われました。

話では聞いていましたが、バブルの頃のハイレグ全盛の頃のデザインでした。
シャワーを浴びて着替えようとすると佐藤さんに、「私は匂いフェチだからそのまま着替えろ」と言われ、恥ずかしかったけど着替えました。
食事の時にもすでに濡れはじめていた私のマンコは、かなり濡れていました。

着替え終わるとビデオカメラで撮影をはじめ、ポージングを一通り終えると、佐藤さんが近づいてきて、キスをしてきました。
タバコの臭いと加齢臭でムッとしましたが、いやらしく舌を絡められ、気持ち良いキス・・・。
臭い唾液が美味しく思えてきて、自分から飲むようになっていました。
耳から首筋、うなじを舐められると、思わず「あっ・・」と声を漏らしていました。
体を舐められ、唾液の臭いに包まれていく私。
完全にMのスイッチが入っていました。
それを察したのか、上半身を舐め終わってもマンコは舐めずに脚へ。
パンストの上から舐められるのが初めてでしたが、めちゃくちゃ気持ちよくて・・・。

「ハッ、あっあっ」

私は喘ぎはじめていました。
脚をつま先まで舐められ、両端を持って開かれた時にはすでに股間のハイレグの布は染みを作り、パンストも丸く色が変わっていました。

佐藤さんが服を脱いでペニスが露わになりました。

「大きい・・・」

思わず声が出てしまいました。
今まで10人ほど経験がありますが、一番大きなペニスでした。
もちろん佐藤さんもシャワーを浴びていませんが、私は初めて洗ってないペニスを舐めたいと思ってしまい、「舐めたい」と言って舐めていました。

ジュボ、ジュボ・・・。

「うっふぅ~ん」

ジュバッ、ジュボ・・・。

私はいやらしい音を立ててフェラをしてしまいました。
佐藤さんは私を窓際に連れて行き、フェラさせながら、「観覧車から丸見えだぞ、あそこから覗いてるやつがいるかもな」と言われました。
さらに興奮の渦が押し寄せてきました。
そして口の中におびただしい量の精子が・・・。
むせそうになりましたが、飲んでしまいました。

「飲んだのか?スケベな女だ」

出したばかりなのに佐藤さんのペニスは全然衰えません。
私は入れて欲しくて・・・。

「お願い、我慢できないの・・・早く、お願い入れて」

そう言ってしまいましたが、佐藤さんは「まだだ」と・・・。
そしてクンニがはじまりました。
ハイレグをずらしてパンストの上からいやらしい舌が這っています。
直接舐められるのとはまた違う快感が体を襲います。

「あっ・・あっ・・・はあぁん」

ピリッとパンストを破く音が聞こえ、直接クリトリスに舌が・・・。
あんなにありえないと思っていた相手のペニスが欲しくなっていました。
ペニスをマンコに擦りつけながら、「じゃあ入れてやるから、お願いしなさい」と言われ・・・。

「佐藤さんの生のおちんちんを私のおマンコに入れてください」

ピルを渡されていたので生挿入をお願いしちゃいました。
ニヤリとした瞬間、太くて硬いモノがメリッと入り口をこじ開けるように入ってきました。
十分濡れていたのですんなりと受け入れていました。

「はぉっ、あっあぁぁぁぁぁぁぁぁ」

今までにない快楽の吐息、挿入だけでこんなに感じたのは初めてでした。
根元までペニスを完全に挿入され、私の体は完全に快楽に支配されていました。
佐藤さんの動きに合わせて、「すごい・・・あっぁ・・あっ・・はぁん!!!」と繰り返し、私はイキまくりでした。
気がつくと佐藤さんはビデオカメラを持ち、ハメ撮りをしていました。
撮影されながらのセックスも初めてです。
興奮がさらに加速していきました。

ソファーでの正常位から一度ペニスを抜かれ、愛液でベトベトのフェラ。
生セックスの醍醐味ですね。
窓際に移り、窓に手をつき立ちバック。
何回もイカされていて脚がガクガクと崩れそうになりました。
ベッドに移り、騎乗位での挿入・・・。
自分でペニスを握り、自ら自分のおマンコに入れて激しく腰を振っていました。

「あっ、ダメ・・いく!またイッちゃう・・イヤ~イッちゃう・・・」

私は佐藤さんの上で仰け反って倒れました。
そのまま正常位で佐藤さんの腰の動きもだんだん速くなり、子宮口をこじ開け、奥にガンガン当たっていました。

「どこに出して欲しい?」

「中に、中に出して、私、初めてなの、佐藤さんの精子で犯して~」

私は夢中で叫んでいました。
奥までペニスを押し込んだ佐藤さんは叫びながら私の子宮に、2回目とは思えない量の精子を注ぎ込みました。
おマンコからは子宮に収まりきれなかった精子が溢れ出ていました。
私は迷わず精子と愛液で汚れたペニスをフェラしていました。

「全然衰えないペニス、すごい」

佐藤さんは、「バイアグラの力はすごいね」と笑いながら、「じゃあもう1回しようか」と言われ、私は迷わず頷いていました。
そのまま2回戦をして、私はハイレグのまま寝てしまいました。

朝起きて、昨日のままのペニスを舐めてあげると勃起してきたのでモーニングセックスに。
その後、朝食のルームサービスが運ばれてきましたが、シャワーも浴びずに3回もセックスをした部屋はかなり匂っていたと思います。
ガウンの下はレオタードのままで、マンコは3回分の精子が内股に垂れていました。

タイトルとURLをコピーしました