上品な熟女に抱いた淡い恋心

この体験談は約 5 分で読めます。

これは高度成長に沸いた昭和40年代、私が小学校6年生の頃の話です。

その頃、私は2Kのアパートに住んでいました。
両親はマイホームを目標に共働きをしており、私は当時流行の鍵っ子でした。

アパートの大家さんは真知子さんという40代半ばの女性で、同じアパートの1階に住んでいました。
私の遠縁にあたるの人だったので、家族の間では「真知子おばさん」と呼んでいました。
真知子おばさんは色白で細くて、化粧っ気は全くないのですがすっきりした顔立ちの綺麗な人でした。
母よりは10歳ほど上でしたが、母よりも若く見えました。
そして、お金持ちでした。
私は可愛がってもらっていて、よく家に遊びに行ったのですが、とても優雅に暮らしているように見えました。
スープやコンビーフやポテトチップスなど、当時の一般家庭ではあまり食べないものをよくご馳走になりました。
クッキーを自分で作ったりするのには驚きました。
コーヒーはサイフォンで入れてくれましたし、砂糖だって角砂糖でした。
部屋には立派なステレオがあって、よく映画音楽やクラッシックを聴いていました。
テレビで時代劇を見て喜んでいる両親と比べて、なんて優雅なのだろうと思いました。

ただ真知子さんは足が悪く、外出には杖が必要でした。
そのためか真知子さんの部屋は、うちと間取りは同じでも、畳ではなく板張りで(今ならフローリングと言うのでしょうね)、布団ではなくベッドで寝ていました。
たぶん布団の上げ下げが大変だったからだと思います。

私は真知子さんの影響で映画音楽やクラッシック音楽に興味を持つようになって、毎日のように真知子さんの家にお邪魔するようになりました。
真知子さんも私と話をするのが好きなようでした。
レコードをかけて、おやつを食べながら他愛ない学校での出来事などを話すと、興味深そうに聞いてくれるのが嬉しかったです。

そんな真知子さんですから、好きな女の子の話も普通にすることができました。
当時、私は同じクラスに好きな女の子がいました。
思春期の入り口、初恋です。
でも初恋の女子とは別の感覚として、真知子さんのことも好きでした。
母よりも年上の真知子さんに恋愛感情を持つはずはないと頭の中では思うのですが、だんだんと自分の意識の中で真知子さんの存在が大きくなりました。
そして、この気持ちだけは真知子さんに悟られてはいけないと、なんとなくですが思っていました。

そんなある日、私はいつもと同じように真知子さんの部屋で他愛ない話をしているうちに、たまたま話題が両親の話になった時のことです。
私が「うちの両親はあまり仲が良くないんだ」と言ったら、真知子さんは「それは違うわ。あなたの前では父母でも、2人になれば男と女だもの」と言うのです。
私も少しムキになって、「そんなことないって。2人で仲良くしてるところなんて見たことないし」と言うと、真知子さんはにっこり笑いながら、「でもお父さんとお母さんは同じ部屋で寝てるんでしょ?」と返すのです。

「それは2部屋しかないんだから、両親は同じ部屋で寝てるけどさ・・・」

「でしょー、それが仲のいい証拠よ」

「いや、でもさ」

そう言いかけて、私は口ごもりました。
ちょっと話が変な方向に進んでるなと、さすがに6年生の私でも気がついたのです。
その様子を見た真知子さんは、ふふっと笑って、「キミも大人になったのね」と言いました。
普段は聞き役の真知子さんなのに、珍しくこの話題には食いついてくるのです。

「キミがもう少し遅くまで起きていれば、きっとご両親の仲がいいことがわかるわ」

6年生ともなれば、おぼろげながらも男女の営みの知識くらいはあります。
しかし私は、両親がそのような行為をしてるとはどうしても思えなかったので、その夜、ずっと隣の部屋の様子に聞き耳を立てていました。
しかし父は布団に入ってすぐに大いびきで寝ていたし、母も少し遅れて寝入ってしまったようでした。

翌日、私は学校から帰ると、すぐに真知子さんの部屋に報告に行きました。

「ね、うちの両親は同じ部屋で寝ていても仲がいいわけじゃないよ」

「あはは、キミはまだまだ子供なのね」

真知子さんが言うには、男女が仲良くするのは大体週末なのだそうです。
だから金、土、日の夜に確認をすればいいと。
私が起きているうちは絶対に夫婦の行為はしないから、布団の中で寝たふりをしているように言われました。
私が寝ないようにと、眠気覚ましのアメまで持たせてくれました。

真知子さんは綺麗で上品でおっとりしているから、男女の営みなんかには全然興味がないのだろうと、これまで私は勝手に思っていました。
ところが真知子さんは、うちの両親の性行為に強い興味があるらしいのです。
そして私は、真知子さんが知りたいのなら絶対に教えてあげなくては、と思ったのでした。

土曜の午後と日曜日は両親が家にいるので、私は真知子さんの部屋には行けません。
なので月曜の放課後、急いで帰宅するとすぐに真知子さんの部屋に行きました。
玄関で靴を脱ぐのももどかしく、「真知子おばさん、あのね」と言いかけると、その様子を見た真知子さんは、「慌てない慌てない。ソファーに座って少し待ってて」と言いました。
家に上がりソファーに座って待っていると真知子さんがジュースとお菓子を持って来て、私の隣に座りました。

「あのね、真知子おばさんの言う通りだったよ。土曜日の夜にね・・・」

私が切り出すと、「うんうん」と真知子さんは身を乗り出すようにして私の目を見つめます。

私はその夜に耳にした父と母との営みを、事細かく真知子さんに伝えました。
真知子さんは、時に頷いたり時に質問を交えたりしながら、熱心に私の話を聞いてくれていました。
普段は透き通るように白い真知子さんの顔が、私の話を聞いているうちにほんのりピンクに染まっていきました。
うっとりしたような目をして、いつの間にか口を半開きになって、心なしか息遣いが深くなったように思えました。
今までも真知子さんのことは綺麗だと思っていましたが、その日の真知子さんにはなんとなくセクシーというか妖艶な雰囲気を感じました。

そんな真知子さんの表情を見ながら、私は刺激的な出来事を丁寧に話しました。
私も話をしているうちに今までにない興奮状態になりました。
ズボンの下は痛いほど勃起していました。
途中から真知子さんの視線が私の股間にあることも気付いていました。
真知子さんは、「すごいね」と言いました。

私の話の内容がすごいと言ったのか、それとも股間の盛り上がりがすごいと言ったのか、それは今でもわかりません。
私はその夜、初めてオナニーをしました。
もちろん、真知子さんを思いながら。

タイトルとURLをコピーしました