クリスマスに受けた気持ちいいお仕置き・後編

この体験談は約 9 分で読めます。

彼「まなちゃん、だっこ好きだね」

私「うん。ぎゅってしたいの・・・」

彼「もうここはとっくにぎゅってしてたけど?」

私「・・・ちゃんと全身でしたいの!」

彼「まなちゃん腰の動き、やらしい・・・」

私「(耳元で囁かれて)あん!」

彼「おまんこはもっとやらしい」

私「(囁かれながら耳にキスされて)んん~んぅ~~・・・」

彼の背中に爪を立てながら首や耳にキスしてたら、彼は私をそのまま倒し、私の片足を持って再びカメラで撮りながら腰を動かしながら言いました。

彼「まな、わかってる?」

私「え?・・・あぁん・・・んぅ」

彼「こんなエロい体の彼女満足させるためにおじさんは毎回必死なんだよ?」

私「はぁ・・・はぁ・・・ああぁ・・・(よく言うよ)」

彼「もし俺が勃たなくなったり勃っても途中でちっちゃくなっちゃったら・・・俺の知らないところで他の男のちんちん咥え込むんじゃないかって心配なんだよ?」

私「んぅ~~あぁ~~」

彼「こんなやらしいおまんこがセックスを我慢できる!?」

そう言いながら彼は奥を思いっきり突きました。

私「ああぁん!」

彼「まな。俺以外の男のちんちん咥え込んだら許さないからな!!」

また思いっきり突いてきたので、私の声はさらに大きくなってしまいました。

私「あぁ~ん・・・はぁ・・・んぁ・・・そんなことないもん・・・」

彼「ホントか?」

私「はあ・・・はぁ・・・よしきさんだけだもん・・・」

彼「絶対だな?ウソだったら抜いちゃうぞ!」

私「だめぇ~!よしきさんこそ私に会えない間にエッチしたくなったら浮気しないか心配だよ」

彼「他の子とできるほどザーメン残してくれたこと、このやらしいおまんこは今まであった?」

私「・・・」

彼「毎回1滴残らず搾り取られてますって」

私「・・・(恥ずかしい)」

彼「こんなやらしいおまんこじゃ、そこらの男はあっという間にイッちゃうよ?まなが気持ちよくなってる途中で終わっちゃうかもな」

私「・・・はぁ・・・はぁ・・・」

彼「このやらしい体を毎回満足させるだけのちんちんなんてそうないんだからな!わかってる?」

私「・・・もし他の男としたって・・・ゆるいって言われるよきっと」

彼「?」

私「よしきさんのおっきいおちんちんに慣れちゃってるから・・・きっと他の男のじゃ物足りない気がする・・・」

彼「・・・そか」

私「だから・・・よしきさんが自分の体を私専用って言ってくれたように、私の体もよしきさん専用だよ」

彼「うん。まなちゃんは俺のものだよ。俺のちんちんはまなちゃん専用、まなちゃんのおまんこは俺専用」

私「(ぐい~~って押しつけられて)あぁ~ん」

彼「まなちゃん、大好きだよ」

私「んぁ・・・んん~ぅ・・・わ・・・私も・・・」

彼「まなちゃんのロリロリな顔も小ぶりなおっぱいも白い肌も、O脚じゃない脚もこのやらしいおまんこも」

私「んんんぅ~あぁん・・・はぁ・・・はぁよしきさん、おちんちんをざらざらに擦りつけて」

彼「うんいいよ・・・まなのおまんこってやっぱり数の子天井ってやつなのかなぁ?俺もすっげぇ気持ちいいんだよな」

私「~~くぅ・・・んぁ~~~あぁあん・・・」

彼「美味しい?まなちゃん?」

私「美味しぃ・・・おちんちんすっごく美味しぃ~」

彼「まなちゃんのやらしいおまんこが俺のちんちんをすっかり咥え込んで離してくれないよぉ~。やらしいよお~」

ピストン運動はそのままにハメ撮りは順調に進んでいるようです。

彼「こんなロリロリな体からは想像もつかないやらしいおまんこが、俺のちんちんをよだれ垂らしながら美味しそうに奥まで咥え込んでる~」

私「あんまりやらしいやらしい言わないでよ・・・」

彼「だって事実だもんしょうがないじゃん。現にはむはむの回数が増えて、出そうなのをこらえるの必死なんだよ」

私に覆いかぶさって、また耳や首筋を攻めながら、時折耳元で、「まなのおまんこやらしい」と何度も囁いてくるのです。
だんだん頭がぼーっとしてきました。

私「あぁ~気持ちいい~~~イキそぅ~・・・」

彼「もういい?満足した?お腹いっぱい?」

私「・・・うん。すっごい美味しかったよ・・・」

彼「じゃ、食後のミルクいきます?」

私「ミルク?」

彼「まなちゃんのおまんこが俺のザーメンを飲みたがってるでしょ」

私「・・・うん」

彼「じゃあちゃんとオーダーしてください」

私「(恥ずかしいのに・・・)まなのおまんこがよしきさんのミルク飲みたがってます・・・いっぱい注いでください・・・」

彼「相手が自ら中出しを懇願するって、やっぱりたまんねぇよなぁ」

私「恥ずかしいから言いたくないってばぁ・・・」

彼「なんだよぉ、抜いちゃうぞ」

私「ダメ~!いじわるしないでってばぁ」

彼「じゃあ手伝ってあげるから、セルフサービスってことで自分で搾ってね」

そう言うと、彼の腰の動きがいっそう激しくなりました。

私「あんあんあんあぁ~~~イクぅ~イッちゃう~~」

彼「まなちゃん、しっかり受け止めてね」

私「すごぉ~~い。いっぱいミルクが出ちゃうぅぅ~~~」

私は枕だかシーツだかはっきりわからないものをぎゅっと掴んで、何回もイキました。

彼「!・・・あぁ~~~・・・まなすげぇ・・・」

私「・・・いっぱい・・・出ちゃった・・・」

頭の中は完全に真っ白です。
彼もまだ動きません。
どのくらいそのままでいたでしょう、だんだん頭がはっきりしてきたので、彼をまたぎゅっと抱き締めて、「ごちそうさま、よしきさん、美味しかったよ」って囁いたら、彼がぴくって動いて・・・。

彼「まなちゃん、いい加減離してくれない?まだおまんこが俺のちんちんを咥え込んでるような・・・」

私「え?!・・・もう締めてないと思うけど・・・痛いの?」

彼「いや。痛くはないけどさ・・・まだ本番1回しかしてないのに1滴残らず搾り取られた感じなんだもん」

私「・・・」

彼「今、俺のちんちんがどんな状況かわかってんのまなちゃん?まなちゃんのマン汁と俺のザーメンにまみれてベトベトなんだよ?」

私「・・・」

彼「まなちゃんのマン汁と俺のザーメンのミックスがおまんこから今にも溢れそうなのを俺のちんちんが蓋してる状態なんだよな」

私「・・・」

彼「かき混ぜちゃえ!(腰を回す)」

私「いや~~」

彼「ピルを飲んでなかったら間違いなく受胎かな?(ぐいぐい奥に押しつける)」

私「ふざけないでよぉ~」

彼「じゃあ抜くよ。溢れてもこぼしちゃダメだからね」

ちゅぷっていう音を立てて彼のモノが私から離れると、本当にどろっと溢れてきたのでティッシュで拭こうとしたら、「あ、待ってまな!」とカメラを再び持ちながら、サイドボードからワイングラスを出してきました。

私「(?)」

彼「おまんこから溢れ出るザーメンをこれで受けとめて」

私「え?!」

彼「中出しするたびにこれで取って、いっぱいになったら飲み干してみせて」

(変なAVの見過ぎだよ、この人・・・)

彼は私のあそこにぴったりグラスをつけて、「まな、力を入れて出して!」と撮りながら言うのです。
私は仕方なく、言われたようにお尻に力を入れると、どろっとした精液が出てきました。

彼「すげぇエロい眺め!」

にやにや笑いながらカメラをあそこに近づけてきます。

(なんでこんな恥ずかしいことが好きなんだろ、この人・・・)

彼「まあいいや。ある程度は残しておいたほうがちんちん入りやすくていいか」

(また恥ずかしいことをさらっと言うんだから・・・)

彼「まなちゃん、服を全部脱いで、白のヘッドドレスとソックスだけ着けて」

私「え?ほんとにお風呂入らないの?」

彼「まなちゃんのおまんこを洗い流すのは勿体ないからこのまま続けたいの!」

私「・・・いいけど」

彼「あとツインテールに髪をしばってね」

私「え~なんで!?」

彼「そのほうがロリ度が増してそそるの」

私「・・・はいはい」

私は服を全部脱いでから彼に髪をとかしてもらい、頭を縛ってからヘッドドレスを身につけ、オーバーニーソックスを履いたのですが・・・ドレッサーに映った自分を見たら、なんだか裸より恥ずかしくてドキドキしてきました。
彼は白ロリにツインテールの組み合わせに大喜びしてカメラを回し言いました。

彼「それじゃあまなちゃん、次のエッチのために僕のおちんちんを舐めて綺麗にしてください」

私「綺麗にって・・・」

彼「ん?マン汁まみれにした上に俺のザーメン搾り出したのはまなちゃんのおまんこでしょ!ちゃんと責任持ってよ」

私「ティッシュで拭くんじゃだめ?」

彼「だ~め!まなちゃんのやらしい顔を撮らせて」

これでまた顔を押さえつけられたらたまらないので言う通りにしました。

私「・・・ん・・・んぅ・・・苦いよぉ・・・」

彼「そんなこと言いながら美味しそうにしゃぶってるじゃん。また元気になってきちゃった♪」

唇を離しても、まだ唾液で繋がっているのを見て彼は興奮して、「まなちゃん、そのアングルめちゃめちゃエロい!」と喜んでいました。
彼はバッグからまたなんかを取り出してきました。

私「今度は何?」

彼「まなちゃんをもっと刺激的にするアイテム」

言い終わる前に私の両手首にカチャ。

私「え?」

彼「今度は俺がまなを食べる番だからね」

それは真っ白なふわふわのファーで覆われた手錠でした。

(!!!)

彼「これなら手首が痛くないだろ?また両手で気持ちいいことしてあげるから」

彼はカメラを置いて私を捕まえると、押し倒してむしゃぶりついてきました。

彼「まなのおっぱい美白だし、乳首はきれいなピンクだし、26(当時)って年齢なんて全然出てないんじゃない?」

そう言いながら私の乳首を吸ったり、軽く噛んで引っ張ったりしながら、あそこを弄ってきます。
手が使えない私はされるがままで恥ずかしくてたまりません。
体中を舐めたりキスしたりするのに、あそこは焦らしてなかなか辿り着きません。
私はだんだんあそこがじんじんしてきました。

私「お願い・・・あそこ・・・して・・・」

彼「ん?何だって?ちゃんと言ってごらん」

私「(意地悪)・・・お願い」

彼「何?おまんこを気持ちよくして欲しいの?」

私「(頷く)」

彼「ちゃんとして欲しいんだったら、『クンニしてください』ってお願い言わなきゃ」

(もう!)

私「クンニしてください・・・」

彼「よくできました」

彼は私の足を広げさせ、あそこを弄り、クリにキスしたり鼻を押しつけてきながら割れ目を掻き分けてきました。

彼「うわ!もうとろとろじゃん!焦らしがこんなに効くなんてな」

彼の唇や舌があったかくて気持ちいい。

彼「まなちゃんのおまんこ、すっげぇやらしい匂い」

私は恥ずかしくて手錠で繋がれた両手で顔を隠しましたが、かえって彼を喜ばせるだけだったようです。

彼「その格好でその恥じらいが余計にそそるんだよね」

私「・・・もうすっかりおちんちんカチカチだね・・・」

彼「うん入っていい?もう我慢できない」

私「うん、いいよ」

彼「じゃあいただきま~す」

私「あぁ~ん、すごい硬ぁい」

彼「あぁ~、まなのおまんこあったかい・・・もうゴム使えねぇな、これじゃ」

私「んぅ・・・あぁぁ~~よしきさんのおちんちんのほうが熱いよぉ~」

彼「中はとろっとろだし、ざらざらもヒダもすっげえ気持ちよくて最高に美味しいよ、まなのおまんこ!!」

私「・・・キスして」

彼は私を抱き起こし、私も繋がった両手を彼の首に回してお互い舌を絡め合い、貪りあいました。

彼「まなごめん、我慢できない」

私「え?」

彼は抜けないように私をバックに変え、ヘッドドレスごと髪を掴んで、後ろからガンガン突いてきました。

私「ああ!んんぅ、ん!んっ!んん!んぐぅ!あん!あぁ~~」

あまりに激しくて、なんだか犯されているようでちょっと怖くなってきました。

彼「まなの(喘ぎ)声、さっきと違うね・・・」

私は四つん這いの体を必死に繋がれた両手で支えるのがやっとでした。
高く突き上げた状態の腰を彼にがっちりと押さえつけられ、動物の交尾さながらといった感じでした。

彼「真っ白なまなを犯してる感じがたまらなくそそるんだ」

私「んん!んっ!んぅ・・・ぁ・・・はぁ・・・あぁ・・・」

彼「でもこれだけは言っておくから・・・まなにだけだから」

私「ん!んぁ!ああ・・・ほんと?」

彼「まなが俺を捨てるか、まな以外にロリな子を見つけたらわかんないかもな」

私「抜くよ!」

彼「冗談だってば!抜けるもんなら抜いてみろ~」

私「あぁぁぁ~~~」

彼「絶対に離さないから」

私「んんんぅ~そこはダメぇ~~」

彼「あ~もうだめだ、イキそう・・・」

どんどんピストン運動が速くなります。

私「んん!んぐぅ!んっ!んぅ~!ああぁ!あぁ・・・はぁ・・・んぁ!あぁ!」

彼「まなのやらしいおまんこに!ザーメン出ちゃう!ザーメン出ちゃう!!あっ!あっ!あっ!・・・ああ!!」

彼は10秒以上、私の中に出し続けていました。
密着させているところから彼の震えが伝わってくるのです。
彼はしばらく余韻に浸っていましたが、ぐったりしている私の体を抱き起こし、横向きに寝て私を抱き締めてくれました。
そのとき私はようやく私の中に彼のモノがいないことに気づき、あの激しいピストン運動がなくなったことがわかったのでした。

彼「(私の髪をなでながら)まな、大丈夫?」

私「・・・」

彼「無茶して痛くした?」

私「・・・痛くはなかったよ・・・ちょっと怖かっただけ」

彼「それにさ・・・」

私「・・・」

彼「まな・・・イッてないだろ?」

私「・・・」

彼「俺のペースで夢中になって先にイッちゃって・・・ごめんな」

私「大丈夫。気にしないで。・・・怖かったけど痛くはなかったもん、感じてたよ」

彼「ありがと、まな」

私は約束通り、あそこから出てくる精液が入ったグラスをカメラの前で飲み干しました。

私「え~ん、苦いよぉ><」

彼「はい、撮影終了~、お疲れ様、まなちゃん」

私「ありがとうございました・・・」

彼「帰ったらすぐ編集しなきゃ」

私「・・・」

それからようやくお風呂に入って(ローションでヌルヌル遊びもして)、美味しいご馳走を食べて、寝る前にテラスに出て星空を見ていたら、あまりにロマンチックだったからいっぱいキスしてたら2人ともその気になっちゃって、結局もう1回エッチしちゃいました。
最後はコスプレじゃなく裸で。
もちろん中出しです。

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
長くなっちゃって申しわけありません。

タイトルとURLをコピーしました