夏休みにスウェーデンの金髪美少女と

この体験談は約 4 分で読めます。

かれこれ20年も前の話です。
当時高校生だった私は夏休みに初体験をしました。
しかも金髪の少女とです。
同い年だったと思います。

実家の近くにスウェーデン学校があり、そこの女生徒たちがよく海水浴場に遊びに来ていました。
詳しくは覚えていませんが、1ヶ月かけて友達になることができました。
性交渉を促すと、若さゆえの好奇心から、案外すんなりと了承を得られました。
今思うと我ながら羨ましい限りです。

マイナーな海水浴場でしたので、テトラポッドの陰に入ると他から見られません。
そこで2人きりになり、すぐに唇を求め合いました。
今でもその見事な肢体を鮮明に記憶しています。
身長は160cm、スリーサイズはB85・W55・H85くらいだと思います。
実際には測っていないので、今まで関係した女性から割り出した憶測です。
水色でサイドが紐の三角ビキニを着けていました。
白に近い金髪で、透き通るように白い肌に水着がとても映えていました。
瞳は緑のような青のような、まさに天使でした。

経験があるわけでもなく知識もないまま、本能任せの愛撫をはじめます。
ブラジャーの紐を解き、ブルンとこぼれた乳房を掴みます。
輪郭のくっきりとした美乳で、片手に少し余るくらいの大きさでした。
乳首はどこからどこまでが境界かはっきりしないピンク色。
たまらなくなり、乳飲み子のようにむしゃぶりつきました。

彼女は喘いでいました。
喘ぎ声は日本人と変わらなかったと記憶しています。
首を振るたびサラサラの金髪がなびきます。
今にも射精しそうな愚息に彼女の手を持っていきました。
彼女が愚息を撫でると、それだけで射精感が高まり、慌ててやめさせました。

こらえきれなくなり、トランクスを脱ぎ捨てます。
愚息がビンと真上を向き、姿を見せました。
我慢汁がトロリ。
恐らく彼女がこの後見る最も粗末なモノとなったでしょうね。
日本人としては平均的サイズだと自負していますが、彼女はそれ見て「可愛い」と言っているようでしたが、さっぱり分かりません。

彼女のパンティの紐も解きます。
はらりと落ちたパンティはしっかり濡れていたようです。
隠されました。
そんなことには構いもせず、目は一点に注がれます。
茂みは直毛で茶髪。
とても薄かったです。
局部はピンク色でいやらしく艶かしく、まさに貝。
愛液で濡れています。

もう我慢できません。
正常位で一気に根元までジュブブと挿入しました。
彼女が叫びました。
私はビックリして頭の中が真っ白になりました。
その途端、射精感が高まり、彼女を折れるくらいに抱き締めて・・・。

ドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッ。

死んでもいいと思うくらいの快感で、思わず涎が彼女の胸に垂れました。
白目を剥いていたかもしれません。
愛撫が始まって3分、挿入して5秒で1ラウンドが終了。
お恥ずかしい限りです。

しばらくボーッとした後、臨戦体勢の収まらない肉棒を抜かず、そのまま2ラウンドへ突入。
正常位で突きまくります。
快感がいつまでもやまず、狂ったように続けました。
彼女は叫び続けます。
周りなど全く気になりませんでした。
まさに動物の交尾でした。
何十分か突きまくると再度射精感がこみ上げてきました。

ドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッ。

絶叫にも近い声をあげる彼女。
しかしまだまだ終わりません。
天使でもあり、極上のメスを犯し続けます。
抜かずにぐるりと体勢を変えて、バックに挑みます。
当然初めてでした。
パンパンパンパンと音をあげて突き込みます。
根元までずっぷりと咥え込む肉壷、まとわりつく膣壁、いやらしくジュブジュブと音を立てて行為を円滑にする潤滑液、サラサラとなびく金髪、後ろから見ると正三角形の尻、体の半分以上と思われる長い脚、程よい肉付きの太股。
すべてが非日常的で、我を忘れて子孫繁栄と国際親善に没頭しました。
そしてまた何10分か突きまくると、再々度の射精感がこみ上げ・・・。

ドピュッドピュッドピュッドピュッドピュッ。

また絶叫に近い悦びの声をあげる彼女。
3度目にしてついに昇天させることができました。
気絶させたのです。
よく頑張った息子を抜くと、彼女の秘穴から精液と愛液のミックスジュースがドロリ、むっちりした尻から太股に伝います。
本懐を遂げることができました。

5分ほど休んでいると彼女が目を覚ましました。
抱き合ってキスをした後で水着をつけ直しましたが、しばらく立つことができず、ジェスチャーが主の会話を楽しみました。

その後も夏休みの間、毎日のように彼女との中出しセックスを楽しみましたが、突然連絡がつかなくなり、それきりとなってしまいました。
結婚して子供のいる今でも時おり彼女を思い出します。

タイトルとURLをコピーしました